■座間宮が立ち上げた、日本歴史蒸発の「選挙」に特化したメディアです。

日本選挙新聞_バナー


■約9400人に配信中!
ツイートなど翌日にまとめてお届け無料メルマガ!【登録フォームへ

カテゴリ:国際問題(外交・軍事) > 日米原子力協定

17
シリーズ!「日米原子力協定 延長 “極秘”動向調査レポート を暴け!」連載スタートしました!
是非、ご購読下さい!

300ページもの膨大なレポートを読み分析をお届けします。もしよろしければ有料でご購読いただき、ご支援いただければ幸いです。

以下のURLで、連載内容の無料箇所が読めます。

http://magazine.livedoor.com/magazine/64
※なんと1ヶ月間は無料で全文読めます。ぜひお試し下さい!

—————————————————————————
『今ホットな「韓米原子力協定」を理解すれば、日米原子力協定について客観的に理解できる!』

「座間宮ガレイ2.0のキラーメルマガ「驚いたことを毎日送りつけてやるっ!」
vol.712
---------------------------------------------------
---------------------------------------------------
【忙しい方へ。まずは30秒で僕のオドロキを!】
---------------------------------------------------

今回のメニューは以下のとおり。

■1韓米原子力協定が破棄されるとどうなるのか?
■2韓国は核燃料の20〜30%を米国から輸入
■3韓国の原発導入の歴史
■4「核抑止の疑念」が韓米原子力協定の「障害」に

韓国の原子力事情を「韓米原子力協定」で理解しておこう!続きを読む

---------------------------------------------------
『まさに、日米原子力協定の「再処理」交渉問題に直結する議論が、米国議会「原子力協定公聴会」で行われている。北朝鮮核実験だけでなく、領土問題も、原子力協定の重要なファクター』

「座間宮ガレイ2.0のキラーメルマガ「驚いたことを毎日送りつけてやるっ!」
vol.713
---------------------------------------------------
---------------------------------------------------
【忙しい方へ。まずは30秒で僕のオドロキを!】
---------------------------------------------------

本日のメルマガのメニューは2つ。

■ポイント1
米国議会の「外交委員会・原子力協定公聴会」で六ヶ所再処理工場が議論されている
■ポイント2
北朝鮮核実験だけでなく、領土問題も、原子力協定の重要なファクター

ではどうぞ!続きを読む

六ヶ所再処理工場核の墓場
---------------------------------------------------
『六ケ所・再処理工場は「核の墓場」になるのか? イギリスセラフィールドの国際再処理ビジネスを踏まえて考える』

「座間宮ガレイ2.0のキラーメルマガ「驚いたことを毎日送りつけてやるっ!」
vol.711
---------------------------------------------------
---------------------------------------------------
【忙しい方へ。まずは30秒で僕のオドロキを!】
---------------------------------------------------

今回のメニューは以下のとおり。

■1
イギリスの使用済み燃料プール満杯問題の「異常」な原因
■2
イギリスの再処理工場「ソープ」に、日本の電力会社は賭けていた。
■3
技術革新 使用済み燃料の「空冷」
■4
日本の再処理ビジネスはどうなるのか


では読んでいくよ

▼核燃料サイクルの闇―イギリス・セラフィールドからの報告 秋元 健治
http://goo.gl/4MQxgk続きを読む

19
---------------------------------------------------
『おいっ!!日米TOPレベル委員会で、原発事故対応ビジネスに加え、高速増殖炉やプルサーマルの未来が決定されてるぞ!』

「座間宮ガレイ2.0のキラーメルマガ「驚いたことを毎日送りつけてやるっ!」
vol.710
---------------------------------------------------
---------------------------------------------------
【忙しい方へ。まずは30秒で僕のオドロキを!】
---------------------------------------------------

今日のメニューはこんな感じ。

■1
【超重要】な原子力の日米2国間委員会を忘れてほしくないのでおさらい
■2
原発事故対応の協議と同時に、未来の高速炉(高速増殖炉)や先進燃料の日米研究プロジェクトが決定
■3
核燃料サイクルに関する日米間協議と田中知氏の新規制委人事のタイミングの一致


さ、理解していくよ!続きを読む


原子力規制委員会民生用原子力協力に関する日米二国間委員会
原子力規制委員会は、民意のもとで立ち上げられたのではなく、「日米原子力協定第12条」のもとでの「民生用原子力協力に関する日米二国間委員会」によって、米国の協力を得て立ち上げられた。アメリカの原子力規制の経験を仰ぎながら、日米間の原子力ビジネスを何とか存続させようとしたわけだ。
続きを読む

原子力規制委員会民生用原子力協力に関する日米二国間委員会
----------------------------------------------------------
『新規制委員・田中知氏にお金を渡してたのは核燃料サイクル関連企業 そんな原子力規制委員会は日米2国間委員会のもとで設立されていた!!!』

「座間宮ガレイ2.0のキラーメルマガ「驚いたことを毎日送りつけてやるっ!」
vol.708
----------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------
【忙しい方へ。まずは30秒で僕のオドロキを!】
----------------------------------------------------------

■ポイント1:
田中知氏がオカネを受け取った企業や組織をチェック
■ポイント2:
田中知氏は多くの核燃料サイクル関連企業から期待されオカネを渡されている
■ポイント2:
原子力規制委員会は「民生用原子力協力に関する日米二国間委員会」に出席している
■ポイント3:
原子力規制委員会は、米国が「特に」協力してでき上がった
■ポイント4:
原子力規制委員会は、米国に規制案の策定状況を報告していた
■ポイント5:
原子力規制委員会は、細かなことまで米国の経験に頼っている
■ポイント6:
日米原子力協定は、米国の国内法原子力法第123条の下に存在する
当然、原子力規制委員会も・・・

続きを読む

九州電力プルサーマル
---------------------------------------------------

『やらせは「プルサーマルのみ」と脳裏に叩きこめ!九電原発は「プルサーマル可能は玄海3号機だけじゃない」衝撃発表をしていた!』

「座間宮ガレイ2.0のキラーメルマガ「驚いたことを毎日送りつけてやるっ!」
vol.707
---------------------------------------------------

---------------------------------------------------
【忙しい方へ。まずは30秒で僕のオドロキを!】
---------------------------------------------------

■ポイント1:
「やらせ」はプルトニウムを減らすために行われた
■ポイント2:
日米原子力協定の全文にプルトニウムを減らせと書いてある
■ポイント3:
九電は、プルサーマルは九州電力の多くの原発で可能だと発表している
続きを読む

日立RBWR次世代原子炉
---------------------------------------------------
『原子炉メーカーは長期的な視点で原発輸出を考えている 原発を「世代」で捉えて見えてくること』

「座間宮ガレイ2.0のキラーメルマガ「驚いたことを毎日送りつけてやるっ!」
vol.705
--------------------------------------------------

---------------------------------------------------
【忙しい方へ。まずは30秒で僕のオドロキを!】
---------------------------------------------------

■ポイント1:
原子炉を「世代」で捉える原子炉メーカーの視点を理解する
■ポイント2:
世代ごとの開発スケジュールを理解する
■ポイント3:
原子炉開発は「日米原子力協定」のもとでの「官民一体国家プロジェクト」
■ポイント4:
原子炉メーカーは日本の2030年リプレース問題を見越している
続きを読む


日立GE原子炉開発スケジュール
米国の原子力規制委員会(NRC)が、日立・GEニュークリアエナジーが開発した3.5世代原子炉「ESBWR」を認可しようとしているという報道です。新世代原子炉の開発は、日本の原発輸出にも大きく影響してきます。

これはあくまで「3.5世代原子炉」です。日立・GEニュークリアエナジーは第4世代原子炉の開発に向かって進んでいきます。

続きを読む

アレバ社廃炉除染ビジネスアメリカ企業
---------------------------------------------------
『【独自調査スクープ】アレバ社は、アメリカ企業として日本に対し「廃炉ビジネス」のプレゼンをしている!』

「座間宮ガレイ2.0のキラーメルマガ「驚いたことを毎日送りつけてやるっ!」
vol.705
---------------------------------------------------

---------------------------------------------------
【忙しい方へ。まずは30秒で僕のオドロキを!】
---------------------------------------------------

今日は、ググっても(Googleで検索しても)ヒットしない情報だ。

つまり、僕が初めて発表する事実であり、
これから、メルマガ読者のあなたが日本で初めて知る事実だ。

■驚き1:
「日米廃炉・除染福島復興フォーラム」米国企業リストに「アレヴァ社」
■驚き2:
ブックレット記載のAreva社プレゼン文章では完全にアメリカ企業  
■驚き3:
アレバ社は各国に支社がある
■驚き4:
汚染水処理装置プレスリリースは米仏でリリース  


ちょっとビビるよね。では行くよ。続きを読む

日本トルコ原子力協定
--------------------------------------------------
山田元農水大臣の発言「原発輸出すると使用済み燃料を日本が引き取る」が限りなく誤りに近いことを「日本トルコ原子力協定」を読んで確認する

「座間宮ガレイ2.0のキラーメルマガ「驚いたことを毎日送りつけてやるっ!」
vol.704
--------------------------------------------------

--------------------------------------------------
【忙しい方へ。まずは30秒で僕のオドロキを!】
--------------------------------------------------

■1「日本トルコ原子力協定」には使用済み燃料を日本が引き取る規定はみあたらない。
■2日米原子力協定では、利用してよい海外の再処理工場が定められている。
■3日本トルコ原子力協定では「再処理」はどのように決まっているのか。
■4トルコは自国内で使用済み燃料を保管したがると考える理由
■5イランの核開発疑惑が周辺諸国に「核」をもたせようとするという考え
続きを読む


米台湾原子力協定
台湾とアメリカの間の原子力協定「台米原子力協定」の情報について、Facebook上でコメントが寄せられていましたので、共有しておきます。

私の知人たちは、Facebookで有効な情報資料を集めてくれますので大変ありがたいです。

続きを読む

日米原子力協定前文プルサーマル
----------------------------------------------------------
『【全文無料公開】なぜ日米原子力協定「前文」がなぜ「超重要」なのか? 「前文」のせいで「プルサーマル」は再稼働する!!!』

「座間宮ガレイ2.0のキラーメルマガ「驚いたことを毎日送りつけてやるっ!」
vol.703
----------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------
【忙しい方へ。まずは30秒で僕のオドロキを!】
----------------------------------------------------------

▼1 日米原子力協定とプルサーマルの関係
▼2 プルサーマルは、プルトニウムを消費する目的だ。
▼3 日米原子力協定の「前文」にはプルトニウムについて書かれている。
▼4 「不拡散」とは「プルトニウムを余らせない」ことを意味する
▼5 日米原子力協定「第5条」「第11条」で、プルトニウム(再処理)について書かれている。
▼6 専門家の驚きの提言の数々「プルサーマルを優先に再稼働させろ」だけではない!

続きを読む


大間原発運転開始
大間原発の運転開始が19年以降になると、電源開発が発表した。最速で運転開始は19年以降だが、プラスアルファかかると見込まれており、20年以降が現実的だろう。

2018年に期限を迎える日米原子力協定の延長交渉のためには、大間原発を稼働させて「プルトニウムバランス」をキープする必要がある。だが今回、大間原発の運転開始が遅れたことは、協定の延長交渉にとっては不利な材料だ。

続きを読む

日米原子力協定福島原発事故
----------------------------------------------------
『【日米原子力協定を暴く】アメリカは、世界から日本に集まる「補償金」目当てに、福島原発事故に「商業的」にどんどん関わっていくっていう日米間の取り決めを「実際の外交文書」で読んでくぜー!』

「座間宮ガレイ2.0のキラーメルマガ「驚いたことを毎日送りつけてやるっ!」
vol.702
----------------------------------------------------

----------------------------------------------------
【忙しい方へ。まずは30秒で僕のオドロキを!】
----------------------------------------------------

今日あなたに教える「日米原子力協定の内容」と実際の原子力ビジネスの動きは以下のとおり。

■驚き1|日米原子力協定が決めたルールに拠って、原子力ビジネスが行われる
■驚き2|原子力ビジネスの協力を推進するために協議を行えるとわざわざ書いてある
■驚き3|アメリカは福島原発事故へ商業的にどんどんかかわると日米間で取り決められている
■驚き4|条約によって世界各国から集まったカネをアメリカはもらうよって話


どう? 最後まで読みたくなったでしょ(笑)

おらおら読んでくぜー!続きを読む

日米原子力協定Facebook
日米原子力協定について、多くの人が知り始めています。画像のグラフは、日米原子力協定の協定をまとめた、「日米原子力協定を暴け」のアクセス解析です。

これまで一日数人しか訪れなかったサイトが、2日で約3700UUとなっています。平均PV4異常ですね。かなり内容を読まれているのではないかと思います。

続きを読む

日米原子力協定 前文
日米原子力協定の前文には、日本とアメリカの間の原子力ビジネスの「基礎」とも言える重要な内容が書かれている。
しっかり読むことで、日本の原発が今後どうなるのかを理解することができる。
続きを読む

ポネマン日米原子力協定

米高官 日本の原発維持を歓迎 NHKニュース
6月12日 23時11分

『アメリカ、エネルギー省の高官は安倍政権が、4月に閣議決定したエネルギー基本計画の中で、原発を「重要なベースロード電源」と位置づけたことについて、アメリカ政府として歓迎する意向を示しました。』

ポネマンさんが来てました。

先日お話したとおりアメリカにとって見れば、「重要なベースロード電源に位置づけ」とは、プルサーマルを稼働させプルトニウムバランスを維持するための名目です。

続きを読む

↑このページのトップヘ