40

アメリカの海軍の船員8名が、東京電力を連邦裁判所に訴えたのこと。

空母ロナルド・レーガンの船員が、救助の際の放射線レベルを、東電が過小に伝えたことを訴えたようです。1億4000万ドルを求めているとのことです。

「核兵器使用計画」を読み解く―アメリカ新核戦略と日本


座間宮ガレイの著書一覧


▼友人が翻訳してくれた文章です。(下に原文があります)

『サンディエゴ(CN) - 福島原発事故で海軍の救助隊員が危険な被爆をしたのに、国有の原発はそれを隠蔽したと、8名の米国海軍軍人が法廷で主張。

サンディエゴを母港とする空母「ロナルド•レーガン」の八名の乗務員が、連邦裁判所に東京電力株式会社を提訴した。

彼らは、「日本政府全額出資の公益事業」である、東京電力は、放射線レベルを誤って伝え米海軍を、「誤った安心感に」導いたと主張している。

原告代表のリンゼイ•R•クーパー氏の主張によれば、東京電力(TEPCO)は故意に、2011年3月10日[翻訳者:原文のまま]の地震と津波により原発事故が発生した後、日本の沖合いで作業中の米国海軍の救助隊に対し、環境中の放射線が危険なレベルにあることを隠蔽した。

「東京電力は、損傷を受けた福島原発に近接しすぎて安全ではない区域に、原告らを含む救助隊員を突入させようとする方針を遂行したため(中略)、東京電力からの健康・安全に関して誤った情報に基づき、米国海軍は『誤った安心感に』導かれた」と原告らは主張している。

「レーガン」には5500名の海軍軍人が乗船していたと原告らは言うが、本件は集団訴訟ではない。原告8名の内6名は、同空母の飛行甲板で作業を行い、他の2名は、大気汚染の部門、即ち、「大気部門」で作業していた。また、その内、女性1名は、自分の乳児の娘の代理人としても訴訟を起こしている。

日本側は、この救助活動を、「トモダチ作戦」と呼んでいる。

訴状の内容:「被告東京電力と日本政府は、米国空母『ロナルド・レーガン』に乗船し、担当義務を遂行していた原告らに尋常ならざるリスクをもたらしていることを開示しない一方、自分の流している情報が、欠損、不完全かつ不正確であったことを知りながら、自らの利益と日本政府の利益を追求する目的で、福島原発の敷地から漏れた放射線の程度が、原告らを脅かすレベルではないとの架空の印象をかもし出す等、協力して共謀と行為を行った。」

「被告は、原告らの被爆レベルが有害なレベルに達しないこと、および、『トモダチ作戦』期間中に原告らに、過去の作戦で経験したかもしれない害とは違う害、または、より大きい害が発生することはないと、表明かつ保証を行っている。」

「関連時には常に、被告東京電力は、低線量被爆が人間の健康に危険をもたらすこと、そして、実際の放射線レベルを正確に報告することが重要であることを知っていた。」

「地震と津波の結果、原子炉が損傷し、福島原発の冷却装置への電力供給が中断され、そのため燃料と原子炉自体のメルトダウンがおき、高レベルの放射線放出の引き金となった。」

「被告らは、放射線に関する放射線の特性に関する実際的、そして/または、建設的な知識を有していたが、それによれば、放射線は、いったん環境に放出されたら、さらに遠方に、そして、原告らに被害を与える濃度で拡散するであろうことが確実であった。」

原告らは、次のように、日本政府が原告らを故意に欺いたと主張する:「日本政府は、米国空母『レーガン』、(中略)そして/または、その乗組員にはには放射線汚染の危険はないこと、『すべてが制御されている』、『全部OK、我々を信じて大丈夫』、人命に『直ちに危険』や脅威はない等々の、福島原発における原子炉のメルトダウンに関して、真っ赤なウソを継続して表明していた。」

「被告は原告らとその船舶が行く区域や作戦を行う区域内に存在する放射線のレベルが、実際はもっと高いことを知っていたにもかかわらず、上記のようなことがその公表当時、被告東京電力の組織で広く流布されていた。」

東京電力は、発電所の活動全部を管理するのであるから、原告らの被爆とその結果としての被害に関して賠償責任があると、軍人らは言う。

「その当時、被告が独自に知っていた既存データがその時点で示していたのであるが、原告らの作戦区域内で原告らに作戦の結果生じる被爆量が、チェルノブイリ事故でガンを発症した人たちの同距離での被爆量をすでに超えていた」と訴状は述べる。

「したがって、『トモダチ作戦』期間中に原告らが経験した被爆量により、原告らのガン発症の可能性も増大した。」

海軍軍人らは、彼らが「寿命に関し、被害が増加するだけでなく、回復不可能な被害にも直面しているのであるから、被告らの寿命は短くなったのであり、原状回復は不可能である」と述べている。

原告は、リンゼイ•クーパー、ジェームズ•サットン、キム•ギーゼキングとその娘、チャールズ・ヤリス、ロバート•ミラー、クリストファー・ビトナー、エリック・メンブリラ、および、ジュディ・グッドウィンである。

原告らは、損害賠償1000万ドルと、詐欺、過失、厳格責任、警告の不履行、公的および私的不法妨害、および、設計不良に対し、懲罰的損害賠償金3000万ドルを求 めている。原告らはまた、東京電力は、原告らの医療費支払いのために、1億ドルの基金を設立する命令を受けることを望んでいる。

原告らの法律事務所は、ポール•ガーナーである。』

Courthouse News Service

『SAN DIEGO (CN) - The Fukushima nuclear disaster exposed Navy rescue workers to dangerous levels of radiation, which the government-owned power plant covered up, eight U.S. sailors claim in court.

     Eight crew members of the U.S.S. Ronald Reagan, whose home port is San Diego, sued the Tokyo Electric Power Co. in Federal Court.

     They claim the utility company, "a wholly owned public benefit subsidiary of the government of Japan," misrepresented radiation levels to lull the U.S. Navy "into a false sense of security."

     Lead plaintiff Lindsay R. Cooper claims Tokyo Electric (TEPCO) intentionally concealed the dangerous levels of radiation in the environment from U.S. Navy rescue crews working off the coast of Japan after the March 10, 2011 earthquake and tsunami set off the nuclear disaster.

     "TEPCO pursued a policy to cause rescuers, including the plaintiffs, to rush into an unsafe area which was too close to the FNPP [Fukushima Nuclear Power Plant] that had been damaged. Relying upon the misrepresentations regarding health and safety made by TEPCO ... the U.S. Navy was lulled into a false sense of security," the complaint states.

     There were 5,500 sailors aboard the Reagan, the plaintiffs say, but this is not a class action. Six of the eight plaintiffs worked on the flight deck of the aircraft carrier; two worked in air contamination or the "air department." One sued also on behalf of her infant daughter.

     Japan called the relief effort Operation Tomadachi.

     The complaint states: "Defendant TEPCO and the government of Japan, conspired and acted in concert, among other things, to create an illusory impression that the extent of the radiation that had leaked from the site of the FNPP was at levels that would not pose a threat to the plaintiffs, in order to promote its interests and those of the government of Japan, knowing that the information it disseminated was defective, incomplete and untrue, while omitting to disclose the extraordinary risks posed to the plaintiffs who were carrying out their assigned duties aboard the U.S.S. Ronald Reagan."

     It adds: "Defendant represented and warranted that the levels of contamination to which the plaintiffs would be exposed were less than harmful to them and that their presence during 'Operation Tomadachi' would not cause any different or greater harm to them than they may have experienced on missions in the past. ...

     "At all times relevant times, the defendant, TEPCO, was aware that exposure to even a low dose of radiation creates a danger to one's health and that it is important to accurately report actual levels.

     "As a consequence of the earthquake and tsunami, the reactors were damaged and power to the cooling mechanism of the FNPP was interrupted, resulting in a meltdown of the fuel and reactor itself, thereby triggering the release of high levels of radiation."

     And, they say: "Defendants had actual and/or constructive knowledge of the properties of radiation that would ensure that, once released into the environment, radiation would spread further and in concentrations that would cause injury to the plaintiffs."

     The plaintiffs claim the government deliberately misled them: "the Japanese government kept representing that there was no danger of radiation contamination to the U.S.S. Reagan ... and/or its crew, that 'everything is under control,' 'all is OK, you can trust us,' and there is 'no immediate danger' or threat to human life, all the while lying through their teeth about the reactor meltdowns at FNPP.

     "Such reports were widely circulated with the defendant, TEPCO's, organization at the time it was published, despite the fact that the defendant knew that higher levels of radiation existed within the area whereat the plaintiffs and their vessel would be and were operating."

     TEPCO controlled all activities at the power plant, so it is responsible for the plaintiffs' radiation exposure and subsequent damages, the sailors say.

     "According to then-existing data uniquely known to the defendant at the time, the plaintiffs' consequent exposure to radiation within their zone of operation, then indicated that radiation levels had already reached levels exceeding the levels of exposure to which those living the same distance from Chernobyl experienced who subsequently developed cancer," the complaint states.

     "Consequently, the potential for the development of cancer in the plaintiffs has also been enhanced due to the levels of exposure experienced by them during 'Operation Tomadachi.'"

     The sailors say they "face additional and irreparable harm to their life expectancy, which has been shortened and cannot be restored to its prior condition."

     The plaintiffs are Lindsay Cooper, James Sutton, Kim Gieseking and her daughter, Charles Yarris, Robert Miller, Christopher Bittner, Eric Membrila and Judy Goodwin.

     They are seeking $10 million in compensatory damages and $30 million in punitive damages for fraud, negligence, strict liability, failure to warn, public and private nuisance, and defective design. They also want TEPCO ordered to establish a fund of $100 million to pay for their medical expenses.

     They are represented by Paul Garner.』

座間宮ガレイの著書一覧