2016年07月07日

 今日は7月7日で何の日ですかと聞かれれば、日本人はまず間違いなく「七夕」と答えるかと思います。ただ、中国人にとっては今日は単純にそうはいかず盧溝橋事件の起こった日となります。


1 『環球網』のアンケート

 正直、ここのところ精神状態がまともでないこともあり、きれいさっぱり忘れていました。

 たまたま『環球網』お得意のアンケートで「指摘されないと、今日が何の日か思いだせませんか」というのをやっており、それを見てやっと思いだしたところです。

 ただ興味深かったのが、7月7日の22時現在、「覚えている」が87%で、「忘れていた」が13%だったという点です。

 『環球網』は『人民日報』傘下の『環球時報』の電子版で、中国愛国主義者御用達のメディアで、正直記事はかなり偏っております(中国紙『環球時報』は日本に対して批判的か?)。

 ただ、電子版は紙と比べて、アクセス数を稼ぐためか色っぽい写真を載せたりするなど、少し毛色が違うところがないでもありません。

 そういう意味で、知らない人がいても何の不思議でもありませんが、一割を超えていたというのは少し以外でした。


2 関心

 中国共産党にしてみれば、政権の正当性が日本の侵略を打ち破ったということにあるので、当然その侵略の始まった日というのは大事となります。

 結果、それが強調され、斯様なアンケートが行われているということかと思います。

 もし中国が本当に良く言うように世界第二位の経済大国として日本を歯牙にもかけないのであれば、私はこうした意識も徐々に変わってくるのではないかと期待はしております。

 ただ、中国共産党こうした立場をとっているかぎり難しいでしょうし、中国が日本を意識しなくなることはそれはそれで寂しいことかと考えます。


3 何の日

 ただ、気を付けなくてはならないのは、中国滞在中もしくは中国語で情報を発信する際にはこうしたことを念頭におかなくてはならないことです。

 以前書いたとおり、2015年7月7日に、在中日本大使館が、中国版ツイッター・微博で七夕を祝うメッセージを書き込んだところ、炎上騒ぎが起こっています(なんでもない8月9日と七夕の7月7日)。

 かといって日本で中国人と話す際に、盧溝橋事件を考慮して話さなくてはならないかというと、それはそれでかえっておかしいと思います。

 実際、日本人の大半は知らないわけで、それを無理やり知れと強要されるのも変な話です。


4 最後に

 実際、『環球網』の読者ですら1割の人が忘れていたわけですから、普通の中国人もどれだけ意識しているかという話です。

 特に若い人となれば、その率はもっと下がると考えて良いかと思います。

 それに忘れていないといっても、中国のテレビを見れば必ず盧溝橋事件関連のニュースが流れていたはずで、こうしたことから思いだしただけという人もいるかと思います。

 そういう点からもあまり気にしすぎるのもどうかというのが私の意見です。



このエントリーをはてなブックマークに追加
凜amuro001 at 22:43│コメント(10)トラックバック(0)歴史認識 | 右傾化?

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by chongov   2016年07月11日 17:56
上海のマンションで「7.7や7.11はセールの日」という広告を見る時、自分は不思議な気持ちが生まれた。7月7日は忘れるべき日ですか、忘れない日ですか。どっちも困る。

>中国共産党こうした立場をとっているかぎり難しいでしょうし、中国が日本を意識しなくなることはそれはそれで寂しいことかと考えます。

・・・日本は無視できない国だと思います。過去20年間、日本はアメリカとともに世界の技術革新や研究開発をリードする。

反日派だった頃(2003年くらい)、自分もプロパガンダのせいで日本に嫌悪感を抱くが、データを調べると、日本はソフトパワーもハードパワーも強いと判明したから、日本の実力を認めた。ライバルとしても、パートナーとしても、日本の存在は中国にとって重要だと思います。

むしろ、最近の日本は少し過小評価されるではないか。日本は、また実力を隠しているかもしれない。
2. Posted by chongov   2016年07月11日 18:07
別の話題ですが、最近韓国のTHAAD配置によって、中韓関係は悪化して、中国国内も対韓強硬論が浮上した。「韓国に経済制裁せよ」ような論調もあります。

「韓国に対する経済制裁」という提案といえば、李明博大統領の竹島訪問(2012年)時の日本にも多い人が言及した。安倍政権以降、日本政府はソフトな対韓経済制裁を実施している。だから韓国経済は停滞する。

自分から見れば、中国も日本も、韓国経済に対する影響力を持っています。韓国にとって、日本は技術宗主国ですが、中国は市場宗主国です。もし中国も日本と同調し、韓国に経済制裁をかけたら、韓国は本当に終わるだろう。たぶん、それも日本にとっていいチャンスではないか。
3. Posted by とほ   2016年07月13日 21:45
中国政府が南シナ海の裁判で敗訴という嫌な仕事で忙しい時期に、韓国政府はサード配備を発表しましたね。
韓国政府はさらに嫌な仕事を増やしてくれたわけで、なおさら中国政府から恨まれそうな気がします。
韓国政府のこのタイミングの発表は、韓国にとって正解なんでしょうか?
4. Posted by chongov   2016年07月15日 09:27
とほ さんへ

過去200年間、韓国政府はいつも重要な時点で悪い選択を出すから、仕方ない。中韓関係の悪化によって、韓国製品は中国市場での販売が難しくなるだろう。

中国政府は南シナ海裁判の結果を猛反対し、「受け入れない」を表明したが、もはや外交での重大失敗を挽回できなくなった。一方、中国のネトウヨたちは「連盟よさらば!わが代表堂々退場す」状態に嵌った。アメリカ政府や日本政府はそれぞれ「裁判は国際法による結果です。中国は裁判結果に従順すべき」の発言を出す、日米の国際イメージに加点する一方、世界に「中国は領土野心がある、国際法を守れない国」という印象を植えた。

今の中国政府の外交力は1960年代と同じ馬鹿レベルです。一見強硬になったが、国益や回転する余裕は失った。卓球外交やパンダ外交が咲く鄧小平流外交とは雲泥の差です。日米への敵視が続けたら、中国は孤立や自滅の道に進んでいる。・・・なぜこの国はこんな馬鹿になったのか。
5. Posted by とほ   2016年07月15日 20:35
chongovさん

南シナ海に満州国ができたみたいで心配です。
中国はWTOに加盟して世界の貿易ルールに従ってから、急速に輸出大国になりました。当時は、加盟反対論もあったようですが、結果は世界の貿易ルールに従って良かったわけです。
でも、今回の裁判結果に対しては世界のルールに従ったら良いことがある…という議論は全く無いのでしょうね。そういうふうに議論が進むと良いなぁとは思いますが。
6. Posted by しきしま   2016年07月18日 23:42
>むしろ、最近の日本は少し過小評価されるではないか。日本は、また実力を隠しているかもしれない。

 失われた20年が日本に対して与えた影響は致命的ですよ。私は生まれた時からこれでしたから、希望にあふれた将来なんてありませぬ。安定した、しかしゆっくりと衰退しゆく微睡みの中で暮らす世代です。目標なんてありません。安定した生活だけが唯一の救いです。まあ、地方は酷い貧困が蔓延しているようですがね。
 よ〜し、大政奉還ならぬ都政奉還だ。腐った都知事候補に任せるより陛下の御親政に期待しやう。思えば共産主義者の美濃部からまともな都知事は居ないのだから、都知事公選制なんてダメなんだ、やはり官選だ。地方長官に戻してしまえ(笑)
7. Posted by chongov   2016年07月19日 01:51
とほ さんへ

>南シナ海に満州国ができたみたいで心配です

やはり「ヘイト管理」は外交で大変重要な仕事です。もし外交態度は過激になったら、他国のヘイトは増幅するから、自国国益にとってもデメリットしかありません。それを回避するために、中国政府は国家存亡以外の問題で必要な譲歩を出すべきだと思います。南シナ海問題は中国にとって「国家存亡」ほど緊迫的な問題じゃありません。

本来、クリミアを併合し、シリア内戦で深く関与するロシアは中国よりも世界中のヘイトを集め易い国ですが、どうして習政権はこんなにアホですか。ああ・・・鄧小平時代の中国は3流の国力や超1流の外交力を持つが、今の中国は1.5流の国力や3流の外交力しか持っていません。

>中国はWTOに加盟して世界の貿易ルールに従って

高官たちは世界貿易ルールを良く知らないから、中国がWTOに加盟しても、もし被告になったら必ず敗北する。銑鉄ダンピング問題も、レアアース制限問題も、日米欧に敗北した。今年、アメリカ政府もEU諸国政府も、中国の市場経済地位を否定した。ある意味って、自業自得ですけど。
8. Posted by chongov   2016年07月19日 02:13
しきしま さんへ

私は日本に駐在する経験がないから、日本の現状に対する実感もほぼない。だから「今の日本は明るい国」とか「今の日本は絶望な国」とか、そういう簡単的な評価は出すわけではない。データから見れば、日本は成長率が低いながら基本状況が良い国です。他の先進国もそうかもしれない。

一方、中国は私の青年時代で急激な成長が遂いた。生活の品質から見れば、進歩は否定できない。しかし、この成長の終わりも近くなるだろう。地方と大都市の格差・失地農民の再就職・木っ端官僚の横暴など問題は無視できない。一人っ子政策は撤廃されるが、少子高齢化は続ける。少子高齢化の対策は日本の経験を参考すべきが、中国の社会福祉はまだ完備していない、全民医療保険もいないまま、シルバーシチズンが増え続ける、これも現状だ。
9. Posted by しきしま   2016年07月19日 07:07
>データから見れば、日本は成長率が低いながら基本状況が良い国です。

 しかし、人間とは非合理的で主観的な動物なのです。日本は「どうやっても何も変わらない」という諦める雰囲気ができてしまった。それが嘘でも、皆が信じればそれは真実となるのです。「為せば成る」を信じる事ができなくなったのが今の我々の世代です。中国もこうなる前に早く解決策を打つべきでしょう。精神論は補助としては役に立つもので(これが表にでると大東亜戦争の日本みたいに頭の悪い事をし始める)、重要なのは雰囲気です。
10. Posted by fsneak   2016年07月23日 20:10
変なところでこじつけますね。。。
盧溝橋事件は日本が全面的に中国を侵略する発端であり、中国の近代史の一大事件です。その重要性は中国共産党がどうのこうのとは関係がありません。
日本人がそれをよく意識できなくても別に変な話じゃありませんね。日米開戦はいつか、原爆が落とされたのはいつかという質問に答えられる日本人も中国人よりずっと多いでしょう。
それだけの話です。
それとさ、常識として七夕は中国では旧暦の7月7日です。一般日本人ならともかく、日本大使館ともあろう者がこれを知らず、盧溝橋事件も知らないとなれば、まともに仕事をしているか?、と一つ聞いてもいいじゃないですか?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字