空を見上げて

花壇 自宅 ブログ講座(28回) ベンチ

DSC_1858






DSC_1852








今週も、ずっと千葉県印旛郡栄町の自宅で目覚めます。2、3月頃に、早め、早めに作成した研修資料が4,5,6月と活用されることは、殆どありませんでした。しかし、無駄にはなっていません。学ぶ合う行為に無駄など一切ありません。
 天気予報では、曇り時々晴れ、最高気温28℃の夏日です。デッキに出て、見上げると青い「そら」が広がります。(写真)今日も、肌に突き刺すひかりです。
「そら」に向かって、「人生とは、今、生きていることだから、今と心ゆくまで楽しむことだよね」です。
 昨日、11:50頃、自宅を出て、「房総のむら」に向けて散歩です。蒸し暑いです。歩き始めて、即、今日は無理しない方が良いと思いました。
 大通りに出ます。両側の側道に黄色の野の花が咲いています(写真)気が付くと、花壇の花たちが季節替わりで刈り取られています。回覧板では、当分の間、次は植えないそうです。ボランティアの方々の三密を防ぐためとのことです。
 新型コロナウイルスは、感染者ゼロの田舎の小さな町にも影響を与えています。早く、花壇にみんなで花を植えることができれば・・・と思います。
 いつもの遊歩道に入ります。鶯、小綬鶏、雉の声です。木漏れ日から「そら」の声も聞こえます。それでも、暑いです。
 最初の給水場所の2つのベンチが先客に占領されています。お二人がベンチで昼寝です。仕方なく、歩きながらの給水です。紋白蝶が「仕方がないね」と言ってくれています。
 熱中症対策で、1時間程度で散歩を終了します。散歩を始めた1ケ月半前頃では、ゼイゼイ言っていた距離です。
 今日も、「房総のむら」に向けて散歩に出掛けます。

ブログ講座(28回目)です。
 マネジメントの4つの領域の『∩反イ領琉茵戮陵論と実践についての7回目です。
最初に、27回目の設問の回答です。(    )の中に入る言葉を入れてください。
Q27回目の質問です。(     )の中に入る言葉を入れてください。
 「分業」と「協業」の部門間連携の3回目です。技術面からのアプローチです。
 エクセプショナル・タスクの発生段階においては、上層部から一次受託部門に「何とかしろ!」と声が掛かり、一次受託部門から、エクセプショナル・タスクの関係部門と思われる各課に徴集が掛かります。
一般的には、この段階でのツールが存在せず、地上戦ではなく、空中戦になり、記録に残らないため、初動段階で(意識のズレ)が発生します。
Q28回目の質問です。(     )の中に入る言葉を入れてください。
 「∩反イ領琉茵廚涼罎痢崛反ゥ轡好謄爐寮澤廖廚函崛反ナ顕修料和ぁ廚料絢圈◆崛反ゥ轡好謄爐寮澤廖廚裡海弔涼罎ら
 (業と協業     ⇒ 「仕事の配分」、「部門間連携」
 ⊂霾鸚鞍      ⇒ 「情報収集」、「情報活用」
 コミュニケーション ⇒ 「コミュニケーションの種類と技術」
 上記の(業と協業について、書いてきました。今日は⊂霾鸚鞍の「情報収集」です。
 情報の収集⇒整理⇒活用のプロセスを整備することで、組織の構成員が適時に適切な情報にアクセスすることができるようになります。
 「情報」とは多義の概念を内包する言葉であり、定義することは困難です。ここでは、何かを知って(収集)して、それを理解(整理・整頓・選択)し、役に立った(活用)事柄と考えてください。
 最初の情報収集では、5つの情報区分を意識することが重要です。
 ‘睇情報:独自性や新規性及び価値基準を必要とするときに必要(自分の脳の中にある)
 会話情報:相手の期待や要望を探るときに注目(         )           
 B慮馨霾鵝С凌を得たいとき、問題や原因を見つけたいときに注目(五感を通じて獲得)
 せ仮半霾鵝Д▲ぅ妊△箍樟發鮓‐擇靴燭い箸に注目(資料・専門書などから獲得)
 デ杰情報:他地域、新たな出来事を認知したいとき注目(ネット、マスメディアから獲得)
 また、P.F.ドラッカーは、組織をマネジメントすべき人々は、次の4つの情報を意識すべきと書いています。
来週に続きます。時間がなくなってしまいました。ゴメンナサイ!
今日も大切な一日です。大切な「今」とともに・・・ひかり!!輝きます!!
この週末、コロナウイルスが拡大しませんように・・・。




本多 鉄男amri99  at 07:09  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

水筒の音 自宅 ブログ講座(27回) 藤棚の木陰

DSC_1849







DSC_1841








DSC_1831








DSC_1839







DSC_1843







DSC_1847






今日も、千葉県印旛郡栄町の自宅で目覚めます。毎日のように全国の異なる場所のホテルから「そら」を眺めていたのが、懐かしいです。
 天気予報では、曇り時々晴れ、最高気温28℃の夏日です。デッキに出て、見上げると灰色の雲です(写真)昨日と同様に、蒸し暑い一日になりそうです。
「そら」に向かって、「人生を支えてくれるのは、論理的思考ではなく、直感だから、今と感じることが大切だよね」です。
 昨日、11:30頃に、「房総のむら」向けて、散歩に出掛けます。暑いです。汗が出てきます。しかし、いつもの遊歩道に入ると、木陰のおかげで涼しいです。そして、道の両側に白い小さな花が咲いています(写真)
 元気が出てきます。リックが揺られて、水筒の中で氷が当たる音がカラン、カランと聞こえます。最初の給水場所のベンチに腰掛けます。隣のベンチに、時々お会いする方が座っています。どちらからともなく、「こんにちは」のご挨拶です。
 冷たい水を飲んでから、散歩の再開です。遊歩道を歩いていると,所々に樹木についての説明がなされた看板があります(写真)
 「房総のむら」は、観光地ではなく、自然を体感し、学習する場所だと教えてくれています。
 1時間10分程度、歩いたところで、氷の音が聞こえなくなりました。融けたようです。2回目の給水場所は、藤棚(写真)の下のベンチです。涼しい風が心地よいです。「そら」からの声が聴こえます。1時間50分程度、歩きました。
 今日も水筒を持って、「房総のむら」向けて、散歩に出掛けます。

ブログ講座(27回目)です。
 マネジメントの4つの領域の『∩反イ領琉茵戮陵論と実践についての6回目です。
最初に、26回目の設問の回答です。(    )の中に入る言葉を入れてください。
Q26回目の質問です。(     )の中に入る言葉を入れてください。
 「分業」と「協業」の部門間連携の2回目です。心理面からのアプローチです。
 「エクセプショナル・タスク(ET)を担当する人々の取り組み姿勢・10箇条」(事例)
 ヾ待されていること、できること、すべきことを考えて、タスクの到達点を明示すること
 ∩完で当事者意識(タスク到達点の必達者としての自覚)の有無を確認すること
 E蠧できる経営資源(職員数や予算など)や制約条件を確認すること
 ざ饌療な活動を決定し、その(優先順位)と期限を明確にすること
 チ反ヅな活動にするため、執行体制、役割分担、連携方法を明確にすること
 情報の収集と発信を心掛け、全員が全体を常に把握できる状況にすること
 Я完がスピード感を持って、自分の役割を着実に実行すること
 中間評価を定期的に行い、問題への対処方法を全員で協議すること
 タスクの到達点に達成後に、(今後、予想されるリスク)を協議すること
 ET発生から完了までを記録として残し、次のETに活用できるようにすること
Q27回目の質問です。(     )の中に入る言葉を入れてください。
 「分業」と「協業」の部門間連携の3回目です。技術面からのアプローチです。
 エクセプショナル・タスクの発生段階においては、上層部から一次受託部門に「何とかしろ!」と声が掛かり、一次受託部門から、エクセプショナル・タスクの関係部門と思われる各課に徴集が掛かります。
 一般的には、この段階でのツールが存在せず、地上戦ではなく、空中戦になり、記録に残らないため、初動段階で(      )が発生します。
 その解決のために、徴集と初回の会議に用いるツールが「ET基本設計シート」です(写真)
 初回の会議で、エクセプショナル・タスクの制約(予算や職員数、専門知識など)を担う部門の長が責任者になります(予算額なら財政課長のようなイメージです)
 次に、その責任者の元、実務担当者が選定されて、「ET推進活動ツール」(写真)に基づき、全員で情報を共有化して、進捗管理を実施します。
 ルールとツールは、継続化と共有化の後戻りしないマネジメントに不可欠です。
※参考文献:『トップと経営幹部のためのDIPS』(小林忠嗣著)
今日も大切な一日です。大切な「今」とともに・・・ひかり!!輝きます!!




本多 鉄男amri99  at 06:56  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

紫陽花の季節に 自宅 ブログ講座(26回) 木製標識

DSC_1824







DSC_1826








DSC_1823








今日も、千葉県印旛郡栄町の自宅で目覚めます。デッキに出て、庭の紫陽花が少し青くなっていました(写真)自宅で、これほど、季節の移ろいを感じるのは、初めての経験です。
 天気予報では、曇り時々晴れ、最高気温28℃の夏日です。見上げると青い「そら」を白い雲が隠しています(写真)
「そら」に向かって、「今、どこにいるのかわからなければ、行きたいところに、行けるはずはないよね」です。
 昨日、暑くなる前に・・・と思って、10:20頃、いつものように「房総のむら」向けて、散歩に出掛けます。運動嫌いが1ケ月以上、続けています。自分でも不思議です。
 いつもの遊歩道に入り、50m程度、歩くと交差点に木製の案内標識があります(写真)いつも歩くコースは、右に曲がって、大回りして、左の道から戻ってきます。
 右に曲がって、少し歩くと、すぐ近くの草むらの中で雉の雄がケーン、ケーンと鳴き続けています。日本の国鳥、雉の声です。鶯の声、小綬鶏の声、それ以外の鳥の声、そして、「そら」からの声が聴こえてきます。元気になります。途中、給水タイムを2回とり、1時間30分歩きました。
 その後、多目的広場の一画で「成田ゆめ牧場」が経営しているレストランで朝昼兼用のお蕎麦を食します。観光客を対象とした内容です。仕方がありません。
 今日も「房総のむら」に散歩へ出かけます。継続はチカラです。

ブログ講座(26回目)です。
 マネジメントの4つの領域の『∩反イ領琉茵戮陵論と実践についての5回目です。
最初に、25回目の設問の回答です。(    )の中に入る言葉を入れてください。
Q25回目の質問です。(     )の中に入る言葉を入れてください。
 「分業」と「協業」の部門間連携です。
 エクセプショナル・タスクの特徴は、〔榲=(問題所有者から提起された課題解決)、▲瓮鵐弌次甞読門の職員がその部門の一員として参加、L魍筺瓠別簑蟒衢者への支援・共感、他部門への貢献)、ぅ泪縫絅▲襪覆匹和減澆靴覆ぁ↓ゴ間=問題所有者の課題解決までの期間、です。
そのため、エクセプショナル・タスクは、「複数の部門が連携し、スピーディー、創造性、臨機応変が求められる、やるしかない職務」です。
 Q26回目の質問です。(     )の中に入る言葉を入れてください。
 「分業」と「協業」の部門間連携の2回目です。心理面からのアプローチです。
 エクセプショナル・タスクが出現すると、一般的に「ウチの仕事ではない」と、部門間で押し付け合いになることが多いです。一番の原因は、職務増大・職員減少で忙しい!ことだと思いますが、自分自身の中にある「押し付け合いの心理」を理解する必要があります。
 「押し付け合いの心理」⇒ー部門の責任範囲を超えるタスクに取り組むことはできないのでは?⊆部門の活動結果の失敗の責任を他部門に取らせることにならないのか?B症門の活動結果の失敗の責任を取ることはできないのでは?
 そのために、エクセプショナル・タスクが出現したときの「基本的な取り組み姿勢10箇条」のようなものを文書化して、組織全体で共有化することが必要だと考えます。
 「エクセプショナル・タスク(ET)を担当する人々の取り組み姿勢・10箇条」(事例)
  ヾ待されていること、できること、すべきことを考えて、タスクの到達点を明示すること
  ∩完で当事者意識(タスク到達点の必達者としての自覚)の有無を確認すること
  E蠧できる経営資源(職員数や予算など)や制約条件を確認すること
  ざ饌療な活動を決定し、その(    )と期限を明確にすること
  チ反ヅな活動にするため、執行体制、役割分担、連携方法を明確にすること
  情報の収集と発信を心掛け、全員が全体を常に把握できる状況にすること
  Я完がスピード感を持って、自分の役割を着実に実行すること
  中間評価を定期的に行い、問題への対処方法を全員で協議すること
  タスクの到達点に達成後に、(          )を協議すること
  ET発生から完了までを記録として残し、次のETに活用できるようにすること
 部門間連携は、明日も続きます。   
今日も大切な一日です。大切な「今」とともに・・・ひかり!!輝きます!!



本多 鉄男amri99  at 07:12  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

衣更え・・・ 自宅 ブログ講座(25回) 手作りマスク

DSC_1822







DSC_1813








DSC_1819








DSC_1821






本日も、千葉県印旛郡栄町の自宅で目覚めます。昨日は、衣更えの日でしたが、5月はスーツを着る機会が全くなかったために、気にしていませんでした。急に、今年の夏用のネクタイが欲しくなりました。買物に出掛けたいですが、不要不急の外出になります。諦めます。
 天気予報では、曇り時々晴れ、最高気温27℃の夏日です。デッキが濡れています。未明に雨が降ったようです。見上げると青い「そら」です(写真)雨上がりの朝です。
「そら」に向かって、「多くの選択肢の中から、「たった一つ」を選ぶのは、今と自分しかいないよね」です。
 昨日、9:00頃に、雨が降り始めたのですが、10:00前には上がりました。散歩ができます。やはり、晴れ男です。12:00に「房総のむら」に向けて出発です。
 多目的広場で、テント設営をしている家族がいます(写真)楽しそうです。多目的広場を横切り、遊歩道に入ります。平日のため、誰とも会いません。
 度々、お会いした高齢の男性の方もイオンのスイミングクラブが始まったので、そちらに行ったようです。鶯の声、風の音、爽やかな空気の方が良いと思いますが・・・ひと、それぞれです。
 ゴジュウカラの声が聴こえてきます。「そら」からも何かが聴こえてきます。元気が出ます。
 最後に多目的広場の一画で「成田ゆめ牧場」が経営しているレストランが6月1日から再開していたので、様子を見てきました。(写真)今日、散歩の後で、軽い食事でも・・・と思っています。
 昨日は、のんびりと1時間50分位、歩きました。
 今日は、義姉が作ってくれた「手作りマスク」(写真)をして、散歩に出掛けます。

ブログ講座(25回目)です。
 マネジメントの4つの領域の『∩反イ領琉茵戮陵論と実践についての4回目です。
最初に、24回目の設問の回答です。(    )の中に入る言葉を入れてください。
Q24回目の質問です。(     )の中に入る言葉を入れてください。
 最初に、「分業」と「協業」の仕事の配分です。
 「分業」することのメリットは、職務効率の向上です。同じ職務を担当していると、習熟し、( 職務能力 )が高まり、効率が向上します。
 「分業」することのデメリットは、職務の一部分であるため、職務全体の目的達成やその貢献度合いが理解できず、( 貢献欲求の欠乏・貢献意欲の低下 )を誘発することです。
Q25回目の質問です。(     )の中に入る言葉を入れてください。
 「分業」と「協業」の仕事の配分の次は、部門間連携です。前回の仕事の配分の対象は、その部門が正式に与えられ定型的な職務(フォーマル・タスクと呼ぶ)が対象です。
 しかし、地方自治体は民間企業と異なり、突然に天から降ってくる例外的な職務(エクセプショナル・タスクと呼ぶ)の発生頻度が高く、そのとき、部門間で押し付け合いが起こります。そのために、部門間連携のノウハウを組織として体得する必要があります。
 フォーマル・タスクの特徴は、〔榲=定期的、反復的な職務遂行、▲瓮鵐弌次畫反タ泙亡陲鼎、定期的な人事異動によって構成された職員、L魍筺畤μ海侶兮海反μ殻槁犬涼成、ぅ泪縫絅▲襪覆匹ある場合が多い、ゴ間=基本的には自動的に継続の場合が多い、です。
 エクセプショナル・タスクの特徴は、〔榲=(                )、▲瓮鵐弌次甞読門の職員がその部門の一員として参加、L魍筺瓠福                      法↓ぅ泪縫絅▲襪覆匹和減澆靴覆ぁ↓ゴ間=問題所有者の課題解決までの期間、です。
 そのため、エクセプショナル・タスクでは、「複数の部門が連携し、スピーディー、創造性、臨機応変が求められる、やるしかない職務」です。 
 部門間連携は、明日に続きます。   
今日も大切な一日です。大切な「今」とともに・・・ひかり!!輝きます!!


本多 鉄男amri99  at 07:22  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

給水 自宅 ブログ講座(24回) 北九州市のソウルフード

DSC_1811







DSC_1793








DSC_1795








DSC_1797







DSC_1804








5月中、ずっと千葉県印旛郡栄町の自宅で目覚めました。そして、今日も自宅です。長閑な日々が6月(水無月)も続きます。天気予報では曇り時々雨です。青い「そら」は見えません(写真)
 水無月の「無」は「の」を意味する連体助詞「な」であり「水の月」です。九州南部は梅雨入りしました。関東地方も来週中には、梅雨入りだと思います。
「そら」に向かって、「人生において、大切なモノゴトを見つけたら、今、しっかりと掴まえて、離さないことだよね」です。
 先週の金曜日、ブログを書き終えてから、「開かずの物置」を開けて、整理整頓です。キャンプ道具など、モッタイナイと思いながら、殆ど整理(廃棄処分)です。2時間30分掛けて、やっと終了です。
 その後、12:00前に「房総のむら」に向けて、散歩に出掛けます。物置の整理整頓で体力を消耗しました。鳥の声と「そら」からの声が元気をくれますが、1時間10分程度、歩いて「ゼイゼイ」です。
 土曜日は、朝から快晴です。暑いです。そのため、10:00頃に「房総のむら」向けて、散歩開始です。遊歩道に入ると木々の日陰で涼しいです。休日のためか行き交う人が多いです。(それでも、2時間近く歩いて、15名程度です)
 マスクを布製に変えました。呼吸が楽です。そして、歩くことに慣れてきました。散歩コースをいつもと少し変えます。小さなリックから水筒を出して、2回目の給水のため、ベンチに腰掛けます(写真)
 ふと、横を見ると、ユリノキが3本立っています(写真)5月の初旬に気が付いていたら、美しい花が見ることができたのに・・・です。来年の5月初旬を楽しみにします。
 散歩の帰りに「房総のむら」の駐車場を覗いてみます(写真)普段の土日は満車状態ですが、3割程度しか駐車していません。多くの方々がコロナウイルスの第2波を防ぐ行動を自覚しています。
 昨日の日曜日は、曇りです。「房総のむら」に向かって、12:00前に出発です。いつもは、1時間40分程度かかる散歩コースを1時間20分程度で歩きました。体力が付いてきました。
 自宅に戻ると、北九州市の「資さんうどん」に注文していた「肉うどん、カレー、もつ煮込み」のセットが届いていました(写真)早速、「肉うどん」をいただきます。北九州市のソウルフードです。おいしいです。いろいろな思い出がギッシリ詰まった味です。冷凍庫が空いたら第2弾を注文します。
 4月22日に緊急ダイエット宣言、5月末で5Kg減量をめざしました。昨日の計量で2.7Kgしか減量できませんでした。言い訳に聞こえると思いますが、運動をしているので、少しだけ、身体が締まってきています。このまま、ダイエット計画を今月末まで延長し、6月末に5Kg減量を必達します。

ブログ講座(24回目)です。
 マネジメントの4つの領域の『∩反イ領琉茵戮陵論と実践についての3回目です。
最初に、23回目の設問の回答です。(    )の中に入る言葉を入れてください。
Q23回目の質問です。(     )の中に入る言葉を入れてください。
 「組織システムの設計」と「組織文化の創造」について、書いていきます。最初に共有性を高めるための「組織システムの設計」です。
 共有性を高めるためには、メンバーの誰もが互いの役割、すなわち、( 分業 )と( 協業 )を理解するとともに、必要なときに必要な情報にアクセスできるように情報整備し、さらに、自分の意思を伝え、相手の意思を理解する環境(コミュニケーション)を整える必要があります。
キーワード的には、次の通りです。
   分業 )と( 協業 ) ⇒ 「仕事の配分」、「部門間連携」
 ⊂霾鸚鞍      ⇒ 「情報収集」、「情報活用」
 コミュニケーション ⇒ 「コミュニケーションの種類と技術」
Q24回目の質問です。(     )の中に入る言葉を入れてください。
 最初に、「分業」と「協業」の仕事の配分です。一人ひとりの人間の能力には、量的・質的などの様々な面で限界があります。「分業」と「協業」をすることで、組織やチームの共通目的を達成します。
 「分業」とは、組織に参加する人々が職務の一部分を分担して行うことです。
 「分業」することのメリットは、職務効率の向上です。同じ職務を担当していると、習熟し、(     )が高まり、効率が向上します。
 「分業」することのデメリットは、職務の一部分であるため、職務全体の目的達成やその貢献度合いが理解できず、(             )を誘発することです。
 「協業」とは、相互に関連のある職務を複数の人々が計画的に協力して行うことです。
 「協業」することのメリットは、各個人の職務能力では達成できないことが、統合、補完、相乗効果で達成できる可能性が高まることです。
 「協業」することのデメリットは、各個人の性格の不一致などで、軋轢が高まり、組織としての役割が果たせない可能性が高まることです。
 ご理解いただると思いますが、地方自治体の内部には、多様な事業領域(行政分野)とその中で多様な職務が存在し、「分業」と「協業」のあり方も多様であるということです。また、異動などにより、職員の職務能力の差が大きいこと、更に、議会月などを含め、職務によって、繁忙期と閑散期の差が大きいこと等から、「分業」と「協業」の困難性が極めて高いことです。

 そのため、より良い「分業と協業の基本原則(ツールとルール)」を策定し、それを運用する必要があります。〈一例です〉
 原則 /場内の全職務を一覧表(職務配分表)にして、共有化すること(どのような業務をあるかではなく、担当者が実際に何をしているかに注目して作成することが重要です。戸籍事務と表現するのではなく、住民票などの窓口応対、住民票交付といった作業活動で表現します)
 原則◆/μ廓枴表の横軸(職務名)について、縦軸(担当できる職員名)の欄に〇印を記入します。すべて職務について、複数の職員が担当できるようにしておくこと。(一人の担当者以外、担当できない職務=ブラックボックスは根絶すること)
 原則 職務負荷状況表(週間)を作成すること。各担当者名(横軸)に月曜から金曜日まで、各自に負荷状況をA〜Eの5段階で、記入すること。A=超多忙・支援不可、B=多忙度80%以上、残業などで支援可、C=多忙度50%以上、1時間以内なら支援可、Ⅾ=多忙度30%以上、2時間以内なら支援可、E=多忙度10%以上、支援可。
 各人のスキルと活用時間が見える化・共有化できる仕組みがなければ、分業と協業は不可能です。組織の一員として、分業と協業の仕組みづくりは必須です。
今日も大切な一日です。大切な「今」とともに・・・ひかり!!輝きます!!




本多 鉄男amri99  at 07:12  | コメント(0)  |  この記事をクリップ!