2007年11月21日

:( ^ω^)と川 ゚ -゚)の脱出ゲームのようです

225 名前:( ^ω^)と川 ゚ -゚)の脱出ゲームのようです/1[] 投稿日:2007/11/20(火) 22:46:25.08 ID:d3aAAGgX0

( ^ω^)「お?」

 ブーンは何もない部屋で目覚めました。
 真っ白い壁、真っ白い床。無音。無臭。
 シチュエーションホラーの舞台になりそうなところです。SAWとか。
 ブーンの隣に女の子が座っていました。なかなかかわいいです。おとなしそうです。

川 ゚ -゚)「やあ。 気がついたかい」

 にこりともせずブーンに声をかけます。
 無愛想です。

( ^ω^)「ここはどこだお? 君はだれだお?」
川 ゚ -゚)「ここがどこなのかはわからない」
川 ゚ -゚)「私の名前はクー」
川 ゚ -゚)「君の名前は?」
( ^ω^)「ブーンだお」
川 ゚ -゚)「ブーンか。 なあブーン。 お腹、すいてないか」
( ^ω^)「そういえば腹ペコだお。 クー、何かもってるのかお」
川 ゚ -゚)「もってない。 けど――」


227 名前:( ^ω^)と川 ゚ -゚)の脱出ゲームのようです/2[] 投稿日:2007/11/20(火) 22:47:44.38 ID:d3aAAGgX0
クーの視線の先には……

( ^ω^)「チョコパイだお〜!」
川 ゚ -゚)「さわってもいいよ。 なめてもいいよ。 嗅いでもいいよ。」
( ^ω^)「わーーーーい」
川 ゚ -゚)「でも……」

 チョコパイの山。ちょうど部屋の中央に盛ってあります。

( ^ω^)「チョコパイだいすきwwwwいただきwwwwマンモスwwwww」

川 ゚ -゚)「食べるのはさすがに危険だからやめておいたほうが……」


 ばくばくむしゃむしゃもぐもぐ……ごっくん!
 ぱーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんッ!!!!!!!!!!


228 名前:( ^ω^)と川 ゚ -゚)の脱出ゲームのようです/3[] 投稿日:2007/11/20(火) 22:48:32.57 ID:d3aAAGgX0
 ブーンがチョコパイを噛んで、唾液とシェイクして、飲み込んだ5秒後。
 ブーンは破裂。いや、ブーンのお腹が破裂。いやいや、ブーンが食べたチョコパイが破裂しました。

川 ゚ -゚)「!?」
( ゚ω゚)「痛い!お腹が!臓物が!痛い!血が出てるゥーーーーー」

 ブーンはじたばたします。
 傷口はそりゃあもう酷いものです。血がドバドバ、内臓グチョグチョ。

川 ゚ -゚)「チョコパイに爆弾が仕掛けられていたのか」
( ゚ω゚)「ブーン、11月20日、21時54分34秒、死亡」

 チーン。合掌。




229 名前:( ^ω^)と川 ゚ -゚)の脱出ゲームのようです/4[] 投稿日:2007/11/20(火) 22:49:27.79 ID:d3aAAGgX0
 残されたクーはこの部屋からの脱出方法を探します。
 食べたら死ぬチョコパイが置かれた部屋にいるのはイヤだからです。
 ブーンの死体だってあるし。

川 ゚ -゚)「どうしたものか……。 ドアや窓もないこの部屋。 果たして脱出することは可能なのか?」

 クーは部屋を歩き回ります。
 真っ白です。どこまでも真っ白です。
 壁と、床が曖昧になります。
 自分がどれだけ歩いたか、という目安は遥か後ろのチョコパイの山とブーンの死体。

川 ゚ -゚)「疲れた」

 その場に座ります。
 ため息をつきました。

川 ゚ -゚)「ようブーン」
 
 隣にいるブーンに話し掛けます。

( ^ω^)「ようクー。 聞いてくれお。 僕、さっき自分が死んだ時間をブツブツ呟いてたよね?」


230 名前:( ^ω^)と川 ゚ -゚)の脱出ゲームのようです/5[] 投稿日:2007/11/20(火) 22:50:39.83 ID:d3aAAGgX0
川 ゚ -゚)「言ってたか?」
( ^ω^)「"( ゚ω゚)「ブーン、11月20日、21時54分34秒、死亡」"」
川 ゚ -゚)「ああ、思い出した。 言ってたな。 確かに言っていた。 それがどうかしたのか?」
( ^ω^)「そう、さっきは21時54分34秒……だったのが、今、この僕の腕に巻きつけてある時計を見てみますと……」
( ^ω^)「20時30分12秒。時間がさかのぼってるんだお」
川 ゚ -゚)「時計が壊れてるのだよ」
( ^ω^)「違うお。 時間がさかのぼったから、ブーンは生き返ったんだお」
川 ゚ -゚)「ふうむ」

 確かにブーンのお腹の傷はきれいに治っています。


231 名前:( ^ω^)と川 ゚ -゚)の脱出ゲームのようです/6[] 投稿日:2007/11/20(火) 22:51:58.70 ID:d3aAAGgX0
川 ゚ -゚)「しかしブーン。 君のいうことが本当なら、早くこの部屋をでたほうがいい」
( ^ω^)「どして?」
川 ゚ -゚)「時間が逆行するんだぞ? 早く普通に時間が流れる場所に戻らないと赤ちゃんになっちゃうぞ?」
( ^ω^)「ナヌー。 それは困るおー」
川 ゚ -゚)「早く脱出口を探すぞっ」
( ^ω^)「おー」

 白い空間を歩いて、走って、掘って、産めて。
 二人はできるかぎりの努力をしました。でもそこは省きます。
 3日たち、4日たち、5日目……

 ブーンたちはクーが予言したとおり、赤ちゃんになってしまいました。

( ^ω^)「あぶあぶあー」
川 ゚ -゚)「けっきょく、あかちゃんになってちまったのー」
( ^ω^)「こまったのあー」
川 ゚ -゚)「でもー、こんなすがたになってもーじかんのながれはとまらないのー」
( ^ω^)「ぼくたちはこれいじょう、わかがえりのしようがないおー」
川 ゚ -゚)「そうねー。 わたちたち、これからどうなるのかちらー……」


232 名前:( ^ω^)と川 ゚ -゚)の脱出ゲームのようです/7[] 投稿日:2007/11/20(火) 22:52:38.28 ID:d3aAAGgX0
 ブーンとクーは還りました。
 赤ちゃんからさらに時間をさかのぼって、生命として存在する前の世界にいってしまったのです。
 
 ブーンとクーという名前はその時点で消滅しました。

 白い部屋はそうして脱出できましたが、今の彼らには人格も意識もなくなってしまったので
 それがよかったのか悪かったのか。どっちなのやら。

 完!お題むずかしい!




トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

amii_bun

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ