576a6cbe.jpg「しいたけと春菊のタリアテッレ」
お鍋に入れるとすごく存在感があっておいしい春菊。
この「日本のハーブ」を生かしてみたいと思って挑戦してみました。
相性のいいしいたけ、挽き肉をあわせて、素材の味をシンプルに引き出すことを考えて。

【材料】
干ししいたけ、春菊、豚挽き肉、にんにく、塩、胡椒、醤油

【作り方】
1.干ししいたけを水に入れて1晩かけて戻し、5mm幅にスライス。春菊は3cm長さに切る。
2.フライパンにつぶしたにんにく、EXVオリーブオイルを入れて弱火にかけ、じっくりと香りを出す。オイルに香りが移ったらにんにくを取り出す。
3.挽き肉、しいたけを加えてよく炒める。しいたけの戻し汁を加えて、旨みをこそげ落とす。塩、胡椒で味を調える。
4.パスタを茹でる。茹で上がる直前に春菊を加えてさっと茹でる。
5.パスタと春菊の水気を切ってフライパンに入れて、旨みを吸わせる。パスタの茹で汁で水気を調節する。醤油少々を加えてよくあおる。
6.お皿に盛り付けて出来上がり。
※にんにくの香りが強くなりすぎないように、オイルに香りが移ったら取り出す。
※春菊の風味を生かすために、パスタの茹で汁でパスタと一緒にさっと茹でる。
※パスタは卵を使わない手打ちパスタを、1cm幅に切ったタリアテッレを使用しました。

どんこの干ししいたけだったので、香りがとてもつよく、しいたけの風味いっぱいのパスタになりました。生しいたけより干ししいたけの方が香りが出るので、しっかりと味わうことができます。
春菊は汁に入れると風味が引き立つので、今回はさっと茹でて風味を出して、独特の香りをしっかりと愉しもうと思いました。が、この時期の春菊はやや香りが弱く、もっと“春菊”になるかなあと思ったのですがその割でした。
でも独特の風味と苦味が後味にふわっと感じられて、いいアクセントになりました。
全体的に相性もバランスもよく、とってもおいしい一皿になりました。
こういうシンプルで素材の味わいを感じられるのが好きです。
手打ちパスタは卵を使わなくて正解だったでしょう。

【今日の満足度】
★★★☆☆
すごくおいしかったです。
でももうちょっと“春菊”な感じにしたかった・・・。