現在、別居中の既婚者と二度目の不倫中。

この一ヶ月半


皆さまご無沙汰してます。


日々の生活に追われ、一ヶ月半、このブログを離れていました。


彼とは紆余曲折ありながらも順調な付き合いを続けています。


彼が別居を始めて2ヶ月半が経過しました。


この間、もちろん喧嘩もありました。


原因はいつも同じ・・彼の子供のことです。


彼は別居してから一度も子供に会っていません。


「 会えなくて辛い・・・ 」


「 会ってもいい?」


ひと月前、そう訴えた事がありました。


私は「 会ってあげて 」と伝えましたが、彼は私の気持ちを汲み取り、子供に会うことを我慢しました。


彼は「 私を失う事の方がよっぽど辛い。子供はいつかきっと理解してくれる 」


そう言いました。


離婚をして私を迎えにいくという、大きな覚悟をようやく決めてくれたように思います。


「 自分だけの人になって欲しい・・ 」


彼と出会って三度目の春。


彼は、私にそう言ってくれました。


私からのメッセージ



お気付きの方もいらっしゃると思いますが、この度、コメント欄を閉鎖させて頂きました。



同じ境遇な方との交流の場として、今までコメント欄を設けていましたが、訳があり閉鎖せざる終えなくなりました。



これまでコメント欄を通してお話して下さった方々、本当にありがとうございました。



この不倫が決着つくまで、今後も細々とブログを綴っていきたいと思っています。



温かい目で見守っていただけますと幸いです。



サチ

ずるい女


私はずるい女だ。



別居中の既婚者と付き合い将来の約束をしておきながら、タケシをキープしている事がだ。



だけど、約束はあくまで口約束に過ぎなくて、今後、もし彼の離婚が成立しなかったら結婚は出来ない。



そして、そうこうしているうちに時は刻々と過ぎていく。



タケシは相変わらず私にメールをしてきては、会いたいと言う。



私はタケシと一緒にいて楽しいとは思わないし、同い年なタケシを幼稚に思い、何かと文句を言ってしまう。



それでもタケシは、私に文句一つ言わず優しく接してくる。



食事やマッサージに連れていってくれる。



支払いはもちろんタケシだ。



私の気持ちが自分にない事は百も承知だろうが、タケシは変わらない愛情を私に注いでくる。



そんなタケシに私はどこか甘えているのかもしれない。



いや、利用してるのかもしれない。



私は本当にずるい女だ。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

クリックお願いします
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ