各国

2016年07月06日

 たまたま目にした中国政法大学の杨帆教授が書かれた「欧洲或全方位回归“小国寡民”」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 内容を翻訳したものを簡単に紹介させてもらうと以下のとおりです。

 ヨーロッパの統合は5つ矛盾を抱えている。

 1つめは、ローマ帝国崩壊後の文化の統一がないこと。中国は二千年前に既に言語の統一を果たしているが、ヨーロッパは未だになされていない。

 確かに、ヨーロッパ内部で、民主的で自由な人権が発展しているが、範囲は狭い。

 2つ目は、制度に理想主義の色彩が濃いことだ。ユーロの発行権はあるが、各国の財政政策と矛盾している。

 3つ目は、貧しい国と豊かな国の利益対立を調節する力がないこと。中国は中央政府の強大な力で東西の格差問題を解決する。

 4つ目は、エリートと民衆の対立。政治家のヨーロッパ連邦(主権を統一)という夢は、既に民衆に否定されている。

 5つ目は、人権と資本の問題。「自由貿易」には労働力を含んでいなかった。投資が自由なら給料の低い国に投資が増え、移住を制限する方に働くからだ。

 その理念に基づき、関税・投資を自由にし、通貨まで統合したが、「人的自由」の段階で問題が起きた。本来の労働力の自由移動は給料を抑えることになるが、高い給料を享受する「労働貴族」特権を独占した。

 更に、アルバイトに従事する移民の問題もある。彼らが家を構えて定住し、子供を産み育むが、この出生率が自国民より多く、更に移民が福祉を享受するとそれに対する反発も強まる。

 結論として、ヨーロッパは恐らく※「小国寡民」(小さくて人口の少ない国)に向かう。しかし、これはEUの停滞を意味するだけで、ヨーロッパ国家の集団が落ちぶれるのを意味しているわけではない。


2 中央集権

 論理してはなかなか面白いものがあります。

 ただ、にじみ出てくるのが中国は中央集権で中央の意向できちんとした方向を定めることができるのに対して、EUはそうした統一意見すら決めることができないという発想です。

 まさに「開発独裁」の良い面だけを強調したものいいです。確かに中央集権は意思決定は早いし、政策が決まった後もどんどん推し進めていくことができます。

 ただ、結果その政策が間違っていても誰も批判できませんし、無理矢理土地を収用される農民など、不利益を被る人が多いという問題があります。


3 「夢」

 確かにヨーロッパの統一というのは「夢」というか、理想主義的な強かったことは否定しません。

 ただ、第二次世界大戦という悲劇を受けて、「国」を超えた枠組みで統一を図っていこうという試みは評価すべきで、それをただ「夢」の一言で片づけることは賛成しかねます。

 私が思うにEUの問題は、東欧の加入を進めたことによるEU内の貧富の差の拡大で、人は豊かな方に流れるという当たり前のことが起こったに過ぎないと考えます。

 結果移民問題などが起きたわけですが、シリアの問題で更にそれが強調されてしまったというところでしょうか。


4 最後に

 中国の論説のうまいところは、斯様に他国の問題に搦めて自国の優位性を強調してくるところにあるような気がします。

 そしてそれを如何にさりげなくおこなえるか、如何に学術的な感じにまとめあげて説得力をもたせるかが腕の見せ所の様なきがしなくもありません。

※ 「小国寡民」は老子が理想した国家。足るを知り、他国を羨ましがらずあるのが良いという感じの意味ですが、ここでは移民排斥の話もあるので、単純に国(人口)が小さくなるという意味で使用していると思います。



凜amuro001 at 22:31│コメント(4)トラックバック(0)

2016年03月29日

 『環球網』が「美媒分析为何有中国人喜欢特朗普 调查:你喜欢他吗?」(アメリカメディアがどうして中国人はトランプが好きなのかを分析 あなたは彼が好きですか)というアンケートを行っており、興味深かったので、これについて少し。


1 元記事

 ここで言っているアメリカメディアとは、CNBCの”Why some Chinese like Donald Trump”という記事です。

 この記事では、あれだけ中国に対して強硬な発言を行っているトランプ候補に対して、中国人が何故それほど彼を候補を嫌っていないかということについて記事にしたものです。

 いろいろな理由があるのですが、彼が経済界出身で、何だかんだ言っても中国との(経済)関係を重視するはずという意見などが紹介されています。

 最後に西側民主主義の失敗という項目があり、そこには、中国メディアがトランプ候補をそういう観点から紹介してるからというなかなか興味深い部分もありました。


2 アンケート結果

 アンケートの質問は2つで、1つ目が、トランプ候補が好きですか、嫌いですか。

 2つ目が、彼がアメリカ大統領になったら、中国にとってプラスですか、マイナスですかというものです。

 3月29日の22時30分現在で、1つ目については、トランプ候補が「好き」53%、「嫌い」47%となっております。

 2つ目は「プラス」が45%、「マイナス」が55%となっております。


3 好き嫌い
 
 トランプ候補の人気はやはり彼のキャラクターによるものが大きく、同じようなことを他の候補が発言したら間違いなく反感だけが募るのではないかと思います。

 もともとテレビにも出演経験があるわけで、そこでもいろいろ厳しいことを言っていたようですが、それが受けていた面もあるわけで、氏は大衆はどう言えば喜ぶ、どうすればマスコミ受けするかということを良く知っているのは間違いないかと思います。

 実際、上記アンケートのコメント欄でも彼をして率直と考えるコメントなどが書き込まれていました。

 皆いろいろ言いたいことがあってもそれが言えないのが現代社会ですが、それを言ってしまえるところに彼の強さがあるのかもしれません。


4 最後に

 とはいっても、彼の発言を聞いていると、多分ないとは思いつつも本当にやられたら困るというのが残るのは間違いないかと思います。

 それが彼が大統領になったら、中国にとってマイナスというアンケート結果に表れているような気がしてなりません。

 おそらく日本でも同じような結果になるのではないでしょうか。彼のことは嫌いではないが、公約として掲げられていることをそのまま実行されたら大変というのが普通の発想かと思います。

 私自身、彼が今好き勝手言っていることをそのままできるとはとても思いませんが(アメリカの理想(クリントン)対闇(トランプ))、そうは思いつつもやられたら困ると思っています。

 ただ、その一方で、彼の破壊力というか、これまでの常識が通じないところに何かやってくれるのではないか、彼が大統領になったらそれはそれで面白いかもしれないとも考え始めています。

 そうはいっても、政治はそれによって影響を受ける人間が多いので、間違ったではシャレにならないことが多々あるのが、怖いところでもあります。




凜amuro001 at 23:14│コメント(14)トラックバック(0)

2016年03月16日

 アメリカ大統領選に向けた民主、共和両党予備選が行われており、南部フロリダなど大票田の5州で投票が行われています。

 1日の「スーパーチューズデー」に続くカギとなる選挙で、マスコミでは「ミニ=スーパーチューズデー」などという用語も散見されます。

 正直共和党のトランプ氏がここまでの勢いとなるとは全く思っていませんでしたが、ふと思うことがあったので、これについて少し。


1 床屋談義

 トランプ氏の主張は、不法移民対策でメキシコ国境沿いに壁を築くというものに代表されるように、思いつきというか、現実味がどれだけあるのかというものが少なくありません。

 特にこの「壁」では、その建設費用について、氏の「優れた交渉術」を通じてメキシコ側に負担させるとまで発言しているわけですが、この実現可能性については言うまでもないかと思います。

 こういう馬鹿げた話をどこまで民衆が信じるかと言う話ですが、氏の話は聞いていて気持ちが良いのは間違いないかと思います。


2 権利と義務

 アメリカは何だかんだ言っても世界一でそのために多くのメリットを享受している反面、良くわからない「世界の警察」などを努めており、そのためにかなりの負担を負っております。

 傍から見ていると、権利(主張)には義務が伴うという当たり前の話にしか過ぎないわけですが、どうしても人は自分が受けている利益より、自分が被っている不利益の方に目がいってしまいます。

 それにトランプ氏の話はどちらかというと内向きで、世界に対する貢献を減らして、その分を金を自国に回そうというものですが、そうした政策をとった場合に世界がこれまで同様アメリカを遇するかはかなり疑問です。


3 キリスト教徒

 これは私のキリスト教徒(アメリカ人)に対する偏見ですが、キリスト教的価値観に基づき、本気で素晴らしい人であろうと努力なさっている方がおられるような気がします。

 欧州でもそういう方はおられますが、そうでありつつ、できるはずがないと割り切っている様な気がしないでもありません。

 結果、アメリカの方が禁酒法に代表されるように原理主義的傾向が強いような気がしてなりません。

 民主党のクリントン候補の目指している世界はまさにそれで、実際彼女自身もそうありたいとこれまで努力してこられたと思います。


4 俗気

 それに対して、トランプ氏は思いっきり「俗」です。斯くあるべきではなく、ひたすらこうありたい、こうあったら良いを連呼しているだけのような気がしてなりません。

 私的には政治とは、結果責任なので、どのようにそれを実現するかを考えるべきかと思っておりますが、はっきり言ってそれとは一番遠いところにおられる方の様な気がしてなりません。

 ただ、彼を全否定するつもりもありません。実際これまでの政治家が何をしてきたのかという問題があるからです。

 政治は一律にものごとを決めるため、どうしてもいろいろなところから圧力がかかり、最初の目的が変えられてしまうことがよくあります(自分の課の政策をブログで否定する課長)。

 そうした結果は国民を失望させやすく、国民にしてみれば、そうした圧力にまけない強い政治家を望みたくなる気持ちもわからないではありません。

 実際、クリントンにしてもオバマにしても現状を変える(change)、自分達はできる(yes we can)というスローガンで選挙を戦ってきました。


5 最後に

 ヒトラーの例をだすまでもなく、現状に不満がある方々はそれをすべて変えてくれる人を望みがみで、それにトランプ候補がぴったりはまったというところでしょうか。

 それにこうした政治家に求められるのは(打たれ)強さ(タフさ)ですが、トランプ候補程ぴったりした人はいないかと思います。

 私は、理想が強ければ、強いほど、その闇も深いと考えており、そういう意味で理想(クリントン)、闇(トランプ)というのも、今のアメリカを表している興味深い現象だと思っているという話です。

 念のため補足しておきますが、トランプ氏に対してそれほど悲観的ではありません。もし万が一大統領になったとしても、各種制度が発達しているアメリカでは、そこまで無茶もできないと思っていますし、ビジネスでしっかりのし上がってきた方なので、本当の意味で馬鹿はしないと信じております。



凜amuro001 at 22:07│コメント(6)トラックバック(0)

2016年02月15日

 『環球時報』が掲載していた「越来越多中国人正在转变对朝鲜看法」という社説がいろいろ興味深かったので、これについて少し。

 最初に記事の概要を紹介させていただきす。


1 記事の紹介

 核問題で、中国は北朝鮮の隣国として、圧力を感じており、中国民衆は、抗米援朝的な伝統的な友好国という観点だけではなくなってきている。

 北朝鮮を「悪い隣近所」とみなす人は60%という報告もある。高度な専門性が要求され、民意だけでは、外交は決まらないが、民意は外交の1つの基礎である。

 こうした変化が、中国政府は制裁を加えるべきという圧力になる可能性もある。しかし、一方で中国と北朝鮮の関係も考えにいれなくてはならない。

 確かに、民衆の「反朝鮮」は「反日」とはことなり、比較的解消しやすい。しかし我慢の限界があるので、北朝鮮が政策を変えないと、悪感情は強まる。

 西側の問題が解決しないのは、「中国が生ぬるいからだ」「敵を養っている」という宣伝も民衆に影響を与えている。

 アメリカの方法はきわめて単純で、脅せば良いというものだが、これは北朝鮮には役に立たないであろう。

 アメリカの本当の目的は韓国をきつく縛り、中国の軍事圧力に対する更なる戦略的効果を実現することだ。


2 北朝鮮に対する考え

 ここから読み取れるのは、以前指摘したように(北朝鮮に堪忍袋の緒が切れた中国?北朝鮮に対し、本気で苛立ち始めた中国)、中国も北朝鮮の行動には手を焼いており、少なからぬ苛立ちを持っているということかと思います。

 かといって、中国には、アメリカが主張する制裁強化にも容易には賛成することができないというジレンマが存在します。

 下手に制裁を強化して北朝鮮がおかしくなってしまったら、朝鮮戦争での苦労が水の泡ですし、下手をするとアメリカの影響力が首都北京近くまで伸びる可能性も否定できません(砲撃と北朝鮮と中国)。


3 解決策

 中国にとって都合が良いのは、ある程度自分の影響力の及ぶ衛星国が朝鮮半島にあることなので、これ以上馬鹿なことをするな、おとなしくしていてくれというのが本音でしょう。

 結果、下手に何かしておかしくなるよりは、現状維持という判断になるのではないでしょうか。

 もし、北朝鮮が乱れて難民などがなだれ込んで来るような事態になっても困りますし、そのようなことになれば、韓国に統一される可能性も大でしょうから、それだけは避けたいところでしょう。

 だからこそ、中国としては、「中国と北朝鮮の関係も考えにいれなくてはならない」わけですが、このまま北朝鮮を好き勝手させておくのもまずいというところでしょうか。

 結果このようなある程度、中国の「民衆」は怒っているという立場を表明しつつ、事態の収拾を図るという意見表明になったのかとも思います。


4 最後に

 記事の最後の方にアメリカが出てくるのが如何にも中国(環球時報)的で、何とも言えない感じはあります。

 しかし、確かにアメリカの共和党の大統領候補の様に単純に制裁で片が付くと言われると腹がたつのもわからないではありません(北朝鮮核実験に対する中国の対応)。

 ただ、このまま有効な制裁が行えなければ、北朝鮮がいろいろ考え違いを起こす可能性も否定できないと考えており、そろそろ中国には本気で問題解決に乗り出してもらいたいというのが私の本音です。



凜amuro001 at 21:36│コメント(16)トラックバック(0)

2016年01月28日

 百聞は一見に如かずとは本当だなと、ふと、思うことがあったので、これについて少し。


1 台湾総統選挙
 
 台湾の総統選挙については、前回触れさせてもらいましたが(台湾「独立」を巡る中国の悪循環)、そこで私が最も触れたかったことの1つに中国の圧力が今回の結果になってのではないかという問題があります。

 それに関連して、K-popで活躍している、台湾出身の周子瑜(16歳)が、テレビ番組内で「中華民国」の旗である「青天白日旗」を振っていたことが問題とされるという事件が発生しました。

 彼女はこの問題で謝罪をしたわけですが、その様子が台湾の方の更なる反感を招き、今回の選挙結果に大きな影響を与えたという指摘もなされています(『毎日新聞』「国旗」掲げ騒動…「総統選に影響」指摘も)。


2 影響

 正直私はこうした記事を見た時、「いくらなんでもそれはないだろう」と思っていたのが正直なところです。

 芸能などが大きな影響を与えることがあるのは、間違いありませんし、日本のアニメの諸外国への影響などもよく話題にされることがあります。

 ただ、私の経験則では、どうしてもこうしたことに興味を持っているのは特定の方に限られているという面があることと、支配階級の人は政治(支配)こそが最高であると思っており、芸能などはその下にあるべきと思っているというのが私の理解だからです。


3 映像

 ところがたまたま、周子瑜が謝罪している様子を見る機会があり、動画を見たわけですが、正直かなりショックでした。


 
 中国語で話をしているので、内容はわからないかもしれませんが、彼女がいやいやながら謝罪している様子は見てとれるかと思います。

 それに途中から紙をみて、それを読んでいるわけで、如何にも強制された感じが漂います。それに、実際謝罪では、「会社や両岸のネットユーザーを傷つけ」と述べております。

 ちなみに、彼女が話している内容は、「中国は一つ」「中国人であることを誇りに思っている」ということを前提に、しかし、自分の過ちから、上記の、「会社や両岸のネットユーザーを傷つけ」、謝罪しますという内容です。

 そのうえで、「中国(大陸)での一切の活動を中止し、真摯に反省する」というものです。


4 本音と建て前

 以前書いたように、中国でも日本と同じように本音と建て前が重視されます(日本に来た理由(本音と建て前))。

 今回の問題も、実際台湾を実行支配しているのは、中華民国で全く中国大陸とは違う統治が行われていることは誰でも知ってることで、当然中華民国内では、当然中華民国の旗が振られています。

 ところが、これが「1つの中国」という建て前の前では許されないことで、一旦問題にされてしまうと、「中国」としては、ゆすることができないという話になるのかと思います。

 結果、今回のような、16歳の少女に嫌々ながら、謝罪させざるを得ないということにもなったのでしょう。


5 最後に

 動画を見ると、雰囲気だけでもわかってもらえるかと思いますが、話している内容がわかると、思うことがいろいろあります。

 台湾の方々がこれを見て、どう思ったかは想像に難くなく、こうしたことをさせる会社、またその圧力をかける「中国」という存在に嫌気がさしたという面はあるかと思います。

 結果、これが台湾総統選挙に影響を与えたという側面は否定しがたいと私も考えます。

 私がこうした推察に至ったのは、やはり実際に動画を見たからであり、映像の力はすごいと今さらながらに思ったのと、何でも自分で体験(見てみない)とやはりわからないものだと改めて思ったという次第です。



凜amuro001 at 22:53│コメント(10)トラックバック(0)