2013年12月09日

丈詰め担当事務次官

今年はいつになくブーツの丈詰めのご依頼が
多かった年でありました。

去年の今頃の時期に「an.an」の靴修理特集に
何故か技術協力させていただきました。
記事が掲載されたことで、丈詰めのご依頼は多かったのですが、
今年はそれ以上でした。

ですので、私は靴の修理やら鞄の修理やらで手一杯でしたので
猫の手も借りたい… 
そんな私の気持ちを察してか、カンペール担当大臣が
野党から、ブラブラしていた事務次官を招聘して参りました。
1209-18
左が今回抜擢されました、丈詰め担当事務次官、
右が毎度登場のカンペール担当大臣になります。

before
1209-231209-22
丈詰めの場合は、シンプルなデザインでしたら、
ご希望の寸法でそのままカットすればよいのですが、
画像のように、ベルトがあったり飾りが付属していますと
カットする場所の調整が必要になります。
1209-20
また、履けば見えないので気にされないかもしれませんが、
内側が画像のように革が切り返しされておりますと、
カットする長さによっては、中途半端に黒い帯が残ってしまいます。

また、こういったパーツはところどころで位置が深かったり
浅かったりしますので、途切れ途切れに残ってしまう場合もあります。
120-19
今回も5.0mmぐらい残ったり残らなかったりする感じでしたので、
黒い帯がなくなるところでOKということになりました。

before
1209-101209-11
こちらはシンプルなタイプ。
この場合は、ご希望の寸法をカットすればよいのですが、
しっかりと補強材も施されたブーツですので、
カットする際には丸い筒の状態でカットしなければなりません。

通常のくたっとしたブーツであれば、
平たくなるのでカットはツーとできるのですが
1209-12
このブーツの場合は、強く抑えてしまうと余計な皺が
入ってしまいますので、回転させながらちょっとずつカッティングです。
1209-71209-5
履き口のラインは、緩やかに弧を描いておりますので
そのラインをトレースしカット致しました。
1209-41209-3
革の端の処理は、折込や切りっぱなし、パイピングなどなど
靴により異なります。

丈詰めの場合は、その状態から折込仕上げにはできないので、
縫製後にカットした断面を磨き、革の毛羽だちを抑えてから
革の色に合わせて染料を調合しまして仕上げております。
(もしくはパイピング仕上げも可能です)
1209-2

そうしまして完成となります。
1209

完成の雄叫び… (雌ですが)
1209-16



ampersandand at 18:24│ 靴修理