■約9400人に配信中!
ツイートなど翌日にまとめてお届け無料メルマガ!【登録フォームへ

タグ:除染

31除染事業において国が負担する経費を、業者が作業員から巻き上げていたことを、東京新聞が報じています。

細かい経費を労働者から巻き上げる構造は、まるでブラック企業。キャバクラを彷彿とさせます。

MBA流キャバクラ経営術

続きを読む

東京電力は、除染や廃炉費用などを1社で負担するのは不可能として、国に対して負担を求めるとしています。福島復興本社設置や、1000億円規模のコストカットと、10兆円規模の税金投入を取引しようという流れです。

東日本大震災:福島第1原発事故 廃炉費、政府に支援要請 東電、中期計画明記へ- 毎日jp(毎日新聞)

2012年11月07日

『東京電力は6日、福島第1原発事故対応への追加支援を政府に要請する方針を固めた。放射性物質の除染や廃炉にかかる費用が今後、10兆円規模に達する可能性があり、単独で負担するのは不可能と判断した。東電は「福島復興本社」(仮称)設置などで事故対応に最優先で取り組む姿勢を示し、理解を得たい考えだが、税金をさらにつぎ込むことへの批判は必至。政府は、リストラの進み具合なども踏まえながら、追加支援の是非を慎重に検討する。』

大雑把にまとめるとこんな感じ。細かく読んでいきます。

東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと (幻冬舎新書)

続きを読む

国直轄除染で人員不足懸念 地元雇用を拡充 :: 福島県内ニュース :: KFB福島放送

2012年11月06日 10時56分配信

『国直轄で進められる避難区域の除染作業が本格化するに伴い、作業員が大幅に不足する懸念が生じていることが分かった。
比較的に線量の高いとみられる地域での作業が敬遠されている。』

そりゃそうでしょう。

それにしても、除染作業をハローワークで募集するという時代になっていることを、改めて受け止めなくてはいけません。これは国直轄の高線量の除染作業です。

がれき処理・除染はこれでよいのか

続きを読む

ここ数日、除染作業(旧警戒区域と旧計画的避難区域(11市町村))にあたった作業員の「除染手当」の中抜きが行われていることが報じられている。原発内被曝労働と同じ構造だ。

朝日新聞の記事によると、この「除染手当」は「特殊勤務手当」と呼ばれ国税から支払われている。この税金が、中抜され、作業員に渡っていないとのことだ。被曝労働は、被曝をカネにかえる労働だが、その手当さえも支払われていないことは、断じて許されることではない。

環境省の大罪

続きを読む

河北新報 東北のニュース/除染水処理で溝 相馬市「より慎重に」環境省「簡易で十分」

2012年11月02日金曜日

『 福島第1原発事故の除染で出る放射性物質を含んだ水の処理をめぐり、環境省と福島県相馬市の見解が分かれている。同省は「放射線量がある程度低ければ排出して構わない」との立場。市は「放射性物質濃度を極力下げないと市民が不安がる」と異を唱える。除染水の排出基準がなく、両者が一致点を見いだせずにいる。』

除染で出る汚染水の処理について、相馬市と環境省の考え方が大きく違っている。環境省は汚染水の処理について「簡易で十分」と述べている。

違いを上記の記事から、引用して整理する。

環境省の大罪

続きを読む

東京新聞:2564件で市基準超える 野田の一戸建て除染事業:千葉(TOKYO Web)

『放射性物質の除染で国の重点調査地域に指定されている野田市で、放射線量の測定が終わった一戸建ての63%に当たる2564件で、市が独自に定めた除染基準(地上5センチで毎時0.23マイクロシーベルト)を超えていることが分かった。』

千葉県野田市の話。

野田市の独自除染基準「地上5センチで毎時0.23マイクロシーベルト」を超えたのは一戸建ての63%だったとのことだ。多い。

田坂教授、教えてください。これから原発は、どうなるのですか?

続きを読む

25

2012年10月15日(月)、小出裕章さんが、文化放送「吉田照美 ソコダイジナトコ」に出演。

野田総理が、「復興再生の全ては除染だ」と述べたことについて、警鐘を鳴らしています。

環境省の大罪

続きを読む

25

環境省の事業に関する、契約の情報の公表は平成23年度契約、しかも平成24年1月分まで。これは随分と遅れている(遅らせている?)のではないか。

比較するのは変かもしれないが、資源エネルギー庁の契約結果は、平成24年度の7月31日分まで公表されている。

続きを読む

都内の水元公園で高い放射線量 都は除染へ

25

除染方法 文科省と協議へ : 東京23区 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

『葛飾区の都立水元公園内の植え込みから25日、都の調査で国の除染基準を上回る空間放射線量が検出された。都は調査結果を受けて、都内で初の除染を実施する。今後、文部科学省と協議して除染方法を確認し、速やかに除染を実施する方針。』

先日の水元公園の調査では「0.99マイクロシーベルト毎時」という調査結果で除染はしない、という判断でしたが、ついに「1.00マイクロシーベルト毎時」以上の調査結果が出たのですね。

続きを読む

2012年1月30日(月)、小出裕章氏が毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演。除染の工程表を公開したことについて、20ミリシーベルト以下にすることは可能だが1ミリシーベルトいかにすることは不可能と批判しました。また、飯舘村の独自の除染工程表について、国よりも科学的に優れていると言及しています。

小出裕章 原発と憲法9条

続きを読む

2012年1月17日、日本原子力研究開発機構の除染事業で2人目の死亡者が出ました。お悔やみ申しあげます。

放射能から子どもの未来を守るために、大人が死んでいるということになります。

放射能から子どもの未来を守る

続きを読む

=====
除染・廃炉など「惨事便乗型ビジネス」は、当事国の産業でのみ進められる。「ざまあみやがれい!メールマガジン」vol.64
=====

東日本大震災、そして福島原発事故は世界中の注目を集め、今なお集め続けている。

日本人が注目するのと同じように。
続きを読む

=====
除染ビジネス。そして海外の原発建設ビジネス。ビジネスも「オンサイトからオフサイト」へ。「ざまあみやがれい!メールマガジン」vol.59
=====

福島第一原発事故が起きてから、日本の原発ビジネスがどんなものなのか、僕達の前にその正体がはっきりと見えてきた。これまで少数のジャーナリストたちが伝えてきたことが、事故によって証明されてきたかたちだ。

フォトジャーナリストの樋口健二氏が主人公のドキュメンタリーでは、繰り返し、大阪の通天閣に輝く、「日立」のネオンが映しだされる。続きを読む

サリー・ソイル※加筆し、タイトル変更しました。2011年12月27日21:20

本日2011年12月26日、東芝が移動式の除染処理装置「サリー・ソイル」を発表した。「サリー」の名前でぴんとくる人は鋭い。

そう、原発の汚染水のセシウム除去システム「サリー」の技術を応用した、モバイル版サリーが「サリー・ソイル」だ。

「サリー・ソイル」とはなんなのだろうか。

全証言 東芝クレーマー事件―「謝罪させた男」「企業側」 (小学館文庫)

続きを読む

化学防護隊※おそらく陸上自衛隊の人から的確なコメントがありましたので加筆掲載しました。(2011年12月25日20:46)

陸上自衛隊が除染のための「除染隊」を結成したが、3日後に解散した。来年度から福島県は除染に本腰を入れる流れのはずだ。

細野豪志原発担当大臣も「オンサイトからオフサイトへ」という発言をし、福島原発事故対応に注いでいた力を除染に移すという旨の発言をしている。

そして、不可解なのは、佐藤雄平知事が「事故収束宣言」に対して強い不快感を表明したのも関わらず、佐藤知事が「除染隊」の派遣を断った形になったことだ。

ゴーマニズム宣言SPECIAL 国防論

続きを読む

児玉龍彦ネイチャー

イギリスの科学誌「ネイチャー」が、科学分野で話題を集めた「今年の10人」の一人に東京大学アイソトープセンター長で、南相馬市の除染推進委員会委員長の児玉龍彦氏を選んだそうです。

内部被曝の真実 (幻冬舎新書)

続きを読む

プラントオパールプラントオパールという物体に注目が集まっている。セシウムと結合する性質を持っているとのこと。

このプラントオパールを取り除くことで、セシウムを取り除けるのだという。

続きを読む

堀潤ツイッター

2011年12月12日、NHKアナウンサーの堀潤さんが、除染作業員が休止し「除染作業と関係はない」とされてることに対して、国を批判しました。

続きを読む

↑このページのトップヘ