2016年04月17日

 熊本での地震は東日本大震災の傷跡もまだ癒えない時に起こった大地震で、本当にびっくりしました。

 東日本大震災当時の余震が思いだされ、被害にあわれた方、今も余震に不安な思いをなされている方のことを思うと本当に何とも言えません。


1 当事者

 避難されている方、被災された方のことを思うと本当に何とも言えません。

 ただ、その一方で、どうしても自分から距離が遠くなってしまうと実感として感じる思いが薄くなってしまうというが正直なところです。

 そういう意味で、前回の記憶があるからこそ、本当に大変だと思っているわけで、それがなければどこまでわが身のこととして思いいたることができたか自信がないというのが正直なところです。


2 現地

 何故、こんなことを書いているかというと、中国の環球網に「中国留学生亲历日本地震:连被子都能震掉」という記事が掲載されており、それを読んで思うところがあったからです。

 中国政府は今回の地震について正式に哀悼の意を示しております。そして中国だけでなく、台湾やイギリス、ロシヤなども哀悼の意を示すとともに、支援の申し出も行ってくれているようです。

 確かに甚大な被害でそうした申し出はありがたいと思う一方で、どこまで現地の状況をわかっているのか、どこまで自分が同じ目にあったらという思いでいてくれるかという思いもないわけでありません。


3 自国人

 というのは、前記の記事の視点があくまで「中国人」だからです。確かに記事の前半部分で、熊本における被害の状況などを説明しております。

 しかし、直ぐに20人の日本を旅行していた中国人が地震に巻き込まれたが無事脱出したとか、日本にきたばかりの4名の交換留学生が熊本を脱出したという記事になっているからです。

 そして、最後は日本の地震に対する意識の高さ、小さいころからなされる教育の様子などについて記事がまとめられております。

 念のために補足しておくと、私はこうした記事のつくりを批判しようと思っているわけではありません。


4 日本人

 日本でもおそらく同じような報道になったでしょうし、下手をすれば、自国民のことについてより関心をもって報道していたかもしれません。

 実際、東日本大震災前のニュージーランドで起こった地震の倒壊で大勢の日本人留学生が亡くなった時は、かなり日本よりの報道がなされておりました。

 ま、当時は中国も同じようにかなり中国よりの(というか、かなり独自の)報道がなされてもいましたが(ニュージーランドの倒壊ビル捜索が再開したのは中国のおかげ?)。


5 最後に

 つまり何が言いたいかというというとどうしても自分から遠いとそれだけ自分のこととして考えられるかという話です。

 これは、悪い意味で言っているわけではなく、難民等今も世界中で大勢の人が苦しんでいますが、それを全て自分のこととして、考えていたら身がいくつあっても足りません。

 どうしても自分に関係が強いか弱いかで線引きをしていくしかないわけで、悲しいかなそれが現実かと思います(フランスのテロを自分の問題として捉えること)。

 当然、私にとって今回の地震はかなり関係が強いわけですが、そうでない世界の人は多いという話です。実際2008年のときの四川の大地震をどこまで自分のこととして思う日本人がいたでしょうか。

 特にあの地震では中国の手抜き工事に焦点が当てられた結果(アジア一の立体交差橋で多数の亀裂発見)、
日本とは違うという意識を持った方が多いのではないでしょうか。

 こうしたことも四川大地震を自分の問題として考えるという姿勢をより少なくしてしまったような気がしてなりません。



このエントリーをはてなブックマークに追加
凜amuro001 at 16:01│コメント(7)トラックバック(0)東日本大震災 | 大震災

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by solas   2016年04月17日 18:48
海外で事故が起きると、日本の殆どのマスコミは「・・・、日本人の乗客は確認されておりません!」というパターンですよね。
海外事故の定型句だから聞くたびに、またそれかよ!とちょっと耳触りになってましたよ。
2. Posted by    2016年04月17日 21:38
>solas 様

 大リーグでもサッカーでも日本人選手のことしか興味がないのとまったく同じで、私はかなりの違和感をもっていつも見ております。
3. Posted by とほ   2016年04月17日 22:09
インド洋の大地震が起きたとき、友人が津波被害のあった地域を旅行中でした。結局は一週間後に本人から自宅に電話がありましたが(少しの時間差で難を逃れ、一般家庭にお金を払って、部屋と食事の提供を受けながら電話が通じるのを待っていたそうです)、それまでの間は、外務省に情報がなく、藁をも掴む思いでテレビの日本人情報を見ていました。あの時ばかりは、もっと日本人の情報を報道してくれ…と不足に感じました。
外務省にない情報を報道機関が持っているわけではないですが、以来、自国寄りの報道は必要だと思っています。
4. Posted by    2016年04月17日 23:12
>とほ 様

 私は当然こうした必要な情報まで制限すべきだと言っているわけでありません。

 ただ、こうした情報はマスコミを通じてではなく、直接外務省(現地の日本大使館経由)という話になると思っています。

 マスコミの使命が彼らの言うとおり「客観的」な報道であれば、日本人だけにこだわるのはおかしいのではないかというのが、私の出発点です。
5. Posted by とほ   2016年04月18日 19:52
凛さん

結局はテレビを見ても自分に必要な友人の安否情報を得られるわけではないと頭では分かっていても、あの時はテレビを見るのが止められませんでした。
テレビを見ながらパニックで思考停止してました。
でも思考停止していなければ、まちがいなくかなりバカな行動をしていたはずで、バカな行動を回避することだけには役立ちました。
災害時の適切なテレビの役割りって何なんでしょうね。
6. Posted by    2016年04月24日 22:31
>とほ 様

 その気持ちは良く理解できます。

 実際、親しい方がそうした境遇に遭遇したとすれば、私も同じようなことをしていたかもしれません。

 ただ、避難民をさも当然の様に放送する今のテレビにはいささか疑問を持っているというのが本音です。
7. Posted by solas   2016年04月27日 09:25
私は熊本のTV災害放送はもう見ていません、チャネルを切り替えます。
被災民には申し訳ないですけど、これでもかこれでもか、悲惨でしょ!悲惨でしょ!と声を張り上げて、深刻な顔のnews番組。

うざく感じる様になってます。
決して被害を無視いたいわけではありませんが。

コメントする

名前
 
  絵文字