■座間宮が立ち上げた、日本歴史蒸発の「選挙」に特化したメディアです。

日本選挙新聞_バナー


■約9400人に配信中!
ツイートなど翌日にまとめてお届け無料メルマガ!【登録フォームへ

タグ:忌野清志郎

02

日隅一雄さんが本日2012年6月12日午後8時28分にお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

最後のツイートは6月10日。

野田の落選運動を展開して欲しいというメッセージとともに、忌野清志郎さんのサマータイム・ブルースが紹介されていました。

続きを読む

忌野清志郎=====
忌野清志郎さんが、皆さんと僕をつなぎ続けてくださっています。 「ざまあみやがれい!メールマガジン」vol.20
=====
こんばんわ。今日は「忌野清志郎」さんについて書こうと思います。

昨日アクセス解析をみたところ、「忌野清志郎 原発」という2つのキーワードを組み合わせた検索で、僕のブログに訪れた人が目立っていました。続きを読む

51)

THE TIMERSのナンバー「総理大臣」のYouTube動画がなかなかスッキリするというのか不気味なので紹介します。

ちなみにTHE TIMERSのボーカルZerryは、忌野清志郎氏が「THE TIMES」バンド名義で活動しているときの名前です。これをわざわざ説明すると、ファンの人からやぼだと叱られるのですが。知らない人たちのために念のため。

続きを読む

42 AM)

忌野清志郎の「忌」は、忌まわしいという意味。映画オルフェの中の「あの忌まわしきオルフェ」というセリフにヒントを得て名付けたそうだ。その後、忌野清志郎はあらゆるものに「反対」し、既得権益が生まれる各所からまさに「忌まわしい」存在になった。、死してなお、その忌まわしさは衰えていない。今回は忌野清志郎の反核ソング「原発賛成音頭」を使った、御用学者のご紹介動画を紹介する。まさに忌まわしい作品だ。

続きを読む

takagijinnzaburou1

2011年3月10日、奇しくも大地震の1日前に開設したブログが、今日で丸2ヶ月になりました。いつもお読みいただきましてありがとうございます。

今回は、雑文であることをお赦しください。文字おこしの重要性と、反原発学者たちの魅力について書かせていただきました。

続きを読む

zerry

時々、ブログのタイトルに拒否反応を示す人がちらほらいらっしゃいます。確かに、「ざまあみやがれい!」というタイトルは、品がないと思われても仕方がありません。だけど、筆者は、このブログのタイトルに思い入れがあるのです。

続きを読む

44 PM)

5月3日から4日にかけての原発関連のエントリーです。コメント付きで紹介しています。20ミリシーベルト問題がどこで決着がつくのか。菅直人首相は、国策だとして撤回しない方針です。

続きを読む

54 PM)
 ※この記事の初出は3/13。加筆3/31。再加筆4/8。再々加筆4/17。忌野清志郎ファン、並びに原発に問題意識のある方々の気持ちがこもったコメントを頂き、感謝している。

大地震後の福島の原子力発電所の被爆や溶融が騒がれています。今一度、これまで日本のアーティストが歌ってきた反原発ソングを聞いてみました。忌野清志郎、ブルーハーツ、佐野元春……日本のロックを作ってきたアーティストたちの素晴らしいYouTubeをどうぞ。

続きを読む

43 AM)

福島原発事故がおきてからというもの、ラジオやテレビが忌野清志郎氏のある曲を「反原発ロック」と呼び、賞賛し、流し続けている。

忌野清志郎のRCサクセション、ならびに匿名のThe Timersの活動は反体制的だと言われがちだ。とくに「SUMMER TIME BLUES」や「LOVE ME TENDER」が反原発ソングの筆頭に挙げられる。だがそれは正確ではない。「SUMMER TIME BLUES」は、ハッキリと反原発を打ち出しているが、「LOVE ME TENDER」は、正確には反原発ではない。歌詞を正確に読んでみる。

続きを読む

542667_425110690915870_343624791_n
いつも「ざまあみやがれい!」をお読みいただきましてありがとうございます。

・ブログタイトル
・更新頻度
・記事内容
・ご要望について
・リンクについて
・このブログに関する主な情報

を順をおってご説明させていただきます。

続きを読む

CI0003※画像はロイターより引用、フランスに帰国したフランス人
世界的な日本批判が高まっている。残念だが、もう褒めている国は存在しない。
事故が起きた当初は、世界各国は、事故に対して楽観的な報道が目立った。しかし、今は、信じられないかもしれないが、日本にとって、かなり旗色が悪い報道が多い。

続きを読む

59 AM)
どいつもこいつもルールを守れだの、社会倫理に反してるだの、つまらねえことばかり言いやがる。っていってても、人を傷つけたり迷惑かけたりしてもいいって思ってるわけじゃねえよ。悲しませたくないし、傷つけたくないし、ビクビクして、いつもじっとしてるだけだよ。悲しませたり傷つけたら、しょぼんとして反省してどこまでも謝りたくなる。気分屋すぎる。

そんな落ち込んだときは、忌野清志郎の「デイ・ドリーム・ビリーバー」をききたい。いろんな人が思い思いに歌い上げる「デイ・ドリーム・ビリーバー」を集めてみた。

続きを読む

↑このページのトップヘ