2014年05月30日

 最近このパターンばかりですが、前回のエントリー(中国の行動は「中2病」の結果か?)昨日に引きでもいろいろ興味深いコメントをいただくことができたので、これに関連して少し。


1 政治と潔白性

 前回「確かに中国ほどではないかとしれませんが、汚職は日常茶飯事ですし」と書いたところ、「清廉指数世界18位の日本、汚職は日常?なら全世界の汚職は日常です。あなたの日本に対する過小評価は驚いだ。」とのコメントをいただきました。

 これに関しては「まあ、仕事でいろんな国の人と話をしていると、ほとんどの国の人が自国の政府の腐敗ぶりに悪態をついているので、正直どこがひどいかはなんとも言えないところがあります。」というコメントを別の方からいただきました。

 「清廉指数」は中国での呼び方で、日本では「腐敗認識指数」と訳されているようですが、どうしても自国の政治については、良い面以上に悪い面が目につき、こうしたロクでもない事案があったというのが浮かぶので、自国には辛辣になるという話です。

 その点外国の事案はよく知らないので、外国に対して過度の期待を持つことはよくあるパターンで、実際これは「隣の芝生は青い」という諺もあるとおり、外国だけでなく、自分たちの身の回りでも良くあるものです。

 ま、それ以前に私の場合は(国際)政治学が専攻で、パワーポリティクスの影響を大きく受けていることや、政治とはこういうものだと割り切っているところもあるので、そういう書き方になったという面もあります。


2 政治と潔白性2

 これに関連して、もう一つ興味深いコメントを紹介したいと思います。

 例えば、「汚職のない民主主義国家」、「たまに汚職のある民主主義国家」、「汚職だらけの民主主義国家」、「汚職のない独裁国家」、「たまに汚職のある独裁国家」、「汚職だらけの独裁国家」の内、皆さんはどの国に住みたいですか?

 自分としては、汚職のない民主主義国家は、どこかうそくさいと思います。

 また、汚職のない独裁国家は、いつ大規模な粛清が起こるかわからない怖さがありますし、まあ、汚職だらけの独裁国家が最低なのは、論をまたないでしょう。

 一番無難なのは、「たまに汚職のある民主主義国家」だと思います。そしての我々、日本人はこの「一番無難な国」に生活しているのですが。

 寛政の改革を行った松平定信は田沼意次が推進した重商主義政策を否定し、緊縮財政、風紀取締りを行いました。結果、庶民にまで倹約を強要したことや、極端な思想統制令により、経済だけなく、文化面の停滞まで招いてしまいました。

 当時、「白河の清きに魚も住みかねて もとの濁りの田沼恋しき」という狂歌が流行ったのは有名な話かと思います。

 実際、私も汚職を全くするものがいないなどという社会はどうかと思っております。というのは、汚職かどうか微妙な事案というのはいくらでもあるわけですが、そうしたものさえないということは、ひどい恐怖政治が行われている可能性が高く、かなり息苦しいだろうなと考えるからです。


3 贈答文化

 中国の場合は「贈答」が日本以上に文化になっており、贈ったり、贈られたりのやり取りが本当に盛んです(世界の高級品消費の22%を中国が占める現状)。

 更に、メンツを重んじることが国柄というか、既に常識となっており、それなりのものを贈って当たり前的なところがあり、もらう相手もそれを当然と思っているようなところがあります(中国人のメンツ重視と拝金主義)。

 実際、どこまで賄賂か微妙な事例もあるわけですが、こうした贈り贈られがコネ(関係)強化となっているのが中国の実情で、結果、取扱いに差があることが多く、コネがない人から見れば、不公平なことと思うことが多々あります。

 日本でもかつては同じようなことが言われていたわけですが、法律で禁止されると行わなくなる(悪い意味では融通の利かない)のが如何にも日本で、それでも何とか抜け道を探し出そうとするのが中国的だと勝手に思ったりしております。


4 最後に

 そういう意味で私は中国の賄賂を一概に否定するつもりはありませんが、こうしたコネを持てない(贈り物をすることができない)貧しい人たちにしてみれば不公平極まりないというのはわかります(自国の法制を全く信用していない中国人中国の縁故採用等)。

 そのため、「否定するつもりがない」などと言えるのは、外から中国を見ているから言える話で、もし私が中国人でこうした不公平を散々実感していれば言えることでありません。

 逆に私はコネをたくさん持っている中国人であれば、逆にこうした社会情勢こそが望ましいと思っているかもしれません。何が言いたいかというと、所詮人は自分の置かれた状態でしか、ものを見ることができないという話です。



このエントリーをはてなブックマークに追加
凜amuro001 at 19:54│コメント(21)トラックバック(0)コネ社会 │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 我無駄無   2014年05月30日 20:57
凛様
先日に引き続き、また拙文を引用してくださって、ありがとうございます。

昨日BLOGOSで、一昨日の凛様ブログに対するコメントを読んだ時の感想ですが、コメントを投稿した人たちは、このブログ本編での自分のコメントをほとんど読んでおらず、「ここ10数年でジャイアン化した~」というくだりしか、読んでいないわけです。

なので、その部分に対して、いろいろと感想が寄せられていたのが、新鮮でした。

特に、「中国をジャイアンにしたのは日本である」というコメントは、確かにその通りかもしれないと思ったものです。

あと、賄賂に関して言うと確かに不正行為に違いないわけですが、必ずしもその「不正行為」を過剰に取り締まると、末期の新鮮組のように血で血を洗う内部抗争になってしまうのではないかと思います。

ていうか、今の日本社会は、それに近づいているのではないですかね?

何かあると、集団ヒステリーの状態になり、過剰に叩く。

ここ最近の例では小保方さんのように。

例えば、原付免許を取るときにこういう質問が出ます。

「チェーンの遊びは20㎜必要である○か×か」と。

この問題の趣旨は、「あまりにチェーンをぎちぎちに締め付けすぎると、走行時に切断する危険があるので、ある程度「遊び」具体的には「指でチェーンの上下を押してみて、少したわみが出来る程度もの(つまり20㎜)必要である」」こうなるのですが。

最近の日本社会は、1㎜の緩みも許されない、そういう風になっているのではないかと思います。

それも、何だか恐ろしいのですが。

それよりも、集団で誰かを責めるのが楽しくて仕方がない、そういう性格の人たちが、増殖しているとも取れますし。
2. Posted by 高田 亨   2014年05月31日 02:57
田沼意次に関しては凛さんも少し触れられてますが、昔とは評価が相当変わっていますね。
賄賂についても、当時のそれは中国のものと近く、賄賂が官吏の貴重な収入源(それがなくては官吏の生活すらままならない)ところがあったようです。
一方、賄賂が道徳心に反するという意識もあったようで、だからこそ松平定信の時代に禁止となるわけです。

今回の賄賂ランキングに関して、chongov さんといくつか興味深いやりとりをさせていただいたのですが、ポイントをご紹介します。

* 実際の汚職とは数字化できないものであり、このランキングもあくまで汚職が多いと思われてるか、少ないと思われてるかの「認知度」のランキングである
* 上位(清廉だと認識されてる国)は北欧国が多い
* 日本の順位はそれなりに高い (18位)
* 中国の順位も著しく低いとまではいえない(80位)
* 清廉度と一人あたりの GDP には高い相関関係がありそうだ
* 上記の相関関係にも関わらず著しくランクが低いのはロシアとイタリア
* 汚職がひどいにも関わらず一人あたりの GDP が高いのは何かポジティブな面があるのだろうか

なお、名称についてはいろいろありますが、私は中国語の清廉指数が正確で使いやすいと感じています。
日本語でも意味が通りますし、何よりこのランキングは高いほうが清廉=汚職が少ないというものですから。
3. Posted by chongov   2014年05月31日 10:45
高田さんへ

前のレスに、あなたは「汚職がない民主国家は嘘くさい」を言った。でも清廉指数から見れば、汚職がほどんどない民主国家(デンマーク、フィンランド、ニュージーランド)は確かに素敵な国だ。
4. Posted by 我無駄無   2014年05月31日 11:52
chongovさん

5. Posted by 我無駄無   2014年05月31日 12:13
chongovさん
確かに、汚職や不正のない国は民主主義国家としても理想なのだと思います。

とはいえ、どんなにきれいな家や道具でも、長年使っているうちにいろいろと、汚れが付いていくるものです。

ある程度の汚職や不正は、その長年使っているうちに出てくる「汚れ」のようなものでしょう。

そういう汚れは、その都度綺麗にすればいいわけですが、逆に家等の場合そういう生活の結果としての「汚れ」がなく極端にきれいすぎる場合、生活臭がないというか、誰も住んでいないというか、リアリティがないわけですよ。

そういう意味で、「うそくさい」というわけです。

例えば、プラモデルなどを作るときに、作ったもののリアリティを高めるために、わざと「汚し」を入れる「ウェザリング」という手法があります。

これは、車のプラモの場合はタイヤ回りは、泥で汚れているはずだから、茶色で汚しを入れようとか、戦闘機のプラモの場合はアフターバーナー(ジェットの噴気孔)のあたりは黒くすすけているはずだから、黒く汚しを入れよう。といった具合に。

そうすることで、完成したプラモに、臨場感が増したりするわけです。

要するに、若干の汚職や不正は国として、国民の生活が確実に営まれている証として、見ることが出来るということです。

もちろん、「ごみ屋敷」や「汚部屋」状態が困ったものなのは、言うまでも有りませんが。

逆に、「雨風で家の壁面が汚れしまった」とか言う理由で、「その家を丸ごと壊してしまえ」というのもどうかと思うわけです。

今の日本は、国家レベル(独裁国家の粛清)ではなく民間のレベルでそういう方向(ネットにおける叩き合いとか、その典型例が最近の美味しんぼ騒動や小保方騒動)に進みつつある、怖さがあると思うのですよ。

上のコメントは、手違いで本文が書かれないまま送信されてしまいました、失礼しました。
6. Posted by chongov   2014年05月31日 14:16
我無駄無 さんへ

わかりました。あなたの論理は確かに理解しやすいです。日本やアメリカやイギリスは、一人当たりGDPも清廉指数も、順位は世界180ヵ国の中が10~25位に浮動する国です。つまり80~90%の国に勝ってる。それでも「トップレベル」ではないって「少し汚いレベル」かな。あなたから見れば、それも理解できることです。確かにそうです。でもロシアの状況はただガス資源の活用やエネルギー財閥の拡張を思うです。だから格差は中国以上に広まった。
7. Posted by 我無駄無   2014年05月31日 18:35
chongovさん
ご理解いただけたようで、何よりです。

それで、「清廉指数」以外に「社会安定度指数」や「非暴動指数」等があったとしたら、日本は間違いなく、トップレベルでしょう。

実際の話、原発関係にしても、他の国だったら確実に暴動に発展しているはずのデモすら、あの程度で済んでいるわけですから。

あと、嫌韓デモにしても韓国のように国を挙げての「反日」ではなく、ごく一部の人間がごく限定された地域でやってるだけですから。

まあ、いろいろ問題があっても、日本はまだまだ暮らしやすい国だということです。

ただ、これから先を考えると正直、微妙という気がするのですけどね。

あと、中国は「清廉指数」という点で言うと、あれだけの大所帯から見ると、まだまだ「ごみ屋敷」には程遠いのではないですか(つまり綺麗(清廉)ということですが)?

まあ、家の部屋数が多く住人が多い分だけ、「汚部屋」が増えているというだけで。

ロシアは、戦後の中共に比べると、国の歴史が長い分だけ「よどみ」があるということでしょう。

ちなみに、中国は戦後リセットされて中華5000年の歴史ではなく、中華人民共和国60数年の歴史と考えるべきですが。
8. Posted by 我無駄無   2014年05月31日 18:59
あと、中国は今のように共産党で無理やり全体を管理すのではなく、春秋時代のようにいくつかの小国に分割する形で、運営した方が結果的にうまく管理できるのではないですかね。

汚部屋の始末も、かく分家(小国)にしっかり管理させるという形にして。

もちろん、各小国どおしが戦ったりする(戦国時代の覇権争い)のではなく、共存し合うという形ですが。

長期的にはそういう形態に移行した方が、欧米の支持を得やすいと思うのですよ。

なんにしても、共産党体制の行き詰まりのストレス発散の道具として、スケープゴート扱いされる日本は、たまったもんじゃないわけですし。
9. Posted by k_endou   2014年06月01日 03:27
凜様

昨日から続く、皆さんの汚職・不正に対するお考え、多種多様あり、大変興味深く拝見しておりました。

清廉指数の各国比較で、一人当たりGDPの高い国のうち、北欧が高く、日本、米国、英国が中位、ロシア、イタリアが低位等を見ると、利便供与に対する各国民の考え方とその必要性の相互に由来しているように思えますね。

この汚職不正も贈収賄等の一対一での利便供与が多いのでしょうが、これは日本独特なのか分かりませんが、談合のような利便・利益の配分といった形での不正は、他国ではどのようなものなんでしょう。

我無駄無さんのタイヤチェーンのクリアランスで比喩される寛容さというのでしょうか、やはり水清ければ魚棲まずではないですが、余り精神的余裕がないのも、個人的にはどうかと考えます。
10. Posted by 高田 亨   2014年06月01日 04:13
chongov さん、k_endou さん、

この清廉度指数ランキングに関して誤解されているといけないので、付け加えておきます。

"No country has a perfect score."
http://cpi.transparency.org/cpi2013/results/

トップのデンマークにしても、汚職がないというわけではありません。
他国よりは少ない(と思われている)に過ぎません。

汚職が全くないということと、他国より少ないということは全く意味が違いますので、注意した方がよいかもしれません。

また、日本はランキング上位ですが、最上位の北欧勢よりは遥かに下ですし、アジアでもシンガポールよりは遥かに下位です。
中国の一部である香港にもわずかに劣るというスコアですので、トップクラスの清廉な国と認知されているわけではないのにご注意ください。



11. Posted by 我無駄無   2014年06月01日 11:49
中国の「贈答」の習慣を見てみると、贈答は車における「エンジンオイル」の役割を果たしているように見えます。

また、江戸時代の田沼意次の時代にも、同じことがいえたと。

で、エンジンオイルの目的は何かというと、言うまでもなく、エンジンの摩擦を防いで焼きつきを防止すること。

そして、エンジンオイルを入れないと、とたんにエンストを起こしたりオーバーヒートを起こすわけです。

松平定信の時代には、文字通りそのエンストが起こったと言えるでしょう。

チェーンに置き換えれば、チェーンが切れてしまったと。

では、清廉度指数の高い国と、低い国の違い何かというと、何が国におけるエンジンオイルの役割を果たしているのか? にありそうです。

要するに北欧などの国では、「贈答」などの賄賂と紙一重の物に依存しなくとも、社会が円滑に動いていると。

だから、結果的に「清廉度」が高いのだと。

それと、車そのものの整備の状態や、ドライバーのコンディション(飲酒をしていないかとか)も考慮する必要があるわけですが。

まあ、北欧の場合には真っ先に社会福祉が充実していることがあげられるので、それによる安心感がバックボーンになっているのかもしれませんが。

要は、「年をとっても国が責任を持って、面倒を見てくれる」。これを確信するとが出来れば、それで心の余裕が生まれるわけですから。

だから、福祉の充実度と清廉度の関係性も、考慮する必要があると思います。
12. Posted by 我無駄無   2014年06月01日 11:58
余計なことだと思いますが、以前のコメントでは、国を「家」にたとえていましたが、上のコメントでは「車」に置き換えています。

で、車のコンディションというのは全体的な国の状態であり、ドライバーというのは政治家や行政に携わる者を指します。

また誤解するコメントを書く人がいるといけないので、念のため書いておきました。
13. Posted by 我無駄無   2014年06月01日 12:22
高田さん
「清廉度」に対する資料以外に、「国民の国に対する信頼度」とか、「税金に対する抵抗感」の資料ないのでしょうか?

日本の場合を考えると、国に対する信頼度が低く、税金に対する抵抗感はかなり高いと思います。

それと、「清廉度」との間に、相関関係があるように思えます。

それは、先進各国の中で税金がかなり高い北欧で、清廉度が高いことを見れば、分かると思うのですが。

つまり、北欧は国に対する信頼度が高く、かつ税金に対する抵抗感が低い。

それも、清廉度が高い理由の一つになっていると。
14. Posted by 我無駄無   2014年06月01日 12:53
上のコメントで、「国に対する信頼度」のことを書いた後で、思い出したことがあります。

論語にこうあります。
「子曰わく、
人にして信なくんば、其(そ)の可(か)なるを知らざるなり。
大車(だいしゃ)輗(げい)なく、小車(しょうしゃ)軏(げつ)なくんば、
其れ何を以てかこれを行(や)らんや」

意味を現代風に書くと、「自動車においては、ドライブシャフトが、バイクにおいてはチェーンがエンジンの動力をタイヤに伝達している。
だから、車は走ることが出来る。
人間社会においては、「信」がその役割を果たしている」。こうなるでしょうか?

つまり、国や社会に対する信頼度(もちろん国民相互の信頼度も)の高い国では、「贈答」がなくても社会は円滑に動くし、また刑罰に頼る必要もない(逆を言えば「契約」でがんじがらめに縛ることもない)。

それで結果的に、「清廉度」も高くなると。
そういうことかもしれません。
15. Posted by    2014年06月03日 05:47
>我無駄無 様

 いつも興味深いコメントありがとうございます。例として挙げていただいた事案が大変興味深かったので、使わせていただきました。今後ともよろしく尾根がいします。

 確かに規則とおりにやっていれば何の問題もないでしょうが、果たしてそれでよいのかというは話はいつもついてまわります。

 それに、日本の場合、よくも悪くも規則でガチガチというのは良くあるパターンですから。
16. Posted by    2014年06月03日 05:50
>高田 亨 様

 いつもコメントありがとうございます。

 chongovさんとのやりとりは私も興味深く拝見させていただきました。

 中国語の名称は時として大変面白いことがあります。個人的にはドラえもんの「機械猫」あたりが、一番の傑作かと思っております。

 
17. Posted by    2014年06月03日 05:55
>k_endou 様

 北欧についていは、上で、我無駄無さんがコメントしてくださっているように、社会保障の充実という面が大きいのかと思います。

 例に出されていた談合ですが、中国の場合業者同士が相手を出し抜いてやろうという個人主義的発想が強いので日本の様には機能しないと考えます。

 ただ、貸し借りはきちんと認識するので、日本人的仲間意識ではなく、貸し借りという形で発現することがあるのではないかと思います。

 
18. Posted by 我無駄無   2014年06月03日 11:35
凛様
コメントありがとうございます。
論語にこうあります。
子曰く「徳は孤ならず必ず隣あり」と。

ここでいう、「隣」というのは物理的に隣にいるというだけではなく、ネットでのつながりも言うのでしょうね。

つまり、こうやって他人様のブログにコメントを投稿して、その自分のコメントに対して、リブライを返してくれる人もまた、「隣」にいてくれると。

そういう意味では、他の皆さんも、また、ありがとうございます。

まあ、自分に「徳」があると言えるかどうかは、甚だ怪しいものではありますが。

ただ、高田さんにはどうも避けられている気がするのでが、気のせいですかね?
19. Posted by あかべえ   2014年06月06日 03:05
中国の腐敗と比べたら日本の汚職はどっちかと言いますと清廉だと思います。しかし効率性の観点から大差がないと言うか、日本の方が悪いかも知れません。

と言うのは中国の汚職は横領に近い、どんなプロジェクトも大抵予算の数割は個人の懐へ入ります。対して日本の可哀相な役人たちは一万円を得るため百万円を浪費しなければなりません(具体的な数値をお分かる方教えください)。

海外へ持ち出されたら困りますが、その百万円を全て個人消費として使えた方が景気が良くなるではありませんか?
20. Posted by chongov   2014年06月07日 12:37
我無駄無 さんへ

確かに、もし中国はEUような国家共同体になったら、汚職問題は解決できるかもしれない。だが中国文化には地方分権の思想が少ない、「大一統」の思想が多いことって残念かな。


高田 さんへ

ロシアやイタリアと正反対な国(貧乏ながら清廉な国)もあります。その代表はブータンだ。2013年、ブータンの一人当たりGDPは2665ドルで世界126位ですが、清廉指数は世界31位、隣国の中国(80位)、インド(94位)、ネパール(116位)より遥か良さそうです。

普段といえば、「清廉順位≒一人当たりGDP順位」、つまり「腐敗≒貧困」の原因は「貧乏国の人々は金が欲しいから、官僚になったら集金する」です。しかし、ブータンは「幸せの国」です。ブータン人は仏教徒が多い、物質より精神の豊かさを求む。だから、彼らは金に熱心しない、腐敗も少ない。
21. Posted by あかべえ   2014年06月07日 20:45
> 中国文化には地方分権の思想が少ない、「大一統」の思想が多いことって残念かな。

そんなことはありませんよ。人間社会の基本的な部分は結構似ています。藩は元々中国の諸侯が支配する地域を意味しますし、いまの中国でも幹部を同じ地方で長く働かせないとか日本の会社と同じ措置を取っています(癒着も分権の一つ)。

コメントする

名前
 
  絵文字