2012年07月07日

 今日は中国ネタではなく、方向を変えて、大津市のいじめ事件について少し。

 この事件については、別に私がどうこう言うまでもなく、既に多くの方がいろいろなことを言われているので、スルーしようかとも思っていたのですが、少し予想していなかった展開も出てきたので、何か書いてみようと思った次第です。


1 「いじめ」の起こる原因

 日本で「いじめ」の起こる原因ですが、私は同調性の強さがその最大の原因かと思っております。「空気を読む」という言葉に現れている様に、山本七平氏の提唱した場を支配する「空気」ができると誰もそれに逆らえなくなってなってしまう不可思議な現象と考えています。

 つまり、一旦誰かを「いじめ」の対象にするという「空気」ができると、クラスで誰も逆らえなくなってしまうわけです。怖いのは「空気」にしかすぎないので、いじめられる原因が特にはっきりしていいことです。

 報道等によると、教師は「やりすぎるな」と言っていたということですが、これも本来、「いじめ」を排除すべき教師までもが、こうした「空気」に呑み込まれてしまっていたということを意味するのかと思います。


2 学校・教育委員会の対応

 学校、教育委員会の対応ですが、これもある意味上記の「空気」の延長のようなものかと思います。報道などから私の理解するところでは、学校側で調査しなかった最大の原因は「加害者側の人権」に配慮した結果と考えます。

 つまり、加害者側(保護者)の声が大きく、一旦こうした「加害者側の人権」を守るべきという「空気」ができてしまうと、それに逆らえなくなり、長い物に巻かれろとなったのではないでしょうか。

 怖いのは一旦こうした決定がなされてしまうと、それを組織が今後も守ろうとすることです。つまり、学校側は一旦決定したものを変更することを拒むが故に、それに沿った決定事項を繰り返し行うこととなります(いじめを認めたがらなかったり、自殺との因果関係を否定したりする)。

 そして、教育委員会は学校の教員との人事交流を行っていることが典型的な例であるように、所詮学校組織の一部で、仲間である教師(学校)をかばうことを第一に考え、それに沿った決定を出すこととなります。

 そういう意味で、学校側がだした「いじめ」に対する否定的な見解は、二重の意味で好都合であったはずです。


3 加害者に対する復讐

 それと今回、私の予想外だったのが、加害者側の名前がマスコミ報道のミス(?)から露呈してしまったことです。

 顔写真の特定から親の職業や自宅の住所、電話番号までネットでは晒されているわけで、かなりひどい状態となっているようです。

 「いじめ」は許されざる行為で、別に加害者側をかばい立てするつもりはありませんが、これを見てふと思ったのが、いじめられている生徒が自分の命を犠牲にして、ネットを使ってこうした方法で加害者側に復讐を考えたら「嫌だな」ということでした。

 高橋ツトム氏の漫画で『スカイハイ』という作品があり、殺人等で死亡したものは、「死を受け入れて、天国で再生を待つか。」 「死を受け入れず、現世で彷徨い続けるか。」 「現世の人間を1人呪い殺し、地獄へ逝くか。」の3つのうちからどれか選択できるというものがありました。


4 逃走

 いろいろ考えさせられる作品でした。ただ、死んでしまえば人間おしまいです。仮に復讐できてもそれで死んだ者が生き返るわけではありません。それに以前書きましたが、世界は広く、学校の中にだけいたのではわからないことが沢山あります(『この世でいちばん大事な「カネ」の話』)。

 学校教育をはずれてしまうと全てが終わってしまうように考えている人もいるようですが、日本の学校だけが教育を提供するところでも無ければ、無理をしてかなわない相手に立ち向かうことが勇気ではありません。

 『孫子』の兵法にもあるように、必要ならば今は逃げても、後日戦力を蓄え、再度立ち向かえば良いわけです。敵はいつでもどこにでもいます。逃げてばかりいては話になりませんが、玉砕するよりは逃げた方が数倍マシだと私は、思っております。



このエントリーをはてなブックマークに追加
凜amuro001 at 22:11│コメント(14)トラックバック(0)日本人論 │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 迷路人さんのところより来ました   2012年07月07日 22:40
 >いじめられている生徒が自分の命を犠牲にして、ネットを使ってこうした方法で加害者側に復讐を考えたら
実際この事件は様々な情報が乱れ飛んでいるのですが、自殺した生徒は仰向けになって死んでいた(通常飛び降りは頭か足から落ちる)と言う話がありました。それなら更に別の事を考えてしまいます。
 
 >必要ならば今は逃げても、後日戦力を蓄え、再度立ち向かえば良いわけです。
私もそれを思いましたが、人間追い詰められていると頭が回りませんし、この子にとっては「逃げる=負け」だったのかもしれません。以前某飲食会社の社員があまりの残業時間の多さに自殺した事件があり、退職すれば良かったものを、とも思ったのですが、これも退職すると自分の存在価値が全てなくなるという思考になっていたようです。
 逃げるという選択をして欲しかったと心より思います。
2. Posted by    2012年07月07日 22:53
>迷路人さんのところより来ました  様

 確かにいろいろな情報が錯綜しており、こうした可能性も否定できませんが、「まさかそこまで」という希望的観測もあり、書かせてもらったものです。

 確かに人間追いつめられると、思考が一方向に集中してしまい、まともな判断ができないことがよくあります。

 ただ、そういうときだからこそ、発想を転換してもらいたい。ダメならダメで開き直ることも時には大事かと思っております。
 
3. Posted by 名無し坂   2012年07月08日 09:37
不思議だ、いじめた本人達を攻めないで、教育委員会とか、学校とかに責任転換

している事が分からない。

これは、いじめじゃないだろう。人殺しだ

殺人だよな

加害者は死刑だろう年齢何かもう関係ないと思う。

直ちに、死刑判決を願う
4. Posted by    2012年07月08日 11:50
>名無し坂 様

 もともとこの「空気」の研究は丸山真男の影響を強く受けていると言われています。

 そして、丸山は、実際に戦争犯罪を犯したものの責任の自覚のなさを強く批判したわけですが、「空気」のせいにしていれば、結局そうなってしまいます。

 そういう意味で、今回加害者に対する責任を言及しなかったのがおかしいと言われれば、確かにその通りですが、流れとして入らなかっただけで、私も加害者の責任は当然追及されるべきと思っております。
5. Posted by なんだかな~   2012年07月08日 23:50
「いじめ」は許されざる行為で、別に加害者側をかばい立てするつもりはありませんが、これを見てふと思ったのが、いじめられている生徒が自分の命を犠牲にして、ネットを使ってこうした方法で加害者側に復讐を考えたら「嫌だな」ということでした。
玉砕するよりは逃げた方が数倍マシだと私は、思っております。

ネットの加害者追求は、いじめですよね。
ならいじめの加害者は玉砕するよりは逃げた方が数倍マシということですね。
まあ因果応報、ということですね。
自分のやった行為は、清算されるべきだと私はおもいますがね。
ちなみね私なら3番の「現世の人間を1人呪い殺し、地獄へ逝くか。」を選びます。
6. Posted by 空気のせいでしょうか   2012年07月09日 00:01
今回のこの事件を空気のせいにしてしまうのは、あまりに無責任ではないでしょうか。
加害生徒の家族・親族の中には、様々なレベルでの実力者が含まれています。とうぜん、それらの人物による有象無象の圧力があったと容易に想像できるわけです。事実、加害生徒の母親は自分の息子のしたことをきちんと追及もせず、逆に被害生徒の父兄を非難するような発言を声高にPTA会合において行い(夫、すなわち加害生徒の父親は地元の有力者)、加害生徒の中には、元PTA会長の息子であったり、元警察官の孫がいたりするわけです。こうしたほとんど露骨とも言える権力構造にがんじがらめになった地方都市の日常を「空気」で片づけてしまうのはいかがなものでしょうか。山本七平とも丸山真男とも最も遠く離れた分析であるように思えますが。閉塞的な地方都市における権力構造が隠蔽しかけた事件であって、山本的な意味でも丸山的な意味でも空気などほとんど関係のない事件だと思いますよ。少なくとも事件の概要を追う限り、隠蔽工作を行おうとしているのは明らかにある種の権力者であって、大津市も中学校のある近隣も別にいじめの温床になる空気を持っていたわけでも、いじめを隠蔽する空気を持っていたわけではありません。空気があったとすれば、何らかの権力者からの報復を恐れたという、文字通りあなたの言う「逃走」であって、これはいじめの原因とも隠蔽とも何の関係もありません。
7. Posted by    2012年07月10日 23:36
>なんだかな~ 様

 実際、今ネットで話題になっていることに立ち向かうのは、無謀でしょうから、結果として「逃げる」、より正確には、皆が忘れたくれるまでやり過ごすしかないといったところでしょうか。

 当然「いじめ」は許されることではないので、もし一部で報道されているような、ひどい「いじめ」があったのなら、加害者側がそれなりの責任をとるのは当然だと思います。

 しかし、加害者に対し、こうしたネットでの「いじめ」を行うもの、「いじめ」は許されざる行為と考えるので、個人的には如何なものかと思っています。

 ただ、一方で、ここまでしないと学校も教育委員会も動かなかったという現実があるので、かなり難しいところかとも思っています。
8. Posted by    2012年07月10日 23:42
>空気のせいでしょうか 様

 私はここで提示したのは、1つの仮説(考え方)であり、これだけが全て等というつもりは毛頭ありません。

先に述べたように、「空気」の所為にしてしまうと、では実際にいじめを行ったものの責任はどうなるのかとか、見て見ぬふりをしていた、教師や周りの生徒達の責任はどうなるのかといった問題がでてきます。

 そうしたことを追求するためには、別の見方が必要で、そうした様々な見方を複合的にしていって、初めていろいろなものが見えてくると思っております。

 そういう意味で、私が提示したのは、あくまでの1つの見方にしかすぎませんので、他の見方を否定するものではなく、1つの参考にしていただければと思って書いたものです。
9. Posted by kenji   2012年07月11日 13:55
結局、子供を最終的に守れるのは学校や役所、警察ではなく両親なのだということでしょう。
この事件で我が子を守ることができなかった親御さんの胸中を思うと言葉になりません。
ある意味いじめた側の生徒の親も、己のあらゆるコネを使って我が子を守ろうとしたのかもしれません。
救われないのは、自己と組織の保身のために真実から目を背けて隠蔽を図る「教育関係者」があまりにも多い、ということです。

大津の子供たちが「不信の連鎖」に陥ることがないようにただ祈るばかりです。
10. Posted by    2012年07月11日 23:40
>kenji 様

 学校や警察にとってみれば、我が子は沢山いる子供の中の1人にしかすぎませんので、おっしゃるとおり、親が守るしかないのでしょう。

 いじめた側も転校という結果になっているので、それなりの制裁をうけたであろうことはわかりますし、彼らの親が自分の子供を守ろうとした気持ちも理解できます。

 結局、いじめた側もいじめられた側もかなり悲惨な状態になってしまっているのは間違いなく、いろいろ考えさせられます。
11. Posted by 迷路人さんのところより来ました   2012年07月12日 22:19
 滋賀県警が捜査に入り、警察庁長官も談話を発表しているので、思いもかけない方向に発展する可能性があります。
 また、大津市の新築マンション購入の掲示板があるのですが、今回の事件で大津のマンション購入を控える書き込みがあり、予想もつかないところへ影響が出てました。
12. Posted by    2012年07月12日 23:26
>迷路人さんのところより来ました 様

 今さらですが、やはり、警察が介入すると全く違いますね。

 確かに教育委員会の発言などを聞いていても、歯切れが悪すぎて、何を言っているのかわからないところが多く、まだまだ隠しているものがあるのではないかとも、思ってしまいます。

 願わくば、こうしたイジメ問題に皆が正面から取り組み、悲しい思いをする子供たちが減ることを心から希望しております。
13. Posted by せーちゃん   2012年07月18日 01:27
日教組と教育委員会で固められた教育体制でやって来た事のツケを生徒達が払わさせられている構図だと思う。 橋下氏が主張しているように地域の首長が介入・指導できる体制に改める必要があると思う。これ迄の経過を見ると教師や教育委員会は責任を取らない、取らなくても良いと云う風土が出来上ってしまっている。選挙の洗礼をうける首長こそこういった体制、風土を改革できる。
14. Posted by    2012年07月18日 02:17
>せーちゃん 様

 教育委員会が名誉職状態になっていることに代表される当事者能力のなさや、学校(教師)がイジメを認めたがらない無責任体質が、今回批判を浴びている背景にあるのは間違いないと思います。

 独立して存在する官僚組織がどこからのチェックも入らずに好き勝手にやってきた結果である面は否めず、おっしゃるとおり、選挙などの洗礼を受けるようになれば少しは変わるものと期待しております。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字