中国品質問題

2016年05月09日

 上海のディズニーが6月16日に開会する前にいろいろ内覧会の様なようなことが行われているようです。ただ、どうも日本のネットなどを見ると少し偏りすぎているのではないかと思ったのでこれについて少し。


1 不文明

 ある種最も典型だと思ったのが、『ロケットニュース24』が掲載していた「 【悲報】上海ディズニーエリアがプレオープン → マッハで糞尿が! ラクガキもされ花も踏みにじられる / ネットの声「夢の国が “ゴミの国” だ」」です。

 内容は表題だけで大体想像がつくかと思いますが、「1週間もたたずにマッハでウンコやオシッコが散乱。ラクガキまでされてしまった」という記事です。

 記事には他に、you tubeの中国語の映像記事が掲載されており、「ここに来た」という文字を刻みこんでいく人や、上ってはいけないところをかなり危ない様子で上っている人々の様子などが紹介されております。

 そして、そうした様子をみて嘆いている中国人の様子なども紹介されています。


2 別の紹介

 映像で見るとかなり衝撃的ですが、中国ではある種当たり前の行動パターンで、こんなものかという感じで、多分そういう人もいるだろうというのが正直なところです。

 ただ、日本に紹介するときに、こうした面だけが紹介されるのは少し違和感がないわけではありません。
you tubeを「上海迪士尼」で検索すると、他にもいろいろな記事をみることができます。

 例えば、『東森新聞 CH51』の「 最新》上海迪士尼試運營首日 演職人員親友受邀」などを見ると、かなり明るい面が強調されています。

 これを見ると日本のディズニーとそんなに遜色もない感じで、楽しんでいる様子(これを見て行ってみたいと思う感じ)になります。


3 別の紹介2

 もう1つ同じyou tubeにあった映像記事『中天新聞 CH52』の「上海迪士尼6/16號開幕 香港挫著等」を紹介させてもらいます。

 これは上海にディズニ―ができると香港の3倍の規模で、1年に2000万人の来客を見込んでおり、香港のディズニーはかなりの影響を受けるだろうとの記事です。

 また、上海ディズニーの入園料は公表されていないものの、最高価格は香港だけでなく、東京よりも高くなるのではないかとの見込みが報道されていました。

 上海ができれば、当然香港だけでなく、東京も比較の対象となるのは当たり前の話ですが、どうもこうした観点も見逃されがちかと思った次第です。


4 最後に

 どうしても上海(中国)というと、中国人はこうだという発想からか、特定の内容の記事が目につくような気がしたのが今日のエントリーの出発点です。

 最初に述べたように、それを否定するつもりはありませんが、それだけではないのが現実ですし、いつまでもそうした見方だけで良いのかというの偽らざる思いです。

 上海には東京にないアトラクションもできるようですし、入場者数も東京を超えるかもしれません。それにもかかわらず、一部の心無い中国人の行動だけを見て上海のディズニーはこうだと決めてかかるのはどうかと思った次第です。

 東京よりすごいところもある。こうしたことなども考えながら見ていないかと、それこそ偏向になりかねないかというのが私の本音です。



凜amuro001 at 23:18│コメント(2)トラックバック(0)

2014年07月25日

 今中国ネタでやはり最大の関心は食の安全かと思います。テレビなどでは、上海の食肉加工会社「上海福喜食品」が使用期限切れや青カビが生えた肉を日常的に使っていたことや、劣悪な衛生管理がこれでもかという感じで放送されています。


1 記事の紹介

 今日、紹介したいと思ったが『環球網』に掲載されていた「日本麦当劳全面停售中国产鸡肉商品 转向泰国采购」という記事です。

 表題をみただけで、すべてわかってしまう感じの記事なので、内容については相変わらず時間がないこともあり、簡単な紹介とさせていただきます。

 共同通信の記事を翻訳しているもので、日本マクドナルドが25日に、今後は全面的に中国産の鶏肉食品を使用することを停止したという記事です。

 マクドナルドは、今後はタイから輸入することとし、この決定に至ったことについて、「中国産の鶏肉に対する不安があまりにも大きすぎるが故の決定」と社長談話を公表しているそうです。


2 コメント

 この記事だけなら、私も何も紹介する気もなかったのですが、興味を引かれたのがこの記事についていたコメントです。

 当然中には監督機関の責任を問う感じの、「監督部門の人は多く食べるべきだ」などといったものもありますが、「これは貿易戦争か」というものもありました。

 そして、何とも言えないのが、今回問題を起こしたのはアメリカの会社の支店なのだから責任を中国に押し付けるなというものが結構あったことです。

 毒餃子事件について触れて、日本は問題を中国の食品問題として大々的に宣伝するなどという書き込みさえありました。


3 食の安全

 確かに自分たちの責任を認めるのは難しく、いろいろ言いたいことはあるかと思いますが、こうした食の安全で最大の被害を被っているのは、自分たち中国人だという認識がないのかという話です。

 おそらく「またか」位の認識でいるのかと思いますが、外資系企業が絡んでくると、真っ先に責任をそこに転嫁する(イタリア政府による中国企業の「イタリア製商品」の取り締まり、そして日本が関係すると、日本批判を先に持ってくるというのがいつものパターンですが、これで何か問題が解決するのでしょうか。

 正直、中国で生活していると聞いたことのないメーカーの商品は正直多少安くても買う気がしないのが本当のところで、それなりに大きいところだと大丈夫だろうという感じで生活するしかありません。

 ただ、それも最後まで信用できないことは言うまでもありません。つまり、高ければ、外国産ならそれなりの品質だろうと思って生活するしかないという話です。

 むろん、そこに付け込んで、外国産を謳って粗悪品を売り込む中国人もいるわけで(高級品家具とダヴィンチ・コード)、そういう意味では全く信用できるものがないというのが本当のところです。


4 最後に

 実際問題日本の外食産業は競争が激しく、中国産なしでは競争に勝てないという面があるのは確かかと思います。

 マクドナルドの検査もそれなりにやっているわけですが、最初から騙すつもりで、やられるとそれを見つけるのは難しいという話で、他の企業もきちんと検査をしているという話ですが、いろいろ思うところはあります。



凜amuro001 at 23:39│コメント(2)トラックバック(0)

2013年12月11日

 何度か書いておりますが、今日は中国の大気汚染(PM2.5問題)についてです。


1 様々な影響

 中国のPM2.5問題は、日本でも西日本を中心にいろいろ日本にも影響を与えているのではないかとか言われております。

 ただし、実際問題、日本海で隔てられている日本より、より中国に近い韓国の方が被害が大きいわけで、中国のPM2.5問題については、韓国でも抗議の声が挙がっているなどのニュースを見たことがあります。

 ただ、実際問題としてPM2.5はわかっていないことが多いため、どこまで本当に中国由来のものかわからない面もあり、これを良いことに責任を回避しているのが今の中国です(日本のPM2.5の上昇は中国の影響によるものではない?)。

 そうはいっても、中国では、誰がどう見てもかなりひどい状態となっているのは間違いありませんし、健康被害についてもいろいろ伝わってきています。


2 中国国内の対応

 ところがこうしたひどい状況を受けて、どうも間違った方向に向かっている様な気がしてなりません。実際、殆ど笑話に近いような記事も伝わってきております。

 『サーチナ』の「罰ゲームか…濃霧の中で大運動会、学生ゲホゲホ=中国・山東」によると、山東省済南市で8日、市内の大学が敢闘精神を持ってもらうことを目的に、運動会を強行した結果「走り終えた後に咳が止まらなかった者もいた」そうで、当然のごとく批判が寄せられているそうです。

 『新華経済』の「スモッグは悪いことばかりではない、敵方のミサイル照準を狂わせ軍事防衛に有利に働く―中国紙」によると、中国紙『環球時報』は9日、「スモッグがミサイルの照準を狂わせる、軍事防衛には有利に」と題した記事を掲載しました。

 何でも「スモッグは防御する側にとっては良い作用があるのだ。コソボ紛争ではユーゴスラビアは廃棄タイヤを燃焼するなどの方法でわざわざ人工スモッグを作り出し、NATOからの空爆を逃れている」という内容だそうです。

  他にも『産経新聞』の「有害濃霧で『国民が団結できた』中国でテレビ論評に批判殺到『恥知らず!』」によると、中国中央テレビは「濃霧がもたらした利益として(1)中国人の団結を促した(2)中国社会に各種の不平等が存在する中、濃霧を前に人々は平等になった(3)環境意識が高まった(4)濃霧を題材にしたジョークがはやるなど中国人をよりユーモラスにした(5)気象や化学に対する知識が深まった」などを列挙したそうです。


3 中国の大気汚染

 もう開き直っているような記事です。確かに中国で大気汚染について、表立って政府を批判する声が挙がっていないのは、以前書いた様に中国に言論の自由がないためというとは間違いなくあるかと思います(大気汚染問題で中国人が政府を批判しない理由)。

 しかし、それ以外にも問題はあります。正直、中国の大気汚染というのは、今に始まったことではなく、前からひどい状態です。中国に旅行したことのある人ならわかると思いますが、上海に降り立った時の何とも言えない匂いはかなり前からあります。

 そのため、中国人自身が慣れてしまって今さらという感じになっているところがあるのかもしれません。北京の黄砂なども本当にひどい状態で、あれでよく我慢できなるなと思いますが、人は慣れてしまうと、毎年こういうものだと思うようです。

 実際SARSの時も最初は皆必死になってマスクをしていたものですが(放射能とSARSと買いだめ)、慣れてしまうとあまり気にしなくなり、最後は本当に誰もしなくなっており、真面目にしていた私が逆に浮いてしまっていました。


4 最後に

 こういうものだと慣れてしまうということ以外に、人は比較するものがなくなるとそれが当たり前だと思ってしまいます。

 当然他国の様子はテレビなどではわかってはいるものの、空気のきれいさ、自然の豊かさといったものが本当の豊かさ(私はこれこそが先進国と発展途上国の差だと感覚的に思っています)だということを知るのはは、住んでみないとわかるものではありません。

 それに住めば都で、仕事があり、ある程度の生活水準が維持されているのであれば、他国に移住しようなどとは思いません。

 以前の様な本当に貧しい発展途上国の時代ならともなく、まがりなりに経済発展を成し遂げ、それなりに豊かになり、移住などが無理となると、現状を甘んじて受け入れるしかありません。

 人間そうなると、自分が持っているもの、自分が住んでいるところが「だめ」だとは本当に思いたくない面もあり、それなりに良いところを探すことがよくあります。今の中国もそうした傾向があるのではないでしょうか。



凜amuro001 at 05:34│コメント(12)トラックバック(0)

2013年10月24日

 中国のPM2.5問題がかなりひどいことになっていますが、これをまともに考えれば、きちんとした環境対策をとらない政府が悪いという発想になるわけですが、どうも中国ではそういう方向にはいっておりません。

 これについてまず中国政府そのものがいろいろ責任転嫁をしているという側面は確かにあります(中国のスモッグと中国政府の責任回避)。しかし、それ以外にもいろいろ理由が考えられ、その点が如何にも中国的だったので、これについて少し。


1 責任の所在

 中国の水質汚濁や空気汚染がひどいことは既に周知の事実ですが、これについても、取り締まりをきちんとしない政府というよりも、排水等を違法に流した企業が悪いという形で処罰されておしまいです。

 ただ、大きい企業は地域の官僚と結びついているので、かなり大きな話題となって中央が直接乗り出してくるということでもない限り、内々で処理をしてしまうということもよくあるようです。

 斯様に、誤魔化せる可能性が高いとなれば、何も無理に高い金をかけて、処理施設などの整備などを行おうという発想にはなりません。

 実際問題、中国人一人一人の環境に対するモラルというか、意識が低いことも事実で、これをどうにかしなくてはならないという問題もあります(環境保護を訴える幕の下に立ち小便をする警官(写真))。

 それに、排水の場合であれば、ある程度の目安を付けることが可能ですが、大気汚染となると特定の一社だけの責任ということは難しく、また車の排気ガスも有力な原因となっています。

 そのため、責任が分散され、自分たちに帰ってくるという話で、特定の誰を追及することも難しくなります(中国の公害問題と中国人一人一人の責任)。それに、あまりこれを追及していくと、大気汚染を減らすために車に乗る回数を減らせという話にもなりかねません。

 実際、北京オリンピックの時には、北京で車のナンバーによる交通規制が行われており、自分たちに不利益が返ってくる可能性が高いので、これもあまり強く言えないようです。


2 日常の生活

 あれだけ大気汚染がひどい状態で、一般の人たちは、何もしないのかという話も聞きますが、泣き寝入りするのが殆どです。

 人は守るべきものがあると、冒険しなくなるというのは良くあることです。それなりの仕事を持って、それなりの生活をしている中国人が考えるのは如何に現在の生活を維持するかということです。

 多少水や空気に問題があっても、水は金を出して買ってくれば何とかなるし、空気は時間が経てばある程度回復します。

 それに対して、これらの不満を下手に政府にぶつけたりして、目をつけられたら仕事も今後どうなるかわかりませんし、日常生活でもいろいろ不利益を被ることは明らかです。

 これらはすぐに目に見える形で現れるわけですが、それに対して公害による被害は、長い年月をかけて少しずつ体を蝕んでいくので、今すぐどうこうということはありません。そうなると一般の方がどちらを選択するかは明らかかと思います。

 80年代バブル華やかなりし頃、日本でも地上げが盛んに行われましたが、高度経済成長が続く、中国でも再開発は盛んで、かなり安い値段で強制収用が行われています(地上げに反対する老人をショベルカーで圧死させる中国(写真))。

 こうした、強制収用で土地を無くした元農民などであれば、今更無くすものなど何もないので、デモだろうが、中央に対する抗議運動など何でもできますが、やはり普通の人はそうはいきません。


3 最後に

 もちろん中国には言論の自由がないので、政府批判が自由にできず、普段から何かあると政府を攻撃するというパターンに慣れているどこかの国とは行動様式が違うということも考慮にいれなくてはなりません。

 日本も「環境問題は政府の責任」という認識を国民が持っているから、こういう行動ができるという話で、以前(戦前から終戦直後位まで)はこういう発想そのものがなかったので、政府に賠償を求めるということを考える人もいませんでした。

 中国の場合、共産党は人民の代表であり、人民の要望を取り入れて政策を行っていることになっているので、抗議を行うということは、共産党が人民の要望をきちんと取り入れていないということにもなりかねないという側面もあるため、いろいろ難しいという側面もあります。



凜amuro001 at 00:57│コメント(11)トラックバック(0)

2013年06月12日

 『Record China』が掲載していた「韓国の高麗人参、中身は中国産なのに価格は中国の9倍―中国メディア」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 一言で言ってしまうと、「韓国で販売されている高麗人参はほとんどが中国産だが、韓国ブランドになるだけで、その販売価格は中国からの輸入価格の9倍にも跳ね上がる」が、これについて「中国の業界関係者は『ブランド力の違いだ』」として、「韓国の高麗人参ブランドに対抗できない現状を嘆いている」という記事です。


2 国際基準

 どうしても中国というとコピー商品が氾濫しており、「パクリ大国」としてのイメージが強くありますが(中国での「クレヨンしんちゃん」関連グッズ販売を巡る争い)、中国政府などは世界に対抗できる中国ブランドを育成しようとして躍起になっております。

 こうした戦略の背景にあるのが、「国際基準」で、中国は欧米が勝手につくった基準を「国際基準」として押し付けられているという発想があります(中国の発展戦略と国際基準)。

 この延長にあるのが、人権とか民主主義といった概念も欧米の価値基準を勝手に欧米以外のところに持ち込んで、中国を批判しているという発想で(エジプトの選挙結果を受け、西側に嫌みを言う中国)、中国には中国的人権、中国的民主主義(中国共産党独裁)があるのだという反論になります(中国の「民主主義」と「話し合い」)。

 話がそれましたが、したがって世界的に有名な企業を育成し、ブランド力を高めていけば、規格などの経済分野における国際基準を握ることができ、中国としても中国企業にとっても有利だという発想になります。


3 現実

 戦略としては大変すばらしい話で、目の付け所も悪くありません。日本では、技術の向上だけを目指す職人気質的発想が強く、技術があれば、何とかなると考える人が多く、「ガラパゴス」と揶揄され、いろいろ損をしている面もあり、この点はより重視していくべきかと思います。

 ただ、ブランド力を高めるということは、「信頼」とか「信用」といったものと表裏一体で、「安かろう悪かろう」といった発想ではたどり着けませんし、企業としての技術力、創造力などの総合力が要求されます。

 そうなれば、自分で商品を苦労して開発していくことや、きちんとした顧客管理が求められるわけで、これまで中国が行ってきたような、安い人件費を利用して部品を組み立てて販売するといった手法(人件費の高騰により、変わらざるを得ない中国企業)とは別のものが必要とされます。


4 最後に

 実際、中国国内でも人件費の高騰や、「反日デモ」などに代表されるチャイナリスクの関係で、中国一辺倒でなく、「チャイナ+1」政策をとる企業が増えてきているといわれています(「日本企業が中国から撤退するはずがない」と思いたい中国)。

 願わくば中国が「パクリ」を通して安易に短期間の利益獲得を狙うという形から、企業ブランドの育成などを通じ、品質や顧客を大事にして、長期的な利益獲得を狙う形に変わっていってくれればと思っております。



凜amuro001 at 19:49│コメント(8)トラックバック(0)