クレープソールからの

2016年12月15日

オールソールの不安。 クレープソールからの…BUTTERO篇

例えば家電の修理であれば、同じ部品を使って同じように治すので
デザインが変わるということはないでしょうし、
仮に、ipadを修理に出して、手元に届みたら
そのデザインが変わっていたらちょっと面白いですし、
即SNSで拡散される事でしょう。

なのでメーカーでも、街の修理店でも修理に出して治すということについて、
その仕上り具合には然程、不安は抱きません。
しかも街の電気店で治すにしても、例えば東芝の冷蔵庫を治す場合、
東芝から修理部品の供給を承け、純正部品で修理を行う訳なので、
おかしな修理になる事もありませんし。

しかし、靴や鞄などではオリジナルの部材の供給もありませんし
そもそも製品の仕様自体に問題があったりしますので
仮に同じ材料を使用し、同じ設定で治せたとしても…
また同様に壊れる…

ではどうしましょうかと…。

BEFORE
1210-75
イタリアブランドのブッテロ。
見ての通り、そもそもソール交換をするつもりもない?
デザインとなっております。
修理を考えないでデザインするというのは楽しいだろうなと
修理を始めてからというもの、つくづく思う次第であります。
1210-701210-711210-911210-79
ソールの仕様はクレープソール。
ベタベタ劣化現象が発生しております。
このような感じのソール仕様は、ラバーソールのコンバースと同じなのですが、
ソールの見た目の感じからしますと、分厚いソールなように見えますが…
1210-741210-73
周囲に巻かれているクレープソールを剥がしますと…
こんな感じで実際のソール厚は半分程度。
15.0mm程度本体が埋まっておりました。
クレープソールのクレープ巻きと云った感じでしょうか。

周囲を3.5mm程度のクレープソールで本体と一緒に巻いております。
このクレープソール巻き仕様には、色々と問題があるので、
靴のソール設計としてはどうなのだろうかと思う次第です。

ときどき、この巻いた薄いクレープソールを側面で縫製している
仕様がありますが、屈曲部分では、徐々に縫い目にソールが耐えられず、
また劣化により、のちのち縫い目で裂けて(貫通)しまったり致します。

今回のオールソールのご希望は、タンクソールのようなイメージでと
いうことで、強いて云えばvibram社の#1147がご希望でしたが
ご依頼品の靴ではヒールの高さが合わず、使用出来ないということに。

ご依頼品は、画像でも分かるようにソールは前後で厚みの変化もなく
フラット、カカト部分に申し訳ない程度に3.5mm厚のクレープソールは
付けられております。

ですので、ソール交換の場合も前後の高さの差は
3.5mm設定ということになります。
先ほどの#1147では前後の高さの差が、16.0mmありますので
付ける事は出来ますが、1.0cm以上ヒールが高くなってしまいおかしな事に。

ですので、前後別パーツで取付けられるタンク仕様で行う事に。
1210-78
クレープソールを全て取り除くとこんな感じ。

今回は、オリジナルからソールの仕様も変更になりますし、
またソールに埋まっている特殊なモデルとなりますので、
当店ではお馴染みの、革巻補修も別途追加で行う事になります。

ですので、靴のデザインもかなり変わってしまいますので
お客様のご了解を得てはおりますが、果たしてその出来映えに
満足して頂けるかどうか…という不安が。
(私は経験上、もちろん仕上りのイメージは出来ているのですが
 お客様にちゃんと伝える事が出来ているのかどうか…)

ほかのアイテムの修理全般に云える事ですが、
デザインや仕様が変更になる場合はお客さんも不安でしょうし、
補修している私も不安だったり致します。

「思っていたのと違う…」なんてことになるとお互い悲しいですし。

ではでは出来上がりは…

AFTER
1210-671210-66
レザーソール/ダイナイトロジャーハーフソール/リフト仕様
1210-68
周囲には、飾りステッチウェルト仕様
1210-641210-62
レザーソールと本体を底縫いを行い、ハーフソールを取付けておりますので
ハーフソールが摩耗しましたら部分交換可能です。
ワークブーツではよく一緒に底縫いされておりますが、
それですとハーフソールが減った段階で、オールソールするしか
方法がなくなってしまいます。

また、一体型のユニットソールではないので、リフト部分も
一段取り外せますので、もちろん部分交換可能です。

ヒールが高くなっているように見えますが、前側にハーフソール7.0mmが
取付けられておりますので、その分カカトも7.0mm上昇します。
ですので、カカト部分は3.5+7.0=10.5(11.0)mmヒール設定
ということになります。

出来映えは、カジュアルなモードな仕様から、
男気あふれるラキッドな雰囲気に仕上りました。
ご依頼主さんからも、「時間とコストを上回る出来映え」と
いうことでご満足して頂けたご様子でした。

ちなみに気になる修繕費用ですが、ご依頼品はソールに埋まっている
特殊モデルとなりますので、当店独自の革巻き補修仕様では
大変手間が掛かりますので、23.000円と大変高額となっております。

なお、一般的な紳士革底のソール交換費用目安は、
レザーソール/チャネル仕様/積上げ/vibramラバーリフト/14.000円
となっております(オリジナルの靴の仕様により異なります)

特殊モデルの修繕は、当店の修繕方法ですと
一足に時間が掛かり過ぎてしまい、他の修理品の進捗にも影響が…。
(なにぶん、一人で全ての業務を遂行しておりますもので…)

ですので以前、一時的に特殊モデルの取り扱いを辞めておりましたが、
お問合せも多く、断られてしまったら、
あきらめる(捨てます)しかないと云われると…

ということで、お預かりの時間と費用をご納得された方には
ご依頼頂いている次第であります。

特殊モデルの詳しい修繕過程はこちらの記事を参照下さい。
カンペール特殊モデル奮闘記
其の壱
其の弐
其の参

ampersandand at 13:36|Permalink

2016年10月12日

クレープソールの移籍組。

好き嫌いが分かれるクレープソール。

私も若い頃に一度だけ、真っ赤な革靴のクレープソールを履いていた
時期がありましたが、ご多分に漏れず、ねちょねちょ現象が発生し退団。

以後、機会が無く履いておりませんが、ときどきあの弾力感のある
履き心地を夢見ることがあります…。

そんな夢見る時期を過ごした方々から退団の申請が相次いでおります。
0927-38
主に、クレープソールを主力とするクラークスグループからの
退団組が多いです。

それぞれの移籍チームは主に、イタリアのVIBRAM軍団に引き抜かれてゆきます。
0927-390927-40
移籍しますと大概は、岡崎や本田や香川のように出番が
少なくなることが多いのですが、
イタリアへの移籍組は、順調に活躍してくれることでしょう。
0927-41
現在、メディカルチェック中ですので追々、
移籍結果をご紹介出来るかと思います。

移籍結果はこちらは。

ampersandand at 22:58|Permalink

2016年03月08日

悲しみのクレープソール オールソール篇

いいお値段だけど、大事に長く履こうと思い、
思い切って購入した靴のソールが剥がれる…。

壊れることは履いていればある事なので
仕方がないと購入ショップに修理で持込むと…

「修理はできません…」

て、悲しいですね。
それ買うとき教えて…て感じです。
BEFORE
0308-14
0308-23
この仕様では剥がれる可能性は高いのですが、
そんなことはなかなか分からないですよね。

それでは今回の仕様のどこがまずいのかですが
ミッドソールに使われている素材と底縫いをしていない二点になります。
0308-16
本体とクレープソールの間に薄い層が見えるかと思います。
この部分がミッドソールになります。

そのミッドソールの素材がパルプ、紙が使われております。
このような圧縮された紙のパルプ素材は、市販の靴には良く使われております。
婦人靴は殆どそうですし、紳士靴でもセメンテッドやマッケイ製法の
靴などは、かなりの割合で中底面にはパルプが使用されております。

圧縮された紙ですので、これをミッドソールに使用すると…
接着された面は剥がれないのですが、その接着層を残して
画像のように表面が剥離してしまいます。
0308-24
0308-60
つま先側本体に縫い目があるのでソールと本体が
縫われていそうですが、これは飾りでミッドソールとは縫われておりません。
結局は、素材の問題もありますが、底縫いさえしていれば
現状のままでも壊れることはなかったと思います。

それでは、これをちゃんとした仕様にするにはですが、
まずミッドソールをクレープソール3.5mmに致します。
クレープソールと本体のオイルレザーの接着の相性は
そのままでは悪いのですが、それぞれに適した溶剤(プライマー)で
表面処理を行い相性を良く致します。
0308-28
でここで、本体とミッドソールをマッケイ縫いにて底縫いを行います。
(マッケイ製法は靴の中側を縫っております)
そして、接着と底縫いでしっかりと本体に固定されたミッドソールに
クレープソールを積んでゆきます。

クレープソールとクレープソールは、表面をプライマー処理すれば
接着の相性は抜群になります。
AFTER
0308-15
ソールの厚みも、オリジナルより3.0mmぐらい増しております。
もとの厚みではクレープ素材ですとやや頼りないので。
0308-18
婦人靴ではよくあるのですが、カカト部分のソールが足りておらず
下に潰れて落ち込んでいる場合があります(芯材が弱いという理由もあります)
今回も本体が落ち始めておりましたので、底面を少し後方に延長して
カカトを支えるように設定してあります。

0308-190308-20
つま先部分の縫い目は、飾りはそのまま生かしております。
ですが、本体とソールは中側でちゃんと縫製されております。

0308-120308-13
カカトの部分はクレープのままでも、オリジナル通り
ラバー素材を埋め込み事も可能です。
クレープソールはいつまでもこの蜂蜜色だと素敵なのですが、
徐々にBEFORE画像のように汚れてきてしまうのが残念です。

これでソールは剥がれませんので、今後はつま先やカカトが
摩耗しましたら、部分補修を行って頂ければ宜しいかと思います。

これでようやく、悲しみの向こう側へと歩んでいけるのでは
ないかと思います。

追記「悲しみのVersace篇」
先日ベルサーチの鞄の修理でご来店のお客さんのお話なのですが、
メールにて鞄の表面の革が剥離してきて修理出来ないかと。
表面の剥離… この場合は合皮の可能性がかなり高いのですが…。

現物確認… やはり合皮。
合皮の表面剥離は、その部分の損傷ではなく
素材自体が劣化しておりますので仮に補修出来たとしても
焼け石に水です、ですので当店では修理不可になっております。

で、事前にVersace店舗に出向いて確認されたところ
Versaceのスタッフはその鞄が合皮素材ということも
認識していなかったと云う話、もちろん修理不可。
0308-40

ですので、買うとき教えてって思っても…です。
よく合皮の劣化にてご相談のお客さんにはお伝えしておりますが
購入の際にはプライスタグなどの素材表記を確認されてくださいと。

表地/革
裏地/合皮

外装は革でも内装が合皮の場合もよくありますので要注意です。

ちなみに靴の場合は、ライニングにマーク表記があったり致します。
または、靴底面に表記されたシールが貼られていることもよくあります。
EU圏内の靴の場合は画像のような表記に決められているようです。
表記について詳しくはこちらを
0308-41





ampersandand at 19:09|Permalink

2013年07月08日

嫌われ者のクレープソール

これからの季節、より嫌われることとなるでしょうに、クレープソール…。
天然ゴム故の独特の弾力のある履き心地はいいのですが…。
しかし、天然素材故に、夏場のアスファルトや外気の暑さでねちょねちょ…。
ゴミもベトベトベト… 

最初は綺麗な蜂蜜色で、ほっこりした印象ですが
時期に黒ずんでゆきます…。

天然のクレープ素材は、靴材料屋さんや、東急ハンズなどでは
汚れ落としとしても、販売しているぐらいなので
それで路上を歩きますと、おのずと汚れを吸着する次第です。

*当店で、カンペール修理などで使用しておりますクレープラバーソールは、
 クレープ柄をした、ラバー素材となりますのでこちらとは異なる素材です。
before
0610-15
0610-180610-17
ですので、余り減っていない場合でも、この機会に、ということで
他の素材へとソール交換を希望される方が多いですね。
after
0610-210610-23
スポンジベースにvibram#1220へと交換致しました。
北海道にお住まいでしたので、冬場の季節等を考えますと
こちらのコマンドソールのほうが、全天候型で良いかと思います。
0610-240610-25
そしてこちらも乗り換え組です。
こちらは、vibaramのユニットソールがご希望でしたが、
ヒールの高さのバランスや接着具合の懸念からご相談の上
仕様を変更させて頂きました。
before
0630-70630-6
クレープソールは時間とともに劣化致します。
保管状態により硬化するか、または、ねちゃねちゃとべとつきが
酷くなるように劣化してゆきます。
今回は硬化しているようです。
剥がれかけた部分から、雨水が侵入しているようですね。
0630-90630-10
クレープソールですと、カジュアルな靴に使われている場合多く、
靴の製法もそれに合わせてステッチダウン製法が用いられていたりします。
0630-4
ステッチダウン製法ですと、構造が二通りあります。
中底があり裏革が釣り込まれている場合と
ミッドソールが=中底の役割(中底が無いタイプ)になっている場合です。
まずは、中底が無い場合です。
0630-50630-8
画像のように中底が無いタイプですと、分解する際に一旦抜け殻になります。
本底が綺麗に剥がれれば、そのままミッドソールを外さずに
使用してもいいのですが、クレープソールが付いている場合ですと
表面がベタベタして使えないのと、往々にしてミッドソールの
傷みが激しく、交換せざるを得ない場合が殆どです。
0630-3
一旦抜け殻状態になるので、修理店によっては断るお店もあるようです。
分解する際には、もとのソール形状をトレースし、本体との
合わさり目も、ポイントポイントで印を付け、新たに合わせる際に
位置がズレないようにしておきます。

ただし、外したミッドソールでも確認できると思いますが、
砂浜の足跡のように、足型にくっきりと窪んでいます。
履き込んでいきますと、土台のクレープソールは柔らかいので、
ミッドソールは、その加重のまま足型に凹みます
(結果、凹み過ぎて割れてしまうのですが…)

位置がズレないように印を付け、外周形状もトレースしても
この足型に凹んだ状態を再現することは不可能なのです。

新たに、ミッドソールを交換しますと新品時のように
フラットになります。
ですので、オールソールした際のサイズ感は、
修理前状態とは少なからず変わってしまいます
(新品時に戻るということなのですが)
after
0630-120630-14
といっても、仕上がった靴を履いて頂いてサイズ感に
問題があったことは、今のところ無いのですが。
0630
今回は、レザーソールベースにダイナイトハーフソールとリフトの
コマンド仕様にて仕上げてあります。
この仕様ですと、ユニットソールとは違い、
カカトリフトはもちろん、前側のハーフソール7.0mmも摩耗した段階で
それぞれ部分交換出来ますので、今後はオールソールの必要は無くなります。
また、部分交換できるので、結果的にコストパフォーマンスも良いと思います。
0630-11
アッパーに使われている糸は、味が出ていい感じで汚れております。
だし縫いの糸は、恐らくオリジナルは白だと思うのですが、
新たに真新しい綺麗な白い糸で、ダブルステッチを掛けてしまうと、
糸がやたらと目立ってしまうので、アッパーの色、茶色に染めました。

続いてこちら
0704-50704-60704-7
こちらも部分補修で問題ない摩耗度合いですが、
VIBRAM#4014へと交換希望となります。
こちらは、ステッチダウン製法の中底有りタイプとなります。
0704-15
先ほどの、抜け殻状態のと違い、ミッドソールを剥がしても底面があり、
ライニングと、先芯や月型芯が釣り込まれているのが確認できると思います。
こちらは同系色ミッドソールを縫い付けてから、#4014を取付けます。
AFTER
07040704-3
vibram#4014は、ヒールの高さが10mmですが、
この靴のもとの設定は、5.0mm前後でしたので、
5.0mmほど高くなっております。

通常、ヒールの高さはあまり変更できないのですが、
今回は、シャンクといわれるパーツ(詳しくは割愛します)が
無い仕様ということと、ヒール高さが5.0mmから10mmへと、
変更するヒールの高さ自体が低いので、違和感無く(お客様確認済み)
仕上がりました。
0704-2

ちなみに、こちらは乗り換え組ではありませんが、
ステッチダウン製法つながりで、REGALで断られたソール交換となります。

ステッチダウン製法だから断られたのか分かりませんが、
REGALで断られたという事なので、二つ返事でお承けする前に、
なにか特殊な仕様なんじゃないかと、じろじろと観察してみるも、
普通にステッチダウン製法の様…。
BEFORE
0708-2
AFTER
0708
お客様もメーカーが修理しないとは!と、ご立腹のご様子でしたが、
なんでなんでしょうかね…
REGALでしたらできるでしょうに…。

以上、「クレープソールからの乗り換え組」篇でした

こちらの記事もご参考までに。
クレープソールの移籍結果 オールソール篇
クラークスの修理専門店ではないのだけれど… その壱
HPアイコンロゴアウトライン

ampersandand at 12:25|Permalink

2013年03月19日

KOOSを履かれている方へ セカンドオピニオン篇

しばしば、
「修理できますか?、他のお店で断れたのですが…」
ということでお持ち頂くKOOS。
130318-18
他店で一度修理を断られたので、仕方なくそのまま履いていて…
でもやっぱりあきらめられず… ということでのタイミングがしばしば。

なので、手遅れだったり、かなりの痛手な状態の靴がやってきます。
130318-16130318-15
今回のKOOSも全損ですね…。
ここまでですとオールソールしたほうがよいです。
130318-13
ほか、色々と擦れているのでそこも補色致します。
130318-12
KOOSや、この手のブーツはヒールが低く、そしてカカト部分に芯材が
入っていない為、履き進むうちに自重や皺で筒部分が下へ下へとくたっと
潰れてゆきます。
それに比例して、低いヒールは擦り減りまして、より低く…
そうして地面に無事着地… 擦れていってゆきます。

また、UGGもそうですが、縦と横の筒が繋がったような靴の形状ですので
通常の靴と違って、足の甲をしっかりとホールドしませんので
歩行の際には、しっかり蹴りだして歩けず、
すりすりすりと、引きずったような感じで歩かれる方も多く見掛けます。
AFTER
130318-8130318-11
つま先やカカト部分等は補色して、
ソールはスポンジとクレープラバーソール仕様にしまして
地面から少し距離をとり、擦れないようにしておきます。
ヒール部分も同様に少し高くしておきます。
130318-10
130318-7

それと、かかと部分補修。
130318-2
そもそもKOOSはヒールをもう一段高くしておいた方がちょうど
良いのではないかと思わなくもありません。

そう云えば、KOOSを購入時に、お店の方が修理できませんのでと
云われたので、履く前にハーフソールとリフトを一段取付けて
欲しいというご依頼も以前ありましたね。

もちろん修理できない分けないのですが、今回の靴のように
本体を擦ってしまうとまずいので、始めに処置しておくというのは
賢明な判断だと思われます。

ただ、生クレープ素材は比重が重い方なので、ハーフソールとリフトを一段追加
するのは重さが心配でしたが、特に気にならないと仰られておりました。
130318-3
減り過ぎているのでちょっとクレープでかさ上げして
130318-4
で、一段足して、足した所は小奇麗すぎるので、靴墨で汚して
馴染ませておきます。
生クレープですので、すぐに薄汚れてより馴染んできますが、とりあえず。
130318-19130318

それと、似た感じのブーツで他店で断られたもの。
130318-5
本体に穴開いています、穴が開く前にお願いします。
でも、大丈夫です。
130318-6
生クレープの素材特性である、抜群の弾力と柔らかさを活用して
ぐりっと本体にくっつけます。

一度断られても、お近くの違った雰囲気の修理店を何店舗か
廻られて、ご相談されたほうが良いと思います。
それぞれ得手不得手、営業方針などが違いますので。



<業務連絡>

しばらくの間、業務多忙により営業日が

金 / 土 / 日 のみとなっております。

ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


現在オールソールのご依頼が集中しておりまして、
〜5月までの仕上がり分までで、手一杯となっております。
現時点で、今後のオールソールのお預かり分
6月以降の仕上がり予定となります。
*通常の修理メニュー/かかとやハーフソールなどなどは、
 いつものお預かり期間でご返却させて頂いております。
 
また、ブーツなどのシーズンオフの靴は、
次のシーズンが始まるまでのご返却とさせていただければ
有り難いです。

そういった事情もありまして作業集中の為、
4月の第一/第二週は、日曜日のみの営業となるかもしれませんので、
ご来店の際はBLOG等でご確認願います。

ampersandand at 21:05|Permalink