メッセージの藤原です。

当社が運営するケア付き住宅は、
「アミーユ」 ⇒「アミーユレジデンス」 ⇒「Cアミーユ」
の順で進化してきました。
制度上の違い(サービス形態)に加え、
主に居住機能や生活の自由度に違いがあります


※クリックすると大きくなります。
株式会社メッセージ



















★「アミーユ」「アミーユレジデンス」「Sアミーユ」について
3つの共通点は、
要支援、要介護1~5、認知症の方を入居対象とした
介護付有料老人ホーム(特定施設)です。
(「アミーユ」の一部にグループホームあり)


次に、それぞれの違う点は、
“個室の間取りと設備”に大きな特徴があります。

★アミーユ
・居室面積13~15平方メートル
・すべて個室で、トイレや洗面台を設置

AL03


AL02

もちろ
んご高齢者にやさしいバリアフリー設計。
床の段差はなく、随所に手すりがついています。
車椅子の方もご利用しやすいつくりです。


★アミーユレジデンス
・居室面積22~26平方メートル
・すべて個室で、トイレや洗面台に加え、浴室とミニキッチン付き

AR02

手すり・緊急呼出装置も完備。

AR01

お部屋に洗濯機置き場もあります。
家具・電化製品はついていませんので、
自宅で使い慣れていたものをお持込みいただき、
自由にお使いください。


★Sアミーユ
Sアミーユはアミーユレジデンスと同様に、
すべて個室で、キッチン・浴室など完備。

Sアミーユの運営主体は、
当社子会社の積和サポートシステムです。
積水ハウスが蓄積してきた住まいについてのノウハウと、
アミーユの施設運営ノウハウを統合して
施設運営を行っています。


最後になりましたが、

★Cアミーユ(サービス付き高齢者向け住宅)
概ね65歳以上の、
自立~要介護5の方を入居対象とした賃貸住宅です。
すべて個室で25平方メートル以上、
「アミーユレジデンス」「Sアミーユ」と同様に、
浴室・キッチン・トイレ・洗面台などを完備。

介護度が変わっても、
居室を移動することなく住み続けられます。

ご自宅同様生活が自由な環境で、
必要な方には介護スタッフが24時間体制で
生活をサポートします。

サービス付き高齢者向け住宅_Cアミーユ















★「アミーユ」と「Cアミーユ」の違い
「アミーユ」では、生活全般が包括的にサポートされます。
そのためご入居者の自由やプライバシーが
多少なりとも損なわれてしまいます。

「Cアミーユ」では、
ご入居者の「できること」、「できないこと」を明確にした上で
「できないこと」をサポートさせていただきますので
自由やプライバシーが保たれ、
身体状況の維持もしくは向上も図れます。
老後を元気に暮らしていただくため
「ノーマライゼーション(普通の生活の実現)」、「自立支援」
を目指した住宅が「Cアミーユ」です。



◆関連記事
アミーユ・Cアミーユにはどんな方が入居してるの?
http://blog.livedoor.jp/amille_message/archives/1267987.html



================
施設紹介動画はこちらから!
(動画はすぐに始まります)
アミーユタイプ
http://www.amille.jp/flv/amille/
レジデンスタイプ
http://www.amille.jp/flv/residence/
Cアミーユタイプ
http://www.amille.jp/flv/camille/