2014年04月19日

 『ハフィントンポスト』に掲載されていた민용준(ミン・ヨンジュン Elle Korea フィーチャー・エディター)氏の「旅客船沈没事故で恥をさらした醜悪な韓国メディア」という記事が久々に見た良記事だったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 できれば元記事にあたって直接ご覧いただきたいので、概略だけとさせていただきますが、珍島沖で起きたセウォル号沈没事故を巡る韓国メディアについて言及したものです。

 「アメリカのケーブルテレビHBOの連続ドラマ『ニュースルーム』」を引用しつつ、今回の韓国メディアの報道について批判をしております。

 「旅客船に計477人の乗客が乗っており、修学旅行の高校生325人もいて、その客船が沈没した」という第一報が流れた後に、「午前11時ごろには生徒がすべて救出されたというニュースが生徒の親に伝わ」りました。

 「しかしすぐに事実でないと報じられ」、「行方不明者数は発表ごとに変わり、乗客の数さえも不明確」となりました。

 「政府の統計だけが問題だった」のはなく、「各メディアの速報レースもめちゃくちゃ」で、「正確な情報より迅速なニュースが重要だった」ことが今回の騒動の原因としています。


2 メディア

 今回の記事は韓国メディアについて苦言を呈しているわけですが、同じようなことがテレビ番組のネタとして存在しているということは、こうした傾向は韓国だけではないことを意味します。

 もちろん人なので、誤りを起こさない人はおらず、誤報というのはどうしても出てくるわけですが、確かにこうした報道に振り回せた方々のことを思うと、もう少しどうにかならなかったのかと考えずにはおられません。

 韓国というとインターネットの発達などがすぐに思い出されます(韓国が他国に優っている10項目とその欠点)。インターネットの発達に伴い、瞬時に情報が飛び交うことが可能となり、結果マスコミにも速さが求められるようになりました。

 今回の誤報騒動も各メディアが速さを競った結果という側面もあるわけで、物事には必ず長所と短所があるという話かと思います。


3 様々な視点

 インターネットの発達により、私のように個人でも情報発信ができるようになった結果、これまでのマスコミとは異なる視点による情報発信が可能となってきました。

 それはそれで大変素晴らしいことで、ネットを活用すれば、いろいろな見方があることを知ることができます。

 ただ、いろいろな意見が存在するとういうことは、中にはどうかと思うものも存在するわけで、今回の事故でも韓国に対しざまあみろ的な意見も存在します(【ざまぁ】韓国の大型船舶沈没事故をお祝います【天罰】)。

 以前、東日本大震災で日本が大きな被害を被った際に、「日本沈没」などと言える中国人((震災に対する中国の以前と同じ論調のコメント)や、「地震で死んで下さい」などという韓国人(震災一周年に日本人の死を願う韓国人とそれに対する中国人の感想)には嫌悪感しか抱きませんでした。

 今回同じ日本人として、こうした感想を抱く方々がいるということ自体とても情けないことだと思います。


4 最後に

 念のため補足しておきますが、人間なので、いろいろな感情があるのは当然だと思いますし、韓国に対して正直、あまり良くない感情を持っているのは私も同じです。

 ただ、私が問題にしているのは、それを意見として、表に出すのはどうかという話です(性的マイノリティへの偏見や差別をなくすにはどうしたらよいか)。

 仮に嫌いな人がいたとして、その人が不幸な目にあったときに、その人に対して「ざまあみろ」などというのは人としてどうかという話で、そのようなことを行う人を他人がどう思うかそれを考えてもらえればと考えているにすぎません。



このエントリーをはてなブックマークに追加
凜amuro001 at 14:17│コメント(26)トラックバック(0)嫌韓 │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 夏バテ腹ボテ   2014年04月19日 16:01
敵味方問わず死を悼むというのは日本の美学だと思っています。

しかしながら日本に生まれ育ちながらも惻隠の情などの日本の美風を学び損ねた人たちが一定数存在するということですね。

こういった状況を根絶することは不可能でしょうから、せめて彼らの心映えがマジョリティにならないようにするということでしょうか。

この件についての評価として「みっともない」の一言に共感してくれる社会こそが日本であってほしいです。
2. Posted by あかべえ   2014年04月19日 19:21
韓国全体を敵と見るのはどうかと思いますが、どんな集団でも構成員の数が増えれば、必ず統計的に通り魔や、放火犯とか面白い考えを持つ人が出ます。日本人も韓国人も中国人同じ人間ですから大差はありません。

多数の人が集団感染されたら要注意ですが、今の日韓や中国でも国を挙げて感染を拡大させる動きがあるようですね。
3. Posted by 雨槍原チャ   2014年04月20日 02:58
凜さんへ
今回の海難事故に対しての嘲笑はネットの匿名性に頼った卑怯な発信と考えます。
今は小学校等でもインターネットについての授業があると聞きました。
ネットも社会インフラと考えれば、道でゴミのポイ捨てをしないとか、公共物(図書館の本とか)などは大切に扱うとかの道徳の授業と絡めてインターネットの教育も早いうちから行えば少しは卑怯な発信もなくなるかな?とも考えます。

後、今回の報道で、(大分記憶が曖昧なんですが)以前にあった韓国での列車火災事故の報道(多分地下鉄で原因は放火)を思い出しました。
その時も当初の報道は犠牲者は、確か2名でしたが、、時間が経つごとに犠牲者がどんどん増え、結局数百人に上ったと記憶しています。
惨事において情報は混乱も錯綜もするのでしょうが、
それにしても犠牲者数の振れ幅が大きいなと思いました。

今の事故関連は救出状況、船長以下航海士への非難、
そして、乗客(生徒)の脱出を自らの命より優先させた船員や教師(その人たちは亡くなった様に報じられていますが、どうやって確認したのでしょう?)
等の美談のようですが、マスコミは当初の誤報に関する検証もしっかりやるべきと思います。
4. Posted by ななし   2014年04月20日 10:02
閲覧している所が違うだけかもしれませんが、他人の不幸を喜んで見せるのは、注目をあびたいか、扇動か、なりすまし日本人がほとんどでしょう。
私の巡回先では、気の毒に思う人が圧倒的多数でした。

この学生さん達が、たとえ国連に反日活動をしかけているときいても、修学旅行の目的が反日だろうと、同情にかわりはありませんでした。

問題はその後です。政府が日本支援を断った言い訳なのか、おそらくバンクか国情院あたりに指令が入ったのでしょう。日本の支援に関して、猜疑と下心とする工作がばら撒かれました。
親日発言で学生が逮捕されるようなお国柄ですから、しかたないのでしょうが、あっという間に悪口のオンパレードです。それをみていると、やはり「同情してはいけない人達なのだ」と、確信しました。しかし、大統領の人気は多分に印象操作されたものじゃないですかねぇ。今は支那もくね女史をバックアップしてますから、そちらからの工作かもしれませんがw

朝鮮戦争では、このような事が繰り返されるのですから、心を強くしなくてはいけないですね(T ^ T)
5. Posted by 高田 亨   2014年04月20日 16:08
報道される犠牲者数がコロコロ変わるのは、速報性の希求よりは別のところに主因がある気がします。
センセーショナルな報道をしたものが勝ち、嘘はついたものが勝ち(嘘から出た真で当たればラッキー、外れればなかったことのように振る舞えば良い)という、短絡的な発想があるような気がしてなりません。
いずれにせよ正しい情報を伝えるというメディアの良心が希薄なことには違いないようですね。
今はどこの国でもメディアは苦境にあって、センセーショナルな方に走りたがる傾向は韓国に限らないことですが、残念なことには違いないですね。

今回の件で喜んでいる日本人が本当にそれなりにいるんですかね。極右的な掲示板を見てみても、私はそういう人を見かけなかったので意外でした。
まあ、ごく一部でも居れば、そういう人の声を針小棒大に取り出す人もいるので(そしてそれを韓国に伝える人もいるので)、ある程度の影響力を持ちそうですが、実数としては非常に少ないのではないかと思います。

6. Posted by 赤城三十郎   2014年04月20日 17:20
どの国にも屑はいるでしょうし、日本にもいるのでしょうが………

「反日無罪」を国是とする輩を『反面教師』としたいですけど、かの国のマスゴミはサッカー日本代表のみならず、「旭日旗」、日本の存在理由までも否定したい様です(笑)!?
┓( ̄∇ ̄;)┏
7. Posted by GODFIELD   2014年04月20日 23:12
3 凜さん 初めまして
 韓国にも、自国を憂える人士はいるようですね。
マスコミも、つまるところ国民性の顕れであり、韓国のそれは、intolerance(非寛容)が際立つ印象を受けます。昨年、防災の日の前に、韓国最大手紙が「関東大震災時に6,600人から22,000人の韓国人が流言によって虐殺されたことから「関東大虐殺」と呼ばれるべきである」という記事を載せた時には、「金庾信将軍の末は絶えたか…」と、暗澹たる気分に陥りました。
 これについては、李承晩時代に、賠償を求める資料として290名という犠牲者数の一次資料があったはずですが、それに触れた韓国のマスコミは寡聞にして知りません。凜さんはご存知でしょうか?
 多くの人によれば、今は、黙示録の世であり、悪魔に従うものは、悪魔の性に染まるという。すなわち、嘘に巧みで、神に従うものに強い憎しみをもち、冷酷(非寛容)である。聖書記者は、そのような「憤怒の子」になって、「火のゲヘナ」に投げ込まれてはならないと諭しています。
 弱い私は、マーラー9番の終楽章を聴き、犠牲者と関係者に慰めを祈ろう。
8. Posted by    2014年04月21日 05:54
>夏バテ腹ボテ 様

 私も大変「みっともない」ことだと思っております。

 おっしゃるとおり、こうしたことをする人が増えないことをひたすら願うだけです。
9. Posted by    2014年04月21日 05:56
>あかべえ 様

 どのような社会でも犯罪者はいるように、いろいろな人がいるわけで、だからこそ社会は多様性に富むわけですが、それでもやって良いことと悪いことがあるという話かと思います。
10. Posted by    2014年04月21日 05:57
>雨槍原チャ  様

 確かにこの問題はネットの匿名性と切り離せない問題と考えます。

 面と向かって相手にこんなことを言う人がどれだけいるかという話になるわけですが、それができてしまうのが、ネットの怖いところでもあります。
11. Posted by    2014年04月21日 05:59
>ななし 様

 もちろんこんなことをするのは一部だけというのは良くわかっております。

 しかし、中国の新聞を見ると何かあるたびにこれは「一部のこと」という言い訳を目にし、一部の者がするだけなら、何をしてもよいのかという感想を普段抱いているものとしては、いろいろ思うところがあったという話です。
12. Posted by    2014年04月21日 06:00
>赤城三十郎 様

 おっしゃるとおり、すべてがすべて聖人君子の国ななどはいないわけで、日本にもいろいろな人がいるという話かと思います。
13. Posted by    2014年04月21日 06:05
>高田 亨 様

 順番が逆になり、すいませんでした。マスコミにこういう傾向があるのは、どこの国でも同じかと思います。

 ただ、隣の芝生は青い的発想で、韓国では急に「自分の国がやはりダメだった」という思いが強まっている感じがしており、私はこうした極端から極端への振れはあまり良いこととは思っておりません。

 もちろんこれまでの「韓国は世界一」的発想もどうかと思いますが、単にそれが裏返しになっただけで、時間が立てば、また元の発想に戻るだけな気がしてなりません。

 
14. Posted by    2014年04月21日 06:08
>GODFIELD 様

 はじめまして。

 関東大震災の数については、存知あげませんでした。資料名などをお教えいただければ、幸いです。

 ただ、最近の韓国の動きを見ていると日本をたたくためなら何をしてもよい的発想があるような気がしてなりません。

 こうしたいちゃもんとしか思えないものには、反感しか引き起こさないわけで、少し考えてもらいたいところです。
15. Posted by GODFIELD   2014年04月21日 08:29
おはようございます

 記事を載せたのは「朝鮮日報」ですが、会員登録しなければ記事を読めないようなので、「紙」で保存していた他メディアの記事を貼っておきます。不都合なら削除下さい。


韓国歴史学者「関東大震災は関東大虐殺と改めるべき」―韓国メディア
れこーどちゃいな
2013年8月30日(金)19時50分配信 Record China


記事画像 30日、韓国・朝鮮日報によると、韓国の歴史学者が、1923年9月1日に日本で起きた関東大震災は「関東大虐殺」と改めるべきだと主張している。 [ 拡大 ]
2013年8月30日、韓国・朝鮮日報によると、韓国の歴史学者が、1923年9月1日に日本で起きた関東大震災は「関東大虐殺」と改めるべきだと主張している。人民日報(電子版)が伝えた。以下はその内容。

90年前の1923年9月1日に日本で発生したマグニチュード7.9の大地震は、もともと自然災害だったが、無数の韓国人が日本人に虐殺される惨劇へと大きく変わった。

当時、日本政府は「朝鮮人が至る所で放火し、狼藉を働いている」といううわさを流し、「朝鮮人を殺しても構わない」と煽り立てたことで、大量の韓国人が殺された。統計では6600~2万人が殺害されたとみられている。事後に日本政府は偽装工作を行い、責任を平民に押し付け、加害者を放置し、教科書を改ざんした。

韓国歴史学界は、「事件は民族浄化と大虐殺にほかならない。その残虐さや狂気さは、ナチスのユダヤ人大虐殺や日本軍による南京大虐殺にひけを取らない。『関東大震災』は『関東大虐殺』と改めるべきだ」と主張している。(翻訳・編集/北田)


--------------------------------------------------------------------------------
16. Posted by 我無駄無   2014年04月21日 11:12
「他人の不幸は蜜の味」。こういう風に考える人は、古今東西どこの国にも存在する。こういうことなのでしょうが、こういう風な考え方で生きる人は、結局「自分も他の人にとっては「他人」なのだ」ということが、認識できないのでしょうね。

つまり、自分がどんな不幸な状況にあっても、それが他の人にとっては「蜜の味」になってしまうということが、理解できない。

そして、そういうタイプに限って、「自分は他人に何をしても許されるが、他人は自分に何をしても許されない」こう思いこんでいる。

それで、自分が普段、他人にしていることを棚に上げて、自分が他人に何かされると食ってかかる。

そういう人が、色んなトラブルや対立、騒乱の原因を作っていくのですが。

ところで、人間と動物の違いの一つに「鏡に映った自分を自分として認識できるか」というものがあるそうです。

人間は、鏡に映った自分の顔を見て、髪を整えたり化粧をしますが、犬や猫などに鏡を見せると鏡の中の自分の姿を見て、威嚇をしたり攻撃をするそうです。

また、「他人は鏡に映った自分の姿である」こういう考え方もありますが、他人の不幸を喜んだり他人を虐げて喜ぶ人は、結果的に自分自身を傷つけ損なっていることに、気づけべきだと思います。

あと、技術の進歩もよいことばかりではない。こういうことなのでしょうね。

実際の話、低速の電話回線を使って、通信費が場合によっては100万単位という状況では、こういう事態も起こらないでしょうし、また、写真一枚撮るのに数時間かかり、「写真を撮ると魂を抜かれる」そう言われた時代には「盗撮」等も考えられなかったわけですから。
17. Posted by GODFIELD   2014年04月21日 12:44

他出しておりました。
次の情報ですが、韓国の一次資料にアクセスできるかは確認していませんが、以下のように報じられています。
-----------------------------------------
「日本がどれだけの悪事を行ったか明らかに」=関東大震災時の朝鮮人虐殺で新資料―中国メディア - 速報:@niftyニュース
2013年11月24日、中国新聞網は記事「関東大震災での朝鮮人虐殺の罪、韓国史料が暴露」を掲載した。
韓国・聯合ニュースによると、韓国国家記録院は3・1独立運動の犠牲者名簿630人、関東大震災の朝鮮人犠牲者名簿290人、戦時徴用者22万9781人の名簿が発見されたことを発表した。今年6月、在日本韓国大使館の建て替え作業に伴い発見されたもので、日韓国交正常化に向けた資料として李承晩政権が作成したものと見られている
関東大震災での朝鮮人虐殺は数千人単位とも伝えられているが、これまでは具体的な名簿が存在しなかったという。また三・一運動の被害者についても従来を大きく上回る数となった。韓国外務省の趙泰永報道官は19日の会見で、「日本が過去にどれだけの悪事を行ったか、改めて明らかになった」と発言している。(翻訳・編集/KT)
-----------------------------------------
18. Posted by chongov   2014年04月21日 13:23
死者に批判する気がない。韓国が嫌いけど、さすが遭難者にご冥福をお祈りします。
19. Posted by    2014年04月22日 06:21
>GODFIELD 様

 わざわざありがとうございました。

 どのように調査されたのかなど、確認すべき内容はにあるかと思いますが、こうした「数字」は極めて大事かと思います。

 さもないと思い込みや偏見だけで数字が膨らんでいしまうことはよくあり、何を根拠にしたのかが大事になります。

 今回のように、救助された数字が変わったのでは確かに遺族の気持ちもわからないではなく、いろいろ思うところが合った次第です。

 お手数をおかけして申し訳ありませんでした。
20. Posted by GODFIELD   2014年04月22日 09:33
おはようございます

 そうですね。犠牲者が単なる「数字」になってはいけません。
それは人間を侮辱することです。「関東大虐殺」という無慈悲な言葉は(もちろん虐殺の事実は反省すべきですが)、大震災での10万人以上の犠牲者を冒涜し、靖国神社では、祀られている二百数十万柱を無視し、戦犯だけを問題視し非難している。南京大虐殺も「名簿」は存在しませんが、犠牲者30万人は「歴史的事実」だという。嘘と憎しみと無慈悲を教えることが「正しい歴史認識」と呼べるはずはありません。

 今の世のありさまを見ていると、悪魔と、それに従うものは間違いなく存在し、「洪水の前」のようにそれが世を覆っていると思われます。聖書に記されている希望が現実のものとなり、一刻も早くそれらが「過ぎ去る」ことを願わずにはいられません。
21. Posted by    2014年04月22日 22:17
>我無駄無 様

 鏡の比喩、いろいろ考えさせられます。

 姿形は同じでも、自分が認識できる他物であるという意味で、自分と同じものではないわけですが、それをどのように認識するかというのは心理学的にも興味深い議論がいくつかあったと記憶しております。

 そして、鏡という媒体に写った自分をどのように認識するかという問題も大きな問題で、ありのままの自分と見るか、実際の自分とは異なった自分と見るか(理想化するか、卑下化するかなど)いろいろ考えさせられるところがあります。
22. Posted by    2014年04月22日 22:18
>chongov 様

 私もそのように考えます。
23. Posted by 我無駄無   2014年04月23日 14:16
凛様
人は、他人の行いを見て自らの行為を省みたり、他人の境遇に同情したりしますが、それは他人の中に「もう一人の自分の姿(鏡に映った自分の姿)」を「見る」からです。

それのできない人が、他人の不幸を喜んだり他人を貶めて喜んだりするわけです。

つまり、そういう人は、悪い意味で、鏡に映った自分の姿を見て攻撃したりする、「動物」と同じレベルだということです。

そういう人は、鏡に映った自分の顔に向かって罵声を上げ続けたり、怒鳴り続けると良いようですね。
24. Posted by 我無駄無   2014年04月23日 14:26
ただし、鏡に映った自分に向かって、「お前は誰だ」と問い詰めることは、「やってはいけない」そうですが。
25. Posted by 我無駄無   2014年04月23日 17:14
蛇足になりますが、鏡の比喩は単なる「比喩」ではなく、「事実」としても成立するようです。

というのも、人間の脳(というかある程度脳組織の発達した動物の脳)の中には、「ミラーニューロン」というエリアが、存在するからなのですが。

この「ミラーニューロン」が発見されたのは、数十年か前にイタリアで、脳の研究をしていた科学者たちが、脳に電極を指して実験をしていた猿の目の前で、ジェラートを食べていたところ、猿の脳にもその猿がモノを食べいた時の反応が、出ていたことが、発見されたことがきっかけなのですが。

以来、「ミラーニューロン」は他者の行為や感情や境遇を「自分のこと」として感じ取る機能をもっている。と理解されているようです。
26. Posted by    2014年04月24日 05:51
>我無駄無 様

 「ミラーニューロン」については、初めて聞きました、お教えいただきありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字