■約9400人に配信中!
ツイートなど翌日にまとめてお届け無料メルマガ!【登録フォームへ

タグ:2号機

吉田調書
【追記2014年9月11日】当記事内容は、2014年9月11日、朝日新聞が会見にて、全面謝罪した「吉田調書報道」に基づく報道の紹介分析記事となっています。当ブログは、朝日新聞の報道に基づいてブログ記事を書いていました。事実ではない記述があったことをお詫び申し上げます。事実は公開されている吉田調書にてご確認下さい。
以下、2014年5月20日掲載のブログ記事。【追記ここまで】
☆☆☆
朝日新聞が、「吉田調書」を元にした連載をスタートしている。
吉田調書 - 特集・連載:朝日新聞デジタル
『吉田調書は全7編で構成されている。総文字数はおよそ50万字。A4判で四百数十ページに上る分量になる。吉田氏への聴き取りは13回中11回が福島第一原発から南へ20km離れたサッカー施設 J-VILLAGE JFAアカデミーのミーティングルームで、残る2回が吉田氏の仕事場である福島第一原発免震重要棟でおこなわれた。

 政府事故調は772人から計1479時間にわたって聴き取りをおこなった。吉田調書はその一環で作成された。対象1人当たりの平均聴取時間は2時間弱。吉田氏への聴取時間は28時間あまりで、あの瞬間、どう行動し、何を考えていたかまで聴き取った。畑村洋太郎・政府事故調委員長は、ほかに吉田氏の公式の調書がないことから「貴重な歴史的資料」と呼んだ。 』
今回は、その第1回を読んで、ブログを書いてみる。
福島原発の真実 最高幹部の独白

続きを読む

汚染水漏れ2号機

▼:2013年8月1日5時45分:朝日新聞デジタル:汚染水漏れ口を2年超放置 福島第一、対策発表の一方で - ニュース特集 変更する

『【奥山俊宏、多田敏男】福島第一原発の放射能汚染水流出について、東京電力が事故直後の2011年4月、流出元の建屋と地下坑道の間の「遮断」を防止策として公表しながら、2年以上、建屋の漏れ口をふさがずに放置していたことが分かった。今夏、汚染水が海へ漏れていることが判明し、ようやく遮断工事の試験の準備に入った。対応の遅れが汚染拡大を招いた可能性が高い。』

TOPの図を見ると報道の意味がよくわかります。

海へ漏洩してることが判明してから(オフィシャルに発表してから)、対策を行おうとしているわけですね。

2年間も放置されてきた対策を今行おうとしているわけです。

原発とメディア2 3・11 責任のありか

続きを読む

▼2013年5月29日:福島第一原発作業員の方の驚愕のお話。(おしどりマコ) | Daily NOBORDER

『作業員「事故直後の挙動の推定がつかないだけでなく、
建屋の中に驚くほど高線量の部分があるのも2号機なんです。

はっきり言ってしまうと、もし注水などに問題があり、冷却ができなくなる事態が起き、どうしようもない、といった過酷な状況になったとします。

1、3、4号機ならば、決死隊が被曝覚悟で駆け込んで何とかすることができるんです。

しかし、2号機は。

2号機の建屋は、非常に線量が高いところが多々あるため、決死隊が駆け込んでも、作業する前に死んでしまう、問題の個所にたどりつけない可能性が高いのです」』

数シーベルトを浴びると人間は死んでしまうと言われています。

それ以上の線量を浴びれば、その場で人間としての機能が失われてしまうのですね。

2号機の建屋内では、そういう場所が多々あるとされています。

福島原発事故 東電テレビ会議49時間の記録

福島原発事故 タイムライン2011-2012

続きを読む

28

福島第一原発2号機で、図面通りに穴をあけたところ、予想外の配管が見つかり作業が難航しているとのこと。

図面が役に立たないというのは、もはや科学や技術とは呼べないわけで。

これは結構きついですね。

「東電叩き」シンドローム 脱原発論の病理 (B&Tブックス)

続きを読む

原発ロボット動画先日2012年12月11日に、東京電力は福島第一原発2号機のサプレッションチェンバー周辺の汚染水漏れの場所をロボットで調査した結果を発表した。

東京電力が公開した動画のロボットの動きが、僕の想像をはるかに超えた遅さでしたので、皆様にお伝えしたいと思います。

検証 東電テレビ会議

続きを読む

2号機汚染水漏れ2号機のサプレッションチェンバー(圧力抑制室)の破損についての調査が行われているという報道があります。

2号機の圧力抑制室からは、事故直後から汚染水が漏れ続けている事実があります。東電はそれを浄化装置に送り続けていますが、格納容器の底から地下に漏れているという見立てをする専門家もいます。

さて、報道を読んでみます。

原発と日本人 自分を売らない思想 :小出裕章・佐高信

続きを読む

27

2012年9月6日(木)、小出裕章氏が、毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演。

2号機が最も放射能をばらまいたとする政府のシナリオについて解説しています。

この国は原発事故から何を学んだのか (幻冬舎ルネッサンス新書 こ-3-2)

続きを読む

2012年8月9日(木)、小出裕章氏が、毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演。

東京電力のテレビ会議の新事実、2号機の海水注入に関する東電幹部の発言について解説しています。

検証 福島原発事故 官邸の一〇〇時間

続きを読む

02

FNNニュース: 敦賀原発で地層のボーリング調査中に誤って地中の配管に穴

『原子力安全・保安院は、福井県の敦賀原子力発電所で、地層のボーリング調査を行っていた際、誤って地中に埋まっていた配管に穴を開けたと明らかにした。
敦賀原発では、敷地内を走る断層について、6月からボーリング調査を行っていた。』

敦賀原発は、直下に活断層が走っているという強い疑惑が出ています。

続きを読む

img_eb394c7bf4f6bdef87f98bbeabd186cf71552

2012年6月14日(木)、小出裕章氏が毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演。

東京電力社内の事故調査委員会による2号機の格納容器からのガスが重大な汚染をもたらしたという報告、および、節電なしで乗りきれる根拠に言及しています。

続きを読む

2号機からのクリプトン85の放出は、やや低下 | カレイドスコープ

『この前の計測値(5月8日実施)は、2.6×102(Bq/cm3)という値。
今回は1.5×102(Bq/cm3)。

クリプトン85は、核分裂反応の過程で生成される核種ですが、同時に生成されるはずのセシウム137やセシウム134、ヨウ素131が検出されていないので、依然として原因は不明。』

クリプトン85は放射性物質です。ここしばらく福島第一原発2号機から放出されていたのですが、やや放出量は下がってきたとのこと。

続きを読む

2012年4月16日(月)、小出裕章氏が、文化放送「吉田照美 ソコダイジナトコ」に出演。4号機の使用済燃料プールの冷却システムの温度上昇や、2号機の相次ぐ温度計の故障等について言及しています。

騙されたあなたにも責任がある 脱原発の真実


続きを読む

2号機サプレッションチェンバー

2012年3月28日(水)、小出裕章氏が毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演。2号機の格納容器内の水位が底からわずか60センチだったと判明したことについて言及しました。

騙されたあなたにも責任がある 脱原発の真実

続きを読む

2gouki

2012年3月26日、東電は2号機内部を内視鏡で検査。格納容器の水位が底からわずか60センチであることを確認し発表しました。

日本経済新聞の図表が、格納容器内の壁(しきり?)を伝えています。

福島原発の真実 最高幹部の独白


続きを読む

2012年3月7日(水)、小出裕章氏が、毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演。ゲストの原発推進派・東京工業大学原子炉工学研究所助教、澤田哲生氏と討論しました。

このエントリーでは、主に、4号機の危険性・1号2号3号燃料取り出し、についてそれぞれの考え方のパートを紹介しています。

続きを読む

58)

24日、2号機の「RPVベローシール」部の温度計が「200.1度」を示した。

このブログで、ここ数日、2号機の「RPVベローシール」温度が急激にあがり続けていたことをお伝えしていたが、東電は計器不良と判断したとのことだ。

続きを読む

↑このページのトップヘ