2014年07月25日

 今中国ネタでやはり最大の関心は食の安全かと思います。テレビなどでは、上海の食肉加工会社「上海福喜食品」が使用期限切れや青カビが生えた肉を日常的に使っていたことや、劣悪な衛生管理がこれでもかという感じで放送されています。


1 記事の紹介

 今日、紹介したいと思ったが『環球網』に掲載されていた「日本麦当劳全面停售中国产鸡肉商品 转向泰国采购」という記事です。

 表題をみただけで、すべてわかってしまう感じの記事なので、内容については相変わらず時間がないこともあり、簡単な紹介とさせていただきます。

 共同通信の記事を翻訳しているもので、日本マクドナルドが25日に、今後は全面的に中国産の鶏肉食品を使用することを停止したという記事です。

 マクドナルドは、今後はタイから輸入することとし、この決定に至ったことについて、「中国産の鶏肉に対する不安があまりにも大きすぎるが故の決定」と社長談話を公表しているそうです。


2 コメント

 この記事だけなら、私も何も紹介する気もなかったのですが、興味を引かれたのがこの記事についていたコメントです。

 当然中には監督機関の責任を問う感じの、「監督部門の人は多く食べるべきだ」などといったものもありますが、「これは貿易戦争か」というものもありました。

 そして、何とも言えないのが、今回問題を起こしたのはアメリカの会社の支店なのだから責任を中国に押し付けるなというものが結構あったことです。

 毒餃子事件について触れて、日本は問題を中国の食品問題として大々的に宣伝するなどという書き込みさえありました。


3 食の安全

 確かに自分たちの責任を認めるのは難しく、いろいろ言いたいことはあるかと思いますが、こうした食の安全で最大の被害を被っているのは、自分たち中国人だという認識がないのかという話です。

 おそらく「またか」位の認識でいるのかと思いますが、外資系企業が絡んでくると、真っ先に責任をそこに転嫁する(イタリア政府による中国企業の「イタリア製商品」の取り締まり、そして日本が関係すると、日本批判を先に持ってくるというのがいつものパターンですが、これで何か問題が解決するのでしょうか。

 正直、中国で生活していると聞いたことのないメーカーの商品は正直多少安くても買う気がしないのが本当のところで、それなりに大きいところだと大丈夫だろうという感じで生活するしかありません。

 ただ、それも最後まで信用できないことは言うまでもありません。つまり、高ければ、外国産ならそれなりの品質だろうと思って生活するしかないという話です。

 むろん、そこに付け込んで、外国産を謳って粗悪品を売り込む中国人もいるわけで(高級品家具とダヴィンチ・コード)、そういう意味では全く信用できるものがないというのが本当のところです。


4 最後に

 実際問題日本の外食産業は競争が激しく、中国産なしでは競争に勝てないという面があるのは確かかと思います。

 マクドナルドの検査もそれなりにやっているわけですが、最初から騙すつもりで、やられるとそれを見つけるのは難しいという話で、他の企業もきちんと検査をしているという話ですが、いろいろ思うところはあります。



このエントリーをはてなブックマークに追加
凜amuro001 at 23:39│コメント(2)トラックバック(0)中国 | 中国品質問題

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 高田 亨   2014年07月26日 12:41
期限切れの鶏肉について、中国人の声を掲載した別の記事を見かけました。
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/140726/cpb1407260735001-n2.htm
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/390011/

内容は、今回の凛さんの記事のものと重複するものもありますが、正反対ともいうべきものも多数あります。(翻訳されるときに取捨選択されて、バイアスがかかってる可能性はありますが)

* もはや中国で安全な食品が手に入るとは思えない。
* メーカーを変えたところで同じ問題が繰り返されるだけだろう。
* 政府は監督不行き届きの責任を負うべきだ
* 中国に生まれちゃって悲しい
* 中国では全てカネ次第
* 外資系ファストフードは問題があってもまだ、対処方法があるけど、中国人が普段食べる物は監督する人がいない。死んじゃってもしょうがない
* 中国人は自分たちで命を大事にしていないのに、外資企業に中国人の命を大事にしろと望むのか?
* 売国奴め。なんで日本向けにはいい材料、中国向けは悪いやつなんだよ
* 外資企業のおかしなことは大体、中国人の仕業だ
* 生まれ変わったら日本人かアメリカ人になりたい
* 中国の最大の悩みの種は食品問題
* 外資ファストフードは中国に進出禁止にするべきだ
* 憎たらしい!上海福喜が罰金で破産すればいいのに

自分たちが食の被害者だという意識がある人もいれば、そうでない人もいるというのが事実なのだろうと思いますが、どちらが多いのか、あるいは拮抗しているのかというのは、気になりますね。

2. Posted by    2014年07月26日 21:30
>高田 亨 様

 正直、中国人も食の安全にはかなり心配しているのが実情かと思います。

 ただ、その一方で、心配してもおかしいのが多すぎてどうしようもなくなっている、思考停止しているという面もあるかと考えます。

 そのため、こうした不満のはけ口を政府にぶつけることができない分、外国に対してぶつけているという面もあるかと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字