2015年08月31日

 『Record China』が掲載していた「口にはしないが、中国をうらやましがる日本人は多い―中国メディア」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 「中国に好感を抱く日本人はさほど多くはないが、口にはしなくとも、中国を羨望の眼差しで見る日本人は多い」として、その理由を列挙しています。

 1、中国は住民税がない
 2、中国は固定資産税がない
 3、中国では大都市でも車を持てる
 4、中国ではごみに悩まされることがない
 5、中国は野菜や果物が安い
 6、中国の職場は気楽
 7、人民元が高価値


2 個人的感想

 ま、1と2は税制度の違いで、確かにこれらがない(結果、税金が安い)ことはありがたいのは間違いありません。

 3の車が持てるは、中国では最近ではタクシーがつかまりづらく、車がないと不便と言うことを意味しています。また、中国の車の運手はかなり荒っぽく、少しでも車間距離が開くと、割り込みなどは日常茶飯事です。

 左ハンドルということもあり、結果、車を持っても日本人がどれだけ、車を持って運転したいと思うかは疑問です。本当私の僻みかもしれませんが、埃っぽいので、中国では高級車もそうは見えず、あまり中国で車を持ちたいとは私は思いません。

 ごみで悩まされることはないというのは、ごみの分別で悩むことがないという意味だそうですが、結果、リサイクルが進まないということも意味しており、あまり良いこととは思えません。


3 個人的感想2

 5は素直に同意します。食料品が安いのは本当です。しかし、食の安全の問題があり(チャイナリスクと食の安全)、安かろう悪かろうという可能性が高く、はっきり言って、安いのをどこまで喜んで良いかとなると疑問です。

 食料品は安いのですが、これは農民がそれだけ搾取されていることを意味し(出稼ぎのため「置き去り」にされる子供と「小皇帝」)、どこまで良いことか疑問です。

 また、衣類などは結構値段が高く、食料品だけをして安いと言われても何とも言えません。
 
 6の「職場は気楽」というのは、確かにそういうところもある傾向は否定しませんが、言う程気楽ではないというのが私の感想です。

 確かに20年位前は本当、こいつらこれで金をもらっているのかという位の話でしたが、今はそんなことはありません。

 日本から「過労死」という言葉も輸入され、平気で使われていますし、外資系などでは本当に熾烈な競争が繰り広げられています。

 それに確かに気楽と言う面はあるものの、建設現場や住み込みの家政婦などは長時間労働は当たり前で、プライバシーもろくにない状態ですので、とてもうらやましいとは思えません。


4 理想

 最後の7では「日本では生活コストが高いため、多くの日本人にとって日本円で給料をもらい、中国で暮らす、これが一番理想的なスタイルだろう」としておりますが、これは私も否定はしません。

 確かに、豊かな生活が送れますし、あの活気に満ちた状態は日本ではなかなか味わえないものがあります。しかし、そうした中国経済にも陰りが見えてきましたし、pm2.5に代表される大気汚染などの公害は本当にひどいです(中国のスモッグと中国政府の責任回避大気汚染問題で中国人が政府を批判しない理由)。

 結果、健康を害する恐れもかなり高く、中国で体調を崩して日本に帰るとなおるということを良く見聞きするのも本当のところです。


5 最後に

 そうしたことを総合的に考えると、とても中国を羨ましがっている日本人がそれほど多いとは思えません。  

 ただ、中にはそういう人もいるだろうという話と、中国人的には自尊心を満たすためにこういう意見も必要かなと思った次第です。

 こういう意見を見ると、自画自賛とうんざりするわけですが、日本でも結構似たような日本礼賛記事を目にするので(日本に対する自画自賛)、あまり人のことを言えた義理ではないというのが本当のところかと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
凜amuro001 at 22:33│コメント(7)トラックバック(0)中国 | 中国について

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by chongov   2015年09月01日 17:39
多分それは妄想です。中国を嫉妬する日本人はインドを嫉妬する中国人と同じ割合(<5%)があるかもしれない。所詮中国は発展途上国ですから、アフガニスタンやエジプトから嫉妬されるかもしれないが、先進国から嫉妬されるわけない。

大都市でも車を持ってる?日本の自動車保有率は中国より遥か高いです。
ゴミに悩まされることがない?それは逆だろう。
野菜や菓物が安い?でも食品安全問題が厳しそう。
人民元高?最近も安くなるじゃん。
2. Posted by chongov   2015年09月01日 17:42
一方、右翼雑誌「SAPIO」の2015年5月号は「中国人は実に日本が大好き、だが嫉妬や劣等感のせいで反日になる」という話を言った。むしろこっちの方は現実に近いです。自分から見れば、中国人は日本を羨ましい理由は以下です。

・都市鉄道交通はすごく完備
・道路は綺麗、トイレも綺麗
・民度もマナーも高い、犯罪が少ない
・水道水は直飲できる、食品安全は保障がある
・パスポートは無ビザ通行国数が多い
・国際イメージが良い、アニメなどソフトパワーが強い
・技術力が強い、ノーベル賞受賞者が多い
・医療福祉制度は良い(中国の場合、年収と比べると、医療費はすごく高い)

やはり伝統がある先進国、G7の列強国は中国よりすごいだと思います。だが日米欧など先進国のメディアは最近数年で「中国はすごい」「中国は恐るべし」「中国の株価や為替は世界に大きな影響を与える」など中国重要論を宣伝することが多いから、自分にとってはかなりうんざりことです。それでも日米欧は中国の近代化の先輩だと思います。
3. Posted by 馬狗鶏   2015年09月01日 21:31
先進国出身者が先進国と発展途上国をくらべたら、
当然、先進国のほうがいい点が多くなると思います。
 1について、住民登録などしっかりできていなければ、徴税は難しいんじゃないでしょうか。地方政府が住民税を集める能力があるのか甚だ疑問です。また、行き過ぎた節税や汚職の温床になるんじゃないでしょうか。それから、住民というだけで税金をかけると住民に権利意識が生まれるでしょうから政府にとっては都合が悪いのかもしれません。
2について、土地が整理され、オークションでディベロッパーに売却されるときに税金がかかり、そのあと個人に売却される時にも税金がかかるので、固定資産税をかけなくても、十分税金が掛かっていると思います。それに、地方政府の税収は不動産からのものが多いので、固定資産税をかけて、不動産の市況にこれ以上悪い影響が出たら大変でしょう。
以前、中国の商業かオフィス向けの賃貸利回りで1%、日本で3%という話を聞いたことがあります
4. Posted by 馬狗鶏   2015年09月01日 21:34
つまり、この2つの税金に関して、中国の場合はかけたくても、かけられないのではないでしょうか。
5. Posted by 馬狗鶏   2015年09月01日 22:16
3に関して、大都市で車を保有する必要があるのか疑問です。

4についてゴミを漁って生活している人が多いことを意味しています。
5について、凛さんと同感です。安いことはいいことですが。
6について、「気楽なかわりに質が低いでしょう」とツッコミを入れたくなります。
 お医者さんが同僚医師と雑談しながら診察していた話を聞いて驚いた
 ことを覚えています。
 しかし、凛さんの言うとおり、競争の厳しい職場では気楽じゃないでしょうね。
7 確かに、日本採用で中国勤務でしたら、いい生活ができるように思われがちですが、しかし、日本と同じレベルで生活をしようとしたら、案外高くつくのではないでしょうか。
 中国で安い物のは、中国人が一般に購入するものです。また、中国は人件費が日本より安いのですが、家政婦を雇って、とんでもない体験をした人の話を複数聞いています。
 

少しぐらいいい点を言って上げないとかわいそうなので、中国で生活していて、いい点をいくつかあげます。
 1.ビールが安い。
 2.日本ではありえない、とんでも体験ができる 3.途上国の発展、変化を直接見られる。
 4.足湯、マッサージが安い。
 5.田舎の方に行くとモテる。
こんなところでしょうか。
6. Posted by    2015年09月08日 22:07
>chongov 様

 ま、私も半分遊びながら突っ込んだ記事ですので、あまり真面目にとらえるつもりはありません。

 当然中国にも良いところはあるわけですが、嫌なところ、腹がたつところもあり、そのバランスといったところでしょうか。
7. Posted by    2015年09月08日 22:10
>馬狗鶏 様

 確かに中国で日本並みの暮らしをしようと思えばそれなりの金をかけなくてはならないのはおっしゃるとおりかと思います。

 ビールが安いには賛成です。しかし、冷え方が甘いとつきますが。

 中国での体験は確かに予想の斜め上を行くことが多く、あきれ返って腹の立たないことも良くあります。

 何事も経験と思えば、それもまたありなのでしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字