空を見上げて
トップページ » 輝く瀬戸内海と屋島 高松市役所 組織目標 野菜ジュース
Clip to Evernote

輝く瀬戸内海と屋島 高松市役所 組織目標 野菜ジュース

DSC_0166






DSC_0164







今日も高松市のいつものホテルで目覚めます。窓の外は快晴の瀬戸内海と屋島です。美しい朝の「そら」を見ていただきたいために、日の出時間6:50をかなり過ぎた7:15の写真を掲載します(写真)
「そら」に向かって。「自分が何かを決定しているとき、いつも絶対的な基準ではなく、相対的な基準で決定していることを忘れないことだよね」です。
 昨日の朝、早めにホテルを出発します。タクシーで高松市役所の本庁舎に向かう途中で火災現場に遭遇し、迂回します。それでも、8:10に到着です。
 エレベーターの前で待っていると、過去に受講していただいた部長級の方が「おはようございます」と声を掛けてくださって、そして、研修室のある11階のボタンを押してくれます。優しさの空気が流れます。そして、時間の大切さを教えてくれます。
 8:50に研修生全員が揃います。総務局次長の開講の挨拶の後、課長補佐級の方々との「政策評価研修(1日間)」が始まります。
 過去に、政策形成研修を受講していない方々が殆どですので、その点を考慮しながら、政策形成に関する基礎的知識を交えながら、午前中は理論編です。
 12:00に長井さんが迎えに来てくれて、いつもの美味しい「讃岐うどん」のお店に案内してくださり、ご馳走してくださいます。もう50回以上ご馳走になっていると思います。
 「讃岐うどん」と「長井さんの優しさ」に、心が温まります。庁舎に戻り、いつも一緒の課長補佐の方から缶珈琲をご馳走になります。微糖の甘さが嬉しいです。
 13:00から職場で役立つような実践型の政策評価研修を心がけます。研修生の方々がテキストに一所懸命に記入してくれています。
 研修生が事前課題にも確りと取組んでいただいているために、難しい実践型研修を何とか無事に終えることが出来ました。心から感謝します。
 研修後、ホテルに一旦戻り、小さいですが、大切な懇親会に参加します。長いお付き合いが、これからもずっと続くことを確認し合えた、とても素敵な懇親会でした。
 ホテルに21:00過ぎに戻ります。窓の外の景色を眺めながら、瀬戸内海の島々に向かうフェリーを眺めながら、脳を休ませます。23:00過ぎに就寝です。
 今日は、同じ高松市役所と周辺自治体の課長補佐職の方々と「目標管理研修」です。実務に役立つ研修を心がけます。
Q:昨日の続きです。人事担当の課長職の方からのメールでの質問です。「研修で、人事評価の組織目標について、問題点を示していただきましたが、他にないですか?」
 A:うーん・・・以前、書きましたが、「組織目標=組織の目標」とは限りません。小規模自治体の産業課の組織目標が「〇〇町の産業高を増加させること」では意味がありません。
 課内にある行政分野、例えば、農業や観光、商工ごとに組織目標を設定する必要があります。
 更に、組織目標を設定するときに、担当部門内に存在する「事業」と「業務」を意識する必要があります。
 地方自治体は、法定受託事務に代表される「業務」の割合が大部分の部門が存在します。「事業部門」と「業務部門」の組織目標の設定方式の違いを人事課は明示すべきだと考えます。
ホテルの近くのスーパーで「カゴメの野菜ジュース」を手に取ります。「血圧が高めの方に」と記載されています(写真)以前は、このようなことは書いてなかったように思います。中身が変わった?と思いながら、カゴにいれます(写真)
今日も大切な一日です。「今」とともに、ひかり!!輝きます!!




本多 鉄男amri99  at 07:29
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星