■座間宮が立ち上げた、日本歴史蒸発の「選挙」に特化したメディアです。

日本選挙新聞_バナー


■約9400人に配信中!
ツイートなど翌日にまとめてお届け無料メルマガ!【登録フォームへ

カテゴリ: 原発

吉田調書
【追記2014年9月11日】当記事内容は、2014年9月11日、朝日新聞が会見にて、全面謝罪した「吉田調書報道」に基づく報道の紹介分析記事となっています。当ブログは、朝日新聞の報道に基づいてブログ記事を書いていました。事実ではない記述があったことをお詫び申し上げます。事実は公開されている吉田調書にてご確認下さい。
以下、2014年5月20日掲載のブログ記事。【追記ここまで】
☆☆☆
朝日新聞が、「吉田調書」を元にした連載をスタートしている。
吉田調書 - 特集・連載:朝日新聞デジタル
『吉田調書は全7編で構成されている。総文字数はおよそ50万字。A4判で四百数十ページに上る分量になる。吉田氏への聴き取りは13回中11回が福島第一原発から南へ20km離れたサッカー施設 J-VILLAGE JFAアカデミーのミーティングルームで、残る2回が吉田氏の仕事場である福島第一原発免震重要棟でおこなわれた。

 政府事故調は772人から計1479時間にわたって聴き取りをおこなった。吉田調書はその一環で作成された。対象1人当たりの平均聴取時間は2時間弱。吉田氏への聴取時間は28時間あまりで、あの瞬間、どう行動し、何を考えていたかまで聴き取った。畑村洋太郎・政府事故調委員長は、ほかに吉田氏の公式の調書がないことから「貴重な歴史的資料」と呼んだ。 』
今回は、その第1回を読んで、ブログを書いてみる。
福島原発の真実 最高幹部の独白

続きを読む

勝俣起訴武藤栄武黒一郎

東京第五検察審査会が、東京電力の元幹部、勝俣恒久元会長、武藤栄、武黒一郎氏を「起訴相当」と判断した。検察審査会の起訴相当の判断には一定の拘束力があり、今後起訴される可能性が高い。

続きを読む

麻生太郎献金原発マネー
兄弟で川内原発を動かそうとする麻生太郎氏ですが、原発事故後も九州電力の関連企業などから原発マネーを受け取り続けていたとしんぶん赤旗が報じています。

『▼麻生副総理に原発マネー
九電と関係の深い企業から3年間で献金192万円
しんぶん赤旗 2014年7月27日(日)

 九州電力川内(せんだい)原発の再稼働にむけた動きが強まっていますが、麻生太郎副総理兼財務相が支部長を務める自民党支部が2010年から12年の3年間で、九州電力と関係の深い企業から192万円の献金を受け取っていたことが本紙の調べでわかりました。(藤沢忠明)』

詳細はこうです。

続きを読む

内藤千百里関電副社長

関電、歴代首相7人に年2千万円献金 元副社長が証言:朝日新聞デジタル

『 関西電力で政界工作を長年担った内藤千百里(ちもり)・元副社長(91)が朝日新聞の取材に応じ、少なくとも1972年から18年間、在任中の歴代首相7人に「盆暮れに1千万円ずつ献金してきた」と証言した。政界全体に配った資金は年間数億円に上ったという。原発政策の推進や電力会社の発展が目的で、「原資はすべて電気料金だった」と語った。多額の電力マネーを政権中枢に流し込んできた歴史を当事者が実名で明らかにした。』

少なくとも1972年〜90年の間に献金してきたとのことだが、関西電力の原発の運転開始のタイミングと照らしあわせてみよう。

続きを読む

DELI SPELLBOUND FM

HIPHOPが電波上でストレートに政治を語り出している!! SHIBUYA-FM公式番組「SPELLBOUND FM」放送をまるっとお届け。話してるのはDELI、YOU THE ROCK、BEN THE ACE !! DELIは政治団体「PLANET ROCK」を立ち上げたばかりだ!

続きを読む

57
「Antamedia空撮プロジェクト 第一弾 川内原子力発電所」という動画の紹介です。再稼働にむけて着々と動き出している川内原発を空撮した動画です。
これは完成品ではありません。あくまでPR用とのこと。完成品は今後、販売するのだそうです。続きを読む

antamediaxzama
ひっくり返しましょうぞ!選挙プロジェクトの番外編として、AntaMediaさんとの挑戦的なコラボプロジェクトを始めます!

その名も!

「原発を空から見たら、もう、なにか色々とひっくり返ると思います!」
AntaMedia×座間宮ガレイ 原発空撮プロジェクト(仮)


おいおい!空から原発を見るって、唐突になんだよそれは!続きを読む


川内原発プルサーマル
原子力規制委員会が川内原発が安全基準を満たしていると判断した。今後、再稼働に向けてさらに様々な条件をクリアーしていくことになる。

現在は玄海3号機がプルサーマルとして認められているが、実は、この川内原発はプルサーマル可能だと判断されている。

続きを読む

再稼働反対の世論調査が、選挙のたびに行われている。大体の場合過半数が再稼働反対だ。

だが、それが選挙結果につながらないことを不審に思う人もいる。

なぜ、選挙結果につながらないのだろうか。

続きを読む


原子力規制委員会民生用原子力協力に関する日米二国間委員会
原子力規制委員会は、民意のもとで立ち上げられたのではなく、「日米原子力協定第12条」のもとでの「民生用原子力協力に関する日米二国間委員会」によって、米国の協力を得て立ち上げられた。アメリカの原子力規制の経験を仰ぎながら、日米間の原子力ビジネスを何とか存続させようとしたわけだ。
続きを読む


08
先ほどメルマガにて、九州電力の玄海1,2,3号機並びに川内原発1,2号機にてプルサーマルが可能であることを九州電力が発表していたことをお伝えしました。

その後、他の電力会社はどうなってるんだろうかと北海道電力を調べたところ、やはり泊原発において、3号機だけではなく全号機でプルサーマルが可能であることを発表していました。

続きを読む


35
2014年6月13日、電力中央研究所がホルミシス効果について「放射線リスクの評価に取り入れることは難しい」と発表した。
原発推進組織がホルミシス効果について諦めた形だ。
続きを読む


日立GE原子炉開発スケジュール
米国の原子力規制委員会(NRC)が、日立・GEニュークリアエナジーが開発した3.5世代原子炉「ESBWR」を認可しようとしているという報道です。新世代原子炉の開発は、日本の原発輸出にも大きく影響してきます。

これはあくまで「3.5世代原子炉」です。日立・GEニュークリアエナジーは第4世代原子炉の開発に向かって進んでいきます。

続きを読む

田中知寄付金報酬
先日寄付を受けていたことが大きく報じられた田中知氏が、新たに原子力関連企業から報酬を受けていたことが判明した。三菱FBRシステムズと日本原燃だ。三菱FBRシステムズからは先月まで報酬を受けていた。
続きを読む

58
日本原子力発電の浜田康男社長が、原子力規制委員会に対して、要請書や公開質問状を提出し、圧力をかけていますね。
敦賀原発の破砕帯調査の会合の議事運営に不満があるようですね。
続きを読む


日本原子力学会役員一覧2014
日本原子力学会の新しい会長(36代目)に、東芝の藤田朋子氏が決まった。昨年度のメンバーにも藤田朋子氏の名前は連なっていた。(学会の歴代会長のリスト)。

顔ぶれを見てみると、20人中12人が原発事業を行っている企業や組織であることがわかる。

続きを読む

↑このページのトップヘ