84494c00.JPG「チョコレートのパッパルデッレ・牛肉の煮込みソース」
日本でチョコレートと言えば「甘いお菓子」というイメージだけれど、本場ベルギーでは料理にも使われる、というのをテレビで見たことがあります。もちろん料理で使うのは甘味がない「カカオ」。これが独特の風味や苦味、コクをプラスするということで、特に肉料理に使われるんだとか。それを見てからずっと作ってみたいと思っていたのがこのパスタ。牛肉との相性がいいと思って、しっかりソースと合わせました。

【材料(2人分)】
玉ねぎ 1/2個、人参 1/2本、セロリ 1/3本、トマト 1個、ミニトマト 10個、牛肉スライス 3枚、赤ワイン 100cc、塩、こしょう、オリーブオイル、ローズマリー

【作り方】
(パスタ)
1.強力粉にチョコレート(カカオ99%)を一かけ削って加え、塩、オリーブオイル、ぬるま湯を加えてなめらかになるまでしっかりとこねる。
2.ラップにくるんで、冷蔵庫で半日ねかす。
3.打ち粉をした台の上で1mm厚に麺棒でのばす。
4.カッターで2cm幅に切る。

(ソース)
1.鍋にオリーブオイルをひき、みじん切りにした玉ねぎ、人参、セロリを弱火でじっくりと炒める。
2.ざく切りにしたトマト、ミニトマトを加え、塩少々を加える。
3.トマトがやわらかくなってきたら、しゃもじでつぶしてさらに10分ほど煮込む。
4.牛肉に軽く塩、胡椒し、細長く丸める。2cm幅に切って、薄く小麦粉をまぶす。
5.フライパンにオリーブオイルを熱し、牛肉を強火で焼く。途中で返して
両面に焼き色をつける。
6.赤ワインを注いで旨みをこそげおとし、3.の鍋に加える。ローズマリーを入れて、蓋をして弱火で30分煮込む。塩、こしょうで味を調える。

(仕上げ)
1.ソースをフライパンに取り、パスタの茹で汁で濃度を調整する。
2.茹で上がったパスタを加えて、粉チーズをふってよくあおる。
3.お皿に盛り付け、イタリアンパセリをふってできあがり。
※チョコレートはカカオ99%のビタータイプの板チョコレートを一かけ削って加えました。
※固まり肉を使うときはホールトマトを使うなど水分の量を多くし、煮込む時間を長くします。

チョコレートは少し加えただけなのに、すごく色がついてチョコレート色の麺になってびっくり。香りもほのかにチョコレートですが、色の割りに量的にはわずかなので、味はかすかに感じる程度に。
塊肉ではなくスライス肉を使うのは、手軽にやわらかいお肉を食べられるのでお勧め。ひらひらのままではなく、丸めることでしっかり肉の食感も味わえるのがミソ。トマトと赤ワインでしっかり煮込んで酸味とコクのあるしっかりソースの牛煮込みに。
色はすごいので一瞬引きますが、なんだかおいしい。とりわけチョコレートの味が強いわけではないのだけれど。その色に圧倒されて、なんとなくおいしい気がしただけかな?でも幅広のパッパルデッレと、牛煮込みソースはバッチリ合いました。

【今日の満足度】
★★★★☆
とにかくなんだかおいしかった。