2016年01月

DSC_2864
自社機に使用するカメラ用LED照明のホルダーです。
DSC_2865

DSC_2866
細かい穴にLEDが差し込まれます。

テーパー面に垂直に穴が不規則に開いています。如何に
対象物をきちんと照らせるかの結果このように配置しています。

穴はリーマ穴です。
以前は旋盤加工後、縦MCに傾斜台付きのサーキュラーを
乗せて一穴加工後サーキュラーを手で回して加工してました。
回転角を間違えないように角度のメモを見ながら・・・

今は五軸(バリ)か複合(インテ)で加工できます。
楽です・・・・
今回の品物は五軸で穴あけだけしてます。



DSC_2861
接着剤デイスペンサーの製作を依頼されたので、他にも
流用できるように押し出し部を電動シリンダーの様に設計
しました。

外観はすっきりできましたが動かしてみないとわかりませんが
どうでしょ。

DSC_2860
シリンダーピストンシャフトの加工

複合で加工しても良いんでしょうけど、五軸で加工してます。
軸端にネジ切と端面にタップ加工があるので同時加工して
ます。

まあ、スタートしたら他の作業できるから楽ですよね。

DSC_2858
DSC_2859
年末に操作盤の具合が悪かったんですが、直ったと思ったら
今度はATCのアームが朝一だけ動きません。配電盤を開けたり
すると直るんだけど・・・

ATCアーム、マガジンもサーボで動かしてるんですが、NCでは
無くてシーケンサーなのだそうです。そのせいなのか??
アラームがNC画面には表示されません。

本当に直ったんでしょうか? 明日の朝わかります。

DSC_2856
ずっと昔から作り続けている、偏心穴のボルトです。
作る機械、工程は変えてますがずっと作ってます。
多分、10万個じゃきかないかな。

加工されてる方が見れば結構面倒な品物とわかって
頂けるかと。精度はうるさくないですが・・・

↑このページのトップヘ