空を見上げて

初めての経験 港区役所 Q&Aは休みます、説得 セルフ珈琲

DSC_0165








DSC_0159










東京のいつものホテルでいつもより遅くベッドを出ました。目覚めていたのですが、身体を休めていました。窓の外は明るくなっています。遠くに白い富士山が見えます。東京は今朝も快晴です(写真)
今週も週はじめから、ブログに訪ねてくださってくれて、「ありがとうございます」です。
隣の席の人に、「人に頼る図々しさも重要だよ」と助け合いの声をかけて、大切な職場を「ひかり!輝かせましょう!」です。
「そら」に向って、「人は正しさよりも、楽しさに反応するから、楽しさの中に、正しさを入れて生きていくだよね」です。
 先週の金曜日、朝、8:20に秋葉原のホテルを出発です。コンビニに寄って、特別区職員研修所に訪ねます。ホテルから徒歩5分程度の距離です。
 3階の事務所で「おはようございます」にご挨拶をしてから、5階の研修室で準備です。研修所長が朝のお忙しいところをご挨拶に来てくださいます。恐縮してくださいます。
 管理職の方々と「マネジメント実践研修」が始まります。1日+1日×3組のインターバル方式の研修です。3組目の方々の2日目です。
 受講生の方々が、インターバル課題に取り組んでいただいています。1日目の振り返りとひかり輝く質問を受けてから、「組織目標の設定」のインターバル課題のグループ内発表と代表者の改良を行います。その後、講師コメントです。
 マネジメントで一番、重要な使命(=組織目標)です。選択と集中の戦略型行政運営の核です。組織的に「組織目標」の重要性を認識しないために、目の前の仕事に引きずられて、未来への視点が欠けてしまいます。
 グループ内で発表と改良を通じて、受講生の方々には、その重要性を理解していただけたと思います。その後、事業のマネジメント、職員のマネジメントと続きます。受講生の脳から「知」が溢れているようです。
 とても真剣に、明るく、楽しく、受講していただきました。組織運営上、とても厳しい状況にある、それぞれの特別区を引っ張っていく管理職です。研修中、心の中で「頑張ってください」とエールを送っていました。
 17:00に研修終了です。受講生、一人ひとりが講師席まで来てくださり、お礼のご挨拶をしてくださいます。  心から感謝です。受講生の課長職の皆さんへ「ありがとうございました。また、どこかでお会いしましょう」です。
 お忙しい所、後半、聴講に来たくださった研修課長と担当者の方に、「今年度、大変お世話になりました」「来年度も宜しくお願いします」と笑顔でエレベータの前で挨拶です。
 研修所の外に出ると、冷たい風が頬に気持ち良かったです。その後、急遽、小さな懇親会に出席して、そのまま、秋葉原のホテルに連泊です。長引く風邪気味のために、早目にベッドに入ります。
 土曜日は、朝8:00過ぎ、京橋に到着です。一番に到着です。セキリュティーカードで、開錠して、5階のオフィスに到着です。少し、仕事を行います。9:00から6階のセミナールームで役員会です。11:30まで打合せです。前向きなメンバーです。
 13:00から全社会議です。九州、関西などからメンバーが集合です。幾つかの情報共有後、テーマごとにグループに分かれて、各拠点の連携について勉強会です。活発な議論がなされています。
 急ぎの仕事が入ります。各グループに入り、話を聴きたかったのですが、一人で自分の席で仕事に専念します。17:00に終了です。
 各グループの成果発表を聴く時間に間に合いました。弊社のメンバーは、全員が労を惜しまない、誠実な人たちです。「憧れ」であり「誇り」です。
 18:00から懇親会です。素敵な懇親会です。ビンゴゲームなど、メンバーがいろいろな企画を考えてくれます。何とも言えない温かい雰囲気です。21:00に懇親会が終了です。素敵な時間は「アッ」という間に過ぎて行きます。
 都営浅草線の宝町駅で21:10過ぎ電車に同じ方向のメンバーと乗り込みます。「お先に」と一人、「お先に」と一人・・・と降りて行きます。終点の印旛日本医大駅に22:35頃に到着です。25:00ベッドに入ります。
 昨日の日曜日は、早目に起きて、出掛ける準備と急ぎの仕事に専念します。慌ただしく11:40過ぎに自宅を出て、成田湯川駅12:16のアクセス特急に乗り込み、押上駅で乗り換え、13:14に宝町駅に到着です。
 13:30から弊社のコンサルタントと二人で勉強会です。休憩もとらず、18:00まで集中タイムです。
18:30に京橋のメンバーと事務所を出て、「夕食でもしようか?」ということで、串揚げの店に入って、20:50まで食事です。
 お店を出て、「お疲れ様でした」と別れます。コンビニも寄らずに、ホテルに直行し22:00にベッドに倒れ込みます。
 今日は、午前中、港区役所で定例会です。午後から京橋のオフィスで仕事をして、早目に群馬県太田市に移動ができれば・・と思っています。無理をしないで頑張ります!
質問:先週の木曜日からの続きです。課長職の方からのメールでの質問です「事業のスクラップ研修を受講しました。事業スクラップが出来ない理由は行政側の問題は理解できましたが、最終的に利害関係者を説得する必要があります。そのときの注意すべきことは何ですか?」
 回答:説得の技術、説得されるときの5つの心理、応用交渉の技法、説得の話法について書きました。今日は、反論に対する応酬法の続きです。
 1番目は、反論は徹底的に聴く態度を持ち続けることです。
 反論にはいきなり反論せずに、相手の反論を徹底的に傾聴します。頷くことなども重要です。途中で口を挟むことなく、最後まで傾聴します。反論を上手に受け止めて、共感の気持ちを伝え、聞くことに徹することです。結論は変わらないことを心のどこかで理解はしていても、「自分の意見は聞いて欲しい」と強く思っています。反論に対しては、相手のすべてを吐き出すまで徹底的に聴くことです。反論は聴くことはとても難しい作業です。そのことを自分に言い聞かすことが重要です。明日に続きます。
Q&Aは、休みます。どのように書いていくべきか、迷い始めました。ゴメンナサイ!
土曜日の朝、宝町の駅に到着後、コンビニに寄り、珈琲を購入しました。レギュラーサイズのカップを150円、セルフで入れる方式です。初めての経験です。少し緊張です。温かい珈琲を京橋の自分の席で飲みます(写真)
体重マイナス12.0Kgです。春(今年度末)までに15Kgが・・・です。
今日も大切な一日です。人材育成を携わっている人間として、大切なことを心に秘めて・・・ひかり!!輝きます!!


Clip to Evernote
本多 鉄男amri99  at 08:23  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

大寒 特別区職員研修所 Q&Aは休みます 女川町から

DSC_0156







DSC_0154










IMG_1692








東京の秋葉原のホテルで目覚めます。何回か宿泊したホテルです。秋葉原駅に隣接した狭いけど便利なホテルです。夜明け前です。天気予報では曇りのち雪とのことです。ダイヤの乱れなどが心配です。
今日も、ブログに訪ねてくださった貴方に、心からお礼を申し上げます。「ありがとうございます」です。
隣の席の人に、「今日は大寒だね。寒くなるね」と季節を感じる声をかけて、大切な職場を「ひかり!輝かせましょう!」です。
「そら」に向って、「聴いたり、学んだりすることができていても、試すことができていなければ、意味ないよね」です。
 昨日、太田市役所のホテルを8:10にチェックアウトします。8:20に長いお付き合いの研修担当者の方が迎えに来る予定になっています。いつも早目に来て待っていてくださるので、お待ちさせないために、ロビーで早目に待っています。「まだ、いらしてなくて良かった!勝った!」という感じです。
 数分後に「おはようございます」です。元気に挨拶です。二人で太田市役所まで歩きます。太田市役所までは2,3分の距離です。話すべきこと、打合せすべきことが沢山あります。
 エレベーターで講師控室に案内していただきます。途中で研修室の前を通ります。8:25なのに、受講生の方々の大半が集まっています。いつも鍛えられている太田市役所です。
 研修部門の責任者の方々が丁寧なご挨拶に来てくださいます。「ありがとうございます」
 8:55から研修開始です。一歩前です。起立・礼・着席の号令がかかります。この「1歩前」と「凜」とした空気も好きです。
 「課長研修」が始まります。1日+1日+1日のインターバル方式研修の1日目です。3週間で実施するのでインターバル期間が短く、とても難しい研修です。
 受講生の熱心さが凄いです!集中力が高いです。職場に持って帰ろうと意欲が感じられます。受講生と研修担当者の方に助けられて17:00に研修終了です。
 「思い出」の詰まった研修です。大切にしてきた研修です。ヨカッタです。
 研修担当者の方が駅まで公用車で送ってくださいます。助かります。17:28の東武特急「りょうもう40号」に間に合います。座席について、即、パソコンを広げます。北千住駅まで集中タイムです。
 北千住駅で「つくばエキスプレス」に乗換えです。ずっと乗ったことがありませんでした。初めて乗ります。電車の揺れが少なく、とても快適です!秋葉原駅に18:59に到着です。
 19:10頃にホテルにチェックインです。部屋に荷物を置いて、隣接したレストラン街で夕食兼読書タイムです。
 20:30に身の回りのことをして、早目にベッドに入ります。研修をしているときは、何とか平気なのですが、気が緩むと「風邪」が出てきます。薬を飲んで早目にベッドに入ります。
 今日は、特別区の職員研修所で管理職の方々と「マネジメント実践研修」です。1日+1日×3組のインターバル方式の研修です。今日は3組目の方々の2日目です。受講生のインターバル課題の取り組みがとても楽しみです。
 そして、今年度の特別区職員研修所は、今日で最終日です(来年度は勿論、担当させていただきます)有終の美が飾れるように一所懸命に取り組みます。
質問&回答、Q&Aは休みます。ゴメンナサイ!
 外が明るくなってきました。秋葉原の上の「そら」は曇りです(写真)
 代わりという訳ではないのですが、昨日の昼食時、太田市役所で最上階のレストランから撮った青い「そら」です(写真)
女川町役場の職員の方々から「ほや」の詰め合せが届きました(写真)とても嬉しいです。心から感謝します。「ほや」は大好物です。
体重マイナス12.3Kgです。同じです。不思議です。うーん・・
今日も大切な一日です。自分の中の「思い」を大切にして、ひかり!!輝きます!!




Clip to Evernote
本多 鉄男amri99  at 07:33  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

大きな「そら」 太田市役所 マネジメント(戦略)&説得 肉ソバ

DSC_0148







DSC_0143








DSC_0137








群馬県太田市のいつもホテルで目覚めます。昨年度、ボヤ騒ぎのあったホテルです。それも思い出の1つです。夜明け前です。明るくなったら「そら」を撮ります。
今日も、当ブログに訪ねてくださり、心から感謝します。「ありがたい」です。嬉しくなってきます。
隣の席の人に、「キビキビだよね」と前向きな声をかけて、大切な職場を「ひかり!輝かせましょう!」です。
「そら」に向って、「単純なこと、簡単なことを疎かにしない、しかし、同じ方法では続けないことだよね」です。
 昨朝、相模原市のホテルを8:15にチェックアウトです。タクシーで相模原市のけやき会館に向かいます。8:25に到着です。エレベーターで2階の職員研修所にお伺いします。
 研修部門の方々がウェルカム感を前面に出して、出迎えてくれます。前任の研修所長もお土産(写真)を持って、ご挨拶に来てくださいます。
 とても嬉しいです。恐縮してしまします。そして、「やるぞ!」という気持ちになってきます。
 実質、初めて担当させていただく、相模原市役所です。研修の準備に取り掛かります。入念にチェックです。9:00少し前に研修開始です。
 所属長3年目の方々に「マネジメント実践研修」です。1日の研修です。1日の研修で実践研修は難しいです。そのため、他自治体のマネジメント実践事例、受講生の方々の質問に対して、具体的な対応策を回答することを心掛けます。
 受講生の方々が「前のめり」になっていくのが分かります。とても熱心です。質問の質も高いです。職場で活用する実践手法の質問です。
 受講生の質問で研修内容が予定よりも広がっていきます。熱心さがより良い研修に導きます。
 17:00に研修終了です。研修部門の方々から「受講生から多くの管理職に受講させるべきだ」「今まで行ってきたマネジメント研修とは異なり、受講生が前向きだった」のようなご意見をいただきました。
 数年間に渡って、お誘いをいただき、やっと実現できた研修です。多くのお心遣いをいただきながら、何とか大役を果たせたと思います。
 相模原市役所の職員研修所の所長はじめ、受講生の皆さんに心から感謝します。「ありがとうございました」、相模原市役所で研修を担当させていただいたことを誇りに思います。
 職員研修所の皆さんがタクシーが見えなくなるまで、寒い中、見送ってくださいます。夕暮の中、素敵な笑顔が印象的でした。
 職員の方がプリントアウトしてくれた経路で移動します。相模原駅⇒町田駅⇒代々木上原⇒北千住⇒太田です。ラッシュの時間帯です。相模原から代々木上原までは立っていましたが、代々木上原駅から座れます。パソコンを広げます。「少しの時間を大切にして、仕事する」です。
 20:40に「りょうもう39号」で太田駅に到着です。コンビニに寄ってタクシーでホテルに21:00にチェックインです。
 その後、弊社のコンサルタントのお勧めのお店に行って、夕食兼ワインです。本を読みながらクールダウンです。22:00にホテルの戻り、身の回りのことをして、23:00過ぎにベッドに入ります。枕に頭が触れる前に寝ていたようです。
 今日は、太田市役所「課長研修」です。大切にしないといけない研修です。担当させていただくことになったときの「思い」があります。その「思い」を忘れずに取り組みます。
今年度から研修担当者の方々の要望を取り入れ、バージョンアップしています。1日+1日+1日のマネジメント実践研修の最初の1日目です。「初心を忘れず一所懸命」です。
「ラッキ様」へ、ブログのコメントありがとうございます。来週までに風邪を完全に治します!
質問:昨日の続きです。課長職の方からのメールでの質問です「事業のスクラップ研修を受講しました。事業スクラップが出来ない理由は行政側の問題は理解できましたが、最終的に利害関係者を説得する必要があります。そのときの注意すべきことは何ですか?」
 回答:説得の技術、説得されるときの5つの心理、応用交渉の技法、説得の話法について書きました。
 今日は、反論に対する応酬法です。説明をいくら丁寧にしても、納得してもらえず、相手から反論されることもあります。反論に対しては再反論し、論理的な正しさを争うのも一つの方法ではありますが、論理的な議論ができる相手にしか有効ではないでしょう。
 いくら正論だとしても、正面だって反論し返すことは得策ではない場合も多くあります。反論は上手に受け止め、上手にかわし、こちらの意見を相手に受け入れてもらうことが重要です。明日に続きます。
Q:マネジメント(戦略の領域)とは?
 A:戦略とは何か、民間企業と地方自治体の戦略の違い、戦略の必要性、戦略策定の実践手法の「創発」という思考方法、そして、組織戦略(組織ビジョンの策定について書いてきました。事業戦略(組織目標・使命の設定)の続きです。
組織目標・使命は、重点事業を選択する指針であり、手段(事業など)自体の目標であってはなりません。また、目標であるため、その達成が判定できなければなりません。そのために次のような要件が求められます。
  ー蠱福併業など)が特定できずに、結果が判定できる表現であること
  組織全体の方向(中長期ビジョンや施政方針など)から逸脱していないこと
  職員の創造性を喚起し、新規事業のアイディアを触発すること
  意義あることと感じられ、職員のやる気や貢献意欲を発揮させること
  3〜5年の期間での達成を想定し、数値で表現できるものは数値化すること
昨日、昼の昼食は、相模原市役所の研修所の方の推薦の中華のお店です。お店に入って、「お勧めは何ですか?」と訊くと、「多くの方が肉ソバを注文します」とのことです。肉ソバ、初めて食べます(写真)美味しいです。ボリュームが多いです。風邪気味のときは最高です!
体重マイナス12.3Kgです。増えました!戻りました!それでもヨシで!!
外が明るくなってきました。このホテルでは、いつも市役所側の部屋でしたが、今日は逆側です。太田市の街の上に「そら」が広がります(写真)大きな「そら」です。
今日も大切な一日です。自分らしく、生きます!そして、ひかり!!輝きます!


Clip to Evernote
本多 鉄男amri99  at 07:32  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

女川町の初日の出 相模原市役所 マネジメント(戦略)&説得 お漬物

DSC_0133






初日の出







DSC_0132









夜明け前です。相模原市の初めてのホテルで目覚めます。天気予報では晴れのち曇りとのことです。明るくなったら窓の外の「そら」を撮ります。
今日も、このブログに訪問してくださり、ありがとうございます。感謝!です。
隣の席の人に「風邪が流行っているから気を付けようね」と思いやりの言葉をかけて、大切な職場を「ひかり!輝かせましょう!」です。
「そら」に向って、「明日を創造するためには、過去を忘れなくてはならないよね」です。
 昨朝、桜木町のホテルを7:45にチェックアウトです。桜木町駅発の根岸線で本郷台に移動です。8:20に本郷台の地球プラザに到着です。
 3階の事務所にご挨拶にお伺いします。担当者の方と行き違いになってしまいました。研修会場に直接お伺いすれば良かったです。
 8:30に1階の研修室に入ります。準備をしながら研修担当者の方と打合せです。より良い研修にするために、お互いに貪欲です。楽しい会話が続きます。
 9:00少し前から研修がスタートします。好きな一歩前です。神奈川県庁の管理職の方々向けに「組織・仕事のマネジメント」の開始です。
 事前課題で「組織・仕事のマネジメント」について、成功事例、失敗事例、講師に対する質問を出していただいています。
 受講生の方々が、普段、職場のマネジメントで悩んでいることが理解できます。向き合う研修を心掛けます。言葉も多めの研修を心掛けます。
 以前の研修担当者の方も出席しています。「久々にお会いできるのを楽しみにしています」と書いてくださっています。そして、以前、受講した方も「仕事の関係で14:00まで出席できないけど来ました」と言ってくださいます。
 身体の中から熱いものが出てきます。受講生の方々からの質問の時間を多くして、回答(正解ではなく、思考の軸)していくようにします。
 17:00に研修が終了します。研修中、声がかすれて聞き苦しかったと思います。ご容赦願います。
 そして、お役に立てたか、どうか、とても心配ですが、受講生の方々の顔が朝よりも明るいです。不安と安心が心の中で行ったり来たりです。
 研修終了後、神奈川県庁の研修部門と同じ施設内の「神奈川県市町村振興協会、市町村研修センター」の職員の方が移動のための時刻表を持ってきてくださいます。
 本郷台17:27発(根岸線)⇒桜木町で乗り換え17:53⇒相模原着18:42(横浜線)です。
 神奈川県の研修担当者の方と一緒に、市町村研修センターの方も見送ってくださいます。心から感謝します。「ありがとございました」
 時刻表通りに移動します。重い荷物を持っているので、同じホームで乗り換えられて、とても便利です。根岸線、横浜線も座席が目の前で空きました。パソコンを広げて、集中タイムです。
 相模原駅で初めてのホテルを探しながら歩きます。あまり迷わずに19:00前にチェックインです。ホテルの側の居酒屋さんで軽く食事を済ませ、コンビニに寄って、ホテルに戻り、身の回りのことをして、21:00にベッドに入ります。
 風邪(?)は、少し良くなってきましたが、目の周りが腫れぼったいのが気になります。熱を持っているようです。タオルを水で冷やして、何度も目に当てます。薬のチカラを借りながらも、自分のチカラで治します。
 今日は、相模原市役所で所属長研修「マネジメント実践研修」です。相模原市役所は20年位前に研修を担当したことがありますが、その後、諸般の事情で担当していませんでした。
 実質的には、初めて担当するのと同じです。前任の職員研修所長からも先日、心温まるお手紙をいただきました。ご期待に応えなくてはなりません。1日の研修ですが、職場で実践できるマネジメント研修を心掛けます。全力を尽くします!
「われら40代!班長」様、ブログのコメントありがとうございます。来週、全員でお会いできることを楽しみにしています!!
質問:昨日の続きです。課長職の方からのメールでの質問です「事業のスクラップ研修を受講しました。事業スクラップが出来ない理由は行政側の問題は理解できましたが、最終的に利害関係者を説得する必要があります。そのときの注意すべきことは何ですか?」
 回答:人が説得されるときの5つの心理について書きました。その後、説得の心理を応用交渉の技法について書きました。
 今日は、説得の話法に続きです。
 4番目は、「「私たち」を主語にする」です。
 説明や理由、主張する際に、「私」を主語とするのではなく、「私たち」を主語にして言うことで、相手からの無意識の共感を得ることができます。「私たち」の中には相手も含まれますので、ともに考えている、ともに歩んでいる、ともに進めているという気持ちを表すことができるからです。
 5番目は、「ストーリーを語る」です。
 ただ単に決定の背景やポイント、要点を並べて説明するのではなく、ストーリー(物語)を語るようにして説明します。これをストーリーテリングの手法といいます。
 ストーリーで語ると、ただ要件を相手に伝えるよりも、相手の感情に与える影響が高くなり、相手の理解に与える影響も高くなります。事業廃止や変更の背景となることなどを、ストーリーを語るように説明していくと、相手に受け入れられやすくなります。
Q:マネジメント(戦略の領域)とは?
 A:戦略とは何か、民間企業と地方自治体の戦略の違い、戦略の必要性、戦略策定の実践手法の「創発」という思考方法、そして、組織戦略(組織ビジョンの策定について書いてきました。
 今日は、事業戦略(組織目標・使命の設定)です。
 「 組織目標・使命 」とは=組織が貢献すべき人々に対して、果たすべき責務であり、重点事業を選定するときの指針です。
 組織の一員は、組織目標・使命の重要性を意識することです。
 例えば、福祉課(障がい者福祉担当)において、組織目標を「障がい者の地域活動への参加の回数を増やすこと」と「障がい者の年収を毎年度向上させること」と明示したときは、選択する重点事業は当然異なります。
 組織目標を明示しなければ、事業選択や優先順位の基準を失い、その担当部門は前例踏襲的、横並び的な活動を選択するようになってしまいます。
 組織目標は、選択と集中の戦略型行政運営の時代にあっては、不可欠な概念であり、マネジメントでは一番重要な概念です。
昨日、居酒屋さんが混んでおり、焼鳥とお刺身がなかなか出てきません。お漬物は、即!出てきました(写真)。本を読みながら、焼酎のお湯割りでお漬物を食べていたら、焼鳥とお刺身も要らない感じになってきました。何となく、自分自身がお洒落でないので、早目に店を出てきました。美味しかったですよ!
体重マイナス12.7Kgです。少し減りました。体調管理に心掛けます!!
外が明るくなってきました。窓ガラスに金網が入っているので、良い写真が撮れません。その代わりと言ってはなんですが、昨日、女川町から届いた美しい、初日の出の写真も載せます。
今日も大切な一日です。一所懸命に生きます!!そして、ひかり!!輝きます!







Clip to Evernote
本多 鉄男amri99  at 06:56  | コメント(1)  |  この記事をクリップ! 

朝! 神奈川県庁 マネジメント(戦略)と説得 りんご

DSC_0127









DSC_0122









今日も桜木町のミナトミライのホテルで目覚めます。夜明け前です。陽が徐々に長くなっていますが、それでも5:00頃は暗闇の世界です。このブログを書き終える頃には,太陽が昇ります。
今日もブログに訪ねてくださり、「ありがとう」です。忘れていないでくれて、嬉しいです。
 隣の席の人に「電車の中で席を譲る方ですか?」と、助け合いが生まれる言葉をかけて、大切な職場を「ひかり!輝かせましょう!」です。
「そら」に向って、「初対面の人に会う時は、相手の良いところを探す目と、自分の直感を信じることが大切だよね」です。
 昨日、7:10に桜木町のホテルを出ます。喉が痛く、微熱がありますが、「風邪」は、ひかないことにしているので、「風邪」ではありません。
 桜木町駅から横浜駅乗り換えで、茅ケ崎駅に8:00に到着です。早過ぎます。エキナカの喫茶店で温かいカフェオレを飲みながらパソコンを開き、時間調整です。
 駅から歩いて、茅ヶ崎市役所の本庁舎に到着です。8:30ピッタリです。エレベーターで5階に昇り、コンサルティング会場に入ります。担当者の方と「おはようございます」、「今年も宜しくお願いします」です。
 弊社の関西のコンサルタントも到着です。9:00から12:00まで、職員課人事担当の方々と人事評価制度の見直しのコンサルティングです。
 13:00から16:00まで企画経営課の方々と事務事業評価制度見直しのコンサルティングです。実効性を担保しながら、職員の負担軽減をどのように図るかがポイントです。
 微熱のためか、脳の動きが芳しくありません。16:00から17:00まで管理職の方々と来年度の進め方について、打合せです。
 17:00に終了です。「どうも、ありがとうございました」、「来年度も宜しくお願いします」とご挨拶です。
 担当者の方が玄関まで見送ってくださいます。温かい茅ケ崎市役所です。二人で駅まで歩きます。茅ヶ崎駅で上りと下りの東海道線に別れます。「お疲れまでした。気を付けて」です。18:00に桜木駅に到着です。
 ホテルの下のコンビニに寄って、そのままホテルの上のレストラン街で夕食を摂り、部屋に戻ります。
 目が痛いです。ホットアイマスクをして、19:50頃、ベッドに倒れ込みます。睡眠が一番の薬です。
 今日は、神奈川県庁で「組織・仕事のマネジメント研修」です。管理職の方々が真剣に事前課題(職場の組織や仕事に関する問題)に取り組んでくださいました。その「問題」に対する回答を研修の中で一緒に考えて行きたいと思います。神奈川県庁とは20年以上のお付き合いです。全力を尽くして頑張ります!
質問:昨日の続きです。課長職の方からのメールでの質問です「事業のスクラップ研修を受講しました。事業スクラップが出来ない理由は行政側の問題は理解できましたが、最終的に利害関係者を説得する必要があります。そのときの注意すべきことは何ですか?」
 回答:人が説得されるときの5つの心理について書きました。その後、説得の心理を応用交渉の技法について書きました。
 今日は、説得の話法です。
 説得は、相手にこちらの真意を伝え、相手の考えもよく聞き、相手の気持ちに寄り添い、相手に共感して、こちらの提案を納得してもらうことが重要です。説得する際に使用すると有効な話法には、以下のものがあります。
 1番目は、「イエスをとる」です。
 説得は、最終的にこちらの考えにイエスと言ってもらわなければなりまえせん。そのためには、最初のつかみでイエスをとることが最も重要です。相手が否定できないような質問で、相手からイエスを引き出します。どのような小さなイエスでもかまいません。とにかくノーと言わせないような工夫が必要です。
 2番目は、「肯定的に表現する」です。
 できるだけ否定的な言い方をせず、肯定的な表現を使います。「〜をしない」ではなく、「〜に変更する」、「〜を止める」ではなく、「〜を残す」と言うように言います。3割カットするよりも、7割を残すと言った方が、相手に受け入れられやすくなります。
 3番目は、「主張は質問形式で行う」です。
 こちら側の意見や主張も、できるかで柔らかく言うように心がけます。柔らかな主張のためには、質問形式が有効です。「〜してください」は、言い方は丁寧ですが、相手にとっては命令に聞こえます。「〜してください」ではなく、「〜していただけますでしょうか」、「私は〜と思います」ではなく、「〜という考えもできるのではないでしょうか」と言うように、質問形式を使うことで、柔らかで丁寧な主張になります。
Q:マネジメント(戦略の領域)とは?
 A:戦略とは何か、民間企業と地方自治体の戦略の違い、戦略の必要性、戦略策定の実践手法の「創発」という思考方法について書いてきました。
 組織戦略(組織ビジョンの策定)、事業戦略(ミッション=組織目標の設定)、人事戦略(人材育成指針の設定)について書きます。
 組織戦略(組織ビジョンの策定)の続きです。管理監督者が組織ビジョンを策定することで、担当部門のめざす姿が明確になり、担当部門の現状との差が理解でき、その差を埋めるもの(=獲得したい価値)が組織目的となります。
 その組織目的が、組織目標(=使命)の設定要素になり、組織ビジョン ⇒ 組織目的 ⇒組織目標(使命)と続きます。
 組織ビジョンは、戦略型マネジメントプロセスの実質的な起点となります。 逆にいえば、その重要なビジョンが、職員にイメージされて、共有されていなければ戦略型マネジメントプロセスは機能しません。
 「戦略機能」における、組織ビジョン、組織目標(使命)、人材育成指針の進むべき方向は、担当部門内で共有する必要があり、管理監督者は「作る」だけではなく、「広める」「徹底する」ための仕組みを構築する必要があります。
 地方自治体における、「組織戦略(組織ビジョン)の策定の実践手法」は、弊社の研修で受講してください。(ごめんなさい。ツールを用いて説明する必要がありあmす)明日は「事業戦略(組織目標=ミッション)」について書きます。
コンビニで「りんご」を購入しました(写真)年々「りんご」が好きになってきます。年齢を重ねると、好きになるものとそうでもないものに別れます。不思議です。
体重マイナス12.5Kgです。昨日と同じです。「風邪」ではないけど、「風邪」を治すのが先決です。
今日も大切な一日です。ひかり!!輝きます!
太陽が昇り始めました(写真)「朝!」という感じです。




Clip to Evernote
本多 鉄男amri99  at 06:59  | コメント(1)  |  この記事をクリップ!