foodpic5497021
夏の終わりの体調不良に負けないパスタ第4弾。
米茄子をきのこと乾燥きのこのダブル使いで、和風仕立てにしていただきます。
乾燥きのこはシャキシャキの食感と、すごいダシが出るので、その旨味を茄子が吸ってくれれば。

【材料】
ソーセージ、米茄子、しめじ、舞茸、えのき、にんにく、日本酒、みりん、醤油、塩、胡椒

【作り方】
1.フライパンにEXVオリーブオイル、スライスしたにんにくを入れて弱火にかけ、じっくりとオイルに香りを移す
2.斜めにスライスしたソーセージを加えて、じっくりと炒める
3.15mm角に切ってアク抜きをしたナス、粗みじんに切ったしめじ、舞茸を加えて、さっと炒める
4.日本酒を加えて旨味をこそげ落とす
5.乾燥させたきのこ、みりん、醤油、水を加えて蓋をし、蒸し煮にする
6.塩、胡椒で味を調える
7.茹で上がったパスタを加えよくあおる
8.お皿に盛りつけて出来上がり
※ナス、きのこは炒めてオイルを吸わせて風味をアップさせます
※乾燥させたミックスきのこを加えてじっくりと蒸し煮にすることで、きのこの旨味を引き出します
※パスタは薄く延ばした生地を10mm幅に切ったタリアテッレを作りました
  • きのこは消化機能や新陳代謝を高め、「気」を補う働きがあります。食物繊維が腸内環境を整え、免疫力を向上させます。
  • ナスは体にこもった余分な熱を納めてくれる働きがあります。皮には活性酸素の除去作用があり、暑さと紫外線による酸化から体を守ってくれます。

和風な味わいがほっとする一皿になりました。
きのこの旨味、特に乾燥きのこから出た旨味がソースに深みを与えて、くたっとした米茄子がきのことソーセージの旨味をしっかりと吸ってくれました。
ごろごろ、シャキシャキとした食感と、手打ちパスタとの組み合わせが楽しかったです。

【今日の満足度】
★★★★☆
茄子ときのこのおいしさを味わうことができて、秋を感じられたのが良かったです。