翁長知事インタビュー共同通信

沖縄タイムスが掲載した翁長知事インタビュー(共同通信)の上下を引用しておく。

明確に「阻止に向けた知事権限は10ほどある」と発言し、今後、沖縄の反基地運動が辺野古だけではなく、嘉手納飛行場に向けられた場合に触れて、日米安全保障への懸念について警鐘を鳴らしている。


座間宮ガレイの著書一覧


翁長知事インタビュー共同通信
翁長知事インタビュー共同通信

情勢分析:

今後、辺野古基地問題がこじれた場合に、普天間基地の危険性だけではなく、嘉手納基地にまで県民感情が向く可能性について言及。中長期的に日米同盟が不安定になる可能性があると警鐘を鳴らしている。

過去における自民党政治家の振る舞いについても言及。ウチナーの保守として、第二の琉球処分と言われる石破茂氏の県出身の自民党政治家への「基地容認」への説得に対する意見を率直に述べている。

翁長知事の発言の質は、菅官房長官との面会時あたりから激しさを増していると私は分析する。取り消しや撤回に関する法的闘争の議論だけではなく、歴史認識を含めた闘争を行う流れになってきている。

最新の世論調査では、辺野古基地建設反対率より翁長知事の支持率が上回っており、今後、知事の支持率に影響を受けて辺野古基地建設反対率が高まる可能性があると見ておく。

座間宮ガレイの著書一覧