空を見上げて

高知の「そら」 こうち人づくり広域連合 後戻しない仕組み 炒飯

IMG_20140918_061844







IMG_20140917_122649








高知の山々と街の上に、雲と「そら」が美しい朝のコラボレーションです。(写真)
 昨日と同じホテルでホテルで目覚めます。
 高知は「そら」を見上げたくなる街です。今まで一番美しい「そら」を見たのも、この街です。
「そら」に向かって、「真実は探す出すプロセスの中にあって、見つけたモノは真実でないと思うことだよね」です。
 昨日、こうち人づくり広域連合の研修後、ホテルに戻り、急ぎの仕事を済ませて、懇親会場に向かいます。
研修担当者の方々と楽しさと美味しさの時間が続きます。
 優しさに囲まれ、心から感謝のです。{ありがとうございました}
 昨日の研修は、こうち人づくり広域連合で「10年目職員研修」です。
 2日×2組の研修です。2組目の方々の初日の研修です。政策形成系の研修です。
 高知市役所の職員の方々を中心として、高知県内の市町村職員38名の方々が参加しています。
 全員の受講生が楽しそうに、そして真摯に取組んでくいただいています。
 研修会場が明るく輝いています。学ぶチカラの高い受講生の方々です。これからの高知県内の市町村の先頭に立ってくれる方々です。とても頼もしく見えました。
 10年目職員、政策設計者として、これからの立ち位置、基本的な考え方を中心に講義を進めました。
 今日は、2日目です。政策形成の基本とそのプロセスについて、実践手法の内容です。受講生の方々に負けないように、明るく全力で取り組みます。
Q:研修部門の責任者の方からのメールでの質問です。「改革もマネジメントも後戻りしない仕組みづくりが必要とのことですが、具体的にはどのような仕組みづくりですか?」
 A:うーん・・どのような改革も、組織には、後戻りさせるチカラが働きます。
 後戻りさせない仕組みは5つあります。
 1番目は、「成果に対する責任体制づくりの仕組み」です。失敗に対する責任ではありません。
職場で達成すべき成果は何か、いつまでに達成すべきか、そして、その実行責任者は誰なのかを明確にすること(全員が見えるようにすること)が大切です。
 地方自治体では、仕事の担当者は決まっていますが、成果に対する責任者が明確になっていないように思います。
 そのため、担当者は、日々、作業をこなし、仕事の成果はどこかに置き忘れています。
2番目は、「評価基準のルールづくりの仕組み」です。誰と誰が、どのタイミングで、定期的に、どのような評価基準に基づき評価し、その評価結果をどのように活かすのか明確にすることが大切です。
 人事評価制度も事務事業評価制度も、それ自体の導入結果を評価する仕組みが無いために、いつの間にか機能しない制度になってしまい、記入すること自体が目的化した制度になってしまっています。
 明日に続きます。
昨日の昼食は、いつもの食堂です。研修会場から歩いて3分位の場所にあります。老夫婦が昔から経営しているお店です。昔ながらの味です。このお店の味が好きです。
 昨日は炒飯を頼みました。(写真)懐かしい味です。とても美味しいです。
 今日も行く予定です。何度も行っているお店なのですが、お店の名前を知らないことに、今、気が付きました。今日、調べてみます。
体重マイナス13.7Kgです。微減です。


Clip to Evernote
本多 鉄男amri99  at 07:36  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

大切な街の秋の雲 こうち人づくり広域連合 Q&Aは休みます トマトラーメン

IMG_20140917_065815








IMG_20140916_123353










高知の青い「そら」に美しい秋の雲です。(写真)いつものホテルで目覚めます。この街も長いお付き合いです。とても大切にしたい街です。
「そら」に向かって、「何となく立ち止まって、そして、歩き出したら、いつもの景色が変わっていた。それが人生だよね。」です。
 昨日、能美市役所のコンサルティング後、研修担当者の方が車で小松空港まで送ってくれます。朝も7:20に金沢駅前のホテルに能美市から迎えに来てくださいました。
 恐縮しながらも、車の中の会話で互いに信頼するが気持ちが強くなってきたのが分かります。
 初めてお会いしたときに、(研修やコンサルティングを担当する半年以上前から)このような信頼関係が生まれてくることが予想できていました。誰にでもある経験だと思います。人間は不思議な生き物です。
 17:00発のANA羽田空港行が10分遅れです。羽田空港で高知竜馬空港便に乗り換えです。乗り換え時間が少ないです。羽田空港の到着ゲートと出発ゲートが両端です。
 地上係員の方がバスを手配してくれます。重いバックを持たずに、長い距離を歩かないですみます。助かります。心から感謝します。
 出発の66番ゲートに到着すると、今度は高知龍馬空港行が20分遅れです。折角、バスで送ってもらったのに・・・この気持ちを整理できないまま、「ヨキコト」として、飛行機に乗り込みます。
 予定より25分程度遅れて、21:10にホテルにチェックインです。
 昨日の能美市役所は、「人事評価制度の再構築のコンサルティング」のための「各部門へのヒヤリング」です。
全国の多くの地方自治体では、人事部門の方とコンサルがパッケージソフトの改良版を職員に説明して、「人事評価制度」を導入します。
 しかし、県や政令市と小規模自治体の「人事評価制度」の制度内容は異なるはずです。(ここで人事部門の方々への質問です⇒画一的な人事評価制度が導入できない理由を3つ以上、挙げてください。)
 そして、部門ごとに悩みや質問などがあるはずです。
 全職員の方々のご意見やご要望に応えることは出来ませんが、人材育成機能と戦略達成機能に寄与する「人事評価制度」をめざすには、可能なかぎり、現場で使いやすい制度を構築しなければなりません。
 導入することが目的化」した「人事評価制度」を打破するためには、現場の声に耳を傾けることが不可欠です、
 9:00〜15:30まで各部門の忌憚のないご意見をお聴きします。学ぶこと満載です。
 能美市役所の職員の方々の真摯な発言に勇気をもらい、そして、責任の重さを改めて痛感しました。真剣に向き合うことお約束します。
 今日は、こうち人づくり広域連合で「10年目職員研修」です。2日間×2組目の研修です。2組目の方々です。
 内容的には、政策形成系の研修ですが、受講生の方々が10年目職員として立ち止まって考える研修にしたいと思っています。30年後に、「思い出す研修」をめざします。
※「野村様」ブログのコメント、ありがとう。昨日、ブログを書きながら、野村さんのことを考えていました。不思議です。やはり大切な友人です。今度、ゆっくり飲みましょう!!
※「いさっきのサッチャン様」、昨日の地震は、かなり揺れたとのこと。くれぐれも気を付けてください。皆さまに宜しく。
Q&Aは休みます。ゴメンナサイ!
昨日の昼食は、能美市役所の近くにある「8番らーめん」です。海外進出もしている北陸では有名なラーメンチェーン店です。「トマトラーメン」がありました。
 即!注文です。(写真)実際は、写真よりはも、もう少し赤い色です。トマトの味がするラーメンです。野菜たっぷり、身体に良さそうなラーメンです。美味しいです。
体重マイナス13.6Kgです。少しだけ増えています。やはりです。


Clip to Evernote
本多 鉄男amri99  at 07:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

秋の金沢 能美市役所 モチベーションが下がったとき 烏賊の塩辛

IMG_20140916_055614








DSC_0303









11日ぶりの金沢です。いつもの金沢駅前のホテルで目覚めます。
 青い「そら」が雲の間から見えます。遠くに卯辰山が見えます。多分、紅葉が始まっていると思います。秋の金沢です。
「そら」に向かって、「“最悪の仮想”と“最良の仮想”の間に、自分のいる現実があると思えば、気持ちが楽になるよね」です。
 先週の金曜日は、鹿児島市役所の研修後に、受講生の方々と午後18:30から懇親会です。美味しい鹿児島の焼酎で楽しい時間が過ぎていきます。
 もっと、ゆっくり一人ひとりの受講生の方と語り合いたかったのですが、素敵な時間は、驚くほど速く過ぎていきます。
 以前は、、懇親会の後には、家族のようにお付き合いしていたお店に行っていたのですが、そのお店も閉店しました。
 ホテルに戻り、20年間の鹿児島市での思い出を振り返りながら、ベッドに入ります。寝つかれない秋の夜長です。
 土曜日は、元気に起床して、ホテルでパソコンの前に向います。11:42鹿児島中央駅発の九州新幹線「さくら」で新鳥栖駅に12:53着です
 佐賀県庁の自治修習所 “レナセル”の所長と参事が出迎えてくれます。とても恐縮してしまいます。
 車で郊外の素敵な喫茶店でインタビューです。佐賀県庁は「明るく誇りの持てる元気な職場(組織風土)づくり」をめざして、所属長の方々が自分の職場のプチ自慢のネタを“レナセル”が聞き取り取材するとともに、研修講師や佐賀出身の企業経営者、県職員OBなどの方々に取材し、情報誌に掲載するとともに、
 その第1号に選んでいただきました。長い間、お世話になっていることを踏まえて、喜んでお引き受けいたしました。
 約2時間30分で無事(?)終了です。鳥栖駅まで送ってくださいます。16:10発の特急「ゆふ」で博多駅に移動し、地下鉄で福岡空港、18:00発のANAが10分遅れです。
 京急と京成で羽田空港から成田湯川駅、22:00に9日ぶりで自宅に到着です。
 土曜日、パソコンに向かっても仕事が思うように捗りません。15:00に美容院「クラッチ」で髪をカットしてもらうことにします。
 クラッチのダイスケ(犬)にいつもの元気がありません。金曜日に自宅で飼っている2匹の猫のうち、ダイスケと仲の良い、子どもの方の猫が亡くなったとのことです。
 月曜日にお葬式とのことです。髪をカットした後、隣の花屋さんで白い花束を作ってもらい、ご霊前に供えてもらいます。
 「ダイスケ、辛いと思うけど、元気出して!」です。
 日曜日は、遅れ気味の仕事をします。まだまだ遅れていますが、少しだけ挽回です。
 18:50の成田発のIBEXとANAの共同運航便で小松空港に向かいます。
 3連休で滑走路混雑のために、35分以上も遅れました。このところ、飛行機の遅れが慢性化しているように感じます。「ストレスが溜まるのですけど・・」です。
 金曜日の鹿児島市役所の研修は「政策形成実践研修」です。1日×4回の2回目の研修です。今年度の受講生の方々は、極端に熱心です。
 少し、ブレーキを踏む必要があります。負担を軽減することにしました。
 インターバル課題を少な目に、そして、提出期限も遅らすことにしました。それでも必ず、良い政策提言に結び付くと思います。真面目な鹿児島県人の方々です。
 今日は、能美市役所で「人事評価制度再構築のコンサルティング」です。
 部単位で従来の人事評価制度を見直(一部、再構築)したことに関して、ヒヤリングを行います。
 全部で3年かけて人材育成機能、戦略達成機能に寄与する人事評価制度に再構築することをめざしています。
 初年度、現場の意見に声に真摯に耳を傾けて、その声を反映する必要があります。人事評価制度は、組織の規模や組織の文化に影響されます。パッケージソフトを手渡すだけのようなことはしたくありません。
Q:研修部門の責任者の方からのメールでの質問です。「モチベーションが下がったときは、どのように対応していますか?」
 A:うーん・・モチベーションを下げる訳にはいきません。弊社のメンバーが高いモチベーションで仕事をしています。
 しかし、モチベーションが下がるときはあります。そのときは、モチベーションが下がった理由を考えてみます。
大きく分けて3つあります。
 1番目は、他の人と比較しているとき(アイツよりも自分の方が上なのに)
 2番目は、自分の仕事ぶりを過大に評価しているとき(見合った評価がされていない)
 3番目は、自分以外の人々を見下しているようなとき(自分を理解できない)
 そして、自分自身に語りかけます。「本当に、お前は情けない奴だね・・・」
土曜日の夕方、いつもの「いち川」に出かけます。疲れたときの「いち川」頼みです。
 お世話になっているお店の裏方(煮物、揚げ物、お吸い物など)を取り仕切っている岡田さんがネットで私の行先をチェックしているようです。
 今週は来ないかも知れないと思いながらも・・・「烏賊の塩辛」が出てきます。(写真)
 ご主人は「烏賊の塩辛」が苦手です。そのため、味見もしないで作ります。私が好物なために・・・です。抜群に美味しいです。優しさと美味しさに心から感謝です。
体重マイナス13.7Kgです。少しだけ減りました。全国で今週も素敵な出会いが待っています。





Clip to Evernote
本多 鉄男amri99  at 06:25  | コメント(2)  |  この記事をクリップ! 

落ち着かない朝 鹿児島市役所 マーケティング ビタミン

IMG_20140912_060407







IMG_20140912_064927









鹿児島のホテルで目覚めます。いつものホテルが満室のため、駅に直結している違うホテルです。落ち着かない朝です。
 窓から見える鹿児島中央駅の名所(?)の観覧車の上は曇りです。(写真)
「そら」に向かって、「心は、落ち込んだり、有頂天になったりするから、指針としての価値観を持つことだよね」です。
 昨日、長崎県庁の研修後、弊社の長崎県庁の常駐メンバーに見送られ、タクシーに乗り込みます。予定よりも1本前の「特急カモメ」をめざして長崎駅まで急ぎます。
 時間的には、充分に間に合ったのですが、新鳥栖駅で乗り継ぐ、九州新幹線で良い列車がないために、長崎駅で本を読みながら、結局、予定通りの18:21発長崎駅の「特急かもめ42号」を待ちます。
 新鳥栖駅で乗換えて、20:16発の「さくら569号」で鹿児島中央駅に21:40に到着です。
 今週は、小倉⇒大分⇒長崎⇒鹿児島と移動してきました。そして、明日は佐賀に移動します。秋の九州巡業の1週間です。
 長崎県庁の研修は、「事業の見直し研修」です。課長補佐級の方を中心が出席しています。0.5日+1日の研修の2日目です。
 事業の見直し(スクラップ)の2つの手法について、受講生が事前学習シートで作成してきた、事業シートを元に実習を通じて学びます。
 今まで、業務改善の手法はいくつもありますが、事業の見直しの手法はありませんでした。
研修担当者の方が1.5日、ずっと研修内容を聴講していただきました。「期待通りの研修内容です。」とおしゃってくださいましたが、自分自身では反省のとても多い研修でした。
 これからが、この新しい「事業スクラップ研修づくり」のスタートと考えたいと思います。
 今日は、鹿児島市役所で「政策形成実践研修」です。1日×4回の2日目です。
 1回目と2回目の間に、各グループから何度もメールをいただきました。
 4つのグループがインターバル課題を真剣に取組んでくださいます。今日は政策課題(事業)を決定する重要な日です。
 良い政策課題が選択できるように、一所懸命に支援させていただきたいと考えています。頑張ります!
Q:課長職の方からメールでの質問です。「研修の中で“マーケティング”という言葉が出てきましたが、ネットで調べると、市場調査などのことではなく、企業が設ける仕組みを作ることなどと記載されていました。地方自治体ではどのように考えるべきですか?」
 A:うーん・・時代とともに“マーケティング”という言葉が変化(進化)してきました。
ドラッカーは「顧客を創造すること」と言っていました。また、記憶の中では「営業を無くす活動」という言葉も残っています。
 地方自治体でも、アンケート調査や住民満足度調査などではなく、「地域社会や住民などに対して、付加価値を生み出す仕組みを作ること」のように考えることが良いと思います。
 そして、地方自治体は、多くの業種の集合体です。隣の部署、関係する部署に対して、内部顧客として考えて、その内部顧客に対して、付加価値を生み出す仕組みづくりと考えることが大切だと思います。
 来週に続くかも・・
ホテルの下のコンビニに入ります。「1日分のビタミン」が目に入ります。普段は購入しないのですが、身体が欲しているように思います。(写真)
カゴに入れます。「おまじない」だと思って飲みます。効いてきます。
体重マイナス13.5Kgです。動きません。減りません。


Clip to Evernote
本多 鉄男amri99  at 07:54  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

穏やかな色 長崎県庁 組織文化の創造 ビタミン

IMG_20140911_062407









IMG_20140911_070725









昨日と同じ長崎のホテルで目覚めます。坂の街の上は、薄桃色です。(写真)「秋桜」の歌詞の中の縁側にいるような、穏やかな朝を迎えます。
 北海道では大雨の「特別警報」が出ています。東北地方も大雨のようです。被害が出ないことを願っています。
「そら」に向かって、「忙しいときこそ、身を粉にして働かなければならないよね」です。
 昨日、長崎県庁で研修後、長崎県庁の業務委託の常駐メンバーと小さな懇親会です。メンバーがそれぞれ、いろいろな思いを持って、頑張っています。
 その思いを聴く機会をもっと持たないと反省しながら、夜が更けていきます。
 昨日の長崎県庁の研修は、「事業の見直し研修」です。課長補佐級の方を中心が出席しています。手上げ式の1.5日×1回の研修です。
 多くの自治体で、事業のスクラップが求められているにもかかわらず、「事業の見直し研修」が行われていません・全国で初めの「事業の見直し(廃止・統合)研修」です。長崎県庁に敬意を表します。
 受講生の方から「「事務事業評価」と「事業評価」の違いは?」など、とても良い質問が出てきます。
 受講生の方々が脳をフル回転して、疲れ切った様子で研修が終了します。最初の半日目は成功のようです。
 しかし、かなり、研修が遅れ気味です。今日は、「事業の見直し」の実習を行います。どのような結果になるか、とても楽しみです。
 ハードルの高い研修ですが、全力を尽くして頑張ります!
Q:受講生の課長職の方からブログからの質問です。「マネジメント領域の「組織文化の創造(職場風土の涵養)」とは? 具体的にはどのような業務なのでしょうか?
 A:ブログでの質問ありがとうございます。
 組織文化の「文化」の言葉の反対語は「自然」です。「文化」は人間が創り上げた様式・型のような意味です。
組織文化とは、組織のメンバーによって、無意識に形成された意思決定や行動のパターン(様式・型)です。
 例えば、課長が部下に、無意識に「部長が言っているから、この仕事をしなさい!」という発言すると、部下の行動様式は、「部長が言っているから⇒言われてことをすればよい⇒指示待ち型の行動様式」となっていきます。
組織文化は空気と似ています。見えませんが、その存在を知らないととても危険です。
 そして、組織文化に最も影響を与えるのは、その組織や部門の「長」です。
 課員は、課長の行動や発言を日々の観察し、その行動様式をコピーしていきます。
 すなわち、組織文化の創造とは、無意識に形成された意思決定や行動のパターンを見直して、見直すべきところを意識的に改善する活動です。
 換言すれば、「長」が自分自身の組織対する影響力を意識し、自分自身の発言や行動パターンを変え、組織を変革する活動です。
 このような回答で満足していただけるでしょうか?
昨日、懇親会の席上でメンバーから「目の下が痙攣しています」と言われました。ビタミンが良いというので、総合ビタミン飲料を探しましたが無かったので、「ビタミンCのLemon」を購入しました。治ればよいけど・・
体重マイナス13.5Kgです。減りません。


Clip to Evernote
本多 鉄男amri99  at 07:59  | コメント(0)  |  この記事をクリップ!