パンツが見える。―羞恥心の現代史 (朝日選書)

詳細ページへ

パンツが見える。―羞恥心の現代史 (朝日選書)

読んでみましたが・・・
どうだろう?女からすると、男の浪漫のために見せたくないところを出せ、昔の女性を見習え、と言っているようにしか聞こえない。他人の趣味を否定するつもりはないけど、これは女なら誰にでも迷惑行為として降りかかってくること。男性は見てて楽しいかもしれないが、女は見られれば恥ずかしくも不愉快にもなるという、すれ違いが起きてしまう。女のほとんどは、男性のこうした行動を自分に対する嫌がらせと受け止めてしまうわけです。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔