2012年12月25日

クレープソールの交換 ステッチダウン製法の違い

CLARKSに代表されるようなクレープソール。
劣化してきますと、ボソボソと砕けてきたり、硬化してきたり。
before クラークス
121215-14
121215-13
121215-16

摩耗して、劣化して…。
通常は、ミッドソールがあるタイプというのは、そこから下の
部分で交換できるような構造なのですが、クレープソールは
生ゴムですので、ネチャネチャとミッドソールにくっ付いて剥がれません。
長年、踏み締められていることもあるので余計ですね…
一応剥がそうと、毎回試みてはいるのですが…無理なんですよね。
121215-39

もう一足、リーガルのものです。
before
121215-35
121215-38

こちらは、そこそこ減りですが、バイクに載るので、エンジン部分の熱で
クレープ ソールがねちゃねちゃするので、タンクソールに交換希望と。
クレープソールは天然のゴムですので、夏の猛暑でも溶けるような感じで
べとべとしてきます。
121215-11

どちらもステッチダウン製法ですが、その仕様が二通りあります。
まずは、クラークスのタイプ。
この仕様は、ソールを剥がしますと抜け殻の様になっておりますが、
これはミッドソールが=中底になっている為、
ミッドソールを交換するとなると、直に足が載っております中底を
交換する事になります。
121215-10

今回のオーナー様は、この部分がひび割れてきているので、
そもそも交換希望ということでしたが、クレープソールが
剥がれないので、どちらにしても交換となりました。

で、そこで注意点ですが、画像でも確認できるように、足跡がくっきりと
残っております。
交換しますと、新品時同様、底面がフラットになりますので、
足裏に感じる感覚というのは、オールソールしますと変わります。
また、柔らかいクレープソールですので、もともともかなり
足型に凹んでおりますので、そこも真新しくなりますので
やはり変わります。

変わると云いましても、新品時に戻るという事なのですが。
121215-33
121215-34

で、これがリーガルのステッチダウン仕様です。
剥がしても中底が残っているのが確認できると思います。
これは、裏革を中底に釣り込んで、表側をフチでL字に返し、
そこに底縫いを掛けております。
ノルウィージャン製法も、中底と側面に掬い縫いが入りますが、
ステッチダウン製法との組み合せです。

クラークスのタイプは、裏革がなく表革一枚ですので、
中底を留める手だてが無いので抜け殻となります。

オーロラシューズも表革一枚タイプの同じ仕様ですが、
オーロラシューズの場合は、ミッドソール(中底)まで
交換してしまいますと、あの中底に刻印されている
雰囲気のある文字などが無くなってしまいますので、
早めにソールの補修をされたほうがよいと思います。
121215-8

こんな感じで同じステッチダウン製法でも、2タイプあります。
どちらが良い悪いと云う訳ではなく、作り方の違いです。

ちなみに、私が始めて靴を作った際の底付けの方法は、
このステッチダウン製法ですが、それもまた若干やり方が違っております。
底付け方法は、色々な方法がありますが、作り手によって
また色々と細部が工夫されているので、これもまた靴作りの
面白さでもあります。

市場に流通している既製品ですと、そこまで大きく違うという事は
ないのですが、それでも中ものといわれる靴底のクッション材の違いや、
靴の背骨といわれるシャンクなどでは、メーカーによって
木材やスチール、プラスチックやベンズなどなど形状や入り方は
多様であったりします。
121215-9

クラークスの場合は、中底が新しくなりますので、剥がす前に
ポイントポイントで印をつけ、新しい革中底を取付ける際に
形が変わらないように気をつけます。
革中底は表面の吟を剥いて、湿気を吸込み易くしておきます。
121215-5

で、革中底を取付、ステッチダウン、底縫いを掛けました。
121215-25

リーガルの方は、ミッドソールですのでラバーを取付て底縫いです。
121215-19
スポンジベースでヒールを作りまして、vibram#1200を施します。121215-18

クラークは、クレープソールを組み合わせて積んでゆきます。
オリジナル同様、使用したのは、3.0と6.0と10.0mmのクレープを組み合わせて
もとのソールの厚みにしてゆきます。
121215-24

材料問屋から送られてきますクレープソールは、ご丁寧にシートで
一枚一枚包まれております。
これは、クレープソール自体がくっ付き易いのと、そこら辺のゴミやらが
吸着してしまう為、わざわざくるんで送られてきます。
121215-23
121215-21

リンゴの皮むきのように荒立ちして、削りますが、
削るというか、伸びるというかな感じで、削りかすも飛んでゆかずに
フチにソルティードックの塩のよう纏わりつきます。
121215-3
121215-28

121215-26

グラインダーにも纏わりついてますので、くるくるくる…と
121215-27

なんということでしょう…
カステラ生地にあんこ入りの和菓子の出来上がりです。
亀屋万年堂あたりに、こんなのありますよね。

クラークス/after
オリジナルは、クレープの側面が黒く染められておりますが、
今回はナチュラルに。
121215-29

リーガル/after
121215-20

以上、ステッチダウン製法の違いと注意点などでした。

クレープソールからのソール変更関連記事
HPアイコンロゴアウトライン

ampersandand at 17:00│ クレープソールからの 

この記事へのコメント

3. Posted by taka   2014年02月14日 13:13
なるほど。
機会があれば工程を是非見てみたいです!

ありがとうございました:)
2. Posted by ampersand   2014年02月14日 09:49
こんにちは。
クレープソールは天然素材ですので、接着は難しいのですが
表面処理などをして接着しております。
1. Posted by taka   2014年02月14日 03:12
こんにちは!
とても興味深いです。
僕は靴を作ったことがありません。ただ、youtubeなどにアップされている手作業の靴づくりを見てるのが好きです。

”クレープソールを組み合わせて積んでゆきます”とありますが、接着剤などでくっつけるのですか?