2011年06月22日

Scrap in Japan

こちらも残念ながら今月で最後だそうです。


http://scapinjapan.blogspot.com/





IMG_1619_1





これは鴨川シーワールドに行ったときの写真です。
俺様がのぞいた瞬間にイルカが寄ってきました。
もう、まさに「シャッターチャンス」という写真で大好きな写真です。

お魚さん達の視線を俺様にあわす為にはスケッチを反転させました。
で、真ん中のPPや飛行機はCalicoなんですが、yokoさんのキットの端切れです(爆
これ裏表なんですがどっちも好きで大事に取って置いたのを使えて大満足です。
あと、男の子LOではあまり使わない「レース」「リボン」を使って見ました。
で、サークルは実はですねえ、CCのペーパーを丸くカットしたら
イメージと違うのでもう一度くっつけてさらに大きいサークルにしようと
思って切りました。が、このままくりぬいたほうが「水槽ぽい」と思ってくりぬいたままにしました。
だいたい私が凝ったことをする時は「失敗隠し」ですからww

小さいサークルの下は隠しジャーナルです。


IMG_1614_1






最初で最後のチャレンジですが、楽しくできました。
みなさま、ありがとうございます&お疲れ様でした

amepolbe at 16:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

scrap ×scrap

一度しめたブログですが、どうしても投稿したいチャレンジがあり、
ブログがないと厳しいので2回ほど更新します。


scrap×scrap



いつも楽しみにそして参考にしていたサイトです。


で、最後なので私もチャレンジしてみました。


IMG_1605_1




俺様の交流戦での「奇跡のフリースロー」です。



IMG_1601_1




スタンプの2は「2ショット」つまり2本とも決めたことを表現してみました。
で、上手く押せず、汚れたので、テレサコリンズのPPでボロ隠しですww




IMG_1603_1



動物モチーフはボトルキャップのワンコです。
ボトルキャップはMB+さんの、カレンダーは
テレサコリンズの「SPORTS EDITION II」のペーパーを切り抜きました。
このシリーズ、ライン買いです。











IMG_1604_1





クリアはボタンです。




クリエイトペーパーのペーパーが
「スコアカード」とあったので実際のスコアシートぽくしてみました。
8を囲ったのは、俺様の番号が8なのと、チームスコアが8点なのに
かけてみました。
ちなみにこれは1Qだけじゃないですからww
前後半全部で8点ですから。
バスケで8点だけってありえませんから。
どんだけ弱いのじゃ>< まあ、100点ゲームにならなかっただけしとしよう。

今までみなさんありがとう&お疲れ様でした。




amepolbe at 15:49|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2011年02月18日

ポルビへ

あなたが旅立って1ヶ月になるけど、もうそちらの生活になれたかしら?

私はあなたがいないと
「ただのぐうたら母ちゃん」だということがよくわかりました。
1人でランニングもしないからすっかり太ってしまったし。

ポルビ、パパがプリントしてくれた写真は
どれも笑顔だったよ。
こんな素敵な笑顔を毎日ありがとうね。
俺様は毎日あなたの名前を言わない日はないよ。
いろいろ衝突もしたし、私も悩んだけど、そんな日々が
すべて「絆」になったのだよね。でも、もう少し待ってくれれば
俺様はきっとあなたのお世話をしてくれたのにね。
育ててくれた恩を返せたのにね。

姉ちゃんのママ友も俺様のママ友もバスケのママ友も
みんなあなたの死を悼んでくれたよ。
「とってもいいこだったね。大好きだったのに」って。
ちょっとだけママ、うれしかったりするんだ。
こんなにも多くの方に愛されていたことを。
それはあなたがとても多くの子ども達を受け入れ、
慈しんでくれたからなんだよ。



ポルビ、会いたいよ。もう一度ぐりぐりしたいよ。
お散歩行きたいよ。
虹の橋で待っていてね。私もあなたに会うのを楽しみにしているわ。




あなたと過ごした6年は、とても幸せな日々だったよ。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。









このブログはここで終わりにしたいと思います。
こんなカタチで終わりになるのがすごく残念なんですが。
しばらくこのままにしてそのうち、製本できたらと思っております。
長い間、お付き合いしていただいてありがとうございました。


みなさまのご健勝を心からいつも祈っております。


     ポルビママ

amepolbe at 09:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年02月03日

アンへ

アンにこうして書くのは正式譲渡の時以来だね。

今回、アンがいてくれてよかった、アンのおかげで
ここまで来れたと思うよ。

ポルビを連れて帰って、パパと俺様を
送り出した後、泣いている私に
「どうしたの?」て近づいてきたよね。
「ポルだめだったの。死んでしまったの。
病院から連れて帰ってきたの。」て言ったら
すごいびっくりした顔して私と、ポルが入ってた箱を
ガン見していたね。
あのびっくりした顔が忘れられないよ。

それからお友達が
「狭くてポルビがかわいそうだよ」と
箱から出して寝かせてくれたのだけど
1度だけその箱に入ったけどそれきり近寄らなかったね。
箱はみんな「俺の箱」なのにね。

お供え物もいっさい手を出さなかったよね。
いつもなら、ちょいちょい、ガブッなのに。
アンもきっとわかっていたんだよね。
何度もポルビに近寄ってはにおいをかいでいたものね。

ポルビを連れて行くときに
「もう、最後だよ」と声をかけると
押入れの中でじっと見ていたよね。
来客が苦手な君は安心できるところで見送りたかったんだよね。


ポルビがいない家に帰るのは辛かったけど
「アンがいるから」と思うから帰れたよ。
アンのぬくもりからいっぱい元気をもらったよ。
ありがとう、アン。

正直、アンのほうが先に逝くことも覚悟していたのだよ。
君の中の病魔はそれほど怖いものだからね。
でも、これからはポルビの分も子ども達の
成長を見守ってほしいな。
そしてアンはアンらしく、元気でやんちゃで
長生きしてほしいと思います。


大好きなアン、これからもよろしくね。

amepolbe at 11:05|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年01月26日

Beautiful days

IMG_2499
このブログに来る方はあまり嵐なんて聴かない方が
多いかと思います。

この曲は歌詞を良く見ると
「故人を悼むうた」なんですよね。

星に願うといつか叶うと言うけれど
夢の中でしか僕ら 永遠にもう会えない


悲しみを分けあって 涙の数へらすより
喜びを 分かちあえないほうがつらいね


まぶたの奥に映る こぼれる笑顔が
いまでも勇気くれるよ もう一度会いたい


空に想い出がぽろり 涙ほろり こぼれてくよ
悲しいほどキレイだね




先週は私の人生の中で
「一番しんどい1週間」でした。


ポルビを送る時、大好きな散歩コースを通って夫婦で号泣だったり
「ああ、この金額なら家族旅行出来たな。もう一度ポルビと行きたかったな」と
焼いている時にぼんやり思ったり、
骨を拾う時、「足にボルトありますよね」と言われて
びっくりしたり、でした。
ボルトは思わず手にとってまじまじと見ましたが、
キレイな処置でした。
だって姉さん、テーブルとか飛び乗ってましたもの。
普通に走っていましたもの。
前の飼い主さんは愛情を持ってポルビを育ていたんだと確信しました。
かわいそうに、ポルビも飼い主さんもどんなに辛かったでしょう。
最後にもう一度頭蓋骨をなでて蓋を閉めて、
納骨してもらいました。
カプセルにしっぽと指の骨をいれて持ち帰りました。
しばらくはあちこち連れて行って、気がすんだら土に還してあげたいです。


パパと
「あれもしたかった。これもしてあげればよかったね」
なんてしみじみ話したり
俺様が
「ポルビとこんなことあったね♪」と懐かしい話をしたり
姉ちゃんがポルビの写真見て涙ぐんだりと
それぞれがそれぞれの関わり方があって、悼み方があるんだなと思いました。

訓練士さんがわざわざレッスン中の写真をプリントして届けてくれました。
私との2ショットはとてもいい写真で
「今、私にもしものことがあったらこれが遺影がいい」と思うほどでした。
もっとも6年も一緒にいて、ポルビとの写真はこれ1枚だけと言う事実に
愕然としましたがww
今は、みなさんがくださったお花を飾っております。

ようやく我が家も平常運行に戻りました。




追記
今はこれがスクリーンセーバーです。
立ち上げるたびに姉さんが微笑んでくれています。

amepolbe at 22:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年01月18日

ありがとう

ほんとに突然で私たちも受け入れがたいのですが
ポルビが虹の橋へと旅立ってしまいました。

今はただ、



ポルビにありがとう、


ポルビを助けてくれた方々に ありがとう


ここを見てくれた方々にありがとう、



ポルビを愛してくれた方々にありがとう。



感謝の気持ちを伝えるだけでいっぱいです。











ありがとう、ありがとう、いつまでも大好きだよ、
愛しているよ。4ee8e025.jpg
ポルビ
お約束?
美人な姉さん
後ろ
188d2f34.jpg






amepolbe at 10:17|PermalinkComments(6)TrackBack(0)ポルビ 

2011年01月17日

病院での姉さん

病院に行こうと連れ出すと手前の曲がり角でストライキ^^;

「私、行かない」と動かないので仕方ないので抱っこしていきました。
途中、ムスメの顧問の先生とすれ違いましたが、
不思議そうな顔をしていました。
病院に着くとドアのところで

「あたし帰る」と意思表示。地味にドアに張り付いてました。

しばらく待っていると偶然、愛犬を連れた訓練士さんに会いました。
ポルビさん、大好きな先生に会えて、久々にしっぽを振っていました。
で、先生のところのわんこと2匹で
「あたし、帰る」とアピールしていました。
待っているあいだに下痢と嘔吐をし、処理をしていたら呼ばれて中へ。
院長先生に今までの経緯を話すと
「腎臓にしてもここまで悪くなる数値ではない。
すい炎かもしれないので検査をしたいのですが」と言われ
姉さん再び、置いていかれました。
あの「ママのうそつき」と言いたげな目が忘れられません。

で、夕方行ったらやっぱり
「すい炎で間違えないと思います。」と言われ
そのまま入院して集中的に治療してもらうことになりました。

家でいろいろ調べたら、80パーセントの生存率で
完治して元気になった仔も多い反面、なかなかわかりづらい
病気であるため、手遅れになることもある怖い病気であることも
わかりました。
ポルビは程度でいけば中程度、気を許すことは出来ないけど
そこまで悲観しなくてもいい状況だそうです。
治療がうまくいけばまたうちに帰れる、通院で大丈夫になる。
だけど食事の制限は今より厳しくしなければならないそうです。

食に執着のある仔だからすぐ「おかしい」と思ったけど
「ムラ食い」のある仔だったらと思うとぞっとします。
でも腎臓でなくてよかった。腎臓も悪いのは代わりはないけど
腎臓だったら確実にリミットは近かったでしょうね。

病院では吐き気は収まったようですが今までの中で
「一番元気のない」ポルビさんでした。でもきっと
悪運の強い女だから今回も無事生還すると私は思っています。




amepolbe at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ポルビ 

あけました

新年を家族全員で無事に迎えることができました。

パパちゃんは元旦から海外出張、
私はパートをはじめ、元旦からお仕事、
子ども達は部活だ何だと飛び回る、そんなお正月でした。


アンは相変わらずやんちゃなんですが、
実は姉さんのリミットが発動してしまったようです。

年末からパートを始めて、家に帰ると
う○こが転がっていることがありまして。
「ああ、いやがらせか?」なんて思っていたのですけど。
こんなにご飯食べているのになんか痩せてきたねなんて
話になったからご飯を多めにあげていたのですけど。


ここ二日、まったくご飯を食べなくて
食に執着がある子がおかしいと昨日病院で
検査をうけてきました。
やはり腎臓の数値が落ちてきていると言われてしまいました。
もともと、心臓と腎臓に爆弾があったポルビさん、
腎臓のほうがダメになりつつあるようです。

ごめんね、ポルビ。
いやがらせかと思っていたのはあれは吐しゃ物だったんだね。
もっとはやく気がついてあげればよかったね。
そのまま皮下輸液をうけて帰ってきたのですが
吐き気が止まらないようで、寝る前になんどか戻し、
朝もあちこちに吐いたあとがありました。
朝からその後片付けでてんやわんやしていたら
姉ちゃんは自分でお弁当を作ってくれました。
今日もういちど病院に行って来ます。
腎不全の吐き気って「つわり」と同じくらいなんですってね。
わたしもつわりがひどかったから気持ちはわかるかも。
今は少しでも吐き気を止めてあげたいです。


1年生だったムスメは中1に
年少だった俺様は小4になったその時間の
長さを思います。
今までいろんなものをくれたポルビ、
今度は私たちが姉さんを支える番だね。

これからはおそらく
「介護日記」になると思います。
私たちも通るであろうその道をポルビと楽しく
歩いていけたらと思います。



amepolbe at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ポルビ 

2010年11月17日

近況

BlogPaintb82cf6a8.jpg


















実は昨日今日とブログに画像を取り込むのにすごく苦労していまして、
「もう、ライブドアなんてやめてやる!!」と思っておりました。
今日再チャレンジしたらすんなりできてちょっとびっくりしました。


写真は
「ママ〜何食べているの?」の姉さん。

いつもこんな顔で食事中の私を見つめています。



そして寒くなって私のおひざが定位置のアン。

でもこれ他の人に見つかると


「ああ!!なにこれ!! アン、私のお膝においで」

と剥ぎ取られたり、


「あっ!!アンのママじゃない!!」
と追いやられたり、

「お前なんでそんなところに座っているんだよ」と
文句言われたり


散々なアンさん。なのでみんないないときにこっそり乗っております。

ほんとは人に寄り添いたいんだけど、
来いっていわれるのが嫌な「ツンデレ」キャラなだけなのにね、
いつになったらみんな理解してくれるかしらね。


amepolbe at 10:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ポルビ 

2010年08月11日

老いぬ様たちの夏

夏休み、子ども達は心躍る季節ですが、
老犬を抱える身としてはやはり手放しで楽しめないです。

姉さんは相変わらず元気ですが、それでもやはり
散歩の距離は短くなりました。
もう以前の距離を歩くと「ハアハア」と苦しそうになるので
午前中はもう15分程度に切り上げます。
でもその他は変わりなく、アンともプロレスしますし、
「都合のいい耳」は面倒なコマンドは聞こえませんが
誰かが冷蔵庫を開ける音は聞こえるようですww


老犬仲間のブログで「調子が悪い」とあると
ハラハラしてします。
どうかみんなこの夏を乗り切ってまた元気な姿を
見せて欲しいと思います。




amepolbe at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ポルビ 









livedoor プロフィール