■約9400人に配信中!
ツイートなど翌日にまとめてお届け無料メルマガ!【登録フォームへ

タグ:原発

919885_450064851753787_1888566264_o
原発に賛成する人も反対する人も、まだまだ国民的洗脳をうけている。

だから、その洗脳を僕の独自の切り口で、解こうと思う。

原発は、なんのためにあるんだろうか。

「発電のため」

だろうか。

実は、「発電目的」ではない原発がある。続きを読む

08

原発を自衛隊が警備するという法改正が行われようとしていますね。

この是非はありますが、これは、原発事故対応を米軍の指揮下で行うという法体系の整備ですね。

実際に福島原発事故は、日米安全保障条約が最初に適用されたケースでした。それを、今後も強化していくということなのですね。

カウントダウン・メルトダウン 下

続きを読む

中国原発中国が、福島原発事故後、一旦建設をストップしていた、最大級の原発の建設を再スタートさせたという。第4世代の高温ガス炉と呼ばれるものだ。完成すると660万キロワットになるという。

▼注文した:中国 原発大国への道 (岩波ブックレット)

続きを読む

原発と原爆
-------------------------------------------------

『沖縄原発計画の検討結果が興味深い』

「ざまあみやがれい!メールマガジン」vol.367

-------------------------------------------------

おどろくことに沖縄に原発が作られる計画があった。計画が持ち上がり、沖縄に原発を作るメリット・デメリットが具体的に検討されていた。検討の結果は、デメリットが多い中、1つだけメリットがあった。軍事的なメリットだった。軍事的なメリットと聞くと、まっさきに核兵器開発について思い浮かぶが、そうではない。有馬哲夫さんの「原発と原爆」を読んでみる。

原発と原爆 「日・米・英」核武装の暗闘 (文春新書)

<「沖縄原発計画の検討結果が興味深い」の続きを読む>

インドロシア原発毎日新聞が、インドがロシアと原発計画をめぐって対立と報じています。報道が単純すぎるなあというのが僕の見方です。エネルギーの安全保障の枠組みが今後大きく変わる中で、当然慎重に原発計画を立てなければいけないわけですし。

探求――エネルギーの世紀(上)

続きを読む

関電、電気料金値上げ検討-4―9月期は1167億円の赤字:日刊工業新聞

『関西電力は電気料金の引き上げに踏み切る。29日会見した八木誠社長は「苦渋の選択として具体的検討を始める」と述べ、料金改定の検討を表明。時期や額などは未定だが、申請から認可まで4カ月必要とされ、実施時期は来春がめどになる。値上げは第2次石油危機の1980年以来。7月に大飯発電所3、4号機(福井県おおい町)を再稼働したが、12年4―9月期連結決算は最終損失が1167億円で過去最悪の赤字となった。』

6ヶ月で、1167億円の損失なのですね。

1ヶ月約200億円です。

メディアはこの損失を「火力の燃料費」と横並びで報じますが、火力の燃料費だけではありません。原発の維持メンテナンス費もまた赤字を増大させています。

関西電力の誤算 上

続きを読む

=====
原発は「商売」 高速増殖炉は「軍事的」 再処理は「商売と軍事」が絡んでいる。 「ざまあみやがれい!メールマガジン」vol.273
=====

今回の話の要点はこうだ。

(1)原発・・・商売
(2)高速増殖炉・・・軍事的
(3)再処理・・・商売&軍事的

という視点の整理だ。

これを念頭に置いて読んでいくと、理解しやすいと思う。続きを読む

39
=====
多くの人が原発について学んでいる だがツイッターについて学ぼうとしない 「ざまあみやがれい!メールマガジン」vol.265
=====

ここしばらく、肉体的に動いていたのでメルマガの発行が溜まっている。皆さんにお詫びして、一気に挽回したいと思う。

さて、ツイッターやFacebookなどのSNSによって多くの情報が拡散され、それが「風通しの良さ」という感じをユーザーに与えている。それを僕は感じているし、利用者の皆さんもそれを感じていることだと思う。続きを読む

=====
もうハッキリわかった。原発は、市民に「避難訓練」を強いてまでも「産業界」に電気を供給する歪んだシステムだ!「ざまあみやがれい!メールマガジン」vol.229
=====

いつもずっとこれは言わないといけないと思っていたことがある。原発立地自治体、周辺自治体の避難訓練のことについてだ。なぜ電気を発電するための施設のために、避難訓練までしなくてはいけないのか、僕はずっとずっと気持ちが悪く思っている。

もはや、当たり前のように「避難訓練」は行われている。そしてそれを当然のようにメディアは伝え、そして住民は当然のように従っている、ように見える。そして更に気持ちが悪いことには、それを当然のようにテレビで流し、それを見ている人達がいるということだ。

続きを読む

31

ブログウォッチメモです。90年代に入って、子供への原発推進教育が行われ始めました。同じ時期に、石油・天然ガスの備蓄量は横ばいになり始めています。

探求――エネルギーの世紀 上・下2冊セット

続きを読む

韓国の全国の原発で同時多発的に不正が発覚しています。アレバ社の偽物部品を作製させ納入。担当者が巨額の賄賂を受け取っていた可能性が指摘されています。しかもこの不正の疑いは本社の納品担当者にまで広がっています。

国会議員裏物語

続きを読む

7140e041

【読者各位】
この記事は、livedoorブログ奨学金の奨学生ブロガー7人による共同企画「正力・原発、日本の漂流」の一環として書いています。ブロガーのテーマは様々ですが、一つの企画で書くことで、新たな展開があるのではないか、そんな思いで始めました。
詳細は上のバナーを押してください。
明日4月3日は「CAZANA」さんです。

======【記事本文ここから】=====

3.11以降、原発を日本に導入した正力松太郎氏について、いくらばかりかネット上で情報が共有されたように思う。

だけどもその情報は、充分なものなのだろうか。僕らの怒りに投げ込むマッチの役割しか果たしていなかったのではないか。

続きを読む

42)

2006年時点での、アメリカの各大学の研究における、原発の発電コストについて、分析しているPDFを見っけちゃいました。

日本原子力研究開発機構が作成したものです。

独立行政法人 日本原子力研究開発機構

そこでは、原発は火力より競争力がない、という大前提のもとで、どのようにすれば原発の競争力を挙げられるかについて分析が行われていました。

続きを読む

4RIA-150481-Preview

ロシア・モスクワの核施設で火災が起きたようです。だけど、日本語で「ロシア 核」で検索してもあまり情報が見つかりません。

それ以上に、あ然とする情報を見つけてしまいました。海に浮かぶ原発です。

※なんという堂々とした本なのでしょうか。

プーチン (新潮新書)

続きを読む

=====
東電を「原発部門」のみの企業にすべきだ。「ざまあみやがれい!メールマガジン」vol.98
=====

東電がこれから「家庭用の電気料金値上げ」を申請する。

これは、原発再稼働と密接に関係している。

●家庭用電気料金値上げ

●柏崎刈羽原発の再稼働

この2つを、どちらも東電は絶対にやりたい、と考えていることは過去のブログでも書いた。続きを読む

2012年1月12日、小出裕章氏が毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演。韓国の原発政策についての日本国内の意見について自分の考えを述べています。また、フランスの原発周辺に住む子どもの白血病発病率が2倍であることについて言及しています。

敦賀湾原発銀座 [悪性リンパ腫]多発地帯の恐怖 (宝島SUGOI文庫) (宝島SUGOI文庫 A あ 7-1)

続きを読む

2011年12月28日夜、日本の野田総理とインドの新首相が会談した。そこで原子力協定に関しても話し合われた。原子力協定は、日本からインドに原発を輸出する際に必要な協定です。

いつものように、報道の差異をまとめていたら、意外な情報が入ってきた。

インドの法律では、原発事故の賠償は、設備を供給する側が大部分を負担するというルールになっているというのだ。

これを報じたのは、残念ながら日本のメディアではなかった。

平和のエネルギートリウム原子力II 世界は“トリウム”とどう付き合っているか?

続きを読む

12)

27)

21)

現在、私たちは福島原発事故になおも直面している。毎日テレビや新聞、インターネットから事故の様子が伝わってくる。その生々しさと、映像の代わり映えのしなさ、に少し気が滅入っているかもしれない。今回紹介するのは、アメリカの反原発運動のドキュメンタリー映画だ。核を初めて使用し、その後世界一の原発大国となり、冷戦下での水爆開発を行ったアメリカでは、反核運動はどのようなものだったのだろうか。核の保有国に住む人もまた、核の被害者だ。核実験や原発爆破実験を繰り返すからだ。フィルム独特の色彩と、素敵な音楽で、反原発活動を伝えるこの作品は。日頃、TVドキュメンタリー独特のおどろおどろしい演出に疲れている日本の私たちには、調度良いのです。

続きを読む

↑このページのトップヘ