2018年10月15日

運転させないホワイツブーツ。 丈詰めとソール交換篇

White's Boots
camper3029camper3736
ワークブーツはおおむね重いのですが、その中でもヘビー級に
君臨しているのが、White's Boots になるのでしょうか。
1.0kgまで量れる測定器でもEEEE表示、いったい階級はどこなのでしょうか…。

ソールが厚く、車の運転ができないのでレザーソールでシンプルな
感じにされたいとのこと。また丈も長過ぎですと。

ご依頼品はすでに一度他店でソール交換されており
現在は、vibram#2021 ソールが取付けられている状態です。

ちなみにもともとのオリジナルソールはこんな感じ。
1014
レザーソールにごついコマンドソール仕様。
画像から判断しますと恐らくオリジナルのヒールの設定より
#2021ソールでは10.0mmくらいかかと側が低くなっているのではないか
と思われます。

違和感が無いかお客さまに確認したところ、逆にこのぐらいのほうが
ヒールの高さはいい感じですと。

ちなみに同じタイミングでオールソールでお預かりしていた
レンガ色のWESCOブーツ。
こちらは摩耗した状態ですが片足で約940gにて軽量をパスしています。
WESCOも一度すでにオールソールされているようです。
camper2726
camper3837

この二足の底付けの仕様について今回主に書こうと思ったのですが
長くなりそうですし、図式を作成しないと文章では伝わらないだろうな…
ということで、業務の兼ね合いで詳しくは割愛させて頂く事にしました。

WESCOは前側が通常のステッチダウン製法(かかと側は中底にビス固定)
ホワイツブーツは複式ステッチダウン製法といいましょうか…。
camper3433camper3231camper3332camper3130

分解して思った事は、ホワイツブーツはなんでこんな
面倒くさい仕様なのだろうかと。
この仕様について手間が掛かる割にはなにか
メリットがあるのだろうか…と。
ソール交換し難いだけではないのか…。

なので前回修理されたお店でも手こずったようで、だし縫いは
ウェルトから外に縫い外れてしまった部分があったり、
コバを削りすぎていて(または始めからぎりぎりだったのか)、
今回オールソールする際に、縫い直すスペースがほぼ無い部分もちらほら…。
これ困るですよね…。

それにひきかえWESCOについては至って合理的な仕様になっているなぁと。
縫うところは縫って、必要の無いところはビス固定で手間を省くという感じ。

ではではホワイツブーツにもどりまして、
ソール交換はいつものレザーソールでの交換と同じですので
行程は割愛いたしましてブログ映えし易い丈詰めをご紹介。
180504001180504000
丈はくるぶし丈にカット。
この長さが紐靴では足首も固定でき、脱ぎ履きもそこまで面倒ではないので
お勧めな丈であります。

カット断面はオリジナルと同じようにパイピング処理を行ないます。
縫い割って展開して落としミシンを掛けます。
180504003
180504004
このブーツは取り外しできるベロが、確かなにか名前があるのですが
思い出せませんのでベロと云う事で進めますが、このベロも
丈詰めに合わせてカットします。
180504007180504006180504005

そして完成となります。
レザーソール/ハーフソールスチール併用仕様
180506003180506004
レザーソールはダブルのように見えますが、もともとこの靴にはミッドソール
というには厚いものですが、ミッドソールがベースにあるので
その部分に新たにレザーソールを取付けているので、
結果ダブルソールのようになっています。

ヒールの高さはお客様のご希望とおり、ソール交換前の高さの設定で
製作しています。(ですのでおおもとのオリジナルよりは低くなっています)
ハーフソールもごついものではなくシンプルなVIBRAMソールでフラットに。
丈詰め部分はループは必要ないという事でしたので取り除いております。

革底周りの色は、ブラウンカラーに染色。
オリジナルはごついコマンドソールが縫い付けられていますが、
今回はレザーソールを本体と縫い付けてからハーフソールを取付けていますので
底縫いの糸切れの心配もなく、ハーフソールが摩耗した時には、リフト同様に
部分的に交換可能な仕様となっています。
180506000
180506010180506008180506009
180506012180506007
お渡しの際に履いて頂くと、運転できそうですということで
そのまま履かれてお帰りになられました。

誤解のないように追記致しますが、
「vibram#2021は重くて曲がらないソールなの?」
まったくそんなことはなく、逆にこの手のフラットソールの中では
最軽量の部類に属しますし、軽量で屈曲性もよく
クッション性に富んだソールになっています。
ですので女性の方からスニーカー系の靴まで幅広くお勧めできる
ソールとなります。

今回の靴は、本体の革も厚く、ミッドソールも通常のレザーソールと
同じ5.0mm程度あり、またウェルト周りの設定も屈曲しづらいような
硬くなっているような靴ですので、ソールうんぬんというよりは
本体側の影響が大きい靴となります。

ampersandand at 12:25│ オールソール