2013年01月23日

 以前から『BLOGOS』上での橋下市長の発言をまとめたものは注意してきておりましたが(慰安婦問題で橋下市長に喧嘩を売った記者と新興宗教)、大阪桜宮高校体育科の入試中止に関する橋下市長の発言「ここでそのまま入学を認めることこそ、受験生のためにはなりません。」という記事が大変興味深かったので、今日はこれについて少し。


1 橋下市長の主張

 記事をそのまま見てもらえれば良いのですが、私なりに彼の主張をまとめてみたいと思います。

 桜宮高校で起きた事件は「暴力事案」で「それが常態化」しており、「教育委員会が禁止だ禁止だと言い続けても現場は全く無視」で、「このような指導方法は、周囲の教員はもちろん、生徒も保護者も是認していました。」

 そして「僕のところに次から次へ届く情報・事実を基に判断すると、今の状況ではとてもではないが、新入生を迎え入れる状況にはないと判断し」、「ストップをかけ」たとしております。

 そして、こうした状況を踏まえずに、橋下知事を批判している『毎日新聞』や『日本経済新聞』などを批判しておりますが、中でも『毎日新聞』に対する批判は秀逸ですので、ご一読をお勧めします。


2 双方の意見

 正直私も橋下市長の意見を拝見するまで、今回の件については市長は多少やりすぎたという印象を受けておりましたし、普通科への移行といってもかなり不明瞭なところがあり、玉虫色というか、市長の顔を立てて、看板を多少変えただけという風に解釈しておりました。

 意見の対立が発生した場合、当事者双方の意見を聞かなくては本当のところが何も見えてきません。これについては、これまで嫌という程経験してきましたが、情けない話、それでも今回市長の発言を見るまで、マスコミという一方の意見だけを基に判断してしまっておりました。


3 日本人と「空気」

 山本七平が述べたように(日本人の一生)、日本では、その場の「空気」を読むことが要求されます。今回の事件もいつの間にか、「受験生や在校生のことを考えろ」という「空気」が形成された結果、それに反対している橋下市長が「悪者」にされてしまった形です。

※余談ですが、私は山本七平は、丸山眞男が提唱した「自然と作為」にヒントを得て、この「空気」という発想に至ったのではないかと勝手に想像しております。


 一度こうした「空気」が形成されてしまうと、それを押しとどめるのは難しく、実際、無罪の人が「極悪非道の殺人犯」とされ、非難された事例もあり、マスコミもこうしたことは分かっているはずですがいつも同じ失敗をしている様です。

 テレビの「コメンテーター」と呼ばれる人が典型ですが、毎日起こる多くの事件についてコメント求められると、自分の専門でもない限り1つ1つ調べて独自の意見を述べるのは難しく、結果無難な大衆受けしそうな意見を繰り替す結果、こうしたことを起こりやすくしていると考えます。


4 ネットでの発言

 本当インターネットの良いところは様々な意見が並立していることですが、私はあまり楽観視しておりません。というのは、ネット上に市長と同じ意見を述べる人がいたとしても市長ほどの影響力のある人間は少ないのが現実です。

 実際、市長の発した言葉でなかったならば、私も耳を傾けようと思わなかったのが正直なところです。普通の人は何を発言しても知り合い以外誰も注目してくれないのが現実で、それに慣れてしまうと何を書いても良いと思う人がいても不思議ではありません(ツイッター炎上と発言基準)。

 結果、トンデモナイことを書き込んでしまう方が出て来るわけですが、現在桜宮高校の在校生を思われる方のツイッター上での書き込みが話題となっていることもあり(「ええ加減にせぇ はしもと、殺すぞ」「部落民がいきんな」 桜宮高校生徒がツイッターで暴言)、何とも言えないところがあります。



このエントリーをはてなブックマークに追加
凜amuro001 at 20:13│コメント(11)トラックバック(0)マスコミ(日本) │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by どろりん   2013年01月25日 16:03
4 私も市長が「入試を中止しろ」と言い出した時はやり過ぎだと思いました。
しかし、その後いろいろな情報が出てきたり、いろいろな意見を聞く中でやはり中止が妥当だという結論に至りました。

しかし、やはり橋下市長の発言はいつも乱暴すぎます。
主張がいくら正しくても、彼はもう一弁護士ではなく、大きな権限と責任を持つ首長です。
自らの主張を万人に受け入れてもらうことは不可能でも、より多くの人に理解してもらえるよう、言葉を尽くして説明すべきです。

断定的な短い言葉で切り込む手法は、大きな効果がありますが誤解も生みやすい。
過去に小泉元総理はそれをうまくやったから橋下市長もイケると思っているのかもしれませんが、市長は小泉氏ほどのカリスマ性や地盤をまだ持っていません。

すでに多くの敵を作っている人なのだから、言葉を惜しまず頑張ってほしいです。

すみません、記事とズレたこと言ってますね。
2. Posted by    2013年01月25日 20:16
>どろりん 様

 おっしゃるとおり、橋下市長の発言は確かに乱暴すぎるところがあるかもしれません。

 ただ、思うのはどうしてもマスコミなどで報道される時間は短いので、極端なところのみが切り取られて放送されたという可能性も否定できないかと思っております。

 そういう意味で、じっくり人の話を聞くということは大事だと改めて思ったと同時に、できれば、橋下市長とは反対の立場の当事者(例えば桜宮高校の教師や生徒の意見)などもじっくり聞く機会があればと考えています。
3. Posted by 元ねとうよ   2013年01月25日 20:50
BLOGOSの記事を見ましたが、コメント欄を見ると左系の工作員らしき人たちが盛んに反橋下の活動をしていますね。

自分がネトウヨをやっていたのはもう10年以上前で、当時はヤフー掲示板に張り付いて政治トピに書き込みをしていましたが、こういった世間の耳目を集める事件が発生するとその手の人たちが大量に襲来してきたものでした。

それまでは紳士的な語り口の文章だったのに、「あんた工作員でしょ?」みたいな突っ込みをするといきなり「お前は死ね」などと書き出したり、変わってないなと思いました。
4. Posted by まや1   2013年01月26日 16:10
〉この子供達が本当に!タバコ飲酒をしてあたら!未成年なので!補導するべきです!今の!子供達らしいですね!大人と!法律を!馬鹿にしている!警察は見て見ぬ振りですか?だからなめられる!
自分の行動に!責任を持って無いガキがする事じゃないです!大津で隠蔽して桜宮も隠蔽して呆れてます!
私は!橋下市長支持します。今の桜宮在校生が飲酒!タバコをしていたら!絶対に補導して欲しいものですね在校生の動揺がこの結果ですから!橋下市長を支持します。
5. Posted by    2013年01月28日 19:45
>元ねとうよ 様

 「工作員」ですか、中国あたりですと、本当に政府の雇って工作員が1件いくらで書き込みをやっているので、どうしてもこの言葉を聞くとそれが最初に浮かんできます。

 日本の場合はそこまでではないでしょうが、いろいろな人がいるということでしょうか。
6. Posted by    2013年01月28日 19:47
>まや1 様

 どうも学校内のことだとウヤムヤにされることが多い様に思っております。

 イジメや体罰は明らかな犯罪ですし、万引きも何か別の名前を付けて、犯罪でないように思っている人がいるようで、子供のすることと言っても、高校生にもなれば、それなりの責任を負わせることが必要かと思っております。

 同様に、教師も子供相手だからといって、あんまりな態度はとるべきでないと考えます。
7. Posted by 三毛猫   2013年01月30日 14:05
ある小学校では小1を連日罵倒して不登校にさせた教員がいました。今もいるのかもしれません。何をどうしても問題扱いされず泣寝入りになりがちです。様々なトラブルや経緯を知る保護者の視点からすると橋下市長は本気で改革に取り組む1歩を踏み出した様に感じて応援したくなるのではないでしょうか。取り締まる側はどうでしょうか。叔父は正義感の強い府警官でしたが、上司に度々曲がった事を指示されて長年悩んだ末に退職してしまいました。私の住む所では徐々にですが上司が簡単にもみ消す事が出来難くはなってきています。世代が代われば価値観も異なりますから。
8. Posted by    2013年01月30日 20:15
>三毛猫 様

 学校の中のことはどうもウヤムヤにされることが多かったのは間違いないかと思っております。

 教育委員会も本来きちんと独立して監督すべきなのに、教師が人事異動で委員会の仕事をしている状態では、何をか言わんやと言ったところでしょう。

 少しづつでも改善されていけばと思っておりますが、(学校)教育にはあまりにも問題が多すぎて、大変だと本当に心配しております。
9. Posted by まや1   2013年02月03日 17:21
凛さん?なぜ!一人!一人に!回答するの?
サイト側の人間何ですか???それとも!ただの一般人ですか???他に何か言いたい事があるとか???
10. Posted by    2013年02月05日 06:14
>まや1 様

 「サイト側」の人間というのが何を意味しておられるのか今一不明ですが、私は単にブログを書いているだけの一般人に過ぎません。

 BLOGOSやlivedoorは私の記事を掲載してくれているだけで、直接の関係は全くありません。

 回答するのは、単にコメントを書いてくれた方に対する返事(礼儀)であり、それ以上の意味はありません。
11. Posted by Chu ky so   2013年05月28日 04:00
マスコミもこうしたことは分かっているはずですがいつも同じ失敗をしている様です。

コメントする

名前
 
  絵文字