2016年05月29日

 『環球時報』が掲載していた社説「安倍弃道而玩术,终究要把自己绕进去」が如何にも中国的でいろいろ興味深かったので、これについて少し。

 これはアメリカのオバマ大統領の広島訪問を受けて書かれたものですが、大意を紹介させてもらうと以下のような感じです。


1 記事の紹介

 オバマは、「核のない世界」を提唱したが、71年前の米軍による広島、長崎への原子爆弾投下についての謝罪はなかった。

 「核のない世界」は、理念であり、実際に実現する徴候はなく、まもなく退任するオバマにとって華麗なるカーテンコールになるだろうし、世界中の人を感動させるだろう。

 しかし、オバマ広島訪問の主人は、「非核」のために呼んだのではなく、広島を通して、世界中にあの戦争の「つらい思い」を伝えるために呼んだのです。

 日本は70数年まえに戦争に負け、戦争末期には、原爆や大規模な空爆を被った。日本人にとってはあの戦争の思い出では、本土が災難にあったことで、国際社会は何度もアジア国家への侵略に対して改めて考えるように求めている。

 一部の日本人にとって、アメリカ大統領の広島訪問は、「歴史的な訪問」アメリカ政府のある種のおわびの気持ちを持参したと思う。

 オバマと安倍が一緒に広島に現れたとき、彼らの思いは全く異なっていた。オバマは「核のない世界」がすぐ現実できないことを知っていたが、自分のスピーチが残ることを望んだ。

 安倍は、歴史問題での勝利を目指し、広島の悲惨な境遇を利用して、日本の第二次世界大戦での侵略者のイメージを薄めることを狙った。

 しかし式典の力は結局は有限だ。広島と長崎の市民は日本の軍国主義が殺したので、安倍は「原子爆弾が日本の間違いが破裂させた」という勇気がない。

 また、今回の訪問に関連して、安倍は日本軍が空爆した真珠湾にいくことがあるのかと聞かれて、「その予定はない」と答えている。


2 被害者意識

 心理学の実験でありますが、人は他人がしてくれた恩(良いこと)は簡単に忘れますが、他人からされた悪いことはなかなか忘れません。

 結果、トータルで同じことをしあっていても、どうしても自分の方が余計に何かされている、自分はあれだけしてやったのに、これしか恩を返してもらっていないとの発想になりがちです。

 結果、今回の戦争問題に限らず、どうしても自分の方がこうした被害を被っている、これだけ大変な目にあったという思いにはなりがちです。


3 被害者意識2

 実際、当事者は苦労したのは間違いないわけですが、それを相手からみると単なる自業自得には見ないというのは、大変悲しいことだと思います。

 嫌な目にあうのは皆嫌なはずで、それをこうした他者の視線で一方的に見るのは私的にはどうかなという思いがあります。

 当然、これは自分の被害者意識を主張するのであれば、他人の被害者意識も尊重しなくてはならないという話で、皆が他人のことについて想像力を働かせるというのはとても大事なことと思います。

 そういう意味で、第二次世界大戦については、日本が中国に攻め込んでいるので、その部分についてどうこうつもりはありませんが、日本だけが悪い、日本が全面的に悪で、中国が全面的に正義だという発想にはとても組出来ません。


4 非核

 それに確かに現実問題として、オバマ大統領が広島を訪問したからこれから非核が進むかというと、おそらくそのようなことはないでしょう。

 ノーベル平和賞をもらったときは皆彼に期待していたわけですが、まともに考えて彼が残された任期で、この問題について何ができるかといったら、殆どないといっても過言ではないと思います。

 ただ、それでもやらないよりは良いわけで、私はそういう意味で今回のオバマ大統領の広島訪問を評価しているわけですが、それを単なる人気取りのように思うのもどうかと思った次第です。


5 最後に

 今回の『環球時報』の論説は中国のいつもの主張そのもので、特に驚くべき内容ではありません。ただ、ここまで全否定するかと思ったのが今日のエントリの動機です。

 確かに中国にとってアメリカは共にファシスト日本(悪)と戦った同盟国でありたいわけで、それが今回の訪問で少し風向きが変わったというのもあったかと思います。

 おそらくそうした思いがいろいろ積み重なった今回のような全否定の社説になったのではないかと思った次第です。



このエントリーをはてなブックマークに追加
凜amuro001 at 16:32│コメント(4)トラックバック(0)歴史認識 | 右傾化?

2016年05月09日

 上海のディズニーが6月16日に開会する前にいろいろ内覧会の様なようなことが行われているようです。ただ、どうも日本のネットなどを見ると少し偏りすぎているのではないかと思ったのでこれについて少し。


1 不文明

 ある種最も典型だと思ったのが、『ロケットニュース24』が掲載していた「 【悲報】上海ディズニーエリアがプレオープン → マッハで糞尿が! ラクガキもされ花も踏みにじられる / ネットの声「夢の国が “ゴミの国” だ」」です。

 内容は表題だけで大体想像がつくかと思いますが、「1週間もたたずにマッハでウンコやオシッコが散乱。ラクガキまでされてしまった」という記事です。

 記事には他に、you tubeの中国語の映像記事が掲載されており、「ここに来た」という文字を刻みこんでいく人や、上ってはいけないところをかなり危ない様子で上っている人々の様子などが紹介されております。

 そして、そうした様子をみて嘆いている中国人の様子なども紹介されています。


2 別の紹介

 映像で見るとかなり衝撃的ですが、中国ではある種当たり前の行動パターンで、こんなものかという感じで、多分そういう人もいるだろうというのが正直なところです。

 ただ、日本に紹介するときに、こうした面だけが紹介されるのは少し違和感がないわけではありません。
you tubeを「上海迪士尼」で検索すると、他にもいろいろな記事をみることができます。

 例えば、『東森新聞 CH51』の「 最新》上海迪士尼試運營首日 演職人員親友受邀」などを見ると、かなり明るい面が強調されています。

 これを見ると日本のディズニーとそんなに遜色もない感じで、楽しんでいる様子(これを見て行ってみたいと思う感じ)になります。


3 別の紹介2

 もう1つ同じyou tubeにあった映像記事『中天新聞 CH52』の「上海迪士尼6/16號開幕 香港挫著等」を紹介させてもらいます。

 これは上海にディズニ―ができると香港の3倍の規模で、1年に2000万人の来客を見込んでおり、香港のディズニーはかなりの影響を受けるだろうとの記事です。

 また、上海ディズニーの入園料は公表されていないものの、最高価格は香港だけでなく、東京よりも高くなるのではないかとの見込みが報道されていました。

 上海ができれば、当然香港だけでなく、東京も比較の対象となるのは当たり前の話ですが、どうもこうした観点も見逃されがちかと思った次第です。


4 最後に

 どうしても上海(中国)というと、中国人はこうだという発想からか、特定の内容の記事が目につくような気がしたのが今日のエントリーの出発点です。

 最初に述べたように、それを否定するつもりはありませんが、それだけではないのが現実ですし、いつまでもそうした見方だけで良いのかというの偽らざる思いです。

 上海には東京にないアトラクションもできるようですし、入場者数も東京を超えるかもしれません。それにもかかわらず、一部の心無い中国人の行動だけを見て上海のディズニーはこうだと決めてかかるのはどうかと思った次第です。

 東京よりすごいところもある。こうしたことなども考えながら見ていないかと、それこそ偏向になりかねないかというのが私の本音です。



このエントリーをはてなブックマークに追加
凜amuro001 at 23:18│コメント(2)トラックバック(0)中国 | 中国品質問題

2016年05月03日

 『環球時報』が掲載していた社説「日本外相访华,摆样子还是真修好」がいろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 岸田外相の訪中を受けて書かれた社説で、内容を簡単に翻訳して紹介すると以下の通りです。

 前回の日本の外相の訪中は2011年で、その後、2012年に日本が中日の釣魚島を「購入」して以来、両国の関係は厳しい。

 彼は訪中前に、中国に対して言うべきことは言うと述べていたが、対日外交が中国にとって最もとらえにくい。

 中米関係は非常に複雑で、緊張しているが、論理は比較的はっきりしていて、予測しやすい。フィリピン、ベトナムは中国は領土紛争があるが、対立点や利害関係は理解できる。

 インドとも大きな領土問題があるが、共に大国で、中国とインドの関係は安定しており、予想可能性が高い。これらと比較して、日本は特別だ。

 中日関係が低調な理由は、日本のアメリカへの傾斜で、東アジアで中国を牽制し、時には中国と公然と敵対することも厭わない。これは地縁政治の原則に反しており、自分の独立性をなくしているが、その目指すところは何か。

 日本の高官は中国との友好関係の発展について述べるが、絶えず中国をあげつらうだけでなく、彼らの行動と口で言っていることはよく矛盾している。まさに裏表のある日本である。

 これについては、中国の飛躍に直面し、日本が心理バランスを失っているという説明がよく聞かれる。より大きな原因は、今でも日本がアメリカに「軍事占領」されていることにある。

 経済大国でありながら、主権の一部が欠けている。そのため、こうした危機感やコンプレックスなどから混乱しているのではないか。


2 外交

 本当はもう少し続くのですが、私的にはここまでで十分「へー、そう考えるんだ」という感じだったので、ここまでにしておきます。

 先に述べておきますが、『環球時報』は共産党機関紙『人民日報』の傘下にあるもので、中国の愛国主義者御用達の新聞で、かなり独自の論理展開をしております(中国紙『環球時報』は日本に対して批判的か?)。

 今回の話にしても、もし中国がアメリカの外交を予測できるのなら、その「配下である」日本の予測をすることも極めて簡単な話のはずです。

 それに何も中国との友好関係を強調しておきながら、態度が異なるのは日本だけではありません。どこの区の首脳も中国を訪問した際には当然「友好」を強調するわけで、総論賛成・各論反対という極めて当たり前の話にしかすぎません。


3 友好

 トランプ候補のような例外もおりますが(トランプ候補の人柄と政策)、一般に政治家が外交をする際には、口では甘い言葉を述べつつも実際は裏でいろいろ画策しているもので、裏表がない外交が存在するはずもありません。

 実際、中国の方が「友好」という言葉を多用しつつ、日本の一部の方々を篭絡してきたわけですが、それこそ、私的には裏・表の最たるもののような気がしてなりません。

 念のため補足しておきますと、私は「友好」が悪いと言っているわけではありません。あまりに(一方的に)相手を信用しすぎるのはおかしいと言っているだけです。

 外交の目的は何かというと、いうまでもなく、相手に気に入られることではなく、自国の利益になることを目指すのが目的で、そのためには駆け引きも必要です(習近平訪韓の意義を強調する中国と、韓国の対応

 結果として、時には「友好」を論ずるのも必要ですし、相手の敵と手を組むことも必要です。実際ロシアなどは表面上は中国と仲が良いわけですが、実際は自国のことしか考えていないことは明確です(ロシアの経済危機と中国)


4 最後に

 確かにこうしたことがわかっていると予測が立てやすいというのは確かかと思います。そういう意味でロシアにしてもアメリカにしても最後は自国のことしか考えていないので、そこから推測すると何を考えているかわかるという面はあります。

 その点日本はこれが徹底していないので、時には本気で中国のことを気にしているのではないかということを平気ですることがあります。

 そうなると中国としては、喜ぶわけですが、直ぐに揺り返しが来て、中国にとって良くない方向に舵がぶれるというパターンが良くあります。

 結果、確かに中国にしてみればよくわからないということはあるのでしょう。ただこれは、思うに日本がお人よしで、自国の利益より、中国との関係性を重視するというわけのわからないことをしでかしてしまうためかと思います。

 つまりその時が単に譲歩しすぎただけで、それを中国が過度に期待しすぎると裏切られたという思いになるという話かと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
凜amuro001 at 22:26│コメント(28)トラックバック(0)日本人論 │