2008年01月08日

(-@∀@)は罪を着せられるようです

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/08(火) 03:29:12.86 ID:/gxQglDgO
今日は公立VIP高校の校内写生大会。
生徒たちはそれぞれ思い思いの場所でペンを片手に悪戦苦闘していた。

(-@∀@)「今月は行事が少ないから、ここで記事集めとかないとな…」

そんな中、新聞部の僕はカメラを抱えてスケッチ中の生徒を撮影中。

( ^ω^)「アサピー、ご苦労さんだお。」
(-@∀@)「あ、ブーン先生」

新聞部顧問のブーン先生。優しくて生徒の評判も上々な教師である。

(-@∀@)「後は2階でスケッチしてる生徒を撮れば一段落つきそうです」
( ^ω^)「おっおっお、それが終わったら体育館に来てほしいお」

体育館?
そこはもう早い段階で撮り終えていたはずだが。

(-@∀@)「はい。それでは失礼します」

きっと何か特別な用事があるのだろう。さして気にもせず返答して2階へと向かう。


( ^ω^)「…」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/08(火) 03:30:44.25 ID:/gxQglDgO

………
……


2階の生徒を一通り撮り終え、ブーン先生の待つ体育館へ向かう。

(-@∀@)「…あれ、ブーン先生どこにいるんだ?」

体育館内には先生どころか人っ子一人見当たらない。

(-@∀@)「おっかしいな…」

先ほどまで数人の女生徒がスケッチをしていたはずだ。
それが居なくなった代わりに、体育館内のステージの緞帳が下まで落ちている。

(-@∀@)「ブーン先生…居ますか?」

僕は恐る恐る、緞帳を横から開いてみた。

そこには…
信じられない光景が広がっていた。

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/08(火) 03:31:59.24 ID:/gxQglDgO

*(‘‘)*「…」

一人の女生徒が、全裸で倒れていた。
目は虚ろで、全身に殴られたような痣があり、下半身からは酷い臭いのする液体が流れ落ちている。

(-@∀@)「これは…」
( ^ω^)「彼女はね、先生の肉奴隷なんだ」

気がつくと、僕の後ろにブーン先生が立っていた。

(;-@∀@)「う、うわあああぁぁぁ!!」
( ^ω^)「騒がないでほしいんだお。」

怖い。
何でこんなに先生は冷静なんだ。
何でこんなことになってしまったんだ。

何で――

次の瞬間、僕の意識は無かった。

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/08(火) 03:33:12.53 ID:/gxQglDgO

――目が覚めると。

僕は何故か生徒指導室に居た。
目の前に居たのはブーン先生。そしてモララー教頭。
隣にはさっきの女生徒がジャージ姿で座っていた。

( ^ω^)「まさか、うちの生徒がこんなことをするなんて…」
( ・∀・)「先生の苦悩もわかります。だがしかし、これはれっきとした刑事事件だ」

何だ。
何の話をしてるんだ。

( ^ω^)「お願いします!警察だけは勘弁してやってください…」
( ・∀・)「…君がそこまでいうなら…彼女もどうやら黙っているらしいですし」

…ああ、そうか。
始めから先生の策略に、僕は巻き込まれてしまっていたのか…

倒れたまま目覚めた僕を、ブーン先生は見下すような視線で睨みつけてきた。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 秘密の47163ページ   2008年03月02日 22:17
どうも、37552日ぶりですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

amii_bun

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ