June 21, 2018

ebayのbuyer protection

ebayに、こんな商品が出ていたので購入してみました。
(小さくてすみません、事前に画像を保存していなかったので、こんなのしか残っていないんです)
Custom Painted N Scale Life Like E-8 Metra Locomotive

"Custom Painted N Scale Life Like E-8 Metra Locomotive"だそうです。
「買ってすぐHOに転向したから一度も走らせてない」という触れ込みだったと思います。
パッケージはアンデコのものでした。

実車画像は↓こちら。
Metra E8 at Elgin - Flickr

MetraのE8の青塗装のようです。
動力のスペアも手に入りますし、写真のようにF40と並べてみたいな、
技師長氏やKoikeModelsさんの車輌と一緒に走らせたいな、と本当に楽しみにしていました。
sellerの人も"100% positive feedback"ということですっかり安心していました。

しかし、荷物になぜかtrackingがついていない。
先日もさんざん迷子になった荷物があった(米国→東京→ロシア→米国→東京)ので、
この時点で嫌な予感が。

予感は果たして的中し、予定日になっても一向に届きません。
ebayのサイトで調べてみると、sellerにコンタクトするページがあったので、
まず「商品が届かない。(返金ではなく)商品がほしい。」とメッセージを送ってみました。
ところが、期日になっても返事が来ません。
ebayのほうから「その後いかがですか?」というメッセージが来たので、
「荷物も連絡も届かない」と言うと、間もなく送料含め全額返金されました。

その後、そのsellerの人のページを見てみると、なんと登録抹消になっていました。
手間のかからなさやスピーディーさにも驚きましたが、
たった一回の取引不備でこんな厳しいペナルティが課されることに一番驚きました。
これまで300件以上もpositive feedbackばかりを集めてきた人なのに、です。

やっぱり誠意ある対応って大事なんですね。
余計なお世話かもしれませんが、皆さんもどうぞお気をつけて・・・。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

オマケに同じ金型のLIFE LIKE製E8デモ塗装機の画像を載っけておきます。
s-l1600_E8demo1

これも、接着剤による補修痕があるなんて、全然気づいていなかった・・・
(この写真を、よく見るとわかります)
まぁ、モノがトラブルなく届いただけで万々歳ですけどね。
なかなか出物のないキレイな塗装ですし。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

後味の悪い話ばかりでもアレなので、最後に季節外れですが
Illinois Railway Museumのクリスマス列車の画像を載っけておきます。
正面に掛けられたリースがワンポイントです。
こう見るとこの塗装もなかなかキレイですね。KATOさん出してくれないかなぁ・・・。
25299239_1760769933981849_7271981487649701757_n


T.K.でした。

american_nscale at 05:16|PermalinkComments(0) そのほか | 旧車速報

June 19, 2018

VIA Rail Canada Turbotrain by Bachmann / KoikeModels

DSCF7264_トリム

Rapid trainsのTurbotrainのVIA バージョンに刺激されました。

DSCF7273_Right

先頭車 Mc-1のライト点灯

DSCF7268_Left

後尾車 Mc-2のライト点灯(写真ではわかりませんが、フラッシング・ライト 点滅します。)

CN Turbotrain with Decale_20140504

お仲間が増えました。CN Turbotrain ⇒ VIA Canadaと変化したようです。

決定版のRapid TrainsのCanadia National Trubotrainが早く届かないか〜な〜の日々を送る

KoikeModels でした。

american_nscale at 21:39|PermalinkComments(3) DCCの話題 | 新車・改造車速報

June 18, 2018

ヴィンテージ品発見

こんにちは、T.K.です。


1

先日桜上水の古道具屋さんに行ってみました。
洋雑貨の専門店で、古いナンバープレートなど楽しく見ていると、驚きのアイテムを見つけました。

2_0618

2-1_0618

バーリントン鉄道の駅にあったであろうビルボードです。

3_0618

E5でしょうか、たいへん丁寧に描かれています。
背景からわざわざ切り離して立体的になっているあたり、手が込んでいます。
背景の感じも好きです。
"GO BURLINGTON"のキャッチコピーもわざわざ切り抜き文字になっています。

4_0618

セント・ジョセフという街の駅にあったようです。
イリノイ州に同じ名前の街があるようですが、そこでしょうか。

19:42発、翌8:20着。
夜行列車で行くには便利な発着時間ですね。


5_0618

リクライニング・チェアがまだ売りだった時代ですね。

6_0618

7_0618

3線式のトイ・トレインが一緒にありました。セット販売だそうです。
お店の話では「看板よりこちらのほうがずっと値打ちが高いでしょう」とのことでしたが・・・?

ちなみに、レンタルも可能だそうです。
イベントのアイキャッチにいかがですか、なんちゃって。



T.K.でした。
※お店のことわりは、得てあります。

american_nscale at 17:46|PermalinkComments(0) そのほか 

June 03, 2018

お土産 - 自分へ。

Wellingtonの小さな靴屋で物色する。
聞けばNZ製品はほとんど存在せず、多くは英国製 ほかにイタリア製など。
良さそうなローファ-、NZ$440也。英国製だが これは高い。
反対側のコ-ナ-にDiscount品が並ぶ。 目に留まったのがこれ↓
IMG_1262

IMG_1263

聞いたこともないイタリア製。
何故、値下げか? と聞けば ワンSizeのみが残ったので。
IMG_1258
幅が4Dとも読め だんびろ・甲高でもいけそうだと 試してみる。
ん、いいんじゃぁないか・・
Discountとはいえ、NZ$380. あとで来るかも と言い残し 店を出る。
心は半分以上決まっている。 一応使い道を思案しながら(納得時間をおきつつ)街中を散歩する。

一旦ホテルに戻り、4時間後に再入店。
これ、欲しいのだが NZ$330でどうだ? 80歳近くに見える主人は
ん と間を置き NZ$350ならば と。 そこで、決める。

IMG_1265
箱の蓋に記されたBrand名。 一部のAlphabetは読めないし 当然、発音も分らぬ。
Netで引っ掛けたら、Galizio Torresi だと。
製品ラインを眺めてみると、どれもFancyで多色使いが多く派手。
この品は、このBrandとしては極めて地味であることが分る。 fxm

american_nscale at 11:43|PermalinkComments(0) 着道楽 | なごみ

June 01, 2018

番外編 - 久々の出張

5月22日から3年振りの出張である。 行先は Wellington, NZ。
この地は、20年前に半日仕事して 一晩泊まった。
今回の機材はB787。 初めてのPremium Economy。
成田は好天なれど、かの地は冬場が近づき 天気予報には毎日傘マークが付いている。
003


10時間半の夜間Flight後、中継地のAucklandはしっかり雨。
006

005
ここで待つこと 2時間あまり。

なんと、Wellingtonに着いたら晴天! 雨あがりではあるが。
010


翌朝も曇天ながら、青空も見える。
013

優雅なYacht harbor・・
018


訪問先の業者が入るビルは 写真中央の6階建て、
034

こんな旧い建物が随所に存在。 穏やかな街であるが、首都である。
030


訪問先の案内板。
024

業者の事務所
027


仕事を終えて Yacht harborの続きと通常の港
035

039

鉄分は一切無し・・ fxm

american_nscale at 22:33|PermalinkComments(2) なごみ | そのほか

May 20, 2018

先週のミニコン

Brass蒸機・電機 大集合の様子。
下手な写真だけど 記録ということで。
SPシリーズは撮り漏らした。 fxm

ボランティアからSP・SF・WPなどの写真を受けたのでUpします。(on 5/22)

IMG_20180512_155759_600 (003)


IMG_1216
IMG_1215
IMG_1214
IMG_1213
IMG_1212
IMG_1211
IMG_1210
IMG_1209
IMG_1208
IMG_1207
IMG_1206
IMG_1205
IMG_1204
IMG_1203


american_nscale at 20:42|PermalinkComments(1)

May 17, 2018

Chicago Metra Highliner-& Highliner- Debut at Weast Valley

DSCF7204_ANA例会

昨年の5月、Chicago Metra とChicago South Shore & South Bend R.R. 訪問から、はや1年で、とうとう、この日を迎えました。

A.N.A. 例会にて、Chicago Metra Highliner-供糞算嫩后法Chicago Metra Highliner-機KoikeModels)の夢の共演が実現出来ました。

DSCF7209_ANA例会DSCF7215_ANA例会

いつものクロッシングを行く、Chicago Metra Highliner-機KoikeModels)
いい仕事してますね〜。

DSCF7223 - ANA Mini-Convention

こちらは、5/12 (土)、5/13 (日)の両日、ホビーセンターカトー東京店にて開催されたホビセンフェスティバル / A.N.A. Mini.-Conventionの一コマです。

次は、Chicago South Shore & South Bend R.R. なのですが、長い道です。

KoikeModels

american_nscale at 22:32|PermalinkComments(0) 新車・改造車速報 | 車輌加工の話題

April 30, 2018

Chicago Metra Highliner-vol.3 完成報告 その3

Chicago Metra Highliner-1 完成_002

トレーラ仕様の2両も含めて、4連が完成しました。3D-Model成型のぶつぶつが目立ちますが、お面をペーパーで削ることも出来ませんので、妥協します。DCC Decoder搭載、LEDヘッドライト点灯まで、完了。デッチライトは、技術的には、目途がつきましたので、その内、追加改造します。

Chicago Metra Highliner-1 完成_001

Red-Whiteの赤白ゼブラの乱れ、Metraのロゴ、星条旗のデカールが間に合わず、シールで妥協。MicroScale社は、Metraがライセンス料を徴収するので、Metraのデカールの生産・販売を断念したようです。残念です。探してもMetraのデカールが無い訳が判明しました。拡大するとあらだらけですが、遠くからうす目で見れば、雰囲気は出ていると自己満足しています。

West Valley Debutは、来る5/12、5/13のホビーセンターのイベントの予定です。

ANA HOBBY CENTER ポスター_20180512


技師長作のChicago Metra Highliner-2との新旧競演が実現します。
宜しくお願いします。

KoikeModels

american_nscale at 01:22|PermalinkComments(0) 車輌加工の話題 | DCCの話題

April 22, 2018

Chicago Metra Highliner-vol.2 中間レポート その2

DSCF7188_トリミング済み

現在、ここまで進んでいます。この写真は、窓ガラスの取り付けが残っています。4連の中間の2両(ライト・ダミーのトレーラー仕様)は、窓ガラスを取付けて来週中に完成の予定です。

DSCF7192

DSCF7194


Metraのロゴ・マークと星条旗は、デカールが出来るまで、シールで対応です。

4/20〜4/21 黒部で鉄分補給

IMG_1584IMG_1580

富山地方鉄道です。(黒部駅で撮影)

IMG_1596

おまけです。

室堂の雪の大谷です。雪の壁の高さは、17m、びっくり。
4人に3人が、中国人?これまた、びっくり。

KoikeModels

american_nscale at 22:32|PermalinkComments(1) 車輌加工の話題 | なごみ

April 14, 2018

How to install DCC Decoder into Life-Like old type Drive unit

T.K. さん Life-Like の 旧型動力装置へDCC Decoderを搭載する改造方法の一例です。DSCF0058
BODYシェルを外して、動力装置を取り出します。黒いプラスチックのコの字型の爪を外し、鉛のウエイトを外します。

DSCF0581
鉛のウエイトを削って、Decoderの取り付けスペースを準備します。これは、ダイキャストではなく、純鉛製ですので、金切りのこや、粗めのやすり、等々でも削れます。ルーター+ハイス or 超硬カッターを使用すると簡単です。
写真のDecoderは、KATOのEM13電車用デコーダーです。

DSCF0067
EM13を搭載した動力装置です。但し、この改造では、ライト制御ができませんので、
B-Unit or ライトなしと割り切った2両目運用等になります。
改造費が安いメリットはあります。

DSCF0584
こちらは、Digitrax DZ123、DZ125の搭載例です。電球をLEDへ交換しています。電球のままでも、OKです。

.好據璽抗諒檗
▲譟璽襪痢棔櫃肇癲璽拭爾痢棔櫃鮴擇衫イ后
レールとモーターの間へDecoderを接続する。

搭載改造完了。

american_nscale at 22:25|PermalinkComments(5) DCCの話題 | 車輌加工の話題