歴史認識

2016年07月07日

 今日は7月7日で何の日ですかと聞かれれば、日本人はまず間違いなく「七夕」と答えるかと思います。ただ、中国人にとっては今日は単純にそうはいかず盧溝橋事件の起こった日となります。


1 『環球網』のアンケート

 正直、ここのところ精神状態がまともでないこともあり、きれいさっぱり忘れていました。

 たまたま『環球網』お得意のアンケートで「指摘されないと、今日が何の日か思いだせませんか」というのをやっており、それを見てやっと思いだしたところです。

 ただ興味深かったのが、7月7日の22時現在、「覚えている」が87%で、「忘れていた」が13%だったという点です。

 『環球網』は『人民日報』傘下の『環球時報』の電子版で、中国愛国主義者御用達のメディアで、正直記事はかなり偏っております(中国紙『環球時報』は日本に対して批判的か?)。

 ただ、電子版は紙と比べて、アクセス数を稼ぐためか色っぽい写真を載せたりするなど、少し毛色が違うところがないでもありません。

 そういう意味で、知らない人がいても何の不思議でもありませんが、一割を超えていたというのは少し以外でした。


2 関心

 中国共産党にしてみれば、政権の正当性が日本の侵略を打ち破ったということにあるので、当然その侵略の始まった日というのは大事となります。

 結果、それが強調され、斯様なアンケートが行われているということかと思います。

 もし中国が本当に良く言うように世界第二位の経済大国として日本を歯牙にもかけないのであれば、私はこうした意識も徐々に変わってくるのではないかと期待はしております。

 ただ、中国共産党こうした立場をとっているかぎり難しいでしょうし、中国が日本を意識しなくなることはそれはそれで寂しいことかと考えます。


3 何の日

 ただ、気を付けなくてはならないのは、中国滞在中もしくは中国語で情報を発信する際にはこうしたことを念頭におかなくてはならないことです。

 以前書いたとおり、2015年7月7日に、在中日本大使館が、中国版ツイッター・微博で七夕を祝うメッセージを書き込んだところ、炎上騒ぎが起こっています(なんでもない8月9日と七夕の7月7日)。

 かといって日本で中国人と話す際に、盧溝橋事件を考慮して話さなくてはならないかというと、それはそれでかえっておかしいと思います。

 実際、日本人の大半は知らないわけで、それを無理やり知れと強要されるのも変な話です。


4 最後に

 実際、『環球網』の読者ですら1割の人が忘れていたわけですから、普通の中国人もどれだけ意識しているかという話です。

 特に若い人となれば、その率はもっと下がると考えて良いかと思います。

 それに忘れていないといっても、中国のテレビを見れば必ず盧溝橋事件関連のニュースが流れていたはずで、こうしたことから思いだしただけという人もいるかと思います。

 そういう点からもあまり気にしすぎるのもどうかというのが私の意見です。



凜amuro001 at 22:43│コメント(10)

2016年05月29日

 『環球時報』が掲載していた社説「安倍弃道而玩术,终究要把自己绕进去」が如何にも中国的でいろいろ興味深かったので、これについて少し。

 これはアメリカのオバマ大統領の広島訪問を受けて書かれたものですが、大意を紹介させてもらうと以下のような感じです。


1 記事の紹介

 オバマは、「核のない世界」を提唱したが、71年前の米軍による広島、長崎への原子爆弾投下についての謝罪はなかった。

 「核のない世界」は、理念であり、実際に実現する徴候はなく、まもなく退任するオバマにとって華麗なるカーテンコールになるだろうし、世界中の人を感動させるだろう。

 しかし、オバマ広島訪問の主人は、「非核」のために呼んだのではなく、広島を通して、世界中にあの戦争の「つらい思い」を伝えるために呼んだのです。

 日本は70数年まえに戦争に負け、戦争末期には、原爆や大規模な空爆を被った。日本人にとってはあの戦争の思い出では、本土が災難にあったことで、国際社会は何度もアジア国家への侵略に対して改めて考えるように求めている。

 一部の日本人にとって、アメリカ大統領の広島訪問は、「歴史的な訪問」アメリカ政府のある種のおわびの気持ちを持参したと思う。

 オバマと安倍が一緒に広島に現れたとき、彼らの思いは全く異なっていた。オバマは「核のない世界」がすぐ現実できないことを知っていたが、自分のスピーチが残ることを望んだ。

 安倍は、歴史問題での勝利を目指し、広島の悲惨な境遇を利用して、日本の第二次世界大戦での侵略者のイメージを薄めることを狙った。

 しかし式典の力は結局は有限だ。広島と長崎の市民は日本の軍国主義が殺したので、安倍は「原子爆弾が日本の間違いが破裂させた」という勇気がない。

 また、今回の訪問に関連して、安倍は日本軍が空爆した真珠湾にいくことがあるのかと聞かれて、「その予定はない」と答えている。


2 被害者意識

 心理学の実験でありますが、人は他人がしてくれた恩(良いこと)は簡単に忘れますが、他人からされた悪いことはなかなか忘れません。

 結果、トータルで同じことをしあっていても、どうしても自分の方が余計に何かされている、自分はあれだけしてやったのに、これしか恩を返してもらっていないとの発想になりがちです。

 結果、今回の戦争問題に限らず、どうしても自分の方がこうした被害を被っている、これだけ大変な目にあったという思いにはなりがちです。


3 被害者意識2

 実際、当事者は苦労したのは間違いないわけですが、それを相手からみると単なる自業自得には見ないというのは、大変悲しいことだと思います。

 嫌な目にあうのは皆嫌なはずで、それをこうした他者の視線で一方的に見るのは私的にはどうかなという思いがあります。

 当然、これは自分の被害者意識を主張するのであれば、他人の被害者意識も尊重しなくてはならないという話で、皆が他人のことについて想像力を働かせるというのはとても大事なことと思います。

 そういう意味で、第二次世界大戦については、日本が中国に攻め込んでいるので、その部分についてどうこうつもりはありませんが、日本だけが悪い、日本が全面的に悪で、中国が全面的に正義だという発想にはとても組出来ません。


4 非核

 それに確かに現実問題として、オバマ大統領が広島を訪問したからこれから非核が進むかというと、おそらくそのようなことはないでしょう。

 ノーベル平和賞をもらったときは皆彼に期待していたわけですが、まともに考えて彼が残された任期で、この問題について何ができるかといったら、殆どないといっても過言ではないと思います。

 ただ、それでもやらないよりは良いわけで、私はそういう意味で今回のオバマ大統領の広島訪問を評価しているわけですが、それを単なる人気取りのように思うのもどうかと思った次第です。


5 最後に

 今回の『環球時報』の論説は中国のいつもの主張そのもので、特に驚くべき内容ではありません。ただ、ここまで全否定するかと思ったのが今日のエントリの動機です。

 確かに中国にとってアメリカは共にファシスト日本(悪)と戦った同盟国でありたいわけで、それが今回の訪問で少し風向きが変わったというのもあったかと思います。

 おそらくそうした思いがいろいろ積み重なった今回のような全否定の社説になったのではないかと思った次第です。



凜amuro001 at 16:32│コメント(36)トラックバック(0)

2015年10月12日

 中国が申請していた「南京大虐殺文書」が記憶遺産への登録が決まったことを受けて少し。


1 公平性

 本来であれば、歴史的観点などから妥当性などについて、いろいろ言えれば良いのでしょうが、そこまで学がないので国連の「公平性」という観点から述べさせてもらいます。

 この問題について中国では「本来中立公平であるはずの国連の行為には問題があり、我々は大変遺憾に思う」との外務省の声明などを紹介しています(「南京大屠杀档案"申遗"成功 日本外务省凌晨发声称"遗憾"」)。

 『環球網』では、これを受けて「国連は公平か不公平かという」お得意のアンケートも実施しています。結論は言うまでもなく、大半(10月12日 2時現在で97%)が公平と答えています。

 これを聞くとどうしても国連の潘基文事務総長が、中国の抗日戦争勝利70年記念行事での軍事パレードに出席した際に「中立」でなくともよく、「公平」であればいいと発言したのが思いだされます。

 これについては、どうしても韓国の利害というのが真っ先に思い浮かび、個人的にはどうかとともっているのですが(朴大統領が軍事パレードを参観した理由朴大統領の訪中を中国側から見ると)、ここまでにしておきます。


2 拠出金

 今回の登録を受けて『産経新聞』によると日本政府はユネスコに対する拠出金の見直しも考えているそうです(「ユネスコ拠出金見直しへ 「断固たる措置取る」日本政府」)。

 これに関連して『新華網』の「联合国拟涨中国会费 中方反对被“区别对待”」という記事を紹介したいと思います。

 これは簡単に言ってしまえば、2016年~2018年の国連の拠出金問題で 中国がごねているという記事です。

 中国の経済発展に伴い、金額も増えてきているわけですが、これに対して中国はまだまだ発展途上国なのだから、計算方法がおかしいという主張です。


3 謀略

 上の記事はそれなりに抑えた書き方となっていますが、これが進むと『環球網』に掲載されていた「联合国会费“日降中升” 专家:某些国家捧杀中国」という楽しい記事にもなります。

 これでは、最初に、中国の拠出金が6位から3位になったこと、日本の拠出金が減額され、これまで最低(2000年の20%負担から10%未満)になったことなどが紹介されています。

 アメリカ、日本が1位と2位なわけですが、日本の負担が高かったのは、常任理事国入りの狙いがあったためで、それがダメになると減額を要求し、結果中国の負担が増えたともしております。

 中国が発展途上国なのは明らかで、ある国は中国を持ち上げて褒め殺しをしようとしている、という専門家の意見も紹介しています。


4 「南京大虐殺」

 私は以前から書いている様に、「南京大虐殺」そのものを否定しようとは思いません。ただ、中国が主張しているように、最初から30万の犠牲者を認めよという姿勢はおかしいと考えております(映画で南京大虐殺を学習し、30万人と信じ込む中国人)。

 今回のユネスコの登録がどのような形でなされるかはわかりませんが、「30万」という数字が独り歩きするような登録だけはおかしいと思います。

 本来であれば、日本も積極的に「真相」(らしきもの)解明に協力すべきだったと思うのですが、どうもこの問題については、極端な意見ばかりが先行するか、見なかったことにするかの立場が多い様で、これについてはどうかと思っています。

 特に今回こうした形で世界的にクローズアップされることになった以上、否定するのではなく、きちんとおかしいところはおかしいと言っていく態度が必要かと思います。


5 最後に

 確かに、世界的には日本と同じようなことをしてきておきながら、糾弾されない国もあり、これが不公平であることは私も否定しません。

 ただ、この世に「公平」なことなど存在したためしはなく、歴史なども何だかんだ言っても勝者の「歴史」でしかありません。

 結果、慰安婦問題しかり、南京大虐殺しかりで、ここまで注目されている以上、全否定するのではなく、きちんと主張することは主張するという態度が必要になってきていると考えます。



凜amuro001 at 03:36│コメント(33)トラックバック(0)

2015年03月09日

 NHK連続テレビ小説『マッサン』を見ていて、ふと思うことがあったので、これについて少し。


1 出征

 私は殆どテレビ(特にドラマ)というものは見ない人間なので、本当にたまたま偶然見ただけで、これまでの話の流れも何もわかっておりません。

 それでもふと思うことがあったという話で、別にこのドラマについてどうこうという話ではなく、一般論として、ふと思うところがあったという話です。

 若い男性の方に戦地に赴く場面で、父親らしき人が「逃げても良い、生きて帰って来い」と話をしているシーンをたまたま目にしました。

 音楽も感動的で、正直日本人としてジーンと来てしまったという話で、昼休みに食事をしていたら、この放送が流れていたというパターンだったのですが、見ている他の人もかなり感動してる様子でした。


2 被害者

 父親として、実際そういうことを当時言えたかどうかなどの問題はありますが、子を思う父の気持ちが大変よく伝わるシーンで、本当に感動的な場面でした。

 そして、これはまた同世代の人にしてみれば、大事な人を戦争に送り出さなければならない、二度と会えないないかもしれない、そういう情景を思いださせるようなつくりにもなっております。

 そういう意味で、行きたくもない戦争に息子を送りださなくてはならないというある種、「被害者」としての市井の人々の感情がよく伝わるものでもあります。

 
3 被害者2

 ただ、この時、ふと頭をよぎったのが、彼らはどこに何をしに行くのかという話です。内地かもしれませんが、おそらくはアジア各地に行って、戦闘行為に参加することになるのでしょう。

 その時、同時に頭をよぎったのが、そうした人たちが兵士として行った先の現地の人々の発想で、戦争に行きたくないのから、何故来たのだという話になります。

 彼らにしてみれば、日本が勝手に戦争をしかけて、兵隊を送りこんで、大勢の人を殺してという発想がどうしても先に立ちます。


4 国際事情 

 それに対して日本にしてみれば、当時の状況や、日本だけが戦争をしたわけでないという思いがあります。実際、当時日本は富国強兵をしなければ、自身も植民地化されかねなかったわけで、仕方のない面は多々あるかと思います。

 ただ、それでも実際に日本が戦争をした国の人からみれば、おそらく私が感動した場面も、だったら何故自分たちの国に来たのかという話になり、感動以前に違和感しか浮かばないのかと思ったという次第です。

 常にいろいろな面から見るのは大事だと思っておりますが、どうしてもこうした場面では感情が絡むので、特に難しい話です。

 ふと、そんなことを思っていたら、日本人的には感動する場面も、そうは思えない人がいるという話で、本当に難しい問題だなと思ったという次第です。



凜amuro001 at 23:00│コメント(17)トラックバック(0)

2015年01月11日

 『中国青年網』が掲載していた「美敦促安倍谢罪是别有用心」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 記事を翻訳したものを簡単に紹介させていただきます。

 戦後70周年の政府談話はどうなるかという記事で、何でも、日本の世論はどうなるか心配しており、今年の安倍の外交は反ファシズム戦争70周年の「歴史の包囲網」の中「苦難に満ちた1年」としております。

 アメリカは安倍に対し、隣国に向って謝罪し、周辺との関係改善を求めている。しかし、ネットでは、日米が「芝居」をしている。「うわべだけ」といった意見が寄せられている。

 安倍はずっと第二次世界戦争のA級戦犯にこだわり、日本の軍国主義の復活を願っている。また、日本は釣魚島の問題で中日双方が問題の棚上げに同意したことを承認しない。

 安倍が、まだ北京を離れる前に、日本の岸田外相は急いで、中日の四つの共通認識中の、釣魚島に関連するコメントを発表して、日本政府は「領土問題が存在しない」という立場に変化がないと語った。日本人は移り気で、全世界の人は、たとえ安倍は本当に謝罪しても、信じる人がいない。

 日本は集団的自衛権の解禁に向けて進んでいるが、ドイツのように徹底的に侵略歴史を反省して、日本はようやく人から信頼を得ることができて、隣国とようやく平和に共存することができる。

 アメリカは“釣魚島”のどたばた劇の悪例を作り出し、日本の軍国主義の復活を推進している。口ではいつも世界平和を望むと言ってるが、いつも行動では漁夫の利を得ることを考えている。

 (今回も)アメリカは表面上、日本に謝罪させ、裏では中国に対処する時間を勝ち取っているに過ぎない。アメリカ「世界の警官」は対処する事案(ウクライナ、イラン、ISIS)などが多すぎる。

 日本を隣国に謝罪させるのは、西側が緊張しているので、東側での緊張を望んでいないためからだし、アメリカ自身を道徳的にも高めるという一挙両得をねらったものだ。

2 謝罪

 こういう記事を見ると「謝罪」がどこまで意味があるのかという話です。謝罪をしても形だけとして認めない、かといって謝罪をしないと怒り狂うというのであれば、何をすればよいのかという話です。

 靖国参拝も同様で、安倍首相は靖国参拝を見送ったわけですが、結果として中国では当たり前という認識で、殆ど評価されませんでした(安倍首相の靖国参拝見送りに対する中国人の評価安倍首相の靖国参拝見送りを評価しない中国と韓国)。

 中国にしてみれば、当たり前のことをしただけなのだから、それで何だというのだという話かと思います。実際中国でも参拝をしないことを日本が交渉材料にするのはどうかという意見さえあります(日本は「靖国神社不参拝」という外交カードを持っている?)。

 しかし、靖国参拝は宗教観、死生観の問題なども複雑に関連しており、一概に侵略と結びつけて良いのかというと私は疑問です。


3 パワー

 面倒だったので、訳しませんでしたが、最後で中国は力を身につけるべきといういつもの主張が繰り返されておりました。

 つまりアメリカが「世界の警官」足り得るのはパワーがあるからで、中国もこうしたパワーを身に着けるべきだという言いたいわけです。

 そうすれば、中国もアメリカ同様漁夫の利を得ることができるという話なのでしょうし、あの日本にさえ言うことを聞かせることができるという話なのでしょう。

 ただ、実際問題中国がこれ以上力をつければ、日本はますますアメリカに頼ることはあっても中国の言うことを聞く可能性は殆どありません。


4 最後に

 それ以前に、中国がこうした形で単に力を強めていけば、それに対抗するために、日本も軍事力を強化せざるを得ず、中国の最も嫌がる「軍国主義」的行動を強めるかもしれません。

 何にしても、謝罪の問題同様、こちらの安全保障の問題にしても、中国の主張は矛盾が多く、どちらに転んでもあまり日本にとっては良いことがない気がしてなりません。



凜amuro001 at 08:12│コメント(9)トラックバック(0)