原発ロボット動画先日2012年12月11日に、東京電力は福島第一原発2号機のサプレッションチェンバー周辺の汚染水漏れの場所をロボットで調査した結果を発表した。

東京電力が公開した動画のロボットの動きが、僕の想像をはるかに超えた遅さでしたので、皆様にお伝えしたいと思います。

検証 東電テレビ会議

2号機 ロボットによる汚染水漏れ調査 動画

ロボットの動きの遅さを実感できる動画だと思います。

これが現在のロボットの能力の限界なのですねえ。

さて、この4足歩行ロボットによる調査の結果は以下の通りです。

▼[PDF]福島第一原子力発電所2号機ベント管下部周辺調査結果について(PDF 94.4KB)

58

47

汚染水が漏れているということは、確実に漏れている場所があるということです。

とっとと見つけて対策するのはもちろんのこと、格納容器の底のひび割れから汚染水が漏れているかどうかの調査もやっていただきたいものです。

環境への影響を考える時、重要なのは、地下水に漏れているかどうかですよねえ。

原発と日本人 自分を売らない思想 :小出裕章・佐高信

このエントリーをはてなブックマークに追加