AMSTEC(株)の活動日記

かなりのリアルタイムでの報告です。だってスマホだから、、、?

久しぶりに 作業です。

夫婦そろっての初の共同作業・・・・
「ケーキへの入刀です・・・・」
なんて懐かしい話です。 (というか、結婚式はやっていないのを忘れてました)


まあ、久しぶりに夫婦で共同作業でした。DSC_0001

DSC_0004 - コピー


DSC_0002

高圧洗浄は、想定外にいろんなことが起こります。

 ・予想以上に威力あります
 ・気づいたら、逆に洗浄痕が目立つことがあります
 ・洗浄箇所はきれいになりますが、その周囲は逆に汚れます
 ・作業後に顔が汚いことに気付きます。(相手の顔を見て、、、、とまるで物語のように)


DSC_0006 - コピー

▲私は、命を懸けてここの草刈もしました。

たまにはいいですね。
外作業。 共同作業。





久しぶりに店頭100円。 3分で売れた。

久しぶりにやってみました。

「100円」

今回は、皮のソファセット。 
弊社で10年以上使っていたものです。


DSC_0091

通りかかった親子が早速100m向こうで車を停めて、検討。。。。。

「90円でもいいですよ!」

と伝えましが、問題は値段じゃなくて、家のスペースだったようで、、、、。

結局、家までお運びすることになりました。

これで、100円。

お買い得だったと思いますよ。



いろいろ

参りました。
2年に1回くらい悩まされます。
今回は、windowsアップデートを1回戻し、今後はアップデートを自動でやらないように設定を変更しました。


[画像:106e070d-s.jpg]

この家、何でわざわざここに建てたんでしょうか?  海が見える訳でもなさそうだし、、、[画像:ea1e1742-s.jpg]


ここの別荘地は温泉管が側溝にはいってるんですね、
[画像:fa5f9a3e-s.jpg]


かわいいこの家、西伊豆にあります。
レストラン兼住居。約3000万円なり。
近日取材予定です。
[画像:130a9c30-s.jpg]
[画像:14626338-s.jpg]


寂れたというか、錆びた造船所

[画像:13da887e-s.jpg]

[画像:3a197cb7-s.jpg]
[画像:970fabdd-s.jpg]

こちらは、山の鉱山
[画像:141c6660-s.jpg]
[画像:732dc922-s.jpg]

過去最悪な薮からの脱出

久しぶりにいいコンディション
[画像:4d7b9e2f-s.jpg]

[画像:16b0f699-s.jpg]

[画像:19cac958-s.jpg]

ここは、電波も届かないし、仕事から離れて1日をすごせそうだ。
[画像:bbb6ca30-s.jpg]

と、ここまでは良かったのですが、
この約5時間後、予期せね下降気流に対応できる腕がなく、笹の薮に墜落してしまいました。

その薮の笹は、高さ約3メートル。密集して生えていること半端じゃなく、その先2メートルがチラホラ見える程度。予期せぬ墜落だったので、自分の位置も確認する余裕もなかったので、とりあえず低い方向へ進みました。

かれこれ30-40分かかったでしょうか?
1分1メートルくらいしか進めない手強さでしたが何とか脱出。

[画像:7a2fd860-s.jpg]
▲こんな姿になってしまいました。

[画像:6acc9eff-s.jpg]
▲残った体力10パーセントって感じ。

[画像:2d34e7dd-s.jpg]
[画像:c33dc955-s.jpg]
▲体力の回復を待ち、このあと、10分ほど急斜面を登り、平和な地に戻りました。

勿論、大荷物と一緒に。

でも、リフレッシュできたかな。
よかった。よかった。

落ちたというか、 落ちなかったというか、

3秒前まで普通にこの道をゆっくりと下っていました。
この手前約5-6メートルで道路の下り確度がきつくなっていたので、運転席から道路の表面は見えない状態でした。

DSC_3513

▼こんな感じです。
  この状態になる3秒前の運転席からの視界をご想像ください。
DSC_3515

▼あと10cm進んでいたら状況はもっと悪くなるところでした。 
DSC_3512

▼この状態でいろいろ考えました。
   1)JAFを呼ぶ ・・・・ お金も時間もかかる?
   2)ハンドルを右に切って 前に走り切る  自力で、、
      きっと後輪も落ちてしまう
   3)ハンドルを左に切って 少しバックして後輪をもう少し道路に乗せる
      やってみましたが、左前輪が空転してダメ。

   ん~???

DSC_3514

途中写真がありませんが、、、

▼家内にSOS。 家内の車で家にあったロープで後ろから引っ張りました。 
5cmくらいバックさせることができ、落ちる寸前(タイヤの3-4cmしか道路に乗っていなかった)の後輪が、少し安定(10cmくらいが道路に乗ってくれた)状態になりました。 

そしたら、ロープが切れました。
そして、もっと太いロープを買ってきました。

DSC_3511

▼あとは、前進するだけですが、フロントの底が引っかかってしまい、自力では動けず、、、、
  家内の車で少し引っ張ることにしました。
  でも、狭い。
  でも、交通量は少なくて、ラッキー?
DSC_3517

▼終わりました。
  後輪は、ぎりぎりで道路上に残りましたし、前輪も道路上に。
   家内の車の後ろはすぐに川。 本当に狭い場所での2時間でした。
DSC_3518

ご協力いただいた 修善寺店中野さん、愛する家内に感謝です。

そして、覗きに来てくれた近所のおばあさん、 孫を連れてしゃがみ込んで車をのぞき込んでくれた散歩のおばあさんもありがとうございました。心の支えになりました。

教訓

見えない道は、きっと細くて、曲がっている。

PS
先日のKさんの作品が完成しました。 ちょっとした目隠しをお願いしておりました。
DSC_3520




査定不可能な家


鉄製の手摺は限界を超えた腐食状態。
[画像:fd204db3-s.jpg]

放置された雨漏り。

[画像:3aff318a-s.jpg]


動物の侵入の可能性あり。[画像:4c60a4f8-s.jpg]

閉めきった状態が続き雨漏り無関係な天井はカビだらけ。[画像:36203427-s.jpg]
[画像:53038335-s.jpg]

土地値の安いこの物件を手放す方法は?

500万円こけてリフォームし、300万円で買い手を探す。こんな手しか無いかも知れませんね。

冗談じゃなく、、、。

お盆休みの別の1日

夏休みの終わりに、少しだけこんなところで時間を過ごしてみました。

DSC_3475

家内も一緒です。
DSC_3477

途中に、こんな地層がはっきり見える場所もありました。
化石が無いかと30秒くらい探してみました。
DSC_3479

ありました。
どうやら、石の化石のようです。
DSC_3480
石の化石????
単なる石のことです。


天城の太郎杉です。
どこに遊びに来たか分かってしまいましたね。
DSC_3481

冷たい水です。
DSC_3483

家内は、30秒が限界のようでした。  冷たい。。。。。
DSC_3482


海と違って、川虫はほとんど居ないです。魚もほとんどなし。 エビもなし。
生物と楽しむには、やはり海ですね。
DSC_3485

でも、川もさわやかでいい感じです。
あと、ここ、滑沢渓谷は観光客ほとんどゼロ。 静かにひと時を過ごせました。

携帯電話もならず、ゆっくりできた1日でした。

DSC_3473

DSC_3474



お盆休みの1日

伊豆高原は、渋滞して仕事になりません。


DSC_3400


ということで、ちょっと慣れない経験をしてみました。

ザ、早朝の海釣り

▼朝、4時に出発も、突堤は車がいっぱいで何と、「入れず」・・・
DSC_3450

▼1日1台400円の有料の場所が開いていたのでここに、、、
   前を歩くは、まだ「本日は、シーラが入れ食いだぞ」と期待している友人。
DSC_3452

▼入れ物は大きく、、、  氷も少々、、、
DSC_3454

▼凪なときは釣れないのかな?
DSC_3459

▼どこもあまり釣れていない様子
DSC_3460

▼私のいっちょうら・・・
DSC_3457

▼午前8時までの私の釣果です。  種類? 分かりません。
DSC_3461

▼家の外流しで、うろこを取りました。
DSC_3462


で、
数匹、焼いて食べました。
数匹、家内が南蛮漬けにしてくれました。








地域の役員の仕事(共有林の確認)


伊豆市の柏久保区・・・
ここが私の住む地域です。
本年度は、順番で役員が回ってきました。

本日は、朝から、共有林(地域で所有)の状態を確認です。

▼ここまでは平坦に見えますよね。
DSC_3458

▼歩いて1分。 即、急傾斜です。
DSC_3454

▼私の武装具合です。
DSC_3460

▼結局、下の沢まで敷地は伸びていました。
DSC_3462

▼いつもの境界より貴重なように感じました。 こんなところにもあるんですね。
DSC_3471

▼拝みたくなるほど歴史のある杭ですね。
DSC_3473

▼沢から50mは上った山ですね。 いるんですね。
DSC_3478




スズメバチの巣

今、あちらでもこちらでも巣作りが盛んですね。
ご案内したある物件の出窓(もちろん外側)に巣作り真っ最中のスズメバチが、、、

DSC_3389


まるで、「アリの巣の観察」のように、巣の中が丸見えでした。
動画でなく分かりにくいと思いますが、ハチの幼虫は、グニョグニョと体を動かしており、

DSC_3390


右に見えるハチは、扇風機のごとく、羽根を思い切り全開で巣の中に空気を入れていました。
DSC_3391

ここビビッてハチを退治しようとすると、業者に依頼して、1.5万円から2万円くらいかかってしまうんですよね。

で、頑張ってこのまま放置すると、、、
この巣はもう一回り大きくなり、この秋には使い終わって、空き巣になるだけです。

私は、このままハチの人生を見守ってあげたいと思いますが、皆さまはどうですか?







livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ