フランス

2016年07月06日

 たまたま目にした中国政法大学の杨帆教授が書かれた「欧洲或全方位回归“小国寡民”」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 内容を翻訳したものを簡単に紹介させてもらうと以下のとおりです。

 ヨーロッパの統合は5つ矛盾を抱えている。

 1つめは、ローマ帝国崩壊後の文化の統一がないこと。中国は二千年前に既に言語の統一を果たしているが、ヨーロッパは未だになされていない。

 確かに、ヨーロッパ内部で、民主的で自由な人権が発展しているが、範囲は狭い。

 2つ目は、制度に理想主義の色彩が濃いことだ。ユーロの発行権はあるが、各国の財政政策と矛盾している。

 3つ目は、貧しい国と豊かな国の利益対立を調節する力がないこと。中国は中央政府の強大な力で東西の格差問題を解決する。

 4つ目は、エリートと民衆の対立。政治家のヨーロッパ連邦(主権を統一)という夢は、既に民衆に否定されている。

 5つ目は、人権と資本の問題。「自由貿易」には労働力を含んでいなかった。投資が自由なら給料の低い国に投資が増え、移住を制限する方に働くからだ。

 その理念に基づき、関税・投資を自由にし、通貨まで統合したが、「人的自由」の段階で問題が起きた。本来の労働力の自由移動は給料を抑えることになるが、高い給料を享受する「労働貴族」特権を独占した。

 更に、アルバイトに従事する移民の問題もある。彼らが家を構えて定住し、子供を産み育むが、この出生率が自国民より多く、更に移民が福祉を享受するとそれに対する反発も強まる。

 結論として、ヨーロッパは恐らく※「小国寡民」(小さくて人口の少ない国)に向かう。しかし、これはEUの停滞を意味するだけで、ヨーロッパ国家の集団が落ちぶれるのを意味しているわけではない。


2 中央集権

 論理してはなかなか面白いものがあります。

 ただ、にじみ出てくるのが中国は中央集権で中央の意向できちんとした方向を定めることができるのに対して、EUはそうした統一意見すら決めることができないという発想です。

 まさに「開発独裁」の良い面だけを強調したものいいです。確かに中央集権は意思決定は早いし、政策が決まった後もどんどん推し進めていくことができます。

 ただ、結果その政策が間違っていても誰も批判できませんし、無理矢理土地を収用される農民など、不利益を被る人が多いという問題があります。


3 「夢」

 確かにヨーロッパの統一というのは「夢」というか、理想主義的な強かったことは否定しません。

 ただ、第二次世界大戦という悲劇を受けて、「国」を超えた枠組みで統一を図っていこうという試みは評価すべきで、それをただ「夢」の一言で片づけることは賛成しかねます。

 私が思うにEUの問題は、東欧の加入を進めたことによるEU内の貧富の差の拡大で、人は豊かな方に流れるという当たり前のことが起こったに過ぎないと考えます。

 結果移民問題などが起きたわけですが、シリアの問題で更にそれが強調されてしまったというところでしょうか。


4 最後に

 中国の論説のうまいところは、斯様に他国の問題に搦めて自国の優位性を強調してくるところにあるような気がします。

 そしてそれを如何にさりげなくおこなえるか、如何に学術的な感じにまとめあげて説得力をもたせるかが腕の見せ所の様なきがしなくもありません。

※ 「小国寡民」は老子が理想した国家。足るを知り、他国を羨ましがらずあるのが良いという感じの意味ですが、ここでは移民排斥の話もあるので、単純に国(人口)が小さくなるという意味で使用していると思います。



凜amuro001 at 22:31│コメント(4)トラックバック(0)

2016年01月01日

 スペインやスイスなどを回ってフランスに戻ってきてところです。本来だと日韓の慰安婦問題などについて書きたいところですが、ふと今回の旅行でマクドナルドについて思うことがあったのでこれについて少し。


1 スイス

 今更私が言うまでもないかもしれませんが、スイスの物価は極めて高く食事やホテルなどにかかる代金はかなりのものがあります。

 ただ、その一方で観光客の扱いにも慣れており、ホテルの対応も丁寧ですし、見事な英語を使っておりました。そのうえ彼(女)たちはフランス語とドイツ語が使えるわけですから、感嘆しきりです。

 治安もまず問題ありませんし、街には一流ブランドの店が軒を連ねています。本当にスイスは金があると思ったのは、停まっている車です。

 アウディやベンツはざらですし、ポルシェも珍しくありません。相対的に物価の安いEU諸国から輸入したのかと勝手に想像している次第です。


2 食事

 ただ本当に閉口したのは、食事代です。旅行本で紹介されているレストランに行ってスイス料理などをと思ったわけですが、それなりのレストランですと、一人軽く1万円近くかかってしまいました。

 とても金がもたないので、店から軽くパンでもと考えたのですが、パンを切ってハムなどをはさんだものでもひとつで千円位で、そこにサラダと飲み物などを頼めば20フラン(ユーロ)と3000円弱になってしまいます。

 結果、旅行客にとってどこで食事をするかは結構切実になります。たまたまホテルのエレベーターで一緒になった若い中国人カップルの会話を聞くともなしに聞いていたのですが、マクドナルドに行こうとしきりに話をしていました。


3 マクドナルド

 それでという訳でもありませんが、注文も楽なので私も行ってみたのですが、確かに結構繁盛していました。

 値段ですが、チーズバーガーだとひとつ5フラン(ユーロ)ですし、ビックマックのセットでも確か17フラン(ユーロ)弱だったと記憶しております。

 こちらも日本と比べるとかなりの割高ですが、それなりに腹はふくれますし種類もそれなりにありますし、どこでも基本的に同じものなのではずれがありません。


4 外食文化

 日本でのマクドナルドの凋落が伝えられて久しいわけですが、今回の旅行を通して思ったのが、確かに軽食がパンの加工品をメインにしている欧米では、マクドナルドも基本的に同じものを提供しています。

 あとは値段の勝負となるわけですが、そこは巨大企業ですからいくらでも価格調査の上、多少休めに設定してしまえば十分勝算がでてきます。

 中国でもマクドナルドはかなりはやっておりますが、背景にはアメリカ(欧米)に対する憧れがあります。日本でもかつてマクドナルドがあれだけ隆盛を極めたのは同じ原因だったかと思います。

 ところがハンバーガーば珍しくもなくなれば、当然憧れも減っていきます。さらに日本の場合外食の選択肢が丼(定食)や麺類などと多いのでそもそもパン文化の占めるパイがそれほど大きくありません。


5 最後に

 結果、日本では、パンを食べたいと思う割合が限られている上に、パンの加工品の競合相手も存在するわけで、マクドナルドの一人勝ちは確かに難しいと思った次第です。

 散々ニュースで話題になったように、中国産などの原材料の安全面なども凋落の原因の1つでしょうが、日本の外食文化の構造を考えてもマクドナルドという形態は少しきついかなと考えます。

 なお、日本同様に中国でもかなりの外食文化は発展しますし、パン食も限られている、それに自信をつけてアメリカへの憧れも減ってくるとなれば、マクドナルドは中国でも、結構大変になるのではないかとおもっています。



凜amuro001 at 09:47│コメント(5)トラックバック(0)

2015年12月21日

 ただいまフランスにおりますが、相変わらず時差ぼけで変な時間に目が覚めてしまったので、ブログを更新しております。

 というわけで、今回の旅行でふと思ったことを少し。


1 国際化

 今回は中国国際空港で北京乗換えというパターンだったので、羽田経由できました。結果、北京までは一緒でもそのあとは行き先がかなり異なる人が乗っていました。

 私の席の前に乗った女性(母親)は子供2人と祖母の4人というパターンで、下の子はおそらく2歳になるかならないか位で、飛行機が心細かったのか、母親とすこしでも離泣いてしまう状態でした。

 そのため、少しきつめにしかることがあったのですが、最初基本的に使っていた言葉は英語でした。ただ、その子は日本で育ったためか、日本語がメインのようで、日本語で返します。

 最後は母親も日本語で話しかけていましたが、祖母と話すときは、中国語で話をしておりました。

 多分この子たちは今後、自然といくつもの言葉を覚えていくのだと思ったと同時に、それが当たり前の時代になったのだと、ふと今更ながらに思った次第です。


2 中国(大気汚染)

 私は基本的に上海経由で長江流域というパターンで生活をしてきていたので、北京は久しぶりでした。話に聞いていたスモッグですが、確かに飛行機からの景色がよく見えないということはありました。

 確かに、飛行機から降りた瞬間、それなりに感じるところはあったのですが、そのとき周りの数人の中国人の方が、早くも結構しっかりしたマスクをしておられたのがびっくりしました。

 何かそれを見た瞬間、急に咳き込んでしまい、いろいろ思うところがあったという話しです。


3 中国(サービス)

 最初の飛行機のフライトアテンダントは本当に言い方も丁寧で、ヘーここまでサービスが良くなったのはすごいと思ってしまいました。

 ただ、次の北京ーパリは今までと同じで、たまたま東京ー北京が丁寧なフライトアテンダントにあたっただけだったという落ちだったということです。

 しかし、後半の経験がなければ、今頃私はブログに中国のサービスも大分良くなってきたと書いていたかもしれません。

 ま、そう考えると、やはり一回の経験から結論を帰納するのは、怖いということかと思います。


4 パリ

 普通この時期飛行機は満杯ですが、ところどころに空席があり、やはりテロの影響は大きかったのかもしれません。

 実際、博物館に入るときに、検査が以前よりきびしくなっておりました。観光客が減ったという報道もありますが、見た目にはわかりませんでした。

 当然、同じ場所でも時間や時期が違えば、以前来た時と、来場者の数なども違っているわけで、たまたま見た印象でどうこういうと、上記と同じ間違いをしでかしてしまいかねないという話です。


5 最後に

 こちらに来てからネットでエールフランス機の爆弾騒ぎの記事を見ました。結果的には爆弾ではなかったということですが、本当に他人事ではないと思った次第です。

 こうしたものが持ち込めてしまうという話で、飛行機の中で見た映画サバイバーがふと思い出され、本当に勘弁してくれと感じです。



凜amuro001 at 10:18│コメント(0)トラックバック(0)

2015年11月23日

 ある意味前回の「フランスのテロを受けて旅行をキャンセルすること」になります。そもそも、今回のフランスのテロは何故起こったのかという疑問がふと頭をよぎったので、これについて少し。


1 紹介

 産経新聞は「フランスなぜ狙われた? 『イスラム国』の理想と正反対の社会、統合求める国に反発」という記事で、ティエリー・ダナ駐日フランス大使の意見として、今回襲撃された劇場やカフェのテラス席も「、「(仏文化で重要な)自由を謳歌(おうか)でき創造性を発揮できる」場所だという意見を紹介しております。

 更に、「フランスでイスラム教徒が置かれる環境も注目だ」として、河本志朗・日大教授の「差別や就職難などで不遇を感じる人物が、『欧米へのテロを呼びかける過激派の声に呼応してしまうことは十分考えられる』ともしております。

 『週刊朝日』は「首謀者は『IS』? なぜパリ? 同時多発テロの不可解」という記事で、外務省関係者の「ISの欧州での勢いはまだまだ衰えていない。パリが標的になるのは、ISからの移民者が圧倒的に多いからだ」という意見を紹介しております。

 他にも中東ジャーナリスト、川上泰徳氏の「フランスには、公共生活から宗教を排除する『世俗主義』がある。イスラム式のベールを規制するなど排他的なもので、以前からイスラム厳格派の反発を買っている」という意見も掲載されておりました。


2 イスラム教徒

 何故フランスかということを考えると、やはり私的にはアルジェリアの問題を外して考えることができません。

 フランスの植民地だったアルジェリアはかなり過酷な支配を行い、職を求めてフランスにわたる移民も増え、熾烈な独立戦争を戦うこととなりました。

 1991年の総選挙ではイスラム原理主義政党のイスラム救国戦線(FIS)が圧勝しましたが、軍主導のクーデターで実質的に無効とされてしまっております。

 その後、国内では数多くのテロが引き起こされております。


3 ダブルスタンダード

 ここでどうしても考えなくてはならない問題は、アルジェリアでは、本来民意としてイスラム原理主義政党を選んだのに、それがなしにされてしまったことで、欧米諸国も結果としてそれを支持しました(中東民主化運動が与える影響(概観))。

 イスラム式のベールについても、形の上では世俗主義とされておりますが、私的には、アルジェリアとの独立戦争の際に、ムスリムの女性がベールに武器を隠して運んだことなど影響を与えているような気がしてなりません。

 それに総選挙後、アルジェリアではかなり治安が乱れ、国内で誘拐事件やテロなどで、一回に100人単位で犠牲になったわけですが、国際社会はあまり関心を払いませんでした。


4 人の命

 発展途上国で暮らしてみると、先進国(日本)で生まれたありがたみというものを、多かれ少なかれ体感することとなります(現実には重さが異なる命と平等に来る死)。

 それにどんなに偉そうなことを言っても、私自身自分と関係のあるところでテロが起こるとかなり狼狽してしまうわけですが(フランスのテロを受けて旅行をキャンセルすること)、まず行かないであろうアフリカでテロが起こっても「またか」位の感想しかもたないのが本音です。

 中東も同じで、シリアの内戦で毎日あれだけの数の犠牲者がでていながら、数字としてしか認識しておりませんし、報道もロクにされないというのが現状です。

 難民はこうした問題を直接目に見える自分たちの問題として、ヨーロッパに問いかけたわけで(難民の受け入れという理想と現実)、それを今回のテロもある意味同じ構図があるような気がしてなりません。


5 最後に

 人の認識には当然限界があるわけで、どこまで自分の問題として認識できるかというとそれも限りがあります。

 それに、何でもかんでも自分と関係のある問題としてとらえていたのでは、こちらの精神も身体(資金)ももたないのは当然の話です。

 だから、単なる数字としての認識にとどめたりして、精神の安定を保っているわけですが、実際に今苦労してる人にしてみれば、面白くないのは確かかと思います。

 結果、それが恨みつらみとなり、テロという形で表に出てくるという面もあるのかと思った次第で、実に頭の痛い問題です。



凜amuro001 at 03:19│コメント(4)トラックバック(0)

2015年11月17日

 『朝鮮日報(日本語版)』が掲載していた社説「仏テロにひるまず欧州を旅行する韓国人の安易な考え」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 11月13日にパリでテロ事件が起こりましたが、「欧州向けの旅行やツアーもキャンセルはほとんどない」韓国の状況を受け、「『テロは自分と関係ない』という安易な考え方が国全体に蔓延しているのかのようだ」という記事です。

 韓国内のテロ防止法の制定についてひとしきり述べた後で、韓国「国民の安易な対応も問題だ」としています。

 これは、「今回のテロを受けてキャンセルしたのはわずか10人ほどだ」ったことを受けての発言で、「日本では最大手のJTBが14日と15日のフランス方面への出発便を自主的に取りやめ」たことや、「日本の学校もフランスへの修学旅行をキャンセルし」たことを対比させています。

 また、「ここ5年間に海外で韓国人が犠牲となった事件は97件」で「そのうち83件は最初から韓国人を狙ったもので、」「韓国人は決してテロの安全地帯にいるわけではない」ともしています。

 それにもかかわらず、「『自分だけは大丈夫』という安易な錯覚に陥っている韓国人が非常に多いのが実情のようだ」と記事を結んでいます。


2 自粛

 これを受けて思ったのが、こうしたことがあった後で、旅行をキャンセルすることが良いことと一概に言えるかという点です。

 当然、テロがあったところに行くのは、良い気持ちはしないわけですが、テロがあったからと言って、欧州への旅行をとりやめるということは、テロの実行犯の狙いに乗ってしまっている面があるのではないかという話です。

 テロの実行犯にしてみれば、今回のテロを受けて、フランスをはじめとする欧州に旅行に行く人が減ったり、物流がおかしくなることは願ったりで、それが狙いの1つとしてあるのではないかと考えます。


3 日常

 そういう意味で、ふだんと変わらない日常生活を送っておられるフランス(パリ)の方々はすごいと思いますし、もしフランスのことを考えるのであれば、予定通りフランスに行くことがフランスのためになるのではないかと思います。

 フランスの観光業にしてみれば、今回のテロで収入が減ってしまえば、それこそ泣きっ面に蜂の状態になってしまいかねません。

 当然テロがなかったことにはできないわけで、それを無視するような行動は論外ですが、震災にしても現地のことを考えたのならば、現地の役に立つことを考えるべきで、観光で金をおとすといった活動は、やめるべきではないと考えます。


4 日本との比較

 日本のことを引き合いにだして、記事を書くのが如何にも韓国だと思ったのも本音です。

 ま、今回は悪い意味で使われているわけではないので、良しとすべきなのかもしれませんが、私的には日本の行動もどうかというのが本当のところです。

 JTBなどの旅行会社にしてみれば、何かあるとやっかいだからという消極的な理由で、ツアーをキャンセルしたのでしょうし、学校の修学旅行に至っては言うまでもないかと思います(大学は学校に来ない生徒の面倒を見るべきか?)。

 これが確かにテロ多発地帯というのであれば、確かに再発防止という面で大きな問題があるので、キャンセルも妥当と思いますが、ここでキャンセルというのはフランスに対し、失礼ではないかとも思った次第です。
 また、個人の意見・意思を無視して、ツアーそのものをキャンセルしてしまうというのも、これはこれで如何にも日本的だと思った次第です。


5 最後に

 こうしたことを書くと、お前は日本に居て、他人事だと思っているからそう言えるのではないかとの批判が聞こえてきそうです。

 ただ、私自身近々フランスに行く用事があり、いろいろ「大丈夫か」と言われたりするとかえって、ここでそれを聞くかという反感が募ってくることや、知り合いがパリにいることもあり、いろいろな思いを込めての今日のエントリーとなっております。



凜amuro001 at 22:52│コメント(6)トラックバック(0)