■座間宮が立ち上げた、日本歴史蒸発の「選挙」に特化したメディアです。

日本選挙新聞_バナー


■約9400人に配信中!
ツイートなど翌日にまとめてお届け無料メルマガ!【登録フォームへ

タグ:PM2.5

06

中国の大気汚染、特にPM2.5が、今年になって騒がれだした

だが、昨年も東京都内の観測局は、すべてPM2.5は基準値を超えている。つまり、今年になって特に酷いPM2.5汚染が始まったわけではない

では何で、今年、日本とアメリカがこぞって騒ぎ出したのか。

奇しくも、シェールガス革命がアメリカで起こっているというタイミングで。

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2013年 3/19号 [雑誌]

続きを読む

そらまめ君PM2.5

中国からの大気汚染PM2.5がやってきたということで、大気汚染の観測マップなどのウェブサービスがソーシャルメディアで共有されています。

たくさんあるウェブサービスの中で、皮膚感覚で一番人気だと感じるのは、「そらまめ君」です。

使い方を解説していきます。

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2013年 3/19号 [雑誌]

続きを読む

朝日新聞デジタル:たばこの煙のPM2.5「中国並み」 専門家、対策訴え - テック&サイエンス

『【佐々木英輔】中国の大気汚染で問題化している微小粒子状物質PM2・5にからみ、日本癌学会など18学会でつくる学術グループがPM2・5を含むたばこの煙の対策を訴えている。喫煙可能な飲食店などの濃度は北京と同レベルで、日本国内では屋外よりも受動喫煙対策の不十分な屋内が深刻としている。』

屋内の方が深刻だという論調ですね。

比較して、喫煙可能な屋内での受動喫煙のほうが酷いというわけです。

では詳細を見て行きましょう。

【PM2.5対応/N95】【安心の日本製】モチガセ・バリエールN95マスク(1袋20枚入)※米国立労働安全衛生研究所(NIOSH)認証済

続きを読む

ちょっと古い報道だけど、中国のPM2.5による大気汚染がどのように問題となったかが分かる報道があったので紹介しておく。

そもそもアメリカ大使館が調査したことが発端だった。

3M N95 基準 8210 防護マスク 20枚入

続きを読む

41

中国の排ガス問題でPM2.5が注目されてますが、そもそもこれまでも、日本でも、大都会では基準値超の箇所が多かったと東京新聞こちら特報部が報じています。

23区内の測定所は、昨年もすべて、基準値を超えていたとのこと。

PM2.5は、人間が持っているフィルターでは取り除けないような細かい粒子です。喘息などの原因となります。

【PM2.5対応 中国大気汚染対策】【N95防護マスク】3M社製 N95マスク 8210 N95 (1箱20枚入)【amazon倉庫から即日発送】

続きを読む

↑このページのトップヘ