2010年02月06日

サッカー日本代表−中国戦が終わって

まあ、試合の流れなどを考えるとほぼ負けのようなものですが。

それにしても、得点のにおいがしないですね。
前回のベネズエラ戦でもそうでしたが、ゴール前での惜しいシーンが全然ない。
内容も完全に日本ペースという訳でもない。

前回は小笠原が狙ってましたが、今回はロングシュートもなし。
日本代表は良いプレーを続けることが出来ないというのは昔から繰り返してきたことです。

試合でシュートを全然打たないと、次の試合までシュート練習。そして次の試合ではロングシュートも含めてシュートを打つ。しかし、次の試合では何故か打たなくなる。シュートを打つという意識がないんでしょう。

得点を上げてヒーローになるという考えが見える選手が少なすぎますね。
一番その感じが出ているのがDFの闘莉王ということが残念なところですね。
次いで玉田でしょうかね?でも玉田はチャンスメイクの方に行きがちなんで、得点のにおいが感じないんですよね。

こうなってくると代表の中核をしっかり考え直す必要が出てくるでしょうね。
まずはFW。2009年は岡崎の年でした。岡崎には運もありました。FWには運も必要でしょう。その運が今年もあるのか?予選でラッキーボーイとなった選手でも本大会でラッキーボーイになれるかというとそうでもないんですよね。

FWは考える必要があるでしょうね。こうなってくると、高原の復活というのが一番良いのですが、浦和でもレギュラーとして定着していないので、なかなか難しいでしょう。若手で今年一気に伸びてくる選手が現れたら嬉しいんですけどね。大黒あたりはJ2で活躍してるし一回呼んでみるのも面白そうですが。

あとはMFも組み直す必要があるでしょうね。今までのアジア仕様ではなく、W杯仕様に変えないと、難しいでしょうね。日本代表としてまず考えるのは守備。中盤の底が遠藤と長谷部では心許無い。稲本ともう一人しっかり中盤で守備ができる人を組ませないと厳しいでしょうね。今の代表なら今野とかでしょうか?でも今野も昔のような輝きがなくなっています。やはり色々なポジションをこなせてしまう器用さが裏目に出ているように思えます。明神を呼んでみて試してみるのも面白そうですね。

まあ、そろそろ岡田監督にもアジアからW杯モードに切り替えてほしいですね。
livedoor ポイントを上げる

【急募!!食品モニター・化粧品モニター・創薬ボランティア】御協力頂いた方には協力費お渡ししています。


今なら2週間無料でお試し!オンラインDVDレンタル livedoor ぽすれん

人気blogランキング。クリック。クリック。
日記・ブログ ランキング
このブログに一票
ブログランキングranQ


amu19 at 22:33│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする
※現在コメントは認証後表示される設定になっています。

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

amu