2007年08月18日

ナウシカと現在進行形withジーマ&ハム

最近、鬼神のように「風の谷のナウシカ」を読んでいます。
何周も何周も、飽きることなく。

漫画版のナウシカは、映画と全然違う。
原作と映画に相違点があるのはナウシカに限ったことではないが、ナウシカの場合、事態は他に類を見ない程深刻であります。
だって、おはなしが全然違う…
これぞ重要人物!といった人が映画には登場していない…
もとより、あれほどの情報量と深いストーリーを、2時間の映画に納めることなど、不可能だったのでしょう。映画は映画で、映画としてよくできていると思います。が、もっと気分的に堕ちたい人には、漫画版のほうが絶対お勧めです。

そして眠れない私は、最近この時間は毎日、NHK教育チャンネルで同じ番組を見続けています。
毎日毎日、飽きることなく。

授業上手の英語教師が、中学生に現在進行形を今日も教えています。
主語+be動詞+〜ing

ああ、そしてまたブラウン管に日の丸がはためく…
おわっちゃった…教育テレビの放送。

なにゆえ教育テレビかというと、ここの所、私は友人に貰った仕事で、深夜は執筆活動に勤しんでおり、民放の騒がしさは仕事の敵なのであります。
酒を飲み、ハムを食ってはおりますが。今日はZIMAです。ぽん酒ではありません。


昼間ナウシカを読んでいる時間に仕事をし、夜はさっさと寝ればいいものを…
わかっているんです。わかってはいるんですけど、なかなか、どうして。



amolog3 at 01:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年08月16日

己が身に穴を穿つ

昨晩眠りについたのは、午前6時でした。昨晩ではありませんね。「今朝」でした。
起きたのは午後3時でした。
そして今夜も眠れずにいます…
当たり前です。

それでも今日は歴史に残る行いをしました。右耳にふたつ、ピアスの穴をあけたりました。
7年間、左耳だけに4穴という、非常にバランスの悪い耳穴生活を送っており、いつか右にもあけようあけようもういい大人なんだから右にもあけよう、と思っていたので、本日は誠に記念すべき日なのであります。

フォーマルな場などでは、やはり両耳に一つずつ、小振りのピアスを付けたいのですが、憶測を誤って、左右のメインホール(主穴)の位置が微妙にずれてしまいました。
取り返しのつかないことなので、ひたすら悔やむしかありません。
しかしこの歳になって新たに耳に穴を穿とうとは…
運命がかわってくれると良いのですが。

しかし己が身に穴を穿つということは、私のM根性を果てしなく刺激する行為であり、この先同じような機会が2度と訪れぬであろうことを非常に淋しく思っています。
もう場所がないのです…あとは軟骨しかないのです。
軟骨はものすごく痛むそうで、なかなか、どうして。
へそや鼻などは論外です。所詮、その程度のM根性です。だって本当はSだし。



amolog3 at 02:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年08月15日

入眠法

昼夜逆転の生活が続いており、入眠難に悩んでいます。
対策として、昨日より晩酌を始めました。咎める者もいないのに、深夜にコソコソと冷蔵庫から日本酒を取り出し、お猪口がないのでコップでがぶ飲みをしています。
もとは熱燗派なのですが、ここ最近の暑さにやられ、冷酒に目覚めました。
ビールやチューハイでない所がミソです。ぽん酒を愛しています。

ぽん酒と言えば、もうじき辞める会社に入社した当時、ものの一ヶ月たらずで職場に辟易としていた私は、己の歓迎会の席でぽん酒を浴びる程呑み、上司に挟まれながら「もうやってらんないっすよ」と連呼していたのを思い出します。
今思えば、その時点で辞めていれば良かった。あんな会社でも時間がたてば愛着が沸き、退職にはそこそこのノスタルジーが伴って、どうにもスッキリしません。

そんな飼い主を尻目に、フェレットはさながら絶命しているかのようによく眠っています。
なんでも、一日の3分の2を眠って過ごす動物なのだとか。
非常に可愛らしい寝姿なのですが、難癖をつけるならば、うちの子は目を半開きで寝る癖があるようであり、それに気付いたときは正直愕然としました。怖いです。

しかし己の睡眠状態を考えてみると、半目で寝ていないという保証はどこにもないのであり、そんなことを考えるとますます眠れなくなってしまいます。
少し前から藁にもすがる思いで、寝床の周りに安眠効果があるというパワーストーンをぐるりと配置して睡眠に挑んでいるのですが、どうにもうまくいきません。

あー、もう2時過ぎか・・・



amolog3 at 02:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年08月14日

ドラえもん的ハリーポッター

ひゃああ…よくぞここまで放置したもんだ。5ヶ月デスか…
5ヶ月の間にいろいろありました…ような気がするのですが、あらためて書こうとすると何も覚えちゃいない。
大ニュースは5月頃にフェレットを飼い始めたことでしょうか。
あとは今月20日で会社を辞めることになり、あとは水槽の中の熱帯魚が日に日に少なくなっていることとか…我ながら、明るいニュースの方が少ないことに閉口せざるを得ません。

少し前にハリーポッターの最新作をみました。
昨日友達と電話で話していたら、ちょうどその話になり、その子は一人で観に行ったそうな。
しかも、ハリーポッターをみるのは初めてで、話が全くわからなかったとの事。
彼曰く、「あれだけ数を打ってる映画だから、ドラえもん的に一作ずつ完結してるのかと思った」と…
気持ちはわからないでもない。
しかも、あの垂涎ものの魔女っ子「ハーマイオニーちゃん」が「オーマイハニーちゃん」に見えて仕方がないというどうしようもない告白をされました。
気持ちはわからないでもない。

私はロンが好きです。



amolog3 at 00:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年03月24日

プレゼント

異動する係長の壮行会、兼、退職する先輩の送別会の幹事を私が勤めています。
あの大惨事が脳裏に蘇ります。
しかも今回はただの宴会ではなく、壮行会。送別会。
当然、記念品の贈呈が行われます。

とりあえず数多の人員から金銭を徴収したものの、何を贈ってよいのかさっぱりわからない。
一人は2つ上の男性の先輩。
この人にはもう直接何が欲しいかを尋ねて返答をもらったので問題なし。

問題は…豆まき係長。

ただでさえ30代初頭の男性が喜ぶプレゼントなんてよくわからないのに、
こうも浮世離れした人間に贈呈するものなど、皆目検討も付きません。
しかも、それとなく今欲しいものを打診したら、「嫁」と応えられ更に困惑。

焼酎が好きなので、ちょっと高級な焼酎?・・・味気ない
有給を取ってまで一人旅をしていたので、旅行券?…予算不足。青春18切符くらいしか買えない
読書が好きなので、ブックカバー?…使わなさそう
図書券・図書カード?…味気なさ過ぎる。

友人に相談したら、「嫁」という要望に応えるために、お見合いパーティーのパー券を贈呈してはどうかという名案を頂きました。
更に、読書好きとのことなので、amo自らが書き下ろした小説を贈呈してはどうかという妙案を頂きました。
どっちも現実味はないけれど、こんな友人を持ったことを誇りに思います。

いずれにせよ明日までに決着をつけなければ…



amolog3 at 18:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年03月14日

ドグマ散〜る

今月頭からの復職後、私は部署を軽く異動させられましたので、今では直接の上司にはあたらないのですが、かつて私に豆まきの誘惑をした係長が、来期より本社配属ではなくなることになりました。栄転とのことで、おめでたいお話なのですが、勤務先がかわるというのは、本人にとっても周りにとっても、軽いノスタルジーを伴います。

数ヶ月前の私であれば、彼に仕事を丸投げされ、休日も返上で毎日終電で帰宅し、その怨念たるや如何ばかりか、といった状態で、危うく彼の靴にこっそり正露丸を入れそうになったりしたこともありました。
それが原因でオーバーヒートして、過労による鬱状態ということで休職にも至りました。
でもやっぱり居なくなると思うと淋しいもので、新年会でモツ鍋を食べに行って
「鍋の中に異常にグロいモツがあるよ〜」
「こいつはさすがに食う気がしませんね〜」
などと言い合った他愛もないことが懐かしくてたまらないのでした。

話は若干ぶれますが、どうも精神的にやばいなと感じて、半年ほど前に思い切って病院の門を叩いたときに出された薬で、「ドグマチール」というものがありました。
こいつは本当は胃潰瘍の薬で、鬱にも効果があるということで処方されたのですが、病院に通い始めた当初の私は、薬に対して異常に警戒心が強く、「ドグマ」とはなにか人間の中枢神経を操る大切な器官で、「チール」とは「散〜る」という意味なのではないか、と真剣に友人に相談したところ、一笑に付されました。

こんな薬を飲むようになったのも豆まき係長のせいなのですが、でもやっぱり淋しいものです。
人のこころって複雑ですね。。



amolog3 at 19:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年03月10日

身体を鍛えない

最近、服を脱ごうとしただけで肩がつります。
思えば高校を卒業して「体育」という授業がなくなって以来、ろくに運動をしていない私ですので、遂にその
皺寄せがきたのでしょうか。

しかし私は極端に「汗」という物質を忌み嫌っており、夏場に外を歩くだけでも意気消沈してしまうので、身体を鍛える手段を探そうにも、どうにもしっくり来るものがございません。

太極拳や気功、ヨガなんかを勧められることがありますが、見るからに全身をつりそうですし、汗が出ないという保証がない為、気が乗りません。

汗を気にせず執り行える運動として、常に水の中に己が身を浸している水泳や水中ウォーキングなんかが良いのではないか、と考えたこともありますが、着替えで肩をつっているような昨今の有り様では、水着などという密着系のコスチュームを纏うことは、常人が甲冑を身に付ける程の苦痛を伴うことは想像に難くありません。

要するに、身体の衰えを確実に実感しながら、鍛える気は全くないというのが正直な所です。
地下鉄の階段を昇降するだけで息切れしますが、それを改善するための運動には、階段の昇降以上の息切れを伴うことでしょうし、楽をするために苦労をするというのは如何なものかと理屈っぽいことを考えつつ保身に走っている私なのでした。



amolog3 at 23:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年03月08日

サボテンと水槽と私

3週間ほど前に、小さなサボテンを2鉢買いました。
3年ほど前に、友人に「サボテンにはなんでトゲがあるの?」と訊かれ、
「傷つきたくないからじゃない?」と応えた私に、今更ながら賛辞をおくりたいと思います。

まだ3週間ですが、サボテンは飼ってみると本当に手のかからないかわい子ちゃんです。
購入したお店の店員さんは、
「水は霧吹きで、なんか乾いてそうな感じがしたらあげて下さい」
と言っていました。
さすがにアバウトすぎるだろうと思いつつも、今の所なんか乾いてそうな感じがした時だけ霧吹きで水をあげています。でも奴らは全然へこたれません。今の所。

「欲しがりません、勝つまでは」という彼らの囁きが聞こえて来る感じです。
こう在りたいものです。

逆に熱帯魚の水槽はどえらい手がかかります。
ちょっと放置していると、水は蒸発するわ水草は伸びまくるわ苔は増殖するわ。
でもそんな中でも元気に生きている魚たちとか、たいした栄養もないのに伸びる水草とか、
景観を損ねるとはいえ水槽の壁に広がり続ける苔とかの生命力には脱帽します。
こう在りたいものです。

我が家の中で最も不健康な生き物は己かもしれません。
いや、確実に己でしょう。



amolog3 at 20:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年03月04日

ピアノ狂とさかなクン

今日は14時からピアノのレッスンで、思いっきり寝坊をしてしまって、
バス停までの道や地下鉄までの道や先生の家までの道なんかを全て全力疾走し、
息も絶え絶えバスと電車の中で化粧をしたりと、非常に非常識なことをしてしまったわけですが、何とかレッスンにも間に合い、しかも今日は課題を4個クリアするという快挙を成し遂げました。

帰路、調子に乗って「また一人カラオケにでも行くか〜」と、目的地に到着したところ、順番待ちの若者で溢れかえっていて、さすがに単身でその渦中に乗り込む気概もなく、とぼとぼと家路についたのでした。

帰宅後、狂ったようにピアノを引き続けて3時間、身体が悲鳴をあげてきたのでブレイク中の現在に至ります。

明日からまた一週間が始まりますが、復帰したばかりなのでサザエさん症候群にはなっていないです。今日が比較的調子がいいからなのか、よくわからないですけど。
ただ、またみんなに気をつかってもらいつつ、自分ひとりだけ暇をする日々が始まるのかと思うとちょっと憂鬱です。別に大丈夫なのに。どMなのに。

ところで私は魚類には目がないのですが、今日サンデージャポンで、さかなクンを密着取材していて、魚よりさかなクンに興味が沸いてきてしまいました…
好きになってしまったかもしれません…
どうやったらお近づきになれるのでしょうか。



amolog3 at 19:04|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2007年03月01日

職場復帰

本日私は職場復帰をしました。
まだ完治しているわけではないので、1日6時間という制限付きで、
しかも今まで持っていた大きな仕事を外され、席まで移動させられて、
正直言って全く張り合いもないし、喪失感ばかりが大きくて、やきもきどぎまぎです。

これからゆっくり仕事を増やして…というのが会社側の考えのようなのですが
私はこの分野では、どMですので「仕事がない」というのがとても苦痛です。

とはいえ、雇われている以上、抗議申し立てをした所で、全く無意味でした。
柘榴のように赤い髪にもやはり難癖が付いて、修正せざるを得なくなりました。
気に入ってたのに…

もういっそ辞めちゃおうかな病の真っ只中です。
寒風吹きすさぶ嵐の真っ只中です。
ああもう、ヨーソローヨーソロー
夕陽が西に沈む前に〜

長渕先生、これでは舵のとりようがありません〜



amolog3 at 18:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!