南沙諸島

2014年05月13日

 以前書いた「中国の孔子学院と水道水パニックに関する疑問」で、『産経新聞』の記事について批判的に書かせていただきました。


1 記者の方からの意見

 それについて、実際に記事を書かれた方から以下のような説明をいただいたので、紹介させていただきます。

 確かに中国在住の日本人や大都市のサラリーマンの家庭で、水道水を飲まないのが常識になっていますが、地方都市、月収2000元以下の家庭では、まだ水道水を中心に生活しています。

 今回の取材で、5人の蘭州市民を取材しましたが、そのうち3人は水道水を加熱して毎日、飲んでいます。

 四川新聞ネットの調査では、成都市の約9割の市民は水道水を使って料理をしているとのデータもあります。中国のネットを調べれば、関連記事は多くあります。

2 貧富の差

 この説明にあるとおり、そのまま飲めない水道水を加熱して飲む方は確かにおられます。中国と言えばお茶ですが、そのお茶を飲むためには当然お湯が必要で、お湯のために水道水を沸かして飲む方が結構おられます。

 私自身、確かにそうしたことを知っていた(散々見聞きした)はずなのですが、記事を読んだとき、頭に浮かんだのが、実際私の周りにいた中国人の方も水を買ってサーバーで飲むのが普通となっている様子でした。

 中国では貧富の差が激しいので(中国で忘れ去られた人々(写真)中国のいかにも成金といった人たちの写真)、自分の周りにいる中国人の行動様式だけでそれが一般的だと判断すると、いろいろ考え違いをしてしまうという話で、今回の私のエントリーもそうしたものの1つと思っていただければ幸いです。

 私ごときのブログにわざわざ説明を書いていただいた『産経新聞』の記者の方には手間を取らせてしまったこと及び、私の勘違いの面もなきにしもあらずですので、この場を借りて謝罪させていただきます。


3 ASEAN

 これだけで終わっても良いのですが、それだけでは何なので、ベトナム絡みで中国が今もめている東南アジアとの関係について少し。

 『日本経済新聞』では、「中国とベトナムなどが領有権を争う南シナ海問題で、関係当事国に自制と武力の不行使を促すことを盛り込んだ『ネピドー宣言』を採択した。宣言では中国を名指しすることは避けたものの、会議では首脳から中国を批判する声が相次いだもようだ。」としております(「ASEAN首脳、中国批判相次ぐ 南シナ海問題」)。

 これがおそらく典型でしょうが、中国を名指しで批判することを避けたことに重点を置くか、そうは言ってもASEAN各国で中国に対する不満が高まっていることについて重点を置くかによって大分印象が異なってきます。

 私的には以前書いたようにASEANは中国に偏ることはない反面、アメリカ(日本)に偏ることもないところかと考えています(中国とベトナムのにらみ合いの行方


4 分断

 コメントでもASEANの分断という意見をいただきましたが、中国がASEANの団結(一致して中国に反対すること)をもっとも危惧しているのは間違いないかと考えます。

 今回、10日に開催された外相会談でも、フィリピンやベトナムはかなり中国に批判的だったのに、領有権問題を有しないシンガポールやタイは冷徹で、カンボジアはいつもどおりの親中的態度だったという報道もありました。

 おそらくかつての様にインドネシアが反中国の音頭をとれば、また少しは雰囲気も違うのでしょうが、ミャンマーは確かに「親日」の面を見せているとはいえ、日本と中国となったら、まず中国よりであるのは間違いなく、こうした個々の国の状況を考えてもASEANが一致団結して中国にあたるというのはかなり難しいと考えます。


5 最後に

 ただ、今回の事件が中国のイメージ悪化に拍車をかけたのは間違いなく、ただでさえ、東シナ海(尖閣諸島)で労力を割かなければならないときに、南シナ海までというのはどう考えても戦略ミスとしか思えません。

 前回のエントリーで私の見方が楽観的すぎるとの意見もいただきましたが、軍事面で考えてもこうした二正面作戦を行えるだけの戦力を中国が保持していないことは明らかです。


 それに、これ以上事を荒立てると、ASEANがそれなりに団結して事に当たる可能性も否定できず、私的にはどうか考えてもこれ以上中国がこの問題で突っ張るメリットがあると思えないと考えているという話です。

 ただ、面子を重んじる国なので、簡単には自分の非を認めるとは思えず、それなりに時間をかけて、いろいろ理屈をつけて、自然消滅の様な形で鎮静化するではないかと私は思っております。



凜amuro001 at 23:42│コメント(12)トラックバック(0)

2014年05月12日

 ある意味昨日の続き(ベトナム絡みで中国紙が報道していたことです。


1 ASEAN

 たまたま環球網を見ていたら今日はベトナム絡みでまさにそのものの記事が掲載されておりました(中方:南海不是中国东盟间问题 反对个别国搞破坏)。

 ただ、すごく短い記事で、外務省の華春瑩スポークスマンが「南シナ海の問題は中国とASEANとの問題ではない。中国は別の国が南シナ海の問題を利用して中国とASEANとの関係を壊そうとしていることに一貫して反対している。」と述べたというものです。

 これを見てやはりよくわかるのは、中国にしてみれば、ASEANすべてが中国と敵対するということを一番恐れているということです。

 ただ、ASEAN的にみれば、中国とアメリカ(日本)との関係はどちらも大事で、結果として両天秤にかける形で、どちらかと明確に敵対する戦略をとるとは思えません(防空識別圏を念頭においた日アセアン共同声明は意味があったか)。


2 中国包囲網

 中国外務省スポークスマンが言っている「別の国」というのが具体的にどこの国を差しているのは何とも言えない面がありますが、推察するにアメリカ(日本)が行っているとされる「中国包囲網」のこと(中国封じ込め政策?中国包囲網?)を念頭においての会見かと思います。

 ただ、これで興味深かったのが、夕刊フジが「日米による中国制圧作戦 共同声明の狙いは『対中包囲網』の構築」という記事を配信していたことです。

 これは、ベトナムと中国の対立の背景として「先月の日米首脳会談の成果に注目が集まっている。安倍晋三首相とオバマ大統領による共同声明には、中国と領有権問題を抱える東南アジア諸国への海洋安全保障支援をうたっていたのだ。日米が二人三脚で『対中包囲網の構築』を目指したもので、中国は焦燥感を強めている」という記事です。

 ただ、その根拠として、出されているのが、「中国英字紙チャイナ・デーリーは8日、南シナ海での中越緊張に絡み、最近のオバマ氏アジア歴訪による防衛態勢強化の動きが『ベトナムを勇気づけた』と批判。中国社会科学院の許利平研究員も『ベトナムは日米と協力し武器を増強している』と非難した。」というものです。

 つまり、中国でよく主張される「中国包囲網」を逆手にとって、だから日米会談は意味があったとしているわけで、私的にはこれを自分(日本)から主張するかという感じがしないでもありません。


3 ロシア

 あとコメントでいただいて興味深いと思ったのが「ロシア」という観点で、確かに今クリミア問題で四面楚歌のロシアにしてみれば、中国がいろいろしでかして、ロシアに対する注意力が分散されるのは確かに願ってもないことかと思います。

 そうするとまたしても中国とロシアという話になるわけですが、いくらアメリカでもこの2国を相手に「悪の枢軸」と言い切ることはできず、さてどうするかというところでしょうか。

 もっとも効果的なのは分断して1国づつ落としていくことですが、そうなると既にクリミアを併合してしまったロシアより、未だにらみ合いレベルで済んでいる中国の方が懐柔しやすいのは間違いないかと考えます。


4 最後に

 そういうことを考えると、今回のにらみ合いをして、東南アジアの国が中国と敵対しているという状況が生まれたことをして、いろいろ勇ましいことを主張する人もおりますが、私はそうはなりなりえないと考えているという話です。

 先に見たようにASEANが中国と本気で敵対する気があるとは思えませんし、アメリカも現在の国際情勢を見れば中国と本気で敵対することにどれだけのメリットがあるかという話です。

 中国でも勇ましい議論はあるようですが、そんなことをしたら、ASEANだけでなく、アメリカ(日本)との関係悪化も覚悟しなくてはならず、私の予想としてはそうした戦略をとるとは思えません(ただ、昨日も書いたとおり、中国は私の予想の斜め上を行くことが多いので、何ともいえませんが)。

 そのため、私的にはにらみ合いが続いたまま、自然消滅という形で紛争が収まるものの、(領土)問題は先送りという形しかないのではないかと思っております。



凜amuro001 at 05:34│コメント(9)トラックバック(0)

2013年05月25日

 『環球時報』の社説「菲军要斗争到“最后一人”非常滑稽」がいろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 最初にいつものとおり、記事を翻訳したものを簡単に紹介させていただきます。

 フィリピンの国防大臣は23日、中国とフィリピンの南シナ海の紛争について、フィリピンは仁愛礁の兵士が「最後の一人」となるまで闘う、という強い言葉を使った。こんな中身のない大言壮語を吐くのは、ネトウヨの様だ。

 中国は武力で、仁愛礁を奪い取ったり、フィリピン兵士と闘う計画はない。フィリピンは1995年5月に中国駐ユーゴ大使館が爆撃された翌日に仁愛礁を不法占拠したが、その方法は老朽化した上陸艦をわざと座礁させるというものだった。もし中国軍が武力でその上陸艦を沈めようとするなら、とっくに行っている。

 仁愛礁は中国領で、中国の軍艦や公船が巡航を行ったり、中国漁船がそこに向かうのは当然だ。フィリピンが挑発するのなら、双方の対立はヒートアップし、仁愛礁は「黄岩島モデル」と同じになってしまい、フィリピンが一回挑発すると、「損」、失敗という結果になる。

 中国は南沙諸島の海域に多く艦船を派遣し、定例巡航を行っている。中国の国力であれば可能であり、かなりの費用はかかるが、現在・将来の民意からみると大事なことだ。

 フィリピンが南シナ海に投入できるものは、中国と比較にならない。中国はフィリピンに直接、手をくだす必要はなく、私達は付近一帯に常駐し、長期的圧力をかければ、フィリピン側は(対抗する)意思をなくし、事態は我々に有利になる。

 フィリピンは南シナ海上で、中国の人・物の投入量に対抗できず、最後には負ける。米日の支援の下、フィリピンが危険を冒すかもしれず、南シナ海の軍事衝突の可能性はある。しかし中国は心配する必要はない。

 中国の反撃能力が圧倒的に優位だからだ。もしフィリピンが軍事的冒険を行えば、我々の反撃能力を一回示してやれば十分だ。私達のこうした決心はフィリピンも良く分かっており、冷静な行動をとらせるだろう。

 中国が南シナ海でフィリピンに対して先に攻撃することは、永久にない。(しかし)同時に我々がフィリピンに対し反撃の準備をしていることは忘れてはならない。私達は南シナ海の争いが長期の消耗戦になることは覚悟しており、私達の政策、(対処)方法は明確だ。

 フィリピンの国防大臣が「最後の一人」まで闘うと、公言して、南シナ海の緊張を更に激化させるなら、フィリピンの被る損失は中国より遙かに大きい。南シナ海は巨大な中国から見れば一部だが、フィリピンにとっては大きな割合を占める。

 南シナ海に波風を立てているのは、フィリピンやベトナムで、フィリピンはきちんと物事を考えて行動すべきだ。中国は心から南シナ海で戦争が発生することを望んでおらず、フィリピンが冷静に行動すれば、中国・フィリピン間は長期にわたり平和だ。

2 事件の背景

 多分、この記事に関しては背景を説明する必要があるかと思います。まず問題となっているところですが、スプラトリー諸島(南沙諸島)のセカンド・トーマス・ショール(中国語名は仁愛礁)になります。

 5月15日に、フィリピン・パラワン州カラヤン町のビトオノン町長と147名の乗客を乗せたフィリピン船舶が、アユンギン礁付近で中国海軍の艦船に追跡されたという事件がおこっており、フィリピン側が中国に抗議を行っておりました。フィリピンの国防大臣の発言はそうした中で出たもののようです。

 そうしたことは、今回の社説では触れておらず、それらを踏まえると大分ニュアンスが違ってくるわけですが、ある事件を見るに「真実」などは存在せず、どこから(どの様に)見るかよって、見え方などは全く変わってくるという典型かと思います。

 実際、ここは1999年からフィリピンが占拠しているわけで、一時期は結構な数の軍人が駐留していたようですが、長期滞在はいろいろ困難だったようです。結果現在では12名しかいないということが中国側で報道され(『環球時報』「菲海军紧盯中国舰船 被曝仁爱礁驻军不足12人」)、結構激しい書き込みがなされておりました。


3 中国側の意図

 確かにここまで強い言葉は使っていないかもしれませんが、中国外交部のスポークスマンも日本に対して、いろいろ厳しいことを言っているではないかというのがこの記事を読んで最初に浮かんだ感想でした(中国の新しいスポークスマンと日本(尖閣諸島)に対する対応)。
 
 なお、元記事で出てくる「黄岩島」とは、フィリピン軍と中国軍が1ヶ月以上に渡り睨み合いを続けたスカボロー礁(中国名:黄岩島)のことを指しております(中国とフィリピンの1ヶ月近くの睨み合い)。

 この際は結局、どちらが勝ったということではなく、両者痛み分けの様な感じで、軍を引き上げたのですが、中国にしてみれば、こうした長期戦になれば、物量でまさる中国が勝つのが当たり前だという発想で書かれたのが今回の社説です。

 ただ、その一方で、元記事にも「米日の支援」とある様に、日本やアメリカが中国に対する封じ込め政策を行っていると主張(批判)しております(中国封じ込め政策?中国包囲網?)。

 そうなると、理屈から言えば、フィリピンには日本やアメリカから物資が提供されるということになるわけですが、こうしたことは中国に都合が悪いので、どうも今回は意図的に省かれた様です。



凜amuro001 at 08:11│コメント(2)トラックバック(0)

2012年10月24日

『環球網』が「台媒称中国旅行团恢复赴菲业务 两国关系缓和」という記事を配信しており、いろいろ興味を引かれたので、これについて少し。


1 記事の紹介

 いつものとおり、最初に記事を翻訳したものを簡単に紹介させていただきます。

 台湾の『中広網』が10月24日に報道したところによると、今年5月に中国はフィリピンへの団体旅行を暫定的に停止していたが、中国のいくつかの旅行社は最近、フィリピンへの団体旅行を再開した。

 報道によると、他にも、黄岩島が引き起こした中国とフィリピンの争い既に緩和されつつあるとしている。

 報道によると、いくつかの旅行会社は、今月19日に、フィリピンの団体旅行を復活させたとしている。当日、中国外交部の傅莹副部長はフィリピンを訪問し、アキノ三世フィリピン大統領と面談した。

 報道によると、中国国家観光局は5月に旅行安全の注意喚起を発表し、中国の旅行者はしばらくフィリピンへの渡航を延期するよう提案していた。旅行中のリスクを避けるため、中国の大手旅行会社はフィリピンの旅行の団体旅行業務を一時停止し、キャンセルした分は、代金の全額返還措置を行っていた。

 Philippine Starの報道によると、中国はフィリピンに旅行に来る観光客の数では4番目に多く、2012年の第一四半期では、およそ9.65万人の中国の観光客がフィリピンを訪れているそうだ。

2 個人的感想

 日本ではそんなに大きく報じられませんでしたが、中国とフィリピンは、スカボロー礁(中国名:黄岩島)の問題を巡って今年の4月から1ヶ月以上、海でにらみ合いを続けておりました(中国とフィリピンの1ヶ月近くの睨み合い)。

 その際、中国は中国に輸入されるバナナ等、フィリピン産の果物をねらい打ちし、検疫検査を強化するといった嫌がらせを行ったり、記事にあるように、フィリピンへの渡航をいろいろ制限したりしております。

 その結果、フィリピンでは反中国デモなどが起こったわけですが(フィリピンの反中国デモに関する中国側の報道)、中国国内では反フィリピンデモなどこれといった活動は見られませんでした。これを見て思ったのが、相手をそれなりに認めていないとデモなどは起こり得ないということです(中国で「反日デモ」が起きるだけまだマシ?)。

 思うに、今回の両国の緊張緩和の原因の1つに日中の関係悪化というのがあるのは間違いないと考えます。このままフィリピンとの関係を悪化させたままだと、中国は、南シナ海・東シナ海と2方面に「戦力」を削がなくてはなりません。

 ただでさえ、毎日尖閣諸島近くまで船を航行させている状態で、かなりの労力を尖閣諸島に費やしている中国としては、近隣諸国とこれ以上の関係悪化は避けたいという思惑が働いたのではないでしょうか。

 何にしろ、中国で、フィリピンへの渡航制限がかかったのが5月ですから、5ヶ月たって、やっと関係改善が図られたわけで、日本も最低この位は覚悟すべきかということでしょうか。

 ただ、これも上記のような日中の関係悪化というフィリピンとは直接関係のない事態が起こって5ヶ月ですから、下手をすると今回の日中の関係悪化は更なる長期化も予想されます。

 中国国内で全く日中の関係改善を求める動きがないわけではありませんが(悪化した日中関係の改善を求める中国側のシグナルか)、やはりある程度の長期戦は覚悟して、それなりの準備をした上で、今後の対応策を考えるべきかと思います。



凜amuro001 at 20:53│コメント(4)トラックバック(0)

2012年07月04日

 普段から何かと面白い社説を掲載している『環球網』ですが、久々に読んでいてびっくりする位関心する社説「社评:中国在南海是被蚊子骚扰的“被动”」を掲載していたので、今日はこれについて少し。


1 記事の紹介

 最初にいつもの通り記事を翻訳したものを簡単に紹介させていただきます。

 フィリピンの指導者はアメリカにスパイ機を派遣して、南シナ海で中国とフィリピンが領土を争っているところを監察するように求めたが、アメリカ国務院のスポークスマンは明確な態度を表明しなかった。

 黄岩島の紛争でフィリピンは挫折したが、退かない。中国は南シナ海で長期にわたりフィリピンの邪魔を受けている。ベトナムなどからも同様に邪魔されている。

 小国が大国に面倒をかける時代になっており、中国はこんなに多くの海上で紛糾事案を抱えており、煩わしい。もし帝国時代ならば、これらの島の争いを解決するのはもっと簡単だったが、今は無理だ。
フィリピンはとぼけており、私達はかの国対する教訓を教えさとす手段も手段を簡単に使用できない。

 これは決して中国が「軟弱」だというわけでなく、世界最強のアメリカも領土問題は存在しないが、その他の悩みは少なくない。「悪の枢軸」を教えさとす力があるが、それは勝手に使えるものではなく、国連決議などの手続きが必要だ。

 米国の世論は毎日北朝鮮やイランを攻撃しろと言っているが、それらが受け入れる可能性はとても小さい。

 フィリピンとベトナムは中国の教訓を受けるに値する国で、今後も中国に挑発を繰り返すのなら、軍事的打撃を含んだ教訓を受けることになる。しかし中国が本当にそうするかというと、慎重でなければならない。

 今の世界はとても複雑で、国際環境はかなり変化しており、中国は多くの戦略の機会に直面しているが、同時に他の大国にはない問題も抱えている。

 中国周辺の摩擦は中国社会で話題となっているが、こうした摩擦は中国にとって、実際的な脅威とはなっていない。ただ「言うは易く行うは難し」で、全ての国が内外にやっかいごとを抱えている。

 フィリピンとベトナムは私達の邪魔をする。私達の対処方法は、明確な線を設け、小さな事は相手にせず、できるだけ彼らと口論しないことかもしれない。そして、反撃すべき時が来たなら、彼らに忘れ難い教訓を与えることだ。彼らが一歩進んでくれば、二歩、もしくは三歩退かせる。

 中国は受動的だが、蚊によってかき乱されている受動だ。私達は頭を動かして刺されないようにすることができるし、急ぐ場合はこれらの蚊をたたき落とすこともできる。

 アメリカは正式にスパイ機でフィリピンを助けるかどうか、名言していない。アメリカは理性的になって、自国のスパイ機が中国人の顔の側でわめく蚊にならないことを期待している。


2 個人的感想

 念のため補足しておくと、これは中国がフィリピンやベトナムと領土紛争を抱えており、こうした国々がいろいろ中国の意に沿わないことをしていることを受けて書かれた社説です(中国とフィリピンの1ヶ月近くの睨み合いベトナムの海洋法成立に対する中国のプロパガンダの失敗)。

 さて、一言で言えば何様だという社説です。フィリピンやベトナムを「小国」として馬鹿にしただけでなく、「蚊」になぞらえて批判しているわけですから、中国の奢りもここまで来たかという感じの社説です。

 中国は第二次世界大戦以前半植民地化されてきた苦い記憶があるので、帝国主義的手法には一貫して反対してきましたし、他国の干渉を最も嫌って来ました。

 内政不干渉の理論的支柱が「国家主権」で小さい国も大きい国も皆、この主権を有しているという面では平等だという思想です。

 実際、天安門事件が典型ですが、アメリカが中国を人権問題で批判すると、中国は当時アメリカにかなわないことは百も承知だったので、この内政干渉を盛んに利用してきました。

 ところが、いざ自分が経済発展を遂げて、自信がついてくると、他国の主権を無視するような発言をし始めてしまっているわけで、これはいくら何でもひどいだとうと思った次第です。



凜amuro001 at 21:19│コメント(13)トラックバック(0)