まつばらあつしのグラフィックでShow

まつばらあつしのグラフィックでShow

iClone5

iClone5 PRO篇 08 景観つくりで何かと便利

 さて「iClone 5」の紹介で、どちらかというとキャラクタつくりのコトをメインに書いてきたわけですが、実は、というか、当たり前の話なんだけど「景観」つくりの実力もかなりのものなのです「iClone 5」ってヤツは。

 キャラクタつくり同様にメニューからさくさく選んで行くだけで、何となくオリジナルの世界観を作りだすコトができるってのが正直スゴイところで、クリックだけで3Dの世界がつくり出せるのは、昔あった「Bryce」ってアプリケーションを何となく思い出したりするわけですが、「iClone 5」は自分が作ったキャラクタをその景観の中にカンタンに存在させることができる、しかも自由度が高い、という点でより実用的であり、楽しくつくれるという感じになっているわけです。

 たとえば、今回こんな感じのショートムービーを今回は試してみたです。前々回つくった「自分的なキャラ(笑)」を、なんか絶景な場所に立たせて、カメラがぐるっと回り込む、TMレボリューションのPV的なワンカット、的な。

001

 とはいうものの、特別なことをしたわけでなく、ステージに「牧草」の地形を配置し、空は「晴天02」、空の反射を考えて「沸き立つ水面」なんかを置いて、その中にカッコよく(←?)「自分的なキャラ(笑)」をポーズ付けて立たせただけ。所要時間は5分とかからず。

002 003

004

 それでも何となくできちゃうんだから、いやすごいなコレ。水面の反射も波紋もリアルにつくり出してくれる。何回も言ってるけれど「iClone 5」のいい点は、あまり考えずに作って行っても、何とかなっちゃうフレキシブルさと、そこに至るまでの道筋がシンプルで解りやすいってトコロなんだとおもう。

 今回はムービーにするのは、ちょっと他のアプリケーションの力を借りたけれど、こんな感じのムービーができたです。基本は静止画を重ねただけ、なんですけどね。

ということで、あらためて次回はもしかしたら新しいチャレンジを試みるかも、であります。
お楽しみにシユアゲン。

iClone 5

http://www.e-frontier.co.jp/product/iclone/5/index.html

iClone5 PRO篇 07 何気ないポーズと動きが何気にスゴい

 使ってみて気が付いたんですが「iClone 5」のスゴいと思うところに、「何気ないポーズや動き」というか、いわゆる「待ち」状態のアニメーションが豊富だという点。これ 、何気にスゴいよ。

 2D・3Dに関わらずアニメーションを作る時、「走る」とか「歩く」とか「踊る」とか「殴る」 みたいなメインのアクションは、当たり前だけどリキ入れてつくるわけです。でもメインで動いているキャラクタ以外は、いわゆる「 待ち」状態にあるわけだし、会話や普段のしぐさなど「それほど重要ではないけど必要な動き」と言うものは存在します。 

 リアルな役者であれば、その辺の何気ない動作は当たり前に演じてくれますが、アニメーションとなると、その辺も「演技付けて」 あげなければならない。キャラが踊っている時に他のキャラ棒立ちじゃ、カッコ悪いってもんです。

001

002

004_2

 で、その「待ち」状態の動きが、この「iClone 5」では豊富に揃っているのです。「待機」ポーズや「困惑」、「なじる」「拒否する」「話す」など、ほとんどのシチュエーションで使えるユルいアクションがたっぷり。動きによっては「Male(男性)」と「Female(女性)」に分かれている親切さは、頭が下がる思いであります。

004_1

004_2

 この何でもないポーズや動きって、先にも書いたけど「重要ではないけれど必要」なものだから、気が付きにくいけどとても便利なモノだと思うのです。参考までに、前回つくった「オイラ的キャラクタ」に、何気ないしぐさをしてもらいました。見かけがゴツいので、女の子向けの動きを選んでみたら、ちとキモい(笑)。

ということで、次回はもしかしたら新しいチャレンジを試みるかも。 お楽しみにシユアゲン。

iClone 5

http://www.e-frontier.co.jp/product/iclone/5/index.html

iClone5 PRO篇06 自分のアバターをグリグリ動かす

 前回は自分の顔写真を使って、自分の顔的なキャラクタをつくってみたわけですが、そうしたら今度は動かしてみよう、と言うのが心情。だから動かしてみました。
というか「iClone 5」は製品名にもあるように「リアルタイム3Dアニメーション」ができるアプリケーション。もう簡単にできちゃうわけです。

001

前回つくった自分の顔的なキャラクタ。ちょっと似てるような機もしますが、あんまり似ているとそれはソレで怖いような気もしますから、これでいいでしょう。

002003

そのままでは殺風景なので、空や背景となる住宅地などを読み込んで配置してみたです。 

004仕上がりはこんな具合です。お、何かすごくリアルにソレらしい感じになってきましたね。こう言うキャラクタってのは、スッピンで1人立っているより、廻りの状況とか背景があるだけで、グッとリアリティというか、説得力が増すような気がしますね。

というわけで動かしてみましたグリグリと、色んな方向から眺めてみたわけです。注目すべきは背景部分。遠景がちゃんと霞み掛かったようになって遠近感が強調されているなど、デフォルトでもかなりのクオリティの画像を扱えることができる、ワケなのです。

う~ん、動作がカクカクしているのはワタクシのマシンスペックが低いから。動画撮ったらなんかカクカクしちゃったので、この辺は研究、あるいはマシン買い替えの方向で(笑)。

でも、様々な方向から自分のつくったキャラクタを見ることができるのは3Dならでは。こうしてみるとちょっと手が長い感じがするなど、全体のバランスもチェックしやすくなりますね。なかなか便利&簡単なものです。ラストは顔のアップで御愛嬌。お食事中の方はすみません。

ということで、次回はもうちょっと違う動きを試してみようかと計略中なのであります。お楽しみにシユアゲン。

iClone 5

http://www.e-frontier.co.jp/product/iclone/5/index.html

iClone5 PRO篇05 iCloneで自分のアバターをつくるぜ

 前回までは、デフォルトのキャラクタをつかって動かしたり踊らせたりって考えていたわけだが、ハタ、と立ち止まってみたです。ここは少し冷静にならんか、iClone5で色んなことができるのに浮かれてしまい、少し落ち着いて基礎部分をもっとマスターしたほうがいいんじゃないか、と。

で、改めてどんな機能があるのかな、などとWebサイトを眺めていたら、こんな項目が一番上に!

001

http://www.e-frontier.co.jp/product/iclone/5/comparison.html

「写真からカスタム3D頭部を作成」!すなわち写真から3Dのアタマつくれるってわけでしょ?ちょっとスゴイかも、と思ったので急遽これを試してみました自分ヘッドつくり。

002

 というわけで、まずは「iClone 5」でベースになるキャラクタを読み込むです。今回は「チャック」さん。ナインティナインの岡村さんに少し似ている気がします(笑)

003
(写真撮影:信頼文具輔・和田哲哉)

んでもって自分の顔写真を「写真画像をインポート」で読み込んで・・・

004

005

006

位置を調整したり、目と鼻の位置を合わせたりしてゆくです。テクスチャを調整のウィンドウでは、かなり細かなコントロールができますが、今回はまずストレートに「組込んで」みます。

007

 そのままでは髪の毛が寂しかったので、コンテンツから髪の毛を読み込んで合成。ラスタな感じに仕上げました。眼もちょっとぱっちりにしちゃったり・・・。いやこれはカンタンでたのしいなあ。読み込んでからココまで30分かからないもの。お手軽です。

008

元写真と比較してみました。似てるっちゃあ似てるけど、微妙なライン。そっくりにつくるよりもデフォルメしたキャラつくりにはイイかも。目や鼻や口などのパーツは、作成した後個々に微調整できるので、じっくり仕上げるのも悪くないです。

ということで、次回はオリジナルキャラクタを、ちょっと動かしてみようかと思っております。お楽しみにシユアゲン。

iClone 5

http://www.e-frontier.co.jp/product/iclone/5/index.html

iClone5 PRO篇04 iCloneこんなことも出来るんだちょっと驚愕 その2

 前回は「Perfumeの3人が踊るモーションキャプチャデータ公開」というのに思わず飛びついてチャレンジしてみたのですが、モーションのデータを適用させたのが「ジミー・トゥーン」というキャラクターにしたのが敗因。

001
ジミー・トゥーンくんのドヤ顔(笑)

002

キャプチャされたperfume・かしゆかのダンスデータとジミーのプロポーションが全く違うので、なんだかうねうねした結果になってしまったわけで、今回はその点を踏まえ、プロポーションがperfumeっぽいキャラクターを選んで再挑戦です。(←懲りない性格)


003

今回選んだキャラクターは「グゥイン」さん。推定23歳。金髪のステキなおねえさんです。

この「グゥイン」さんに、前回同様ダウンロードしてきたperfumeのダンスデータを読み込んでみたです。iClone5には「BVHコンバーター」というのがあるので、ダウンロードしたBVHデータをボタン一発で「変換」できちゃうから超便利。

004

005

というわけで、読込んだデータを「グゥイン」さんに適用して再生してみたら・・・。うーん、プロポーションはおおむね問題ないんだけど、未だいくつかズレている部分があって、ダンスもちょっと微妙・・・・。しかも動画が途切れ途切れになってしまう。

007

カメラを切り換えてみると「グゥイン」さん、とてもいい表情で踊ってるンだけどなあ。あれ?これ表情のデータも読み込んでいるのかな?
ともあれ、ダンスや楽曲データを読み込んで適用させるのは簡単だけど、それを上手くみせるためには、少々の工夫というか、調整がやはり必要と言うことなんでしょうね。

008

今週の「グッときた一枚」
ダンスデータをコンバートしている最中のショット。「おまちください」のウィンドウの位置が絶妙というか、何かイベントのコンパニオンのバイトでしてるっていう、生活感のある感じに「グッ」と来たです(笑)。いや、それだけなんですけどね・・・・・。

次回予告

次回はちゃんと踊らせる動画にチャレンジ。「iClone 5」速く使いこなしたいっす。今度こそちゃんと踊らせるぜ!(予定)

「iClone 5」 
http://www.e-frontier.co.jp/product/iclone/5/index.html

プロフィール

まつばらあつし
matsubara atsushi

1960年 東京都葛飾区生まれ
お絵描き屋さん&文字書きやさん、時々ガッコの先生
映画TV技術協会会員・ナショナルジオグラフィック協会会員
TSUTAYA会員
http://atts60.blogspot.com/

Poser Pro 2012 DL
Poser 9 DL
iClone5 PRO 体験版
iClone5 Pro DL
Shade 13 Basic DL
Shade 13 Standard DL
Shade 13 Professional DL
  • ライブドアブログ