■約9400人に配信中!
ツイートなど翌日にまとめてお届け無料メルマガ!【登録フォームへ

タグ:今西憲之

座間宮ガレイメルマガ
----------------------------------------------------------
『国家最高機密文書「西村ファイル」で暴かれた「あかつき丸」プルトニウム運搬プロジェクト』

「座間宮ガレイ2.0のキラーメルマガ「驚いたことを毎日送りつけてやるっ!」
vol.626(2013/8/5日発行号)
----------------------------------------------------------

※選挙運動にガッツリ関わりすぎて、メルマガの発行が遅れていてごめんなさい。
がんばりますのでよろしくです。

※まぐまぐのメルマガが強制廃刊となりました。BLOGOSメルマガへ移行していた
だいた方ありがとうございました。反省して、頑張ります。

----------------------------------------------------------
【忙しい方へ。まずは30秒で僕のオドロキを!】
----------------------------------------------------------

西村ファイルの「本物」を直接目の前にして、手で触って、取材する機会があった。

僕はこのメルマガで幾度となく「びっくり」したことを伝えてきたが、今回はレベルが違う。

今回メルマガで扱うのは「プルトニウム輸送」の国家最高機密文書だ。

なぜ、この文書が最高機密である「厳秘」だったのか。

ジャーナリストの今西憲之氏への取材を通じて、日米原子力協定の存在がはっきり見えてきた。

▼原子力ムラの陰謀〜機密ファイルが暴く闇〜
http://goo.gl/aRxmzr

▼今月厳選して購入した本。今後メルマガで書いていきます。
(1)http://goo.gl/wLSmLy
新!(2)http://goo.gl/YfgcRt続きを読む

40

2012年10月18日(木)、小出裕章氏が、ジャーナリスト今西憲之氏の取材に答え、大間原発の原発再開などに触れ「30年代に原発ゼロ」の嘘について説明しています。

▼新著:原発事故後の日本を生きるということ

続きを読む

小出さんへの質問を募集しています。

10月18日にジャーナリストの今西憲之さん(ツイッター/ブログ)が小出さんにインタビューをしに行ってくださいます。

僕も裏方でお手伝いさせていただき(力不足は否めませんが)、ニュースソースを中心に質問事項を考えています。

みなさんもメールで参加しませんか。

続きを読む

51

東日本大震災:福島第1原発事故 「福島の50人」、部下を現場へ「つらかった」 作業員ら野田首相と懇談- 毎日jp(毎日新聞)

『野田佳彦首相は7日、東京電力福島第1原発事故直後に現場で対応にあたった東電や協力企業の社員ら8人と、福島県楢葉町の拠点施設「Jヴィレッジ」で懇談した。海外メディアから「フクシマ・フィフティーズ(福島の50人)」と称賛された社員らは、当時の苦境を生々しく証言した。』

東電や協力企業の社員ら8人と書かれていますね。フクシマ・フィフティーズの50人にはほど遠い人数です。なぜ、面会したのは50人じゃないんでしょうかね。

2011年に100日以上福島原発を始め福島を取材し続けたジャーナリストの今西憲之さんは、次のようにブログで明かしています。

福島原発の真実 最高幹部の独白(今西憲之)

続きを読む

ジャーナリスト今西憲之氏(@maido_osaka)が、文化放送「吉田照美ソコダイジナトコ」に出演、『福島原発の真実 最高幹部の独白』の裏側を語りました。

いやあ、不謹慎だけども、この人の話は面白い!

福島原発の真実 最高幹部の独白

続きを読む

2012年1月1日、上杉隆氏がキャスターを務める「ニュースの深層」の2時間スペシャルが放送。ゲストは、今西憲之、おしどりマコ、柿沢未途議員。

柿沢議員が、3.11直後の国会内の雰囲気を語っている箇所は、必見だと思う。

検証 福島原発事故・記者会見――東電・政府は何を隠したのか

続きを読む

2011年12月16日、ジャーナリスト今西憲之さんが、文化放送「吉田照美 ソコダイジナトコ」に出演。5月から内部に潜入して取材し続けた福島原発事故について語りました。吉田所長に関する情報公開についても言及しています。続きを読む

ニュースの深層今西憲之2011年11月8日(火)、上杉隆氏がパーソナリティーを務める「ニュースの深層」が放送されました。

ゲストはジャーナリストの今西憲之氏。今西氏は、福島第一原発の中で働く東電の社員に本当の福島第一原発を伝えて欲しいと言われ、何度も通って取材しています。

続きを読む

↑このページのトップヘ