2011年04月18日

 以前、フジテレビの「めざましテレビ」の司会の大塚アナのことを批判したことがありましたが(原発事故2題)、今日はTBSの「朝ズバッ」の、みのもんたについて少し。

 どうも彼は知ったかぶりをすることがよくあり、また、変な発言をしても、周りのアナウンサーが気をつかっていろいろあわせるので、何故ここまでTBSは彼にここまで特別待遇をするのかと良く思うことがありますが、理由は言うまでもなく、彼が視聴率をとれるからでしょう。

 実際、彼はこれまでもいろいろ問題発言を繰り返してきています。例えば2007年の11月の香川県坂出市で祖母と孫娘の2人が行方不明になり、部屋から3人の血痕が大量に見つかった事件では、実際は殺された祖母の義理の弟が犯人だったわけですが、父親を犯人扱いするような発言をしておりますhttp://news.livedoor.com/article/detail/3401854/

 また、民主党の仕分けを取り上げて、国の無駄を省くという話の時だったかと思いますが、日本には多額の外貨準備金があり、それでアメリカ国債を買っているという話になった時に、税金の無駄遣いという話に無理矢理持って行ったことがあります。

 外貨準備金を税金だとを思っている馬鹿さかげん、そしてアメリカ国債を買っていることで日本はかなりの利子収入を得ていることも全く考慮せずに、こうした発言をテレビで平気でしてしまうものかとあきれかえってしまいました。

 今朝もたまたまテレビを見ていたら、原発の風評被害で苦しんでいる農家の方の話題となった時に、私(みのもんた)がいますぐ何か日本でできる権限を与えられたとしたら、その方の過去の農作物収入の3年平均を出して、その差額をすぐにでも支給するとしたり顔で述べておりました。

 本人はいかにも良いことを言ったつもりかもしれませんが、彼はおそらく農作物共済制度があるということを知らなかったのかと思います。この制度は掛け金を納めていると、災害等により農作物の減収があった時に、それを一定割合で補償してくれる制度です。

 確かに、今回のような原発による風評被害などでは東電が第一義的に責任を負うことになるので、農業共済が真っ先にでてくることはありませんが、津波の塩害などはこの制度で補償されます。そのため、もし言うのであれば、こうした共済制度の拡充なり、使い勝手を良くするというのならわかりますが、似たような制度があることも知らずに、すばらしいことを言っているようなつもりの発言、聞いていて「あー、又か」と思うだけでした。

 こうした発言を聞くとよく思うのが、たまたまスポットライトを浴びた政治の素人がいきなり選挙に当選して政治家になった時のことです。それ事態は悪いこととは思いませんが、選挙の公約実現のために新しいことを無理矢理やろうとして周りと軋轢を生むのは見ていていろいろ思いことがあります。新しいことをやる(新しい制度を作る)には、既存の制度を研究して、これまでとの整合性や、移行措置などを考えなくてはならず、新しいことだけを単独でできるものではないということを知っておいてもらいたいと思います。

 政治は結果責任が全てですので、良かれと思ってやったという言い訳が通用する世界ではありません。ある政策を実行することによってどのような結果が生ずるのか検討し、政策を立案しなくてはなりません。それをこうした素人がしたり顔で、わけのわからないことを言って政治を批判するわけですが、こうした発言が日本の政治を良くすることに寄与するとはとても思えません。

 相手を批判するに当たって、かつての社会党のように対案もろくに提示せずに批判するのはもちろん論外ですが、批判するにあたってろくに調べもせずに批判するのも同じ位論外かと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
凜amuro001 at 21:17│コメント(6)トラックバック(0)マスコミ(日本) │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 高田 亨   2011年04月19日 06:29
みのもんたのニュース番組を自分自身では見たことがないのですが、
番組を見た人の感想を聞くたびに、扇動的だと感じることが多かったのですが、
本エントリを拝見して合点が行きました。

みのもんたは知ったかぶりがひどく、さらに現実を無視した提言を吐き捨てる傾向があるのですね。
大衆というのは複雑な現実を見るよりは、単純なスローガンに流されやすい傾向がありますから、
みのもんた的なキャラクターが視聴率をとれるのでしょうね。

しかし、途上国ならまだしも、先進国のはずの日本でも
こういう人の言説が人気をとるのは視聴者の知的レベルが低い証拠で、悲しいことですね。

私が、Twitter でよく話題にしている寒汰という人物も、みのもんたのニュース番組を欠かさず見ているようで、
その主張をそのまま自分のブログに貼り付けて得意になっています。

現実をほとんど理解していないくせに、わかったようなことを言って、正義漢のふりをしたい人間を増殖させてしまっているようですね。


2. Posted by 凜   2011年04月19日 21:42
>高田 亨 様

 私の偏見かもしれませんが、私はみのもんたはどうも知ったかぶりが多いように思われ、あまり好きにはなれません。

 確かにテレビの司会者はオールラウンドでなければならない面があり、何でも対応できる能力が求められるのかもしれませんが、結果として、広く浅くとなってしまい、いろいろ弊害がでるのかもしれません。

 新聞の記事でも本当にこれは制度をわかって書いているのかと思うものを目にすることがたまにありますが、これも同じことが原因かと思います。
3. Posted by 渡部 裕之   2011年04月23日 11:23
私は、みのさんのお蔭で当記事を知り、共済制度を知ることが出来ました。
勉強になりました。
4. Posted by 農家さん   2011年04月23日 21:52
農作物共済は米他2品目だけですよ。
みのさんが何について言われたのか知りませんが、この記事を書かれた方はそこまで知っておられるのでしょうか?
5. Posted by    2011年04月24日 00:58
>渡部 裕之 様

 そう言われると何と答えたら良いかわからないところもありますが、もしよろしければ、今後ともよろしくお願いします。
6. Posted by    2011年04月24日 01:04
>農家さん 様

 おっしゃるとおり、農作物共済は水稲・陸稲・麦の3種類だけですが、私がいっているのは、その上の農業共済です。

 農業共済には、農作物共済の他に家畜共済、果樹共済、畑作物共済など、様々なのものがあり、いろいろな分野をカバーしていたと理解しております。

コメントする

名前
 
  絵文字