January 22, 2018

しつこく Napa Valley Wine Train

土曜の例会でデビュ-した- 2 x Full dome
IMG_1131

IMG_8849-20-01-18-22-18

とりあえず満足。
次は、Diner を仕込み中。

おまけに、HiawathaのSkytop  テ-ブルライトを点けて客を待つ。  fxm
IMG_8845-20-01-18-22-29



american_nscale at 17:43|PermalinkComments(0)

January 16, 2018

Napa Valley Wine Train #4

屋根色を変えたFull dome
IMG_1110

ロコの屋根とよくMatchする。

ロコには付属パ-ツのMUホースとBrakeホースを装着する。
IMG_1116

ナパバレ-も内容的には一応完了。 あとは増備。 fxm

american_nscale at 22:00|PermalinkComments(0)車輌加工の話題 

January 14, 2018

Napa Valley Wine Train #3

気になっていたナパバレー Full dome の屋根色を変える。

近くのTamiya直営店に赴き StaffにFPA4の屋根色を見てもらい
これに近いスプレー缶はないか?
当然、無い。
ならば 普通のビン塗料を混ぜるので、適切なビンを求む と
先ずは、Sky blue 次に ○○Green でしょうかねー と。
配合は2対1ぐらい? と聞けば 『いやぁ、1対1でしょう』 と。

帰って、試すと 4対1 ぐらいで丁度よい。
FPA4の屋根と比べ少し明るいが 下手に黒を加えるよりは このままで。
意を強くして、多目に塗料を調合し別の空きビンにて保管する。

幅広の刷毛で えぃっ と一気に。
途中で塗料切れになるが、構わず切れた箇所からRestart。
直後は不連続やボッテリ感が目立つが 乾燥が進むと落ち着いてゆく。
あとはTop coatすれば光沢度も均一になるだろう。
IMG_1105

我ながら、上手くいった。 組立上がりを想い描いて 独り悦に入る。
この出来なら、MTL製車輌の屋根も塗り替えてしまおうか・・
fxm

american_nscale at 20:25|PermalinkComments(2)車輌加工の話題 

January 07, 2018

Napa Valley Wine Train #2

金曜に届いたナパバレー・FPA4を 土曜に落合にてデモ走行。
初めてのESU・Loksound装備で音は申し分ない。 Soundtraxより佳いかも。
IMG_1078_1

IMG_8350-06-01-18-19-341

これはすでに紹介済のFull dome。 Decalが届いたら 更に増備する。
IMG_1075

IMG_8334-06-01-18-19-341

ついでに、Kato・HiawathaのFull dome。 Domeガラスは着色済。
IMG_1086

こちらは、参考にBrass製のFull dome。
IMG_1088

このBipolarが牽引する。
IMG_1099_1

Kato・HiawathaのSkytop・Observation 着色ガラスでTable lightがインスタ映え?
IMG_1089

Thanks for watching. fxm

american_nscale at 10:56|PermalinkComments(0)新車・改造車速報 | 車輌加工の話題

January 03, 2018

Napa Valley Wine Train

休みの終りに Napa ValleyのFull domeを仕上げる。
機番は1085で 車名はChampagne
実車は、四つ窓でSkirtを付けてないけど雰囲気で勝負。
後ろのMTL製Observationも、“なんちゃって“仕様だから これで オッケイ。
IMG_1066-1

2両のPlanであったが Decal柔軟剤で酷い目にあって 一両分のDecalをフイにした。
追加のDecalをOrderせねば・・
IMG_1069-1

牽引ロコのFPA4は、今 太平洋を移動中。 fxm

american_nscale at 15:02|PermalinkComments(2)新車・改造車速報 | 車輌加工の話題

December 23, 2017

アンデコ Full dome car

ご存知 KatoのHiawatha用Full domeである。
単価 $50 はいかにも高いが IMのリリースがベタ遅れの為 止む無し。

ナパバレー用の塗料を待つ間 慰みにガラス部に色付けしてみる。
(Decalは半年前に調達済だ。)
刷毛塗りは難しいので、塗料をCaseに注ぎ ガラスパーツをドブ漬けする。
その後、何度か強く振って余剰塗料を捨て 且つ 塗膜の平滑化に努める。
どうしても多少のムラが残る。
乾いたあとで Frameに嵌める。 ウン、なかなかよろしい。
IMG_1056


気を良くして、塗装済のSkytopでもやってみる。
IMG_1052

fxm

american_nscale at 18:08|PermalinkComments(2)

Pacific 電鉄 重連

漸く 重連が実現する。
IMG_1061

しかし、出来栄えは1両目の方がよかった。
2両目になると緊張感が減るのだろうか。 取付部品がスッキリ収まらない。
パーツ2点が跳んで紛失、未装備のまんま。 fxm


american_nscale at 17:46|PermalinkComments(2)新車・改造車速報 

December 03, 2017

NJ Transit Multi-Level passenger car Debut A.N.A. West Valley

IMG_1402

NJ Transit Multi-Level の客車のデビューです。
A.N.A. 西落合のいつものシーンです。
MicroScale のデカール発売で正規のカラースキーム
の表現が可能になりました。
前回は、なんちゃってNJ Transit スキームでしたので、
少々気懸りでしたので、これでスッキリしました。

bomb_33868_51

次は、ALP-46なのですが、どうなりますか?
ジャンクの欧州型BR189 / ES 64 F4 の改造あたりで計画中ですが。
平成の間に完成の予定です。

25299190_713943912129999_5700229068071118059_n25299417_713943902130000_3260651379580287872_n25395723_713943925463331_1693030752881060381_n25445897_713943905463333_1939547430010106110_n















12月16日のANA例会で撮影してもらったフォトを追加します。
NJ Transit P40DC + Multi-Level Passenger Carの列車です。
いいですね〜え。寺ちゃん、Thank you!

KoikeModels


american_nscale at 23:25|PermalinkComments(0)A.N.A.イベント情報 | 新車・改造車速報

November 19, 2017

Interurban Chicago South Shore & South Bend R.R. ver.4

IMG_1387IMG_1390







またまたのInterurbanです。Chicago South Shore & South Bend R.R. ver.4 に
なります。Yahooに不動のジャンクのGP38-2が出品されていました。
そう言えば、Chicago South Shore & South Bend R.R.のロコは、たしか
GP38-2 だったはす? 思わず、ポチリでゲットです。

いつもの様に、塗装変更、MicroScale のデカールで変身。
カプラー交換、スノープロー取り付け完成。
もちろん不動品ですから、完全分解、洗浄、給油、再調整して、
運転準備完了。A.N.A.West ValleyへDebutしました。

次は、Chicago Metra の Highliner が待ってます。

KoikeModels

american_nscale at 22:57|PermalinkComments(2)車輌加工の話題 | 面白い車両

November 18, 2017

Epilogue New Amtrak #4800 GG1 Debut at West Valley

IMG_1396


Tsurubo つるぼー より入廠のK〇toのGG1 Black Body のダルマの レストア、リニューアルが完了しました。

オリジナル諸元 11000 V AC 25Hz 3444 Kw / 4620 HP

更新後諸元   11000 V AC 25Hz 6000Kw
        PMSM 永久磁石同期電動機採用
        SiC半導体 IGBTによるPWMインバーター制御 VVVF
        Hitachiでインバーターロコへ変身した場合の仮定です。

IMG_1392


A.N.A. レイアウトに出現した、UP ベランダ・タービンです。ジャンク品を
現会長が、ハンドレール等をエッチングパーツと真鍮線で細密化、再塗装後に
MicroScale のデカールで仕上げたもの。失われていた燃料デンダーは、
塩ビ水道管、ボタン、エッチングパーツと真鍮線等でフルスクラッチです。 

Amazing


KoikeModels

american_nscale at 22:00|PermalinkComments(0)