2006年10月26日

つぶやき

ほんとは私ごときが
「広島ドックパーク事件」を語ってはいけないかな〜
と思っていたのです。
が、思うことがあるのでつぶやきとして受け止めてください。

譲渡会も無事終わり、いろいろなところで
いろいろな話が回っています。
限られた時間で「この仔達を幸せに出来るかどうか?」
を判断するのはすごく大変な作業だったと思います。
だから、いろいろな条件でばっさり切られた方が
多かったようですね。


そして「成犬推進委員会(仮称)」の私として
これだけはお伝えしたいと思います。
私はこれまでもしつけの入ったポルビのように成犬は楽ですよ〜
となんどもお伝えしました。
懐かないことはないし、時間はかかるけど、
矯正もできますよ。と。
でも、それは



家庭で飼われたことがある犬だから


なんです。前の飼い主さんがかわいがったけど
手放したとか、ボランティアさんちでリハビリを
うけたとかそういった仔達を指します。

残念ながらそうでない成犬も多くいます。
いわゆる、「悪徳ブリーダーや業者による放棄」です。
彼等は家庭生活するにあたって必要なしつけ
なんてまるきりされていません。
子供を産むだけ産ませて使えなくなったら
捨てるのです。だから、トイレだとか、無駄吠えだとか
そういったことを一からしかも普通の子犬より、
時間と愛情をかけて教えなければなりません。
みなさんがだいたい欲しいなと
思う純血種の仔達が多いです。
そして広島の仔達もこれにあたります。
さらに彼等は一年半も放置され、多くのこが
病気も心の傷も抱えています。
だからそこをまず、理解してください。
健康な犬より手間も愛情も倍かかります。
それを乗り越える自信があるかどうか、ご家族で
よく話し合って見てください。

これを機にもし、「我が家にも、レスキューされた仔を
迎えたい」と思ってくださっている方々へ、
関東だけでも300匹のわんこが新しい家族を待っています。
どうか、恐れずに問い合わせをしてみて下さい。
親身になって相談に乗ってくれて、
時間がかかってもあなたに合う動物達を見つけてくれるでしょう。
そして断られても、「縁がなかった」と前向きに思ってください。
なんせ、「新しい家族を見つけること」は
お互い大変な作業なんですから。







amepolbe at 11:17│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 









livedoor プロフィール