からっと いいたい放題!

気が付けば5年も・・・。。

タイミングベルト交換 2

今回は、トヨタ8のタイミングベルトの交換
iphone 091


ウォーターポンプとクランクオイルシールの交換も追加。

カムシャフトのオイルシールの交換は無ということで。
なぜなのか?それは、追加の金額が高くなるので、不要なのだそうです。

確かに、この車、VVTが付いているので、カムのオイルシール交換する場合、
タペットカバーのパッキン左右バンクと交換工賃が発生する。


で、作業開始。


しかし、写真を撮ることを忘れたんですよ。

気がつけば、ウォーターポンプ分解まで来てしまった。
iphone 081

仕方ないので、ウォーターポンプからタイミングベルト取り付けまで・・・


ウォーターポンプ取り付け
iphone 082


一気に飛んで、テンショナーベアリング、テンショナー、アイドルベアリング
そして、タイミングベルトを組み付け
iphone 083


ここから、タイミングベルトの外側のカバー関係の組み付けになる。

まずは、補機類駆動ベルトのオートテンショナー付きカバーとオルタネータを組み付け。
iphone 084

駆動ベルトのアイドルプーリー付きのカバーとクーラーコンプレッサーの組み付け。
iphone 087

クーラーコンプレッサー下部からみた感じ・・・
そして、クランクプーリーの根もとにあるプラスチックのカバーも付ける。
iphone 085


左右バンクの金属のカバーと中心にあるプラスチックのカバーをつける。
iphone 088

ウォーターポンプ上部のサーモスタットのケースで、
ラジエータのアッパーホースが装着される部分をつける。
iphone 089

クランクプーリーをつけて、コンプレッサー、オルタネーターの駆動ベルトをつける。
iphone 090


ラジエータ、エアクリーナ、エアダクトをつけて
エンジン冷却水を入れてエンジンを始動して、冷却水のエア抜きをすれば完成。
・・・最初の写真です・・・
iphone 091

電動ファンのタイプなので、作業がとってもラクチン!


年式など、時代ごとに細部がちがうので、少し戸惑いがあるかも。
VVT無車とかファンがベルト駆動とか油圧駆動とか・・・

セルシオの20系初期のV8は、わたくし的にはチョットめんどくさいから、あまりやりたくない。


まあ、しかし・・・・・

そんなにオオゴトで大変な作業ではない!
ことは確かでしょう。


このV8の必要な交換部品として
タイミングベルト
タイミングベルトテンショナベアリング
タイミングベルトテンショナー
アイドルベアリング
ウォーターポンプ
ロングライフクーラント(冷却水)

普通なら、上記作業にプラスして、最初にふれてますが
カムシャフトオイルシール
クランクシャフトオイルシール
カムカバーパッキンセット

さらには、できればこれらの部品を交換すれば完璧
駆動ベルト
駆動ベルト用オートテンショナー
駆動ベルト用アイドルプーリー


オイル漏れなどがある場合は
プラスチックカバーのゴムパッキンなども必要。




何より、工賃もですが、部品代がかかるので高額になることは間違いありませんが・・・。









自動車 室内 クリーニング 


自動車室内清掃  略して  ルークリ。

もう、7年間 実施しているが、知名度というか希望者が少ないのか、どうなのだろう?


トヨタがやってる〇〇クリン。数年前まで夜中に爆笑問題がCMしてたなぁ〜

最近では、そのCM、全く見なくなってしまったが・・・。



というか、私共は、そこでもそのルークリ含めた自動車まるごと再生クリーニングをやってます。


始めて7年経過しました。作業の実質台数は累計3500台以上のクリーニングです。

累計で考え直すと、すごいなって自画自賛。

ここ数年では、なんと、年間700台以上やってる計算になってました。




仕事は、まかせろ!!
どこにも、負けません!!これだけは、自信有り。

何が違う??それは、やるべき作業が明確になっているからです。
ある種の企業秘密。


ライ〇〇プじゃないけど、 結果にコミット。



まあいいけど。


ルークリとはなにか?
一番分かりやすそうな写真をいきますか!

これが、クリーニング前のイス
マーチシート前汚小















これを




イスを外して



とりあえずは、イスだけをクリーニングすると



こんな感じで






綺麗になります。
マーチシート清小


これ、間違いなく同じ車。
撮影の場所や時間が違うので、同じように撮影してませんがこんな感じ。


わかりやすい一例かな?


もう一枚。
無題3







ペットの毛。・・・・ペットのけだらけ・・・






毛が多く見えるとこで、写真に撮りやすいところを選んでみました。









そうして、クリーニング後。
無題4


この車の場合、この位置でこのくらいだったけど、イスやらなにやらとっぱらって見ると毛だらけの毛だらけでした。

毛だけじゃすまんけどね・・・・・。



外装もするけど、そういえば、あまり写真にとったことないな。
今度また、のせてみます。



まあ、とってもとっても、キレイになるんです。
ここまでせんでもええのに!ってぐらいキレイにしてます。



でもね、かかる時間は、最低限で4時間。もちろんルークリだけの話。




そーいや、全然、話が変わるんですが、なんと!


なんと! 我が店のホームページをちょっと改造したんです。自作です。
http://carat5810.web.fc2.com/

画像がきちんと貼り付けれないけど、まあいいかってな感じで。仕方ない。
http://carat5810.web.fc2.com/


自作です!



まあそんな感じです。

どんな感じでクリーニングするのかの概要をのせました。気が向いたら遊びに来てね。


真面目に、やってみる。決めました。  




たぶん・・・・・・今だけ。


最後に、おまけのビフォーアフター
ベビーシート編

ベビーシート





パッと見て、わかりやすいところで。



出来上がりはこんな感じ。
ベビーシートきれい




きれいにすることよりも、写真を撮る技術を学ばないといけないかな・・・・・・。










That‘s   oil leaks



ホンダ ザッツ のオイル漏れ

エンジンとミッションの継ぎ目から ポタポタ・・・




オイル漏れの修理の勘どころとして、漏れが確認できる一番高いところから確認していく。
尚且つ、 エンジンの内圧がかかって、漏れる根拠があるとこを確認。

〜トランスミッション除く〜

漏れる根拠とは?

.乾猊品、プラスチック部品などでオイル漏れを防いでいる箇所
例えば、タペットカバーパッキンやオイルシール、

▲┘鵐献麁睇瑤量圧通路上の関係部品
オイルプレッシャスイッチ、オイルフィルター、ヘッドガスケット、VVT関連、

エンジンの部品の合わせ面につけるシール剤
オイルパンガスケット、フロントカバーの合わせ面、シリンダヘッドやその他多数あるメクラ蓋のシール


大ザッパな感じで・・・・こんなもん。


,離イル漏れの傾向として、部分的にひどく漏れている。少し垂れている。
駐車場とかでボディ下を覗いてみると、数滴オイルが落ちている。(軽度の場合。重度だと△汎韻検

△離イル漏れの傾向として、全体的に大量に飛び散ってる。
挙句、漏れる量が多いので、駐車場とかでボディ下を覗いてみるとオイル溜まりができている。

のオイル漏れの傾向として、湿った感じがする。
駐車場とかでボディ下を覗いてみると、漏れあとはない。
漏れあとがあったとしても1ヶ月に1滴ある感じ。



そんな感じで、今回は,里劼匹ぅ弌璽献腑鵝

ポタ ・ ポタ垂れてます。


確認すると、漏れる箇所はココしかない。
ミッションのコンバータのオイルシールかクランクシャフトのリヤオイルシール。


トランスミッションがついているので、目視確認はミッションを外さないと見えない。

どちら側で漏れているのか簡易判断をする。

どうやって?

それは、漏れているオイルの色とニオイ。

まあ、どちらにしてもミッションは取り外し。





エンジンは付けたままミッションを外します。

IMG_0531








オイル漏れの犯人はエンジン側のクランクシャフトのオイルシール。

IMG_0530





交換して、ミッションをチャッチャッと装着して確認後、終了。


まあ、こんな感じで、車齢が古くなると、ゴム部品は劣化して硬くなって最悪の場合、破損して漏れるんすよ。


オイル漏れで一番怖いこと、それは、その他の部品からもれてくる事。

今回のように
交換した部品は、当分、漏れる心配はない。


でも、同じように劣化している部品が他にある。
今は漏れてないので、交換していない。


いつか近いうちに漏れてくること間違いなし。

じゃ、漏れそうなとこ全部交換しときゃいいじゃん!ってなかんじだけど、
漏れそうな箇所全部交換となると、時間とお金がかかるんすよ。



で、今回の修理でも、ミッション外すとなると、結構な時間とお金がかかっているんです。



古い車。

乗るなら覚悟はしたほうが、いいですね。



















自動車バッテリーに思うこと。

バッテリーの何を思うか??

それは、値段。


たとえば、よくあるサイズのバッテリー「40B20L、40B20R」と表記されている電池。

130618_214703





値段ってどうなんよ??



ホームセンターに行けば、特価で¥1980とかであったり、

オートバックスみたいなとこいけば、¥2980であったり、

クルマ屋さんにいけば、¥6000から高いとこで¥12000なんてとこもあるし、

ディーラーに行けば、¥10000以上だし、

ガソリンスタンドにいけば、¥10000ぐらいは普通にするし、




定価って、バッテリーメーカーのHPとか見れば書いてあるのもある。

実際、定価で売っているとしたら、ディーラーの販売価格のほうが安いだろう。







クルマに乗ってる方で、たまに、こんな言葉を聞くことがある。

「もう、何年も乗ってるが、バッテリーなんか換えたことなんかないよ!」


反対に、

「なんか、毎年もしくは2年に一回?バッテリー換えとんじゃあ〜!!」



クルマって、同じメーカーの同型車でも使用頻度や使い方が全く同じなんてことはありえない。



まあ、どちらにしても、いずれ交換する運命にある。






☆オーディオとかでアンプやらウーハーやらで、電気をよくつかうから・・・・。

☆あちこち改造して、エンジンに電気が必要だから・・・。


まあ、俗説など含めて色々な理由で、高額なバッテリーが良いという人もいる。






「わしゃ、毎年、ホームセンターで買って自分で換えとるよ。だって2,3千円でも安心よ」
という人もいたりする。




なにが、良いとか悪いとか言いたくない。


各自、思うがまま、好きにすればいい。




私の場合、エンジンをかけるとき、なんか元気がないなってとき
(例:セルスタート時、回りが弱い気がするとか。)

交換したほうが良いと思う。




たま〜〜〜に、エンジンのかかりが悪いからという理由で

「ちょっと、バッテリー充電してみて」

と言われる。

 

そりゃ、何ヶ月も乗らずに放置してあるクルマなら確かに意味がある。
(それがなぜかと言う説明はめんどくさいので省略。)


しかし、毎日、使っているクルマで、「バッテリーを充電する行為」は、全くの無意味。
(それがなぜかと言う説明はめんどくさいので省略。)




バッテリーもオイルとかと同じ消耗品。


ケチらず、換えよう。バチはあたらんよ。



ただね〜〜、同じサイズのバッテリーが、こうも、あちこち値段が違えばね〜〜〜。




まあ、一番良い方法として、値段はともかく、車検のときもしくは、車検の前後に換えとけば安心かな。




★ここで、注意!!


最近のクルマは、エンジンや電装品の制御の記憶をバッテリーの電源を利用しているのが多い。

だから、バッテリーを換えると、その、制御の記憶が消えてしまう。
(そうならない方法もあるけど、この場はめんどくさいので説明はナシ)

クルマによっては、エンジン不調やエンジンストップするクルマもある。

だから、たかだかバッテリー交換とナメるのもよくない。


いちおうは、専門知識がある人に聞いたほうがいいかもね。






まっ、しかし・・・・・値段ってあってないような感じだな。

そんなとこを突っこまれると「・・・・っうっ!」となって、言い訳がましい理由をつけて
自分の販売する値段を弁解している。


でも・・・・・・・・・・・・・


まあ、ね。

商品には、どんなモノでも、仕入れというのがあってね・・・。



バッテリーの場合
ウチとしては、仕入れ値に1.3を掛けて、交換料500円入れて最後に消費税分を加えて
販売しているだけなんで・・・・。




仕入れが変われば、値段も変わるし・・・。




そりゃ、なんじゃゆ〜ても、ホームセンターには勝てませんがねっ。






安いと思うんだけどね〜〜〜(ウチの値段





















注釈:実際のバッテリーは、性能の差が大きく違います。もちろん、値段に比例します。あしからず・・・。


結局、どこで換えてもらえば良いのかって?  

まあ、目安として、万が一の保証をキチンとやってくれるとこでしょうね。


そこが一番、難しいんだよ!!



って声が聞こえてきそうだな。













クラッチ 交換 

9割以上がA/T(オートマチックトランスミッション)になっている、今の日本の自動車事情。

だから、最近は、M/T(マニュアルトランスミッション)の車が希少なので
クラッチという言葉自体を聞くことも希少。

でも、商用車の世界ではまだまだ、M/T車は多い。

今回は、スズキの軽自動車のクラッチ交換。

エンジンの動力を、変速機に伝えるために接続する部分のことを言う。

どこについているのかというと、
エンジンのフライホイールというところについていて、
トランスミッション側からレバーなどで、
車によって違うが、油圧とか、ワイヤーとかで操作して動力の切断を行う。


下から見たところ。
DSC00431


クラッチペダルを踏むと、動力が切断されるということになる。
ここが壊れると、動力が伝わらないとか、滑るとか、ギヤが入らないなどという現象が出る。


今回は、滑りということで、クラッチディスクの摩耗が原因と思われるので、
分解して交換する。

難しい作業ではないが、重たい部品を取り外すので、
そう言う意味で、大変な作業かな?


分解順として
1、エンジンルーム内のトランスミッション上部のネジを外す為に
  バッテリーやら、エアクリーナケースを外す。
2、タイヤを外す。
3、ミッションオイルを抜く。
4、ドライブシャフトなど、足回りの部品を外す。
5、トランスミッション本体を外す。
6、クラッチカバーのネジを外し、ディスクと共にフライホイールから
  外す。

外れた状態。
DSC00428


外した部品一式。左の大きい部品がトランスミッションで
右の丸いヤツがクラッチディスク。(これが摩耗しすぎで滑ってしまった)
DSC00430




外したついでに、ベアリングも交換。

そして、外した逆の順番に組み付ける。

こういう作業って大変そうな感じがするが、意外に簡単。

今回は駆動がFF車だったが、FR車ならさらに簡単。
(注:一部車種除く)


駆動が伝わらない車なんて、まるで大きなくず鉄と同じくらい邪魔な故障。

そうなるまえに、M/T車に乗っている方は、

何か普段とは違う???と思ったら、整備工場で見てもらいましょう。


まあ、何事も早めが一番でしょうね。


オイル交換を怠った結末

ワゴンR  K6Aエンジン

アイドリング時に、マフラーから白煙が発生。
少し走っていると、白煙が薄くなり、信号待ちなどで、停車中、白煙が発生

また、走っていると消えて・・・・・・
という感じ。

現象から考えると、原因のひとつに、バルブステムオイルシールからのオイル下がり。

走行が多い車両にはよくある事例。

この車は、走行6万キロ。

まあ、でも、とりあえず、怪しいので、

ヘッドカバーを外してみた
DSC00338


ヘッドカバーの裏。

そして、バルブ周りは・・・・
DSC00339



そして
DSC00340



・・・・。


やっぱり。



オイル交換って過去にいつしたんだろうか?

オーナーに話を聞くと
「オイル?オイルって、車検とかで替えてくれるもんじゃね〜の?」

だそうな。

車なんてモノは完全な、ゲタガワリ! ということなのです。

自分の意思でオイル交換ということをしたこと、もしくは、依頼したことはないとのこと。
ガソリンスタンドなどで言われたこともないらしい。



まあ、とにかく、オイル交換を怠った結末。

最近は、オイル交換なんて必要ないとか言う人が、ネットとかでたまに見るけど
やっぱりね、現実は、こうなんですよ。



で、本題に戻るとして

隙間に溜まっている黒いやつ。
スラッジといいます。

シリンダヘッドだけかと思ったら大間違い。

エンジン下部のオイルパン内、クランクシャフト周りもスラッジだらけ。

エンジン前側のチェーン部のところも、スラッジだらけ。

ピストンリング周り、ピストン裏側もスラッジだらけ。

もちろん、このスラッジが、オイル通路にもところせましと付着。

さらに、このスラッジは、少々、硬化してるので、マイナスドライバー
みたいな工具でこじりとらないと取れません。

もう・・・、なんか・・・、修行だな。

それから、洗浄・・・・。

そして、組み付け。


結局、このエンジンは、最終的にオーバーホールになってしまった・・・。




・・・・だとしても!

オーナーは、やっぱり気にしない。

私:「今度から、ちゃんとオイル交換しましょうね!」

オーナー:「よくわからんから、適当な時期が来たら、言ってね。」









・・・・なんか、前にも同じようなこと言っていたような気がする。






 

消費税増税・・・やっちまったなぁ〜

消費税増税。

個人的には、自分にどれくらい影響があるのかあまりピンとこないのが

正直な感想。

ニュースやネットでの情報は、増税反対の意見が多い。

しかし、一番気になるのは、民主党のこれから。

”政治公約”なんてものを掲げておきながら、あっさりと反対的なことをやってしまう。


政治家ひとりひとりは、各地方選出によって出てきた方々。

特に、賛成した民主党議員たち、マニフェスト無視な上に

その、地場に、きちんと説明ないまま、あっさりと法案通過。


政治的なこととか、政策的なこととか、経済状況うんぬんとかいろいろあると思うけど、

なんかね〜、人として信用出来ないよね。


「ウ・ソ・ツ・キ!」



ということは、今後、政策やら政治運営で間違いなく平気で嘘を付くことに間違いなし。

という烙印が確定した。


賛成した他の政党。

あんたらは、卑怯者だね。公約うんぬんというより、やり方がかっこ悪い。
あれじゃ、評価に値しない。

自分たちが与党になってすれば、よかったのにね。

まあ、法案が通れば問題なし・・・ってところか。

次の選挙に使うんだろうな。
「与党でもない、われわれが、消費税増税した」・・・と。



しかし、国民の期待を受けて誕生した民主党。
とんだ、クワセモンだったことは間違いない。





まあ、現実の消費税増税については、庶民の生活がどう変わるのか
やってみないとわからないことが多いと思う。

いろいろなことを言っているが、
今後の日本経済に対して、言っているようにダメかもしれないし、
良い方向に向くかもしれない。

これは、一概に言えないと思う。未来の日本が評価することになる。



ただ一つ、現時点で、今の日本国内の閉塞感がさらに深まったのは間違いないだろうね。
毒で毒をってやり方??



”安い車”を買うということ

お客さん:「なんでもいいから、何か安い車ない?」

私: ありませんっ!



最近は、こういう返事でよくお返しする。
不景気を反映してなのか、最近というより、数年前からよく聞く言葉。


安い車は世の中、たくさん存在している。
現在も普通に、たくさんの車が流通している。


売る側の立場として、
こういう安い車って、スクラップで処分するか、代車として利用するかぐらいの価値しかない。

要するに、売り物にならないと考えるのが普通(?)


スクラップにするということは、鉄クズとして処分する。
鉄の相場次第で、買取金額も変わってくるが、いくらかにはなる。

代車にする場合は、車の見た目の状態が悪いんだけど、車検も残っているし、
乗れないこともないので、単なるゲタ替わりということとして使う。

まあ、そんな車全体を、安い車として扱う。
だいたい、「何か安い車ない?」とか聞くのは、業者間同士でのやり取りが普通ではないだろうか?

ゲタ替わりには丁度いいから。

そこには、同業者の暗黙の了解といえばいいのか、責任はあくまでも買った側の責任。
売り側は、車の悪いところはだいたい教えて、整備も何もしないで渡す。

仮に、売り側が気がつかず、言ってなかった場所(車の故障箇所)があっても、
それは、リスクとして買った側が責任を持つ。

たまに、同業者のくせに文句を言う奴もいるが、そんな奴には、二度と取引はしない。
もちろん、車も返してもらうし、貰ったお金は返金する。


金輪際、二度と付き合いはしない。
ついでに、他の同業者にも「こんな奴がおるよ」と教えてあげる。




”安い車”に限っての話だよ。誤解のないように。



そういった安い車の需要が最近というか、数年前から増えてきた。

しかも、一般のお客さんに。



まあ、確かに、そんな車も普通に乗れないこともない。



基本的に、車は、新車であろうが、中古車であろうが、必ず壊れる。

「一回も大きなトラブルに見舞われたことはないよ」

という方も、たくさんおられるが、
間に、車検や点検など日々メンテナンスをしている。(だろう)


自分の車は壊れなくても、他の人が乗っている同年式、同型の車が
たくさん壊れている場合とかもよくある話。

ということは、いつ、自分の車もそうなるかわからない。
次の車を買い換えるまで、壊れないかもしれないが、
乗っている今、壊れるかもしれない。



その前に、自動車というモノである以上、”壊れる”こと自体が大前提のハズ。



その壊れる頻度として、新車とか高年式の中古車で考えると少ないかもしれない。
(国産車、外国車とかの違いは考えない事として)

仮に壊れたとしても、各メーカーの保証修理というかたちで無料で直してくれる。

3〜5年以上たった車だと、メーカーの保証もなくなってしまうので
その場合、自腹での修理になってしまうが・・。

まあ、新車は別として、中古車として売るなら、保証の部分も車両代金に含めているので
普通は、何らかの保証は受けれる(ハズ?)

このへんが、ボッタクリと言われるところかもしれないが・・・・。

買う側で考えると、普通に中古車として買ったなら、
ある程度の保証はあるものと考えるが普通だろう。







で、ここから”安い車”を一般のお客さんが買う場合。






パターン1)
お客さん:「安けりゃなんでもいいから・・・」

売り手:「これだったら、諸費用全部で15万です」

16年前の車で色は赤、走行12万キロ超え。見た目もお世辞にもいいとは言えないが
乗ることに問題はないクルマ。
もちろん、保証ナシの現状渡し。

お客さん「・・・・・」「他にない?」



なんでもいいとか言いながら・・・・・・。







パターン2)
お客さん:「安けりゃなんでもいいから・・・」

売り手:「これだったら、諸費用全部で15万です」

16年前の車で色は赤、走行12万キロ超え。見た目もお世辞にもいいとは言えないが
乗ることに問題はないクルマ。
もちろん、保証ナシの現状渡し。

お客さん「これでいいよ。」

名義を変えて、納車。
1ヶ月後、
電話(お客さん): 車が止まりました。(故障)

車や: わかりました。すぐとりに行きます。

車を預かって、確認すると、数万円する部品がこわれていた。
お客さんに、「この車を修理すると数万円しますよ」と報告。


車や:「お金かかるけどどうします?」


すると、

お客さんブチギレて
「まだ買って一ヶ月しかたってないのに保証じゃ ないんか?」

車や:「最初に言ったでしょ。保証なしということで、と」

お客さん:「ボロ売りやがって、ボッタクリか!」


お客さんの立場からみれば、言いたい気持ちもわかるが
売り側としては、安くするためにやっていること。

普通に慈善事業でも、そこまでやらないよ。






他にもいろいろパターンがあるが、よくあるパターン。

とにかく、そんな感じで、安い車=ボロ車という式は間違いない。



まれに、新車でもよく壊れる車があるように、ボロ車なのに壊れない車もある。
がしかし、どっちも同じ確率で少ない。


ボロ車を買うなとは言わない。

買うなら、覚悟をもって買って欲しい。


そんな覚悟もないのに、業者のように買う。
業者なら、自分で修理する。

しかし、一般のお客さんは、関係なしに文句をいう。





だったら、初めから、それなりのお金を出して、普通の中古車を買え!
って思う。

普通がわからないとか言うなら、新車買え!って思う。









そんな、人間模様が嫌なので、一番いい方法を思いついた。




それが、


お客さん:「なんでもいいから、何か安い車ない?

私: ありませんっ!






・・・・初めから、売らなきゃいい。

買っちゃいました。

ipad。

ipad 2。

ノートパソコン買うよりいいかも。

どうせ、web閲覧中心だから・・・・。

これも、ipadで、書いちゃってます。


3Gなんで、エリア内なら、どこでも使えるし、

費用対効果を考えても
いいかなー?って軽くかんがえて。

使ってみて、思いました。

こりゃ使える。


今からは、こういうモノが中心になるんだろうなあ。

よかった、よかった。







今日も、また、触って、気がつけば朝なんだろうか?

…・・・面白い!












誤解を招く。

このたび、地震の被害に合われた方、大変だとは思いますけど
頑張って下さい。

自分で言うのもなんですが、
こういう言葉自体が、何か、他人事のような気がします。
ごめんなさい。
私のできる範囲で考えて、行動していくことにします。


今回の大地震。

相当量の人的、モノ的被害がある現実。
しかも、まだ、不明者がたくさんいる。
特に身内や知人なら、身を引き裂かれる思いだと思う。

被害の全体像もはっきりわかっていない。

多くを失った。


反対に、色々な意味で、多くの事柄を得られた。


被害地域にいない私を含めた人々。
感慨深いものがあるのではないのでしょうか?

報道のテレビを見ながら、何回、涙が出たことか・・・・。

日本に住んでる以上、明日は我が身。


そして、原発。


東京電力の情報提示。
日本政府の情報提示。

マスコミの記者会見。
新聞などの媒体の表現。

いろいろなところにいる、原発の専門家。

ネット内の情報。

さらには、外国の見解。




まさに、今の日本をあらわしている。
リーダーが不在。

身体で言うならば、五臓六部が勝手に動いてる・・・・・ように見える。

ブレインが好き勝手、まさに言いたい放題。




・・・・何故そんなことを言うのか?

それは、私が素人だから。

シロウト。


国民大多数がシロウト。
ましてや、原子力発電所のことなんて・・・。




私だけかもしれないが、原子力発電所と聞いて
イメージできるのは、原爆。

すさまじい破壊力と放射能汚染からくる後遺症。

(私は、広島に住んでいるので、原爆の恐ろしさは、
以外に理解できているつもり。)


ゆえに、いま、原発で起こっている事実を見て、
今にも大爆発して、放射能汚染が広がる。

このような解釈をする人が、大多数ではなかろうか?
何も知らない、一般市民のほうが、圧倒的に多いはず。



それを、踏まえて、このたびの原発の事故。
自然災害からの被害とはいえ、国をあげて対処している。

なにかしているのは、わかるけど、
爆発があったり、ケガ人が出たり、さらにはヒバクした人まで出た事実。
そして、放射能を撒き散らし始めている(ように見える)


その現実を見せつけられての報道。


そこには、「安全ですよ」「なんとかしてますよ」
「大丈夫ですよ」という言葉がよく出てくる。
特に、原発の専門家。


私の根本に、原爆のイメージがある以上、
「なんか、うそくせぇ〜」
「他に秘密にしとかにゃ いけんことが、あるんじゃね〜の?」


私のように原爆からのイメージだと、かなりの誤解を招く。




とある、ブログでこのたびの原発について語っておられた方がいた。
http://agora-web.jp/archives/1278935.html

正直、私は、その方の意見に賛同した。


しかし、他の方のコメントを見ると、皆がそういうわけじゃない。

中には、
原発のシロウトが、要らん事言うな!
お前らみたいなヤツラが、事を大きくしとるんじゃ!
的な意見もあった。


私は、原発のシロウトです。



私の職業に変えて考えてみると、

エンジンから煙が出て、変な音が出ている車を乗っている
クルマのことをまったく知らないオバちゃんが
修理に持ってきて、ゴソゴソ見ながら、

私が、(一応、修理のプロです)
「たちまち大丈夫ですよ。」
「すぐに直さなくても、いいですよ」

といっても、納得できないでしょう。


(原因は、ベルトが滑って、エンジンオイルがにじんでいるところが
溜まって、排気管にたれて煙が出だした。)
※注意:ほったらかしにすると止まります。

オバちゃんの根底には、走行中、突然、動かなくなってしまう
最悪の事態が怖い。
実際に、煙を見てるし、変な音がしている。


でも、原因をはっきり言ってあげて、どうすればどうなるのでと説明する。
100%じゃないけど納得できるし安心も出来る。


もちろん、その説明には、シロウトに理解できるように説明する。
さらには、「動かなくなることはないよ」安心してもらう。



それができないと、オバちゃんからかなりの反感をかってしまう。
最悪の場合、よからぬ噂までたってしまう。






そんな感じで、原発関連を見ていると
なんか、オバちゃんになった気分だった。


ただ、最悪の事態が来てほしくないと願っているだけなのに・・・。


工程や修理状況は別にいいんです。
最悪の事態になりませんという確約がほしいだけ。



すでに今は、結果がどうであれ、プロのアンタが言うなら、間違いない!
思わせてくれたら、それだけでいい。



世の中には、どの分野でもシロウトが大多数という事実。


わからんのじゃろ〜な。

賢い人間には・・・・。




・・・・賢いなら分かっている??



そうか、それが狙いか・・・・。





QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ