2019年03月23日

よろず修理店 スタジアムジャンパー篇

「よろず修理店」という屋号でもよかったかなと
思う時があります。

以前、ランプシェードを持ち込まれて、
「これ治せませんか?」
と尋ねられた時には、
「この先に電気屋さんがありますので…」と
かぶせ気味で応答した事もありました…。

今回はスタジアムジャンパー。
こちらはそこまで門外ではないのですが
はじめてのご依頼内容でした。
190323

内容はワッペンの縫い付け。
これはアイロンで付いているかと思っていたのですが
縫製で固定するものだとか。
2019-03-430-0022019-03-430-006
胸の部分のワッペンの縫製は問題ないのですが
腕の部分は筒の中でミシンを動かして縫製するので
縫えるかどうか怪しかったのですが問題ありませんでした。

始めからこの腕の部分にワッペンが付いている製品は、
ジャンパーを作る製造過程で筒状にする前の平らな状態で
ワッペンを縫製しているのだろうな、と思ったのですが
お客さん曰く、後付けでカスタムするのが一般的だそう。

そうだとすると、今回私が縫製したみたいに、
ちくちく一針ずつ八方ミシンを手動で廻して縫製するなんて
面倒なことをやっているわけではないだろうから、
「ワッペン縫製機」なるミシンがあるのだろうか…と。

海外の業務用ミシン製造メーカーのHPなんかをみていると
千手観音のような、腕が数本はえているミシンがあったり、
今までは手縫いでしか縫製できない位置や縫い目も
どんどんミシンで縫製できるようになっているので
ワッペンぐらいは、どんな位置でもいとも簡単にダダダダだーと
縫ってしまうミシンがあるのでしょう。

AFTER
どこかのアメフトチームのロゴなのかなと思いましたら、
架空のチームロゴだそうで。
2019-03-430-005
そういえば、鞄の持ち手の縫製だったり、パーツだったりの縫製も
自動縫製化されていて、ミシンにセットすれば自動で針が(台が)動いて
縫製されているのを見て、そういった製品が「職人の手仕事で…」
という触れ込みは適しているのだろうかと。

「コンピューター制御で作り上げた、一寸の狂いもない鞄」
という触れ込みのほうがあっているんではないかと。

しかし不思議なもので、コンピューター制御で縫製された
製品のほうが間違いがないのでしょうが、
実際に手縫いやミシンでこつこつと職人さんが組み立てた

「職人技で作り上げた味わいのある鞄」

という響きの方が、どことなくいいモノのような気がする
今日この頃…。

ampersandand at 16:35│ 鞄と小物修理